YOUSSOU N’DOUR / HISTORY

ユッスーの新譜です。非ンバラです。セネガル盤新作でも歌っていた故アビブ・フェイへのトリビュート曲も再演、全く違うアレンジで収録されています。 それにしても、故オラトゥンジにはびっくりしました。50年代の終わりから北米で活躍したトーキング・ドラマーの残した録音を2曲でオーヴァーダブ・フィーチュアー、なぜ? そして、現在のアフリア系POPの一大勢力であるナイジャ …

続きを読む>

CONSTANTINOPLE & ABLAYE CISSOKO / TRAVERSEES

1998年にフランス語圏カナダのモントリオールで結成されたアンサンブル、コンスタンティノープルと、ドイツ人ジャズ・トランペット奏者フォルカー・ゲッツェとのデュオ作などがあるセネガル人歌手/コラ奏者アブライエ・シソコによる2018年の共演第2弾作。コンスタンティノープルは、テヘラン出身でモントリオールに移り住んだイランのリュート属の楽器セタールのプレーヤーに、 …

続きを読む>

FATOU GUEWEL KARA DIOF & LE GROUPE SOPE NOREYNI / BEGUE LEN

出ました!マリで言えばウム・サンガレ?みたいな、ゴッドマザーですよ、相変わらずの絶好調は続いてますねえ、特に後半の盛り上がりがスゴイ!けれど、1曲しか試聴先は見つからず…。 前2作(同時発売)に引き続きウォロフの名門グリオ出身のヴェテラン女性歌手、相変わらずトラディショナル・ベースの演奏〜セネガルの弦楽器ハラム奏者2人、打楽器サバール奏者4人含む …

続きを読む>

IDORISSA DIOP / L’AVENTURIER

  大ヴェテラン、イドリッサ・ジョップ 2018年末の新譜です! ユッスーはじめ、オマール・ペンやイスマエル・ロー、 キネ・ラムほか、セネガルPOPのンバラ系ヒット曲を カヴァーしたアルバムです。 イドリッサ(イディー)・ジョップに関しては、 以下をご参照!? >☆無断リンク陳謝&感謝!

続きを読む>

FALLOU DIENG / NAMONALENE

ファロー・ジェン、なんだか久しぶりですねえ、 ずいぶん親父になってしまいました (昔はサングラスのジャケとか、 結構カッコイ若者でした〜UK STERN’S CDあたり)。 ま、誰だって歳を取るわけですから、 ひとのこと言えません。 で、1曲目、ちょっと緩めのヴォーカルが (何を狙っているのか不明ですが…) この人らしからぬ感じがした …

続きを読む>

YOUSSOU N’DOUR & LE SUPER ETOILE DE DAKAR / RESPECT

この春、インターナショナル盤新譜 “History” の発売が予定されているユッスーですが、本盤、2018年末のセネガル現地リリース新作収録曲で、インターナショナル盤に流用されるのは 1. HABIB FAYE のみ(ヴァージョンが同じかどうかは不明ですが)。というわけで、ユッスー・マニアの皆さんにおきましては、是非オススメしたいこの …

続きを読む>

COUMBA GAWLO / TERROU WAAR

>★無断リンク陳謝&感謝! >★無断リンク陳謝&感謝! 当店でもセネガルの女性歌手ではナンバー1の人気かと思います。クンバ・ガウロの2018年作です。コレまでの作に較べても、その完成度の高さ、コンセプトのおもしろさとも、随一のアルバムかと思います。今年入荷のセネガル〜アフリカものでも、今のところ一番充実しているかも知れません。 曲名表記のあとに括弧で何か書い …

続きを読む>

FOFOULAH / DAEGA REK

シャーマニックなチャント “タス(Taasu)”(〜セネガルにおけるウォロフ人の女性グリオが吟じてきた伝統的な詠唱 >参照)をエクペリメンタルなビートと男声によるトゥースティング?フリーフォームなヴォイス・パフォーマンスに置き換えた野心作!?元ロバート・プラント・バンドのドラマー、デイヴ・スミスを世話人にロンドンの敏腕音楽家たちと、セ …

続きを読む>

MHD / 19

本名 Mohamed Sylla 〜1994年 ギニア / セネガル系の両親の元、パリに生まれたそう。2年前、2016年のデビュー作はアフリカ & 欧州のヒップホップ・シーンにセンセーションを巻き起こし一躍、そしてこのセカンド、御大サリフ・ケイタのゲスト参加、ナイジェリアからはウィズキッド&イェミ・アラデ、ほか、ORESAN / KOYS / SEF …

続きを読む>

DIOGAL / ROADSIDE

デビュー作『サンバ・アッラ』が日本でも紹介されている、1970年生まれのセネガル人シンガー・ソングライター、ジョガルによる2018年の5作目のアルバムです。独学で取得したという、自身の奏でるアコースティック・ギターと共に、ソフトで温かみのある歌声で紡がれるアフリカン・フォーキー。曲によりチェロや打楽器タマを絡めたり、エフェクト音を挿入したり、ベース&ドラムス …

続きを読む>

CATRIN FINCH & SECKOU KEITA / SOAR

アフリカとヨーロッパの竪琴による美しきハーモニーが再び! アフリカのハープとも言われる伝統弦楽器コラの若手演奏家として名を馳せるセク・ケイタと、かつてチャールズ皇太子のお抱え奏者として知られたハープの人気演奏家カトリン・フィンチとのコラボレーション作品第二弾が発表された。アフリカ音楽とクラシックという異なる音楽シーンで活躍してきた一流のふたりによるコラとハー …

続きを読む>

SIDY DIOP / NDORTEL

よくはわかりませんが、去年のシングル録音4曲が、売れに売れたらしくて、この新人の男性歌手と製作元の DOMOU JOLOFF 裁判沙汰があったようですが、和解したのか? こうして目出度く DOMOU JOLOF からファースト・アルバムがリリースされたわけですね。で、若いですねえ!これまで聴いて来たセネガリーズ・ンバラの歌い手の中では飛び切り若いし元気がイイ …

続きを読む>

PAPE DIOUF / ENJOY

  再入荷しました! ユッスー・フォロワー / オーソドックス・ンバラのホープ、 若手期待株、とか言われていましたが、 既に一枚看板ですねえ、 バックのアップトゥデイトぶりも、 ンバラらしいヴォーカル・スタイルと 生々しいタマ&サバールのンバラ・ グルーヴを生かしてこその アップトゥデイト姿勢、 背筋の伸びた現在形ンバラ、 今年、イチオシのンバラで …

続きを読む>

CHEIKH LO / NE LA THIASS

★シェイク・ロー/ネ・ラ・ティアス ユッスー・ンドゥールがプロデュースしたシェイク・ローの代表作が、リマスター&新ジャケットで蘇った! 個性的なアフロ系音楽を作り出してきたヴェテラン音楽家シェイク・ローが、ユッスー・ンドゥールのプロデュースでリリースした世界デビュー・アルバムがついに蘇った!本作は当時世界流通したCD版とは異なり、1995年に地元セネガル向け …

続きを読む>

go top