エヴァン・パーカー 土取利行 ウィリアム・パーカー / THE FLOW OF SPIRIT

森霊のドラミング。世界的パーカッショニスト土取利行。 極北の神秘。サックス奏法の革新者、エヴァン・パーカー。 黒い霊樹。前衛詩人のベーシスト、ウィリアム・パーカー。 2015 年東京、草月会館で行われた この日英米を代表する世界最高峰の即興演奏家3人による 白熱のフリージャズライヴが待望のCD化! ■ Evan Parker エヴァン・パーカー (テナー・ソ …

続きを読む>

マルセロ木村 / SAMBA A DISTANCIA

ブラジル サンパウロ生まれで、16歳の時に音楽学校の講師になると同時にプロとして活動を続け、現在日本で渡辺貞夫のバンドなどにも参加するギタリスト、マルセロ木村の2018年最新作。 <以下、ケペル木村氏によるアルバム推薦>  日本在住のブラジル人アーチスト、マルセロ木村の最新作は『Samba a Distância』と名付けられた。日本語に直訳すると『離れたサ …

続きを読む>

YAPRAK SAYAR / CAZ MUSIKISI

トルコ歌謡+ジャズに取り組む美人歌手! 1987年にイスタンブルに隣接する一地区ユスキュダルに生まれたヤプラック・サヤールは、高校卒業後に音楽学校に入り声楽を学びます。2008年以降、プロとして活躍するようになった彼女は、トルコ歌謡とジャズとの融合を本作で試みています。ここではドラムズ、ベース、ピアノを軸に曲によってホーンズやケメンチェ、カーヌーンなどフィー …

続きを読む>

JANA GAVAČOVÁ / BIELE NOCI

スロヴァキア(チェコと分離しました。なのでチェコ、ポーランドやウクライナ、ハンガリー、オーストリアに囲まれた国ですね)の女優さんの初アルバムだそう、〜もとミュージカル女優だったそうですから、さもありなんですが、ここではジャズを歌っています。もちろん、スロヴァキア語で、イイ線行っています。ジャズ・ヴォーカル風ですが、達者なバッキングでスラブ〜中欧風味漂う歌をサ …

続きを読む>

KARIM MAURICE & SID AHMED BELKSIER / KOUM TARA, Chaabi, Jazz & Strings

う〜ん、とうとう “World Jazz” の波はアルジェリアン・シャアビのまで押しよせて来た、ということでしょうか?とはいえ、未知の大物?? アルジェリアのヴェテラン歌手、アハメド・ベルクシェがガンガン歌ってくれているので、JAZZという感じはあまりしない、と、言えば言えるんですが…(というのは歌もののシャアビを愛でてい …

続きを読む>

T. K. RAMAMOORTHY / FABULOUS NOTES AND BEATS OF THE INDIAN CARNATIC, JAZZ

南インド出身、1922年生まれのヴァイオリン奏者、T.K. ラマムーシーの1969年発表のアルバム『ファビュラス・ノーツ&ビーツ・オブ・ジ・インディアン・カルナーティック・ジャズ』は、南インドの古典音楽であるカルナーティック音楽の厳格な音楽形式をそのまま用いつつ、インドの音楽が果たしてジャズになるのか?と問うた実験作品。西洋楽器とインドの打楽器・弦楽器を混合 …

続きを読む>

HARPREET BANSAL / SAMAYA

>★ インド系ノルウェー人のようで、 基本、北インドの伝統音楽をやっているようですが、 ノルウェイ・ジャズ系のミュージシャンも参加しています。 ちょっとキツめですが、 ノラ・ジョーンズ的な美人さん!ですね… *Double Bass – Adrian Fiskum Myhr *Guitar, Voice, Percussion, Sampler …

続きを読む>

KYRIAKOS SFETSAS / GREEK FUSION ORCHESTRA VOL.1

★キリアコス・スフェツァス/グリーク・フュージョン・オーケストラ Vol.1 ギリシャのエスニック・ジャズの名作が40年の時を超えてついに解禁! 知られざる貴重音源を、オープン・リールのマスターテープから復刻することをモットーとしてきたセネガルのレーベル〈Teranga Beat〉。これまでアフリカ大陸の大衆音楽を中心に紹介してきた同レーベルだが、今回は変則 …

続きを読む>

OLIBA INTERNATIONAL / S/T

フランス、トゥール出身のビッグバンド、2017年のデビュー作です。ルンバ・コンゴレーズ黎明期のブラバンに似ておるような気もするのだが、気のせいか、それとも…? ひょっとすると、ひょっとして、もし、確信犯だとしたら、世界一マニアックな白人系アフリカ音楽フォロー・バンドということにも!? 考えすぎか、

続きを読む>

EMILIO MARTINI & NATURAL TRIO / NOTAS AL VIENTO

セサル・ロペス率いるアバナ・アンサンブルで活躍してきた、キューバン・ジャズ界屈指のギタリストにして、コンポーザー/アレンジャーのエミリオ・マルティニ率いるナチュラル・トリオのデビュー作『チャパ・ネグラ』に続く2016年のリーダー作が、CD-R+メイキング映像を収めたDVD-R付(リージョン:ALL/NTSCですので、一般家庭用機器で視聴いただけます)でリリー …

続きを読む>

PASSAKORN MORASILPIN / FOLIAGE DIARY 3:FROM THE VEINS OF THE LEAF

タイの新世代(意識高い系?)アコースティック音楽レーベルBaichasongから、こちらはサックス、キーボード、エレキギター、エレキベース、ドラムスのインストゥルメンタル・バンド。一聴するとまるでゲタチュウ・メクリア& the EX? 地元タイの旋律をエチオ・ジャズに影響を受けた硬質なアンサンブルで鳴らしています。 Passakorn Morasil …

続きを読む>

JYOTSNA SRIKANTH, MATS EDEN, DAN SVENSSON & PAR MOBERG / NORDIC RAGA

これぞワールド・ミュージックの新たなる指針! 南インド古典音楽とノルディック・フォークの融合を目指した問題作!! 何とも斬新なワールド・ミュージックが誕生した! 現在の南インド古典音楽〈カルナータカ音楽〉のシーンをリードする女性ヴァイオリン奏者ジョートサナ・シュリーカーントが、フィドル、打楽器、管楽器を担当する3人のスウェーデン人伝統系演奏家とともに結成した …

続きを読む>

KORA JAZZ TRIO / PART IV

コラJAZZトリオ4作目ですね、結成メンバー、アブドゥライェ・ジャバテ(PIANO)とムッサ・シソコ(Percussion)はそのまま、要のコラはマリのシェリフ・ソウマノ、そしてベース、バラフォン、ラテン・パーカッションがゲストで参加〜feat. Chérif Soumano (kora) , Manuel Marchès(bass), Adama Cond …

続きを読む>

go top