ROY & YVONNE / BELIEVE IN YOURSELF, acompaied by the mighty megatons

60年代スカ/ロックステディ・シーンから誕生した伝説のデュオが 古き良きジャマイカン・ミュージック黄金期を鮮やかに再現!  60年代ジャマイカ・スカ・シーンを代表する男性ヴォーカリストの一人ロイ・パントン、そしてロックステディの女王ことイヴォンヌ・ハリスン。おしどりデュオ・グループとしても知られてきた伝説の2人が、ジャマイカン・ヴィンテージ・サウンドを追求す …

続きを読む>

FM LAETI / IT WILL ALL COME AROUND…

グアドループ出身の女性SSW〜 2016年のファースト・アルバムです。全然、フレンチ・カリブっぽくはありませんが、イイ声してますねえ…   1 Rise In The Sun 2 Out Of My Hands 3 I Got The Boogie 4 It Something New ? 5 It Will All Come Around 6 …

続きを読む>

DEDE ST PRIX / KOKTEL CHOUVAL BWA

>こちらで早くも紹介済み!(無断リンク陳謝&感謝!) なんと言っても、アコーディオンが聞こえるシュヴァル・ブワ、ってだけでもう10点!この人、どんどん良くなってますねえ、プラス、ハイチのトゥバドゥ(このトゥバドゥ自体、コンパ以前のハイチ音楽への回帰指向を含んだジャンルでしたね)のギタリストが加わり(バンジョーみたいな演奏ですね)、ノスタルジック、というより原 …

続きを読む>

STELLIO / L’ETOILE DE LA MUSIQUE CREOLE 1932 – 1938, 83 Enregistrements Originaux

「ビギンの父」と言われるクラリネット奏者、アレキサンドル・ステリオ。1932年から38年にかけて録音された83曲を収める、仏フレモー社の4枚組です。同社からはステリオがフランスに進出してからの29年から31年にかけての録音を収める2枚組 “INTEGRALE CHRONOLOGIQUE 1929-1931”がリリース済みなので、その続編ということになります。 …

続きを読む>

TABOU COMBO DE PETION-VILLE / A LA CANNE A SUCRE

Originally released in 1972 おそらく80年代終わりぐらいのCD化だったと思います。1969年、ハイチで吹き荒れたミニジャズ・ムーブメントの最中にアルバム・デビューしたタブー・コンボの2作目、1972年作ですね。未だアコーディオンとサックスの絡みを聞かせつつも、ミニJAZZムーブメントを通過した複数エレキギターの演奏が、コンパの70 …

続きを読む>

V.A. / GOLDEN YEARS OF CALYPSO VOL.2

V.A./ゴールデン・イヤーズ・オヴ・カリプソ 2 <オーディブック数量限定再発> 戦後のカリプソ黄金期を紹介した89年作が奇跡の再発!  5年ほど前に弊社から数タイトルを限定再発した故・中村とうよう氏のレーベル『オーディブック』。80年代終わりから90年代にかけて存在したこのレーベルは、当時画期的だった「オーディオ」+「ブック」を体現させ、音と文章の両方か …

続きを読む>

NEMOURS JEAN-BAPTISTE ‎/ A VISIT TO HAITI

まったくもってすみません!その昔、ハイチとの取引があった頃、ジャケ裏表ナシで、このヌムールの1958年作『ハイチを訪ねて』が入って来たんですけど、注文分のうち2枚分のスリーブ&裏ジャケが足りなくて、ただCD盤だけしか入って来なかったので、クレームを入れたんですけど、わかった送るよ、と返答があったきり、待てど暮せどスリーブは届かず、そのうち、その取引先は廃業し …

続きを読む>

SARTANA / L’IRRESISTIBLE, Il y A Le Feu à Bord

スパゲッティ・ウェスタンのマジカルなキャラクター “サルターナ” を名乗るグァドループのヴェテラン(にしか見えない)、2012年のズーク作品…、脂ぎったオヤジ姿そのまま?お洒落でも、シックでも、ラヴァーズでもないズークを、オヤジならではのクレオールな発声でコネクリ歌ってくれる稀有な男性歌手!って、キャリアも何も全然わかりませんが、得難い味わいであ …

続きを読む>

LES ROIS MAGES / JOYEUX NOEL ET BONNE ANNEE AVEC LES ROIS MAGES

Originally released IN 1983 この時期にクリスマス&ニューイヤー・アルバムというのも、どうかと思いますが、備えあれば憂い無し?なんて…で、このレ・ロワ・マジェ、ラ・コンパーニャ・クレオールのグァドループ版?みたいな感じですが、アルバムは2枚しか出していません。それも80年代の前半、そして、2枚ともラクダに乗って、クーフィ …

続きを読む>

TI CELESTE

グォカは、17世紀、大西洋を行き来する奴隷船中で生まれた、ともされるグァドループで最も古いパーカッション音楽ですね、“カ” と呼ばれるパーカッションを中心に演じられ、コミュニケーションとダンス、祝祭の音楽、そして現在はレコーディング音楽、ステージ上の音楽としても、維持されています。 例えば、グァドループ発祥のズークのリズム感の原型となったともされるグォカです …

続きを読む>

V.A. / PROMENADE DANS LE PASSE AVEC RFO GUADELOUPE

Debs のデッドストックCDですね(…そろそろ終わりです)。趣のあるジャケットだし、なかなか珍しい曲が揃っているとみえ、ネット上で試聴ができないので、1枚開けて聴いてみると、全体、ロマチックというかノスタルジックなクレオール系バラードやボレロ〜チャチャチャ風の曲が多く並んでいました。が、その新旧を問わない曲の並びが(60〜80年代ぐらいの振り幅 …

続きを読む>

V.A. / CADENCE REVOLUTION 1973-1981, disques debs international vol. 2

UK STRUT からの復刻新譜、Debsコレクション第2弾は折も折? カダンスのコンピレーション(第1弾は>こちらでした)!なるほど、レアーな曲が揃ってますねえ、当店でもつい先日まで、カダンスの嵐が吹き荒れていましたが…!?Debs 廃業により、既にフィジカル入手困難な曲ばかりとなります。こういう形でもOKですから、どんどんDebs音源復刻が進 …

続きを読む>

go top