GYEDU-BLAY AMBOLLEY

ガーニアン・アフロファンクの伝説的音楽家が80年代初頭に残したダンス・チューンの数々! ジェドゥ=ブライ・アンボレイはアフリカ・ガーナの音楽シーンで60年代より活躍していた音楽家/バンド・リーダー。72年に「Simigwa-do」を大ヒットさせスターダムを駆け上り、70年代の終わりにはすでにシーンの伝説的な存在になったアンボレイ。当時様々なバンドに参加し、エ …

続きを読む>

EBO TAYLOR / YEN ARA

  ガーナ重鎮、82歳の新作です! 自身のバンドによる録音で、 制作はジャスティン・アダムス、 エボ翁のハイライフ系ギタープレイも 堪能できる作〜ホーンズもOK! アフロビートに滲むハイライフの香り、 ヴォーカルにもバンド・サウンドにも、 きっちり感じられる快作となりました。

続きを読む>

V.A. / パームワイン・ミュージック・オヴ・ガーナ

★V.A./ PALMWINE MUSIC OF GHANA, From Palmwine Music To Guitar Band Highlife 大変、お待たせしました!出す出すと言いつつ2年? やっと完成納品されて来ました。時間はかかりましたが、その分、素晴らしい内容になっているかと思います!よろしく、どうぞ。 >★ >★ △絶賛いただきました!感謝 …

続きを読む>

BLAY AMBOLLEY / KETAN

MM誌2017年ベスト10ワールド部門堂々3位〜当然です! くーっ!たまりません。ガーナで1970年代から歌う大ヴェテランで、>前作から5年ぶりとなるガーナ現地録音(!!)のセルフ・プロデュース作。欧州メイドのクラブ仕様ではコーは行かない、味わい芳醇、余裕のアフロビート&ファンキー・ハイライフが楽しめる快作となりました。アハン、オーイェー!オーライと、語るよ …

続きを読む>

KING AYISOBA / 1000 CAN DIE

〈未来の民俗音楽〉は更に歩みを進めた! ガーナの新星キング・アイソバの待望の新作! ガーナ北部に暮らすフラフラ族に伝わる2弦の弦楽器コロゴを手に、様々な声を操る〈ダミ声の怪人〉キング・アイソバ。伝統的な音楽の担い手ながら、ガーナの流行音楽=ヒップ・ライフ(=ハイライフ+ヒップ・ホップ)のシーンでも活躍する彼の14年の前作『ウィケッド・リーダーズ』(EL SU …

続きを読む>

GUY WARREN, GHANABA / THE DIVINE DRUMMER, Odumankuma

UKレトロアフリック・レーベルの02年リリースCDです。ガーナの異色ドラマー、元ETメンサー&テンポスのキイマンでもあったガイ・ウォーレン (as “Kofi Ghanaba” 1923–2008) の1960年代末音源(USコロムビア音源)の復刻集。パワフルかつプリミティヴな~パーカッション&ドラム・アンサンブル、あるいは、フルート …

続きを読む>

PAT THOMAS & EBO TAYLOR / SWEETER THAN HONEY CALYPSO “MAHUNO” AND HIGH LIFES CELEBRATION

    ガーナのお二人、パット・トーマス& エボ・テイラーの共作アルバムの復刻です! エレキかつファンキーなギターバンド・ ハイライフ1980年作のストレート・リイシュー! カッコイイですね、  

続きを読む>

PAT THOMAS / COMING HOME

ハイライフ・シンガーとして60〜80年代に活躍したパット・トーマス復刻集〜これは嬉しい!ブロードウェイ・ダンス・バンド時代の1960年代録音から、80年代初めの録音まで、詳しくは>こちら(毎度、無断リンクすみません!) で、パット・トーマスと言えば、忘れもしない今はなきユピテル・レコード、1982年アビジャン出稼ぎ録音アルバム “In Actio …

続きを読む>

KYEKYEKU / HIGHER LIFE ON PALM WINE

今現在、当方からリリース予定(来春)の1曲のぞいて全て初復刻パームワインSP時代コレクション2枚組CD(マスタリング by 森田潤さん、ほぼ完成!信じられないくらいイイ音、巷ではダストトゥデジタルを超えたと評判!?)の解説執筆奮闘中の深沢美樹センセーが、パームワイン・ミュージクのことを改めて調べていた時に、ネットで発見したという素晴らしいCDが入荷してます! …

続きを読む>

PRINCE BUJU / WE ARE IN THE WAR

  ガーナ、コロゴ弾き語りSSW、 プリンス・ブジュのソロ・アルバム初入荷です! これまた個性的な歌い口、 個人芸としてあるコロゴ・ミュージックならではの 独創が、シンプルな弾き語りの中に響きます! キング・アイソバと同郷の親友だそうです。  

続きを読む>

go top