HUONG THANH / SAÏGON

パリ在、南ヴェトナム出身の女性歌手、フン・タンの仏 BUDA MUSIQUE からの3作目となる新作アルバムは、ミクスチュアーならぬ異化効果?カイルオン風味漂う南ベトナミーズ大衆歌謡(1930年代から1947年までのサイゴンの流行歌)の歌い口をそのまま、ヨーロJAZZのクインテット上で披露(+ベトナムの弦ダンバウ)!違和感と微妙な融和の振れが緊張感を持ってフ …

続きを読む>

TRIO CURUPIRA / VINTE

エルメート・パスコアルのバンドを経て、吹奏楽オーケストラの指揮や、欧米のジャズ・プレイヤー(ジョン・パティトゥッチ、ブライアン・ブレイド)とエルメート・トリビュート作を発表しているアンドレ・マルケス(p)、ベース奏者として活躍しつつギター奏者としても自身のグループを率いるファビオ・ゴウヴェア(b, g)、ナイロール ・”プロヴェッタ”らのビッグバンド、バンダ …

続きを読む>

SECTA SONICA / ASTROFEIRA

ジョルディ・ボネイ、ラファエル・サラゴサ、ビクトル・コルティーナと、3人のギタリストをフィーチャーしたカタルーニャのバンド、セクタ・ソニカによる1977年のセカンド作。エレクトリック・ギターにアコースティック・ギター、12弦ギター、フラメンコ・ギター、ポルトガル・ギターなども活用したジャズ・ロック~フュージョンに、米ウェスト・コースト的なラテン・ファンクのテ …

続きを読む>

IBRAHIM MAALOUF / 10 ANS DE LIVE! (1CD+1DVD)

こんなにスターになるとは。イブラヒム・マールーフ 10 年ライヴ。CD+DVD または 2LP。(エクスポーター資料から) 1. RED & BLACK LIGHT / 2. LA JAVANAISE (feat JULIETTE GRECO) / 3. WILL SOON BE & WOMAN / 4. NOMADE SLANG / 5. …

続きを読む>

V.A. / THE COLOR LINE – LES ARTISTES AFRICAINS-AMERICANS ET LA SEGREGATION 1916-1962

開館 10 周年を祝った国立ケ・ブランリー博物館でこの 10 月 4 日から来年1月 15 日まで 開催されるエキスポ「ザ・カラー・ライン」(合衆国における人種隔離政策下のアフロ・ アメリカンアーチストたち)のオフィシャル音楽 CD。 監修選曲ドック・レゲエことブルーノ・ブルムの3CD、28 頁ブックレット(仏英語)。(エクスポーター資料から) CD 1 & …

続きを読む>

SILVIA PEREZ CRUZ & JAVIER COLINA TRIO / EN LA IMAGINACION

  国内リリースもされているシルビア・ペレス・クルースが、コントラバス奏者ハビエル・コリーナのトリオとフィーリン~ボレロ系ナンバーを演じたアルバム『エン・ラ・イマヒナシオーン』が新装版(輸入盤)で登場となりました。11年録音の従来の10曲に加え、16年の新録「ベテ・デ・ミ」「ラ・ビオレテーラ」「ジャ・ノ・メ・キエレス」を追加収録!シルビアの歌い手と …

続きを読む>

生活向上委員会ニューヨーク支部 / SEIKATSU KOJYO IINKAI

梅津和時と原田依幸。80年代からこの国のジャズシーンを牽引し、故篠田昌巳、不破大輔らが最も尊敬するミュージシャンズミュージシャン。 この二人の歴史的「オフノート」がついに明かされる。 生向委であるところの原田依幸さんと梅津和時さんが活動を再開すると聞いてこれはもうウキウキが止まらずココロオドルが一杯になってしまった上にもの凄い知らせが。あの名盤「生活向上委員 …

続きを読む>

AYKUT GUREL PRESENTS KOREL BERGUZAR

    セゼン・アクスやアジダ・ペッカンを手がけたプロデューサー、アイクト・ギュレルが現在33歳の女優コレル・ベルギュザルをプロデュース。セゼン・アクスらの名曲をオーソドックスなジャズアレンジでカヴァーしています。  

続きを読む>

RP QUARTET / CHICKEN DO IT

ジャンゴ・ラインハルトのマヌーシュスウィングと、 モンク/ミンガスのハードバップを交配させるという フレンチ・クァルテットの新譜! BASTIEN RIBOT (VIOLON) ÉDOUARD PENNES (GUITARE) RÉMI OSWALD (GUITARE RYTHMIQUE) DAMIEN VARAILLON (CONTREBASSE) + G …

続きを読む>

V.A. / KOUTE JAZZ

★A COLLECTION OF JAZZ TRACKS FROM THE FRENCH WEST INDIES SELECTED BY DIGGER’S DIGEST〜 過日、グアドループ老舗グループ>ヴァイキングスを突然復刻した仏レーベル、HEAVENLY SWEETNESS が、今度は仏語圏カリブのジャズ復刻コレクションをリリース、盲点だっ …

続きを読む>

CHUCHO VALDES / CANTO A DIOS

アフリカ文化へのリスペクトを、曲ごとにテーマを決め表した内容で、2曲目はサンテリーア、3曲目はジャズ、ブルースの生みの親ミシシッピー、4曲目がニューオリンズ、そして最後の曲では、アフリカそのものへ、それぞれ捧げています。彼のピアノとイラケレからの抜粋メンバー、さらにストリングスやホーンセクションなどを曲ごとに起用するなど、かなり練り込まれたアイデアが、組曲の …

続きを読む>

V.A. / JAMAICA JAZZ 1931-1962

カリブ海音楽のエキスパート、 “ドック・レゲエ” ブルーノブルムの監修選曲による「ジャマイカ・ジャズ」(さすがです。いろいろリリースしてくれてますが、この辺、 “ドック・レゲエ” 本道ということになるでしょうね、レアーかつ好選曲)!〜オーセンティックなジャズの移入が、時代が進むにつれ、ジャマイカ独特のリズムに変 …

続きを読む>

V.A. / AUTOUR DE CHET

ジャンルの垣根を超えてフランスの新世代によるチェット・ベイカー・トリビュート アルバム。バンジャマン・ビオレー、エリック・トリュファ、サンドラ・ンカケ、ヤエル・ナイム、 ステファヌ・ベルモンド…。21 世紀的な仕上がりです。(エクスポーター資料から) 1. BORN TO BE BLUE (HUGH COLTMAN + ERIK TRUFFAZ) …

続きを読む>

BOJAN Z × JULIEN LOURAU / DUO

マグリット風な美しいジャケです。以前からデュオ演奏を続けてきたボーヤン・ズルフィカルパジッチ(p)とジュリアン・ルーロー (sax)の初CD。フェンダーローズ&ピアノ、ソプラノ&テナーサックスによる美しい即興です。 こちらは49分のライブ映像▽ http://culturebox.francetvinfo.fr/festivals/jazz-sous-les …

続きを読む>

go top