MEDICINE MAN ORCHESTRA

西アフリカのメディシン・マン、つまり、呪術医をモデルに、呪術におけるヒーリング効果、もしくはプラシーボ効果?もしくは白魔術?のイメージを、音楽と映像でアンビエントに描き出そうという3人組〜ベニンのグリオ家系出身者、セイドゥ・バラスヌン、セネガル出身の女性トラックメーカーでヴィジュアル・アーティスト、アリサ・シラ、加えてブルキナファソの女性パーカッショニスト、 …

続きを読む>

ALU SPEAR / CII BITI (FORA) 

2007年からスペイン・カタルーニャのリェイダ在住というセネガル人シンガー・ソングライター、アル・スペアル(Alassane N’doye)による2020年作。自身の歌とギター、プロデューサーのビクトル・アジュソのベース、ギター、シンセ、プログラミング、そしてジェンベなどのパーカッションという編成で、ンバラやレゲエを、ウォロフ語やカタルーニャ語の …

続きを読む>

DAARA J FAMILY / YAAMATELE

こちら>★、森田潤さんのFBコメントに応えたDさんのツィートを見て、スワッとオーダーさせていただきましたよ(感謝!)。>こちらダーラJを率いるファーダ・フレディのソロ・プロジェクトの “GOSPEL JOURNEY” の2015年作に続く、2016年の7作目(ダウンロードのみ?)>”Foundation&#822 …

続きを読む>

GUISS GUISS BOU BESS / SET SELA

エトワール・ドゥ・ダカールのアラ・セックの息子、打楽器&ヴォーカルのマラ・セックと、ケベメル(セネガル北西部)のグリオ家系に生まれたサバールほか伝統打楽器奏者、アバ・ジョップ、加えて、イラン系ヒップホップ・ユニット出身のビートメーカー、ステファン・コンスタンティニ(出自不明)という3人組のデビュー・アルバムだそう。ウォロフの伝統的なダンス音楽を基盤に、〜tr …

続きを読む>

ORCHESTRE NUMBER ONE DE DAKAR / NO.2 DE NO.1

1976年、STAR BAND から分裂独立した スタール・バンド~No.1de ダカールの貴重な音源。 Papa Seck、D.Sow、 Mar Seck等のヴォーカルは、 ユッスーにつながる感覚! ギターとパ-カッションの連携が見事! 1 Dede 3:44 2 Diongoma 4:38 3 Worpe Sanawle 7:03 4 Mory 7:52 …

続きを読む>

ETOILE DE DAKAR / XALIS

19歳のユッスーを擁したバドゥ・ンジャイエ率いるエトワール・ドゥ・ダカール、1978年デビュー・アルバムのストレート・リイシューです! *非シールド新品で在庫あります。 Alto Saxophone, Tenor Saxophone – Rane Diallo Bass – Kabou Gueye Congas – Matar Gueye Lead Guit …

続きを読む>

YANDE CODOU SENE & YOUSSOU N’DOUR / SENEGAL

  アフリカ音楽のビッグ・スター、ユッスー・ンドゥールが全面的にバックアップして作られた本作は、彼が子供のころから敬愛していたという女性歌手ヤンデ・コドゥ・セヌとの共演が収められた貴重な音源。ユッスーが所有するダカールのスタジオで95年に録音され、トラディショナルな伴奏をバックに、セヌの魅力をタップリと引き出し佳作です。加えて、何と言っても、共演の …

続きを読む>

WALLY SECK & LE RAAM DAAN / SYMPHONIE

チョーン・セックの息子さん!だそー、 フットボールのためにイタリアへ、それなりにプレイヤーとして実績を残したそうですが帰国。そしてグリオ家系の息子らしく音楽の世界へ。2010年のファースト、14年のセカンドとも大ヒット、翌年パリのゼニット、翌々年パリのベルシーを満員にし、セネガル地元はもとより、欧州のセネガリーズにも絶大な支持を受け、前作15年末の2CDはセ …

続きを読む>

YOUSSOU N’DOUR / HISTORY

ユッスーの新譜です。おおむね、非ンバラです。セネガル盤新作でも歌っていた故アビブ・フェイへのトリビュート曲も再演、全く違うアレンジで収録されています。それにしても、故オラトゥンジにはびっくりしました。50年代の終わりから北米で活躍したナイジェリア出身のトーキング・ドラマーの残した録音を2曲でオーヴァーダブ・フィーチュアー、なぜ? そして、現在のアフリア系PO …

続きを読む>

CONSTANTINOPLE & ABLAYE CISSOKO / TRAVERSEES

1998年にフランス語圏カナダのモントリオールで結成されたアンサンブル、コンスタンティノープルと、ドイツ人ジャズ・トランペット奏者フォルカー・ゲッツェとのデュオ作などがあるセネガル人歌手/コラ奏者アブライエ・シソコによる2018年の共演第2弾作。コンスタンティノープルは、テヘラン出身でモントリオールに移り住んだイランのリュート属の楽器セタールのプレーヤーに、 …

続きを読む>

FATOU GUEWEL KARA DIOUF & LE GROUPE SOPE NOREYNI / BEGUE LEN

出ました!マリで言えばウム・サンガレ?みたいな、ゴッドマザーですよ、相変わらずの絶好調は続いてますねえ、特に後半の盛り上がりがスゴイ!けれど、1曲しか試聴先は見つからず…。 前2作(同時発売)に引き続きウォロフの名門グリオ出身のヴェテラン女性歌手、相変わらずトラディショナル・ベースの演奏〜セネガルの弦楽器ハラム奏者2人、打楽器サバール奏者4人含む …

続きを読む>

IDORISSA DIOP / L’AVENTURIER

  大ヴェテラン、イドリッサ・ジョップ 2018年末の新譜です! ユッスーはじめ、オマール・ペンやイスマエル・ロー、 キネ・ラムほか、セネガルPOPのンバラ系ヒット曲を カヴァーしたアルバムです。 イドリッサ(イディー)・ジョップに関しては、 以下をご参照!? >☆無断リンク陳謝&感謝!

続きを読む>

FALLOU DIENG / NAMONALENE

ファロー・ジェン、なんだか久しぶりですねえ、 ずいぶん親父になってしまいました (昔はサングラスのジャケとか、 結構カッコイ若者でした〜UK STERN’S CDあたり)。 ま、誰だって歳を取るわけですから、 ひとのこと言えません。 で、1曲目、ちょっと緩めのヴォーカルが (何を狙っているのか不明ですが…) この人らしからぬ感じがした …

続きを読む>

go top