A.B.R.A. / CAGE ONE, Angolan Best Rapper Alive

自ら、ベスト・ラッパーを名乗るとは…自信過剰?それとも、名実ともに、アンゴラでは衆目認めるところなのか?わかりませんね、とりあえず、ジャケそのままの音ですね。   1 Intro (Angolan Best Rapper Alive) 3:15 2 Numaya 3:06 3 Mamella 3:12 4 Numa Nice 3:31 …

続きを読む>

THXA SOE & BON VON / THE HOLY THINGS FROM NUM & DAD

ミャンマーhiphop&ダンスミュージック界?の問題児 thxa soeのミャンマー語をフル活用したオリジナルCD!もちろんミャンマー現地のCD屋さんにも全くフィジカルCDはなく半ばあきらめていたのでとってもラッキー!HIPHOP色の強い本作、やはり例のミャンマーギターがループされ、民謡的女性ヴィーカルが乗っかる1曲目と、ミャンマーの民族的パーカッシ …

続きを読む>

LIJ MICHAEL FAF / ATIGEBAM ALUGN

>こちらで紹介されていたCDですね(無断リンク陳謝&感謝!)、入荷が遅くなってしまいました。リジ・ミケル・ファフはエチオピアのヒップホップ・シーンのパイオニア的存在。前作ではシングジェイ・スタイルと言ってもイイ、レゲエ寄りの出来だったようですが、(レゲエ側からエチオピアに特別な想いがあったせいか〜ハイレ・セラシエ=ジャー信仰などのアフリカ回帰運動等、エチオピ …

続きを読む>

NAZA / BALLON D’OR

コンゴ共和国 / ブラザヴィル出身のラッパー、 大ヒットしたデビュー&セカンド作をうけて、2020年作!今作は全体、なんだか少しばかりメランコリックなラップを展開してイメージ・チェンジ!?そのわりにはヒョウキンなジャケですけど… 前作は>こちら! 1 Folie 2 Liquide 3 Joli bébé (Ft. Niska) 4 Faut pardonn …

続きを読む>

LOUS AND THE YAKUZA / GORE

1996年コンゴ生まれベルギー在、ブリュッセル・アンダーグラウンド・シーンで話題を呼んでいたという “ルース” ことマリ・ピエール・カコマ率いるザ・ヤクザの 2020年作 !! 〜スペイン女声ロサリアのセカンドをプロデュースしたバルセロナ拠点のプロデューサー、エル・グインチョを指名しての待望のファースト・アルバム!アヤ・ナカムラのライヴァル登場、というか、欧 …

続きを読む>

GAEL FAYE / LUNDI MECHANT

1982年、ルワンダ人の母、フランス人の父のもと、東アフリカはブルンディの生まれ、マルチニックの詩人エーメ・セゼール(1913-2008)を敬愛するSSWにしてベストセラー小説家、ガエル・ファイユの3作目となります(初作は>こちら 2作目は>こちら)。細部に東アフリカ的な音感が散りばめられもするPOPなバック、そして、諦観と希望が相半ばするようなクールかつ柔 …

続きを読む>

GARI GREU ‎/ BARKA

マルセイユを代表するラッパー、マッシリア・サウンド・システムのMC、ワイスター、コレクティフ13等のMCもつとめて来ました。本作は2作目となる8年ぶりのソロ・アルバム! 1 Bois Sacré 2 Les Retrouvailles 3 Merci De La Partager 4 Luttes D’Artiste 5 Nos Pieds -f …

続きを読む>

SOOLKING / VINTAGE

今、アルジェリア&在仏アルジェリアンの若い世代の間で一番人気のPOPスターはこの人、ソールキング、軒並み1億超え youtube ヒット…。ま、ライとかシャアビとかシャアウィとか、旧世代のアルジェリアン・ミュージックをこよなく愛す顧客層に支えられている当店では、ま、そんなに追う必要ないかと思いつつも、以前、アルジェリア盤で、>こちらのファーストや>こちらのセ …

続きを読む>

V.A. / KLAP YA HANDZ (2019)

昨年(2019)、代々木公園で催されたカンボジア・フェスを訪れた方ならご存知でしょう。来日し、絶妙なステージをYoung-Gとともに披露してくれた KLAP YA HANDZ 一行が、彼らのブースで売っていたCDR!というわけで、クラップヤハンズ・レーベル最新録音集ということになります。折しも>こちら、エム・レコーズからリリースされたKLAP YA HAND …

続きを読む>

V.A. / KLAP YA HANDZ VOL. 1 The Cream of the Crop, 2001-2011

KlapYaHandzの音楽や映画を同時代として享受できることが、どれほどの奇跡なのかを思うと勇気が湧いてくる。チョッケツ、クメールHIPHOP!<空族 富田克也> ラッパーたちはみんな自由で、Sok Visalはずっと笑っている。若いスタッフたちは忙しなく肉を焼いていて、Sreyleakは妹にすごく優しい──トゥオル・コークの夜、僕はこの最高の音楽を語る術 …

続きを読む>

KOMBILESA MI / ESA PALEKERA

究極のアフロ+ヒップホップ=ラップ・フォルクローレ・パレンケーロ。アメリカ大陸で最初に奴隷解放の地と伝えられるサン・バシリオ・デル・パレンケから登場した驚異のヒップホップ・グループ。グループ名はパレンケの言葉で「私の友人たち」を意味する。ループする複雑なリズム、複数の言葉による掛け合い・・・アフリカ系であることの誇りを込めたリリックを、伝統的な複数の打楽器だ …

続きを読む>

go top