SUSANA SHEIMAN / OPEN GATE

スペインの女性ジャズ・シンガー、スサーナ・シェイマンの2015年新作。1973年生まれの彼女は16歳でプロとしてのキャリアをスタートしていますが、2011年にSWIT RECORDSからリリースした『Swing Appeal』がデビュー・アルバムで、本作は彼女が率いるクインテットの名をタイトルにした2作目。メンバーには先頃新作を発表したスペインのテナー奏者、 …

続きを読む>

DANIEL SIDNEY BECHET QUINTET AVEC OLIVIER FRANC / SIDNEY BECHET ET SES GRANDS SUCCES 

ルイ・アームストロングと並び、ジャズ創世記の偉大なるソロイストとして知られるニューオリンズの伝説的なソプラノ・サックス(&クラリネット)奏者、シドニー・ベシェ、の息子、ドラマーのダニエル・ベシェの五重奏団 が、シドニーのフォロワー、オリヴィエ・フランとともに、父没後50年のベシェ名曲集+2曲のベシェ未発表曲を演じたアルバム、ということです。というワケで、ジャ …

続きを読む>

KHUN-IN / JAZZ OF SIAM

ハイ-ファイ・タイ・カントリーが当店で大ヒットとなったタイの老舗インディーズレーベル「BAICHASONG」のカタログが揃いつつあります。 こちらはタイの木琴ラナートエークのマエストロ、クン・インがピアノ、ベース、ドラムスと共にジャズに挑んだ2013年作、その名も「ジャズ・オブ・サイアム」。 アメリカでジャズを学んだピアニストBhudinant Deeswa …

続きを読む>

ROMERO LUBAMBO / SETEMBRO

“A BRAZILIAN UNDER THE JAZZ INFLUENCE” 1955年リオ生まれのギタリスト、 2015年リリースのUS盤です。 サブタイトル通り、ブラジル音楽に於ける 北米ジャズの影響を、ギター1本のソロプレイで 表現しようという端正なギター・アルバム! 1. INFLUÊNCIA DO JAZZ 2. DARN …

続きを読む>

LE PEUPLE ETINCELLE

仏ガスコーニュ地方の人懐っこいアクースティック・ジャズ! オクシタニア地方で生まれたDAQUI(ダキ)レーベルはこれまで様々なワールド・ミュージックを紹介してきました。同レーベルの最新作は「火花を散らす人々」というグループ名を冠したフランス南西部ガスコーニュ地方出身の5人組。サックスのフランソワ・コルンループが中心となり、アコーディオンとギター、ベースにパー …

続きを読む>

V.A. / ミリタリズム〜軍国ジャズの世界 1929-1942

SP音源復刻でお馴染みの<ぐらもくらぶ>ならではの鋭い切り口のコンピレーションアルバムがまたまた登場!戦争とジャズのかかわりに迫った”軍国ジャズの世界”!! 世界を廻るジャズ!遂に軍歌までジャズる! 軍国迎合のスヰングは果たして高度動員音楽か?軍歌まで貪欲に取り込むジャズならではのグルーヴか? 戦時体制へのレジスタンスとも …

続きを読む>

NICOLE CROISILLE / JAZZILLE

80年代ジャズ〜ソフトロックの名盤再発。映画「男と女」の主題歌でのスキャットでも知られるニコルが自らのルーツ回帰と言うべき大胆なジャズ・アルバムを1987年に制作。当時フランス最高といわれたリズムセクションに豪華なゲストを迎え、ジャズの名曲からイヴァン・リンスの曲まで、縦横無尽なヴォーカルアルバム。2008年リマスター。

続きを読む>

YUVAL AMIHAI, DAMIEN VARAILLON, GAUTIER GARRIGUE / LOMGING

  イスラエル出身の若きギタリスト、ユヴァル・アミハイのセカンド・ アルバム。アミハイ(g)、ダミアン・ヴァライヨン(cb)、 ゴーチエ・ガリーグ(dms)。 1. SKYLARK / 2. QUESTAR / 3. LOVER MAN / 4. SANDU / 5. FOREST, FORGIVE THEM / 6. LONGING / 7, I …

続きを読む>

GRUPO CINCADO / NOVOS RUMOS

百花繚乱、サンパウロのノーヴォス・コンポジトーレス界隈のコンテンポラリー・ジャズから、ことばも無しに饒舌にシーナリーを語りかけてくるクィンテートの作品を。 ’03年にエルメート・パスコアルの提唱する”Musica Universal” に啓蒙を受けた若者たちによって結成されたグルーポ・シンカード。前作発表時に共演したバンド …

続きを読む>

ELIO VILLAFRANCA / CARIBBEAN TINGE, Live From Dizzys Club Coca-Cola

“LATIN TINGE” ならぬ “CARIBBEAN TINGE” と来たエリオ・ビジャフランカ〜キューバ出身03年アルバム・デビューのJAZZ系ピアニスト、ルバルカーバ以来の才と言われているようですが、この作を聴けば資質は違いますね。マリオ・バウサ / マチート / ディジー・ガレスピーのアフロキューバン …

続きを読む>

ALEX CONDE / DESCARGA FOR MONK

スペイン出身超絶フラメンコ・ピアニスト、アレックス・コンデによるセロニアス・モンク作品集。サパテアール(タップ)にパルマス(手拍子)も加わり、複雑な変拍子が絡み合いながら紡ぎだすジャズ・パッセージが実にスリリングな冒頭曲「プレイド・トワイス」他、多くのジャズの巨人たちによるカヴァーでも知られる「ラウンド・ミッドナイト」、「セロニアス」、「アグリー・ビューティ …

続きを読む>

LLW / LOOSE LOUD WHIZ

 キーボーディストのインドラ・レスマナと、ベーシストのバリー・リクマフワ。インドネシア・ジャズ・シーンのスター・プレイヤーによるフュージョン・バンドの2013年作がやっと入ってきました。  2011年には来日しブルーノートで公演したこともある彼ら、始めはサンディ・ウィナルタがドラムズを担当していましたが(レスマナ、リクマフワ、ウィナルタでLLW)、本作では彼 …

続きを読む>

RIO SIDIK / THE SOUND OF MYSTICAL VIBE LIVE

ジャワ島スラバヤ出身のトランぺッター/シンガーが率いるクインテットのDVD付きライヴ・アルバム。インドラ・レスマナやエルウィン・グタワのオーケストラに在籍した後、幾多のジャズ・フェスに出演する現在インドネシア・ジャズ・シーンに欠かせないプレイヤーになりました。スティーヴ・ヒレッジやインコグニートと共演したこともあるそうです。音はクラブ・ジャズ寄りでダンサブル …

続きを読む>

go top