V.A. / DISQUES DEBS INTERNATIONAL VOL. 2 (Cadence Revolution 1973-1981)

UK STRUT からの復刻新譜、Debsコレクション第2段は折も折? カダンスのコンピレーション!なるほど、イイ曲が揃ってます。当店でもつい先日まで、カダンスの嵐が吹き荒れていましたが…!? 1 Super Combo /Moin Domi Dérhô 7:25 2 Les Vikings /Ambiance (Guhe Huiamo) 2:2 …

続きを読む>

CHOUK BWA & THE ÅNGSTRÖMERS

アフロ・カリビアン・ミュージックのルーツの地、ハイチのポリリズムに溢れたミジック・ラシン(ルーツ・ミュージック)を演奏する6人組シュク・ブワとベルギーのダブ・エレクトロニクス・デュオ、ジ・オングストローマーズが創り出す、スリリングで催眠的サウンド。 ● カリブ海、西インド諸島に浮かぶイスパニョーラ島の西半分を占めるハイチ共和国(東側は、ドミニカ共和国)は、1 …

続きを読む>

SELECTA MARTINIQUE

1979年にリリースされた2枚のアルバムの2オン1CDとなります(ファースト&セカンド、ということで、やや遅れてデビューしたカダンス・グループでした)。大勢がズークへ移行する前の、カダンス・ブームの最後の輝きを背負ったグループでした。それだけに完成度が高い、と言えるでしょうね、ジャケットも最高です! 1 Money first 4:24 2 Mentalit …

続きを読む>

FRED FANFANT / FAIRNESS jr de fred fanfant

ピアノ、アコーディオンの鍵盤奏者、歌い手でありサクッ曲編曲家のフレッド・ファンファンとその兄弟、パーカッション奏者のクリスチャン、ベース&ヴォーカルのファブリスによるグループ、”フィアネスJr” による、グァドループの DEBS レコーディングス、1960年代録音中心のシングル(EP)集と思われます。ハイチと見紛うようなカダンス調からビギン、マズルカ、クレオ …

続きを読む>

GERARD LA VINY ‎/ MES CHANSONS QUE VOUS AIMEZ

ジェラール・ラ・ヴィニィ(1933-2009)グァドループで裕福な家庭に生まれたそう。父はピアノをたしなみ、母はプエルトリコ出身の音楽好きで、いつもハミングを口ずさんでいたということです。そんな環境の中で、バイオリンを習い、ギターを弾き、プエルトリコでクラシック音楽を修め(同時にラテン音楽に親しみ)、学士号を習得するも、音楽を生業とすることは父親が許されなか …

続きを読む>

LEE SCRATCH PERRY WITH SESKAIN MOLENGA & KALO KAWONGORO / ROOTS FROM THE CONGO

コロナ禍で入荷が遅れてしまいましたが、これは驚きの復刻ですねえ! セスカイン・モレンガ(アフリカン・フィエスタ / OKジャズ / レス・バクバ等を遍歴) & カロ・モウォンゴロ(経歴謎)というコンゴ人の歌い手でありミュージシャン(もちろんリンガラ語で歌っています)が参加〜本作はリー・ペリーが自身のブラック・アーク・スタジオ(キングストン)で、70年代後半に …

続きを読む>

LES AIGLONS / LES PLUS GRANDS SUCCES

こちらも初入荷!グァドループのカダンス “イーグルス” =エイグロン(レゼイグロン!)のオールタイム・ベストとなります。詳しくは後刻〜と言っているうちに残り1枚となってしまいました。が、簡単な来歴だけでも少し触れておくと、メンバーは以下の通り、Alain D’Alexis, Christian Léon, Claude Roseau, Guy P …

続きを読む>

MICHEL LAURENT, HORIZON / WOULO BA GWOKA, Tradisyon Modern

グァドループ島の伝統打楽器音楽、グォカの担い手、ミシェル・ローラン〜トラディションな曲の並びと、そのグォカを下敷きにしたフュージョン・ファンクなグォカ?を演じるグループ、オリゾン〜モダンな曲たちを、一曲づつ交互に並べた、なかなか斬新かつ変則的カップリング盤ということになりますね。しかしオリゾン、1990年代初めという時期に既にこんなタンブール・ビート・ファン …

続きを読む>

(Debs Zouk All Stars…) / ZOUK INSTRU …

>★ アンリ・デブスお得意のビギン風リズム感が宿るジャジーなズークの新録インストゥルメンタル集(2010)〜夏の日、フラッと入った、ちょっと古めかしいようなラウンジっぽい喫茶店かなんかで(今時そういう店ナイかも知れませんが)、こんな音楽がかかっていたら、きっと一日、得した気分になれるかも知れませんね!?? とりあえず、Debs Zouk All Stars& …

続きを読む>

EMELIEN ANTILE / MR SAX

★tracks 1-10 recorded in 1969 / tracks 11-20 recorded in 1974 ミスター・サックスことエミリエン・アンティル(1925-1980)は、グァドループはポワンタピートルの義務教育を終えると路線バスの運転手になったのでした。島のバンブーフルートを演奏するのが趣味でしたが、長年の仕事でお金を貯めて、念願のサ …

続きを読む>

ERIC BROUTA / STORY

ズーク・マニアには懐かしい?グァドループ出身、サングラスかけた往時の千葉のヤンキーみたいな(他意なし)エリック・ブロータ(1960-2016)のベスト・ヒット集〜レゲエやカダンスの世界でドラマーとして、そして、主にデブス・レーベルでのセッション・ミュージシャンとして活躍した後、1987年リリースの“Telephone”が大ヒット、一躍ズーク界のスターとなりま …

続きを読む>

DANIEL FORESTAL / STORY, la magnifique

ダニエル・フォレステル(1933−2016)、グァドループの作曲家であり詩人、文学教師そして歌い手、その1970年のファースト・アルバムはカリビアン・ファンクにて、常時300ドル以上の人気盤ですが、それはともかく、本領は(文学のことはさておき)、島の生活を歌った、ちょっとヒネリのある独特なビギン、マズルカ、グォカ、ベレといった〜60年代の数多いシングル録音だ …

続きを読む>

V.A. / SOUVENIRS AVEC …

まさしくスーヴニール、観光土産のような2CD!?DEBS メイドの60年代後半〜70年後半までのシングル録音を中心に、ビギン、マズルカ、ラテン、カダンス、ファンクまで、結構、めちゃくちゃな曲順ですが、結構、珍しい曲が入っていたりして、結構、夏のBGMにピッタリかと…。それにしても、CD1にはギッチリ25曲収録されているのに、ナゼにしてCD2は14 …

続きを読む>

go top