BRUNO RUDER / LISIERES

マグマのメンバーとして来日したこともあるピアニスト、ブルーノ・リュデールのピアノソロアルバム。(エキスポーター資料から)その筋のマニアにグッとおすすめ!なんと言っても詩情が乱調に雪崩れ込む2曲目 “YOJIMBO” 、三船&クロサワの亡霊が取り憑いたアヴァンギャルドなピアノソロ・インプロ!?聞き物です。って、本当か? >試聴可! 1. …

続きを読む>

TONY HYMAS / CHRONIQUES DE RESISTANCE

2010 年の『クールベ、世界の起源について』に続いて、同じようにずっしり重い 150 ページの CD ブックです。トニー・ハイマスによる世界のレジスタンス運動クロニクルで、27 の断片から なる組曲はスペイン戦争、女性解放運動、アフリカ、湾岸戦争など過去から現在につながる さまざまな抵抗運動を描くエメ・セゼール、ロベール・デスノス、ブエナベントゥーラ・ドゥ …

続きを読む>

Book by AZLAM MOHAMED SAID / MUSICA 1900-1965, Malaya’s Early Music Scene

既にシンガポール〜マレイシアでも品切れ絶版です。が、著者、Mr アズランさんの手元に在庫がまだあるとのことだったのでまたまた送っていただきました。お買い逃しされている方いらっしゃいましたら、是非この機会に(なお、送料400円 / 佐川宅急便にて通販承ります。ご連絡下さい)! もう、しっかり重量のある本ですから、送料も相まってこういうお値段になってしまいました …

続きを読む>

HENRI SALVADOR / INTEGRALE VOL.4 , 1956-1958

アンリ・サルヴァドール全録音集の第4巻。サン・ジェルマン・デ・プレ期(ボリズ・ヴィアンと組んでいた頃)の録音で、ジャズ、ブルース、ロックンロール,英語録音…。28 ページブックレット。 CD 1 : MAURICE BIRAUD & HENRI SALVADOR – PUBLICITÉ «PAX» (CA. 1956-57) …

続きを読む>

BIGRE ! / TO BIGRE ! OR NOT TO BIGRE !

  フランスはスイスにほど近いリヨンを拠点に活動する総勢20人のビッグバンド(サックス x4,トランペット x4,トロンボーンx4)〜バンド名の“ビグル!”は感嘆詞で「何てこった!」というような意味だそう。で、名に恥じない、実に何てこった!な展開ですね え…。アルバム・タイトルからして人をくってます。レトロなギター・バンド&オルガンwithパーカッ …

続きを読む>

V.A. / 大東京ジャズ, Jazz in The Tokyo GreatTokyo Jazzsong collection

「大名古屋ジャズ」「大大阪ジャズ」のぐらもくらぶが贈る 戦前日本の都市ジャズ・シリーズ第三弾! サテどんじりに控えしは帝都『大東京』の文化と喧騒をそのままに溝に刻んだジャズ尽しだ。東京市下に跋扈する人気ジャズバンド、めくるめくシティーソング、ジャズオペラ。銀座裏のバーのマダムが語る男の味と、カフェー女給のうら寂しい斉唱サービス。 人気ダンス教師はブルースをB …

続きを読む>

OKAY TEMIZ / MAGNETIC DANCE

これはカッコ良い!さすがに掘り尽くされた感のあったトルコにまだこんなブツが残されていたとは! まったくノーマークでした! すみません! トルコを代表するパーカッショニスト、オカイ・テミズの1990年のカセットのみでリリースされていた幻の作品がCD+ブックレットで再発されていました。一曲目ASLAN MUSTAFAはほぼラテンジャズ・ハウス。1990年録音なら …

続きを読む>

SIMAK DIALOG / THE 6th STORY

ドラムズの代わりにジャイポンガンなどで使われる両面太鼓クンダンをフィーチャーしたユニークなインスト・バンドがシマック・ダイアログ。様々な歌手のバックでギターを弾くトーパティを中心に腕利きの音楽家たちがそのメンバーで、かなり難易度の高い楽曲を、いとも簡単に演奏しちゃいます。ジャズ・フュージョン系からエスニック音楽まで幅広く対応します。(サプライヤーインフォより …

続きを読む>

ONDER FOCAN GROUP / SWING A LA TURC

伝統音楽専門レーベル、カランから、トルコの縦笛=ネイをフィーチュアーしたジャズ系アルバムの登場~ギタリスト=オンデル・フォジャン率いるジャズ・コンボが、オリエンタル・ムード横溢するオリジナル・ターキッシュ・ジャズを楽しませてくれます。トルコ映画音楽界を代表する作曲家=サーデッティン・カイナクの曲も取り上げています。

続きを読む>

OKAY TEMIZ / MAGNETIC BAND

ECMなどの北欧ジャズシーンで長らく活動を続け、ビリンバウなどを初めて中東音楽に持ち込んだトルコ人パーカッショニスト、オカイ・テミズの95年のフィンランド制作した作品がADAから再発。カーヌーン、ドラムス、パーカッション、トランペット、クラリネットの編成で、変拍子たっぷりのトルコの有名伝承曲ばかりをジャズ的なアプローチで聞かせる。ライヴ録音ならではのドラムス …

続きを読む>

V.A. / MOBILISATION GENERALE, Protest and Spirit Jazz from France 1970-1976

Born Bad Records と Diggers’ Digest の共同企画による70年代フランスの抵抗のアヴァン・ジャズ特集です。65年創立のピエール・バルーのサラヴァ、69年にパリで一連のコンサート を開くアート・アンサンブル・オブ・シカゴ、これがブラック・パワーのフリー・ジャズとラルザック農民闘争などを支援してきたフランス(+在仏移民) …

続きを読む>

JOAN DIAZ TRIO with SILVIA PEREZ CRUZ / WE SING BILL EVANS

スペインの生んだ名ジャズ・ピアニスト(ということになっているようです、ジャズの方では…)ジョアン・ディアスのトリオが、ビル・エヴァンス作品をカヴァーした08年リリースのアルバムですが、なんとフィーチュアーリング・ヴォーカリストはシルビア・ペレス・クルース!知りませんでした…。しかし、外連味や余計な飾り立てというものが全く感じられない、 …

続きを読む>

IRENG MANLANA ALL STARS feat. ERMY KULLIT

インドネシアン・ジャズ!オールド・タイミー~ヴェテラン音楽家達が集まり、ノスタルジックなディキシーランド・スタイル/サッチモ/ラテン等のスタンダードを、インドネシアならではの熱帯亜細亜感覚で演奏!女性歌手エルミー・クリットもイイ味出してます。珍しい!

続きを読む>

MONOSWEZI / THE VILLAGE

ノルウェー出身のジャズ・サックス/クラリネット奏者が、アフリカ南東部に位置するモザンビークのミュージシャンたちとセッションすることによって生まれたのがこのモノスウェジ。ノルウェーのベース奏者、ドラムス奏者の他、ジンバブウェの女性シンガー/親指ピアノ奏者、さらにモザンビーク出身の男性ヴォーカリスト/パーカッショニストによって結成されました。北欧ジャズの洗練、南 …

続きを読む>

go top