V.A. / AFRICAN VISION vol.1

ANTHOLOGIE MUSICAL DU CINEMA AFRICAN ほとんど観る機会のないアフリカ映画のサウンド・トラックばかりを集めたオムニバス~70年代から2005年までの幅のある選曲で、仏語圏/西アフリカ諸国を中心に、コラの名手によるインスト、ブルージーな感覚の民俗音楽や、パーカッション・アンサンブルをバックに繰り広げられるラップや、民俗楽器音を …

続きを読む>

V.A. / AFRICAN VISION VOL.2

ANTHOLOGIE MUSICAL DU CINEMA AFRICAN 日本ではほとんど公開されることのないアフリカ映画。そんな貴重な存在のサウンドトラックを集めた編集盤の第2弾が発表された。ヨーロッパ最大の映画大国であるフランス旧植民地の作品が多くを占めているが、その音楽はいわゆるアフリカ音楽に留まらないヴァラエティ豊かなもの。史上初のアフリカ映画のサン …

続きを読む>

TZENI KAREZI / TRAGOUDIA AP’ TO THEATRO & TON KINIMATOGRAFO

Olokliroménes Ichografíseis 1959-1990 ジェニー・カレジ(1934-1992)、1950-60年代のギリシャ映画黄金期に32本の映画に出演、欧米にも知られる女優となりましたが、ギリシャ軍事政権(67-73)が成立すると、終止、反政府的姿勢を崩すことなく、投獄も経験したそう。その後、70年代以降は主に舞台に立ち女優としての活 …

続きを読む>

KATHERINE DUNHAM Presents THE SINGING GODS / DRUM RHYTHMS OF HAITI, CUBA, BRAZIL

アフリカ系アメリカ人ダンサーにして、振付師、人類学者、社会運動家、著述家、教師として、多方面で活躍した女性、キャサリン・ダナム(1909-2006)が、1955年に制作したLPアルバムの初CD化がこちら。南北アメリカ、カリブ海のアフリカ起源のダンス及びリズム、音楽に通じていた彼女が制作した、ハイチ、キューバ、ブラジルの黒人系ダンスに特化したミュージカル “T …

続きを読む>

KALYANJI & ANANDJI / MUQADDAR KA SIKANDAR

1978年インド・ボリウッド映画 ‘Muqaddar Ka Sikandar’ オリジナル・サウンド・トラック。鬼才と呼ばれたインド作曲家兄弟、カリヤンジ&アナンジ・バージ・シャーの代表作の一つでしょう。アシャ&ラタ姉妹にキショール・クマールという3大フィルム・シンガーをして、虚実皮膜のスクリーンにリズムとアクション、メロディーとロマ …

続きを読む>

NINO ROTA / BANDES ORIGINALES DE FILMS 1956-1961

20世紀を代表するイタリア人作曲家ニーノ・ロータ作の代表的映画音楽を、オリジナル・サウンド・トラックで集めた3枚組です。収録されているのは、『戦争と平和』『カリビアの夜』『太陽がいっぱい』『甘い生活』『イル・ブリガンテ』『若者のすべて』『ボッカチオ’70』の8作品。 CD1 BANDE ORIGINALE DU FILM GUERRE ET PA …

続きを読む>

MARY LINDA, MANOLIS HIOTIS / TA KINIMATOGRAFIKA

ライコ・パルコ〜初期エデフノの人気夫婦コンビ名曲10選!よりすぐりの10曲と言えるかも知れません。タイトルは “The Movies” すべて、映画の中の一場面で演奏された曲ばかり、ギリシャの高齢者にとっては、涙ものの曲ばかりなんでしょうね、きっと。ジャケも良し。   1 Ο Χασάν Αγάς 2 Είμαι Τσιγγάνα Φ …

続きを読む>

V.A. / NOUVELLE VAGUE, Les Musiques De Films 1957-1962 

フランスの新進気鋭の映画作家たちにより1950年代後半に巻き起こされたムーヴメント、ヌーヴェルヴァーグの映画音楽をピックアップした、仏フレモー社による3枚組アンソロジーです。ヌーヴェルヴァーグとジャズとの出会いとしてあまりにも有名な、マイルス・デイヴィスが音楽を手がけたルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』、ブラームスの楽曲を用いた同じくルイ・マルの『恋人 …

続きを読む>

GILBERTO GIL / GIL, trilha sonora original do espetáculo do Grupo Corpo

ジルベルト・ジルが息子世代と共にコンテンポラリー・ダンス・カンパニーに捧げた斬新なストラクチャーのアフロ・ブラジル・アンサンブル〜 ダンスカンパニー、グルーポ・コルポの芸術監督、振付け師のペデルネイラス兄弟からの劇伴サウンドトラック制作依頼は、2017年のメタ・メタへのオファーから2年後、アフロ・ブラジル音楽の聖地バイーア出身である御大ジルベルト・ジルに出さ …

続きを読む>