JOEY BOY / 30 +

    75年バンコク生まれのタイ・チャイニーズ、95年デビュー、ラッパー、シンガー、俳優、作曲家、〜00年代を通して大活躍しましたが(現在はプロデューサー業中心?)、当時のベストがこちら30曲、映画『インポッシブル』OST あたりから、結構楽しみましたねえ、個人的には。

続きを読む>

FALZ X SIMI / CHEMISTRY

1988年生まれ、ゴスペル出身の女性歌手、シミと、 >こちら俳優兼ラッパーのファルズによる デュエット・アルバム〜2016年作初入荷です。 キュートなシミのヴォイスが印象的、 加えて、飄々としたファルズのラップも悪くない? アフロビートやヨルバ系リズムも軽快、 音をツメ込み過ぎないトラックもOK〜 最近のナイジャPOP、イイ感じですね! コンパクトな7曲〜t …

続きを読む>

OLAMIDE / THE GLORY

    ヨルバ系ラッパー、オラミデ かなりイメチェン? 2017年通算5作目のアルバムです。 なんか、ドープというか、ディープですねえ、 でも、変わらずのシャガレ声、 ちょっとトボけたヒップなトラックメイク、 楽しめます。

続きを読む>

CDQ / QUALITY

Yussuf Abubakar Sodiq popularly known as “CDQ” ラッパーです。 CDQは、本名ソディックの略みたいなものと、 CDのQUALITYを意味するらしいんですが、 それでこの作ファースト・アルバムの タイトルが『クォリティー』品質第一?? ということなんですね、1985年生まれだそうです。 ウィ …

続きを読む>

LIL KESH / YAGI

“YAGI” means ‘young and getting it’… これがデビュー作だそう。 1995年生まれなので、当年21歳、才能ありますね。 アフロビートを軽くホップさせて、 骨抜きにしたような変拍子リズムをベースに、 速射砲のようなラップをたたみかけるかと思えば、 メロディアスかつ軽快 …

続きを読む>

OLAMIDE / YBNL

一度聞いたら忘れられない? 不思議なダミ声の持ち主〜 1989年レゴス生まれ、人気ラッパーの オラミデ、2012年のセカンド・アルバムです。 〜ティワ・サヴェージ&ダヴィドほかがゲスト参加! レーベル名でもある タイトルの YBNL = Yahoo Boy No Laptop…だそう、 って、どういうこと?

続きを読む>

FALZ / STORIES THAT TOUCH

1990年レゴス生まれ、本名 Folarin Falana、 俳優にしてラッパーとして活躍中、 こちらが2015年のサード・アルバム。 ナイジェリアのベスト10ラッパーの 1人に選ばれています。 父親はアフリカで有名な人権問題活動家だそう。 本作には Phyno, M.I, Reeked Banks, Yemi Alade, Simi等、 人気ラッパー、女性 …

続きを読む>

MI ABAGA / THE CHAIRMAN

    M.I. もしくは MI ABAGA あるいは “Mr Incredible”、 本名 Jude Abaga〜1981年、 ナイジェリア中央部の都市、 ジョス(最も宗教対立の激しい都市)生まれ、 2008年アルバムデビュー、こちらは2014年の3作目。 おそらくハウサ系のラッパーです。

続きを読む>

PHYNO / NO GUTS NO GLORY

    「根性なければ栄光もなし」って、凄いタイトルですねえ (アフロなモヒカン?もスゴイ!)… フィノこと本名 Azubuike Chibuzo Nelson〜 ナイジェリア南東部、エヌグ州の生まれ、 1986年生まれのイボ系ラッパーにしてプロデューサー。 こちらが2014年の自己名義1stCDとなります。 ヨルバ系ラッパー …

続きを読む>

TIWA SAVAGE / R.E.D. Romance Expresion Dance

お待たせしました〜ナイジャPOP本命盤! VideoCD主流のナイジェリアのこと、なかなか見つからないAudioCD、やっとのことで再入荷〜この機会をお見逃しなく! 本名 Tiwatope Savage-Balogun (born 5 February 1980) SSW で女優〜ナイジェリア / ヨルバ系POPアーティスト本邦初入荷!刈谷のIさんにご教示い …

続きを読む>

CEZA / SUSPUS

お待たせしました!ターキッシュ・ラップの旗手(の一人であることは確か)、イスタンブール、アジア側の町カドゥキョイを拠点に活動を続けるラッパー、チェザの2015年作です!その華麗な?ラップを崩さない程度にトルコ音楽風味を散りばめつつ、ディープなメランコリーを醸すヘヴィーなトラックを仕上げて来ましたねえ、今作も。で、その早口フロウがふりまくイスタンブールの憂愁( …

続きを読む>

go top