JEKYLL WOOD / WHO YOU ARE

    フランスの大学都市、トゥール出身の双子ロックスター、EP、DVDを経ての苦節6年?デビュー・アルバム2018年作〜エフェクト・ギター / ビートボックス / クラヴィエール/ ヴォイスビート / ハーモニカ / ドラムス〜による手づくり双子ワンマンバンド風情が身に沁みます!?

続きを読む>

MOCCA / LIMA

アジア中にファンを持つインドネシアの人気バンドMoccaの2018年最新作が登場! 20世紀の終わりにインドネシア・バンドゥンで結成。キュートな女性歌手アリーナを中心に、ボサ・ノーヴァやスウェーディッシュ・ポップ、ジャズといった音楽スタイルを現代の若者らしいフィルターを通し上質なポップスに仕立て上げた4人組バンドがモッカだ。セカンド作『フレンド』は日本でも発 …

続きを読む>

DIANA NAVARRO / RESILIENCIA

1978年生まれ 2005年デビューの スペイン人気女性歌手、 2016年の7作目大ヒット作。 1 Angelito de canela 2 El perdón 3 Yo me voy a querer 4 Eres tú 5 Haz conmigo lo que quieras 6 Los niños, no 7 La revolución del amo …

続きを読む>

IIS SUGIANTO / NASIBMU NASIBKU – SELENDANG MERAH

 1979年作のリイシュー / 70~80年代ポップ・インドネシアの歌姫イイス・スギアント。彼女のアルバムが今度は2イン1で再発です。今回カップリングされているのは1980年初頭のアルバム『ナシブム・ナシブク(私の運命はあなたの運命)』と『シレンダン・メラ(赤いスカーフ)』。それぞれ10曲入りのストレート・リイシューです。  名作曲家リント・ハラハップのレー …

続きを読む>

V.A. / NADA KITA

近年のインドネシア、 POPバラード・ヒットを12曲! レーベルを超えたお得感は KFC ならでは!? 1. Dia – Anji 2. Andaikan Kau Datang – NOAH 3. Setengah Gila – Ungu 4. Widuri – Delon 5. Ada Gajah Dibal …

続きを読む>

ECOUTEZ / LOVE LIVE LIFE

人気ポップ・ソウル・バンドの最新作 2005年結成、ジャカルタ南部グントゥールに拠点を置く、ポップ・ソウル・バンド、エクテの5年ぶりの新作が登場!2代目ヴォーカリスト、アンドレア・リーをフロントに据えての二作目になります。彼女のつややかな歌声と、強面な男性陣によるジャジーでファンキーな演奏がなんともおしゃれ。楽曲のクオリティも高いです。AOR、シティ・ポップ …

続きを読む>

IMPRESSION / INSPIRATION BY IMPRESSION

バンコク郊外のノンタブリに拠点を置く、音楽制作プロダクション Impression Sound Studio で音楽を製作しているのは Pongpan Channet(ポンパン・チャネット)。タイ伝統音楽と西洋音楽の両方を取り入れた、タイ・コンテンポラリー音楽を制作、リリースしている。音質への徹底したこだわり(ハイエンド)と、タイ伝統民謡をピアノやヴァイオリ …

続きを読む>

V. A. / HOMENAJE A MIGUEL HERNANDEZ

1910年生まれ、フランコ独裁政権下の42年に獄中死した20世紀スペインの伝説的詩人ミゲル・エルナンデス。没後75周年を記念し彼に捧げられた、オリジナル録音による2017年のオムニバス・アルバムです。ビクトル・マヌエルやミゲル・リオス、ジョアン・マヌエル・セラットといったスペインの大物ベテラン・アーティストたち、17年の来日でも話題となった女性シンガーのブイ …

続きを読む>

YO IRIE / FISH

入江陽の4thアルバム「FISH」。 前作「SF」から約1年半ぶりとなる本作は、生まれ育った新大久保の喧騒を離れ千葉の郊外に移住した入江が、サウンドエンジニアの中村公輔のサポートのもと、今年夏に制作。 リラックスしたムードで、魚を釣り上げるような、魚として泳ぐような、そんな雰囲気のアルバムである。 ゲストとしてBOMI、岩出拓十郎(本日休演)、黄倉未来、ガク …

続きを読む>

70SOC / ELECTRIC LOVE

ファンク系70年代リヴァイヴァル・トリオ!! そのバンド名通り、70’Sリスペクトなバンドゥン出身のファンク・トリオ。ワウ・ギターとファンキーなリズム・セクションによる演奏にホーンやストリングスも加わって、リヴァイヴァリストとしてかなりのセンスを感じさせます。インドネシアのリヴァイヴァル系はブルース・ロックやフュージョン系が多いですが、彼らはアー …

続きを読む>

go top