新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

OS APOLOS

1955年生まれのセクレ(lead vocal)が、1969年のアポロ月面着陸に感動して結成したグループ、オス・アポロス〜カボヴェルデ歌謡の旋律、カボヴェルデのダンス・リズムをグループ・サウンズ化、70年代半ばにポルトガルでの活動を開始し、12枚のアルバムを残した人気グループでした。 1 Dam Nha Dinheiro 2 Hey Jude 3 Vamos …

続きを読む>

FRANK MIMITA / NHA GURAN DI MUNDO

カボヴェルデ、オルガン仕様のフナナー、コラデイラ、モルナの感覚を流用したPOP、ということになるでしょうか? 70年代の終わり頃の録音でしょうか? わからないことばかり。 1.Nha Guran Di Mundo 2.Bó Linga Mesté Cortá 3.É Di Sanvicente 4.Sodadi Di Maria José 5.Miranda …

続きを読む>

ASA / LUCID

モデルとしても活動するという在仏ナイジェリア系自作自演女性歌手の新作、以前来日もあった。欧米フォーキーPOPモードの英語歌アルバム! 1 Murder In The USA 4:03 2 The Beginning 3:44 3 Good Thing 2:50 4 Stay Tonight 3:02 5 Torn 3:24 6 Happy People 3: …

続きを読む>

JOSEPHINE PREMICE / CARIBE + SINGS CALYPSO 

1926年U.S.A.生まれのハイチ系の舞台女優、JOSEPHINE PREMICEが、1956年と1957年に録音したカリプソ・アルバム2枚『CARIBE』と『CALYPSO』全曲に、2曲をボーナス・トラックとして収録した復刻アルバムです。本格的な舞台女優、ダンサーとしてのスタートは、同じくハイチ系の血を引くアフロ・アメリカンの伝説的な女性ダンサー、キャサ …

続きを読む>

MAYKEL BLANCO Y SU SALSA MAYOR / QUE TIENE QUE TE MUEVE

弱冠18歳にして自身のバンドを結成し、キューバ音楽界で、ホセ・ルイス・コルテスの再来(実際エネヘー・ラ・バンダをサポートしていたそうです)といわれていたマイケル・ブランコの2019年作。 レパートリーは1曲を除き自作となりますが、ティンバに重心を置きながらも、闇雲に疾走感だけ突っ走るのではなく、ロス・バン・バンやフアン・カルロス・アルフォンソを擁していた時代 …

続きを読む>

GASTON JOYA / MAMA INA

チューチョ・バルデース率いるアフロキューバン・メッセンジャーズなどで活躍、さらに最近では、ロランド・ルナ率いるオマーラ・ポルトゥオンドの小編成バンドのメンバーとしても活躍する、キューバン・ジャズ・シーンを牽引する若手ベーシスト、ガストン・ホヤによる2018年のリーダー作。 キューバのジャズ・シーンに、新しいムーヴメントが根付き始めたことを感じさせるアルバムで …

続きを読む>

BOOM FULL MEKE / EL GUCHI

モノソニコとビークリップによるコロンビアのユニット、ブーム・フル・メケの2017年の初録音。5曲入りCDシングルとなります。コロンビアのカリブ海側バランキージャのゲットーで育まれたサウンドシステム・カルチャーとアフロ・コロンビア要素とが結びついたダンス・エレクトロニカ。彼らはそれを、ネオ・バシーレ・ピコテーロなどと規定しているようですが、レゲトン系のダンス、 …

続きを読む>

LOS GAITEROS DE SAN JACINTO / DUB DE GAITA

コロンビアのトラディショナル・クンビアの老舗楽団ロス・ガイテーロス・デ・サン・ハシントのトラックを、UKダブの大物エイドリアン・シャーウッドの共同プロデュースのもとダブ・ミックス。もともとクンビアとレゲエは相性がよく、ナイヤビンギ的でもあるトラディショナル・クンビアのタンボールのリズムと木管楽器ガイタのプリミティブなメロディの繰り返しが、ダビーな演出を伴って …

続きを読む>

PUPY Y LOS QUE SON SON / PASANDOLA BIEN TOUR

全盛期のロス・バン・バンのサウンドを支えたピアニスト兼作曲家兼アレンジャー、“プピ”ことセサル・ペドロソ率いるロス・ケ・ソン・ソンの2018年リリース作『パサンドラ・ビエン』のお披露目ライヴで、サンティアーゴ・デ・クーバに乗り込んだ際の映像を収録。DVD-Rでの流通品となります。 ライヴの模様そのものではなく、プピをはじめとするメンバーのコメント、オフの模様 …

続きを読む>

ARSEN PETROSYAN ‎/ CHARENTSAVAN, Music for Armenian Duduk

多くはアルメニアのトラディショナル曲となります。ハープ、ウード、ドール、カヌーン、そしてギター、サントゥール、タール、ヴァイオリン等も曲により加わった伴奏において、ドゥドゥーク奏者、アルセン・ペトロシアンがアルメニアのメロディーを奏でます。 1 Eshkhemet 2 Hazar Ernek 3 Naz Par 4 Tapna Kervan Prtav 5 …

続きを読む>

JACOB DO BANDOLIM / UN GEANT DE LA MUSIQUE BRESILIENNE 1952-1962

言わずと知れたショーロを代表する歴史的バンドリン奏者/作曲家ジャコー・ド・バンドリン。仏フレモー社による1952~62年録音の26曲を収めたアンソロジーです。 「アサニャード」「カリオカの夜」「ミガーリャス・ジ・アモール」、といった自作の名曲、エルネスト・ナザレー、ピシンギーニャ、アリ・バホーゾらのナンバーを収録。入門篇として好適であると共に、マニアの方向け …

続きを読む>

LOS MUNEQUITOS DE MATANZAS / MAFEREFUN RUMBA

パーカッション・アンサンブルとコール・アンド・リスポンスのヴォーカル&コーラスによるアフロ・ルーツのキューバ音楽ルンバの名門中の名門グループ、1952年に創設のロス・ムニェキートス・デ・マタンサス。2018年リリース作です。CD-Rでの流通品で、フリア・ミラバル監督によるムニェキートスのドキュメンタリー『ロス・ムニェキートス・デ・マタンサス、ラ・レジェンダ・ …

続きを読む>

go top