EDIKANFO / THE PACE SETTERS

★エディカンフォ/ザ・ペース・セッターズ 伝説のハイライフ/アフロ・ファンク・バンド〈エディカンフォ〉 ブライアン・イーノ・プロデュースによる幻の名盤が40年の時を超え、世界初リイシュー!  1980年、トーキング・ヘッズの大名盤『リメイン・イン・ライト』をプロデュースしたブライアン・イーノがその翌年にガーナで制作を手掛けたのがこの作品。本作の主役である大所 …

続きを読む>

SANTROFI / ALEWA

Santrofi – Alewa by Outhere Records ★サントロフィ/アレイワ 大注目の超大型新人バンド! ガーナの若手ハイライフ・バンドが放つ極上グルーヴ! ガーナの伝統的なハイライフ・リズムに進歩的なエッジを加えた音楽性を持つ8人組の若手グループがサントロフィ。エボ・テイラーやパット・トーマスといったハイライフ音楽家とも共演 …

続きを読む>

FRA FRA / FUNERAL SONGS

★フラフラ/ヒドゥン・ミュージックス vol.6 フラフラ族の葬歌 知られざる伝統音楽にフォーカスを当てた人気フィールド・レコーディング・シリーズ。 第6弾はガーナ共和国北部に住むフラフラ族の葬歌が登場! 世界中の知られざる伝統音楽をフィールド・レコーディングによって記録した『ヒドゥン・ミュージック・シリーズ』。第6弾となる本作では、西アフリカ、ガーナ共和国 …

続きを読む>

JERRY HANSEN & THE RAMBLERS DANCE BAND / THE BEST OF, Vol.2

ガーナ名門ハイライフ楽団、ブラックビーツ出身、作詞作曲歌手にして金管&打楽器奏者にしてコンガ奏者のジェリー・ハンセン(1927-2012)が、60年代初めに独立結成したランブラーズ・ダンス・バンド、60年代中心のベスト! 1. AGYANKA DABRA 2. IMA ABASI 3. GUAE SU NA MNKUMA DZI 4. MENI NA OBI …

続きを読む>

JERRY HANSEN & THE RAMBLERS DANCE BAND / THE BEST OF, Vol.1

ガーナ名門ハイライフ楽団、ブラックビーツ出身、作詞作曲歌手にして金管&打楽器奏者にしてコンガ奏者のジェリー・ハンセン(1927-2012)が、60年代初めに独立結成したランブラーズ・ダンス・バンド、オールタイム・ベスト! 1. Onua Pa, Due 2. Ama Bonsu 3. Ekombi 4. Nyame Ne Nyamee 5. Nyame Mb …

続きを読む>

AFRICAN BROTHERS INTERNATIONAL BAND (Remastered)

ガーナ、ギター・バンド・ハイライフの現地人気バンド、ナナ・アンパドゥ(1941-)率いるアフリカン・ブラザーズ・インターナショナル・バンドの(通常、アフリカン・ブラザーズ・バンドと呼ばれていますが、1963年アクラで結成〜シングル盤多数)、1970年ロンドン録音ファースト・アルバム〜デジタルリマスター復刻盤です(バンドとしては90年代まで活躍、多くのLPアル …

続きを読む>

GYEDU BLAY AMBOLLEY & ZANTODA MARK III / CONTROL

1980年リリースLPの復刻です。 レアーですねえ、 ZANTODA MARK III は、 ザントダ・マーク3世じゃなくて、 このLPのためにブレイ・アンボリーが 組んだバンドの名前〜それにしても、 これが80年の作とは、思えば既に40年の歳月が… アンボリー自身の今を先取り? というか、変わってないってこと? 素晴らしい! 1.Control …

続きを読む>

GYEDU-BLAY AMBOLLEY / 11TH STREET SEKONDI

出ました! ガーナのビッグ・ボス現役72歳、前作から2年ぶりとなる欧州録音ということで、アフロビート・マナーをマブした堂々のファンキー・ハイライフ路線に変わりなし。野趣漂う野太い声によるラップ&語りの入り混じった歌と、決して重くならず軽くもならない、そのクールかつ度量の広いバンド・サウンドのグルーヴは世紀をまたいで変わりなしですね。というわけで新作!変わらず …

続きを読む>

V.A. / STARS OF WEST AFRICA

謎ですね、”KIPEPEO PUBL.”という会社名は記されていますし、CDRでもないのですが、なんだかイイ加減な雰囲気が漂います。音質はレコードの再現に努力しているようでマズマズですが、ノイズ除去を行っていないので、チリノイズが聞こえます(逆に、下手に除去されると音質があやふやになるので、それはそれでイイんですが…)。 そんなよくわからないCDをなぜ取り寄 …

続きを読む>

KING ONYINA’S GUITAR BAND / ORIGINAL EVERGREEN TUNES OF KING ONYINA Vol. 1

謎ですね。”KIPEPEO PUBL.”という会社名は記されていますし、CDRでもないのですが、なんだかイイ加減な雰囲気が漂います。音質はレコードの再現に努力しているようでマズマズですが、ノイズ除去を行っていないので、チリノイズが聞こえます(逆に、下手に除去されると音質があやふやになるので、それはそれでイイんですが…)。 …

続きを読む>

PAT THOMAS AND KWASHIBU AREA BAND / OBIAA!

Obiaa! by Pat Thomas & Kwashibu Area Band コレちょっと面白いですね! ガーナ往年の男性歌手、パット・トーマスといえば、先般こちらの復刻2CD、>”COMING HOME” で話題を呼びました。 “ゴールデン・ヴォイス” と渾名された元ブロードウェイ・ダンス・バンドの歌い手、72歳の現役 …

続きを読む>

SIDIKU BUARI / FEELINGS & JAM BUSTERS

音楽内容にあんまり関係ない情報ですが、奥さんが元ミス・ガーナ、シディキ・ブアリ自身は元アスリート、400mのガーナ代表だったそう。60年代後半は渡米し野球やってたそう(?)。後年、ガーナのミュージシャン・ユニオンの会長に…というようなことはともかく、これまでシディキ・ブアリの作として、よく知られていたのはガーナ帰国後に幾つかリリースしていた70年 …

続きを読む>

go top