LAKOU MIZIK / HAITIANOLA

ハイチの大所帯グループが、豪華ゲストを多数招き待望の新作を発表! ハイチとニューオーリンズの文化的繋がりを音楽を通じて実証する!! ハイチ大地震をキッカケに結成され、欧米にて大注目を浴びた2016年のデビュー作から3年。ハイチの大所帯バンド、ラクー・ミジクがセカンド作として発表した本作では、ハイチとは2世紀も前から繋がりを持つアメリカ・ニューオーリンズと関わ …

続きを読む>

NOLA IS CALLING / SEWING MACHINE EFFECTS

フランスのデヴィッド・ウォルターズ(マルセイユ在クレオール系マルチ・インストゥルメンタル / ヴォーカル)&オリヴィエ・クンドゥーノ(チェロ)、加えて、ベニンはコトヌーのボナ・ディドランヴィ(ヴォードゥー系パーカッショニスト)、そして、ニューオーリンズの HaSizzle(ラップ)、ビッグ・チーフ・ジャーメイン&ビッグ・チーフ・ロメオ(ヴォーカル :79rs …

続きを読む>

OKAWA & THE RULERS / いつものままで, Big Chief – Rumpelstillskin

1stアルバムが好セールスを続けるオーカワ・アンド・ザ・ルーラーズ。Oi-SKALL MATESのWATARU BUSTERが歌う「いつものままで(Big Chief)」とジャマイカスカの貴重盤「Rumpelstillskin」のカヴァー2曲を収録した2ndシングル!! Side-A   “いつものままで” (Big Chief) プ …

続きを読む>

V.A. / NEW ORLEANS ROOTS OF SOUL 1941-1962

ドック・レゲエことブルーノ・ブルム監修選曲解説のニューオーリンズR&B〜ニューオーリンズSOULへ至る道〜集3CDということで。32ページブックレット(仏英語)!〜この内容とヴォリュームはなかなかのものです。じっくり聞くも良し、小さい音で流しておくだけでもOK〜ミシシッピを遡った内陸のソウルシティ、メンフィスとの違いは奈辺にあるのか?カリブに流れ込む河口の街 …

続きを読む>

DANIEL SIDNEY BECHET QUINTET AVEC OLIVIER FRANC / SIDNEY BECHET ET SES GRANDS SUCCES 

ルイ・アームストロングと並び、ジャズ創世記の偉大なるソロイストとして知られるニューオリンズの伝説的なソプラノ・サックス(&クラリネット)奏者、シドニー・ベシェ、の息子、ドラマーのダニエル・ベシェの五重奏団 が、シドニーのフォロワー、オリヴィエ・フランとともに、父没後50年のベシェ名曲集+2曲のベシェ未発表曲を演じたアルバム、ということです。というワケで、ジャ …

続きを読む>

V.A. / NEW ORLEANS BRASS BANDS, Through The Streets Of The City

伝統からコンテンポラリーまでのスタイルが楽しめる、これがニューオーリンズ・ブラス・バンドのいま! ハリケーン・カトリーナの悲劇から今年8月でちょうど10年め。また昨年は御大ドクター・ジョンが同郷のルイ・アームストロングへのトリビュート盤『スピリット・オブ・サッチモ』(ユニバーサル)が大きな話題になり、それにあわせてミュージック・マガジン誌がニューオーリンズ音 …

続きを読む>

EVAN CHRISTOPHER / DJANGO A LA CREOLE, LIVE

今日のニューオーリンズ・ジャズシーンを代表するクラリネット奏者、エヴァン・クリストファーの「ジャンゴ・ア・ラ・クレオール」楽団のライヴ録音。 DOUCE AMBIANCE (DJANGO REINHARDT) • RIVERBOAT SHUFFLE (HOAGY CARMICHAEL / IRVING MILLS / DICK VOYNOW) • DEAR …

続きを読む>

CHARMAINE NEVILLE BAND / QUEEN OF THE MARDI GRAS

チャールズ・ネヴィルのお嬢さんバンド1998年のファースト / 2003年再発?CDR〜やっぱりこのアルバム彼女のサイコー傑作!という方も多いんじゃないでしょうか?マルディ・グラ・マンボ / アイコ・アイコほか、ティピカルでセカンドラインでサイコー!山岸潤史も参加してます。 1. Shoofly 2. Mardi Gras Mambo 3. It Ain&# …

続きを読む>

V.A. / MODERN BRASS BANDS, First & Secound Line in New Orleans 1990-2005

ニューオーリンズのレーベル SONO(プロデュー サー Gary Edwards)のカタログから、ブラスバンド総特集3枚組。24 ページブックレット(仏英語)〜1990−2005年の録音ということで、近年のニューオーリンズ・ブラスがどーなっているのか、キチンと教えてくれます!タイト&グルーヴィーな本場ブラスの洪水で溺れたい方にぴったりのラインアップであること …

続きを読む>

BO DOLLIS & THE WILD MAGNOLIAS / 30 YEARS..AND STILL WILD!

  ニューオーリンズ/ブラック・インディアン~セカンドライン・ファンクの雄ボー・ドリス率いるワイルド・マグノリアス!!NEWレコーディング×6曲&初期レアー・トラック集!=クレセント・シティ&バークレイ録音ほか!マニア必携ですね。

続きを読む>

TREME BRASS BAND / I GOT A BIG FAT WOMAN

多くのブラス・バンドを育んできたニューオーリンズのダウンタウン、トレメ地区の名前を付けたブラス・バンドの1990年録音作。先立ったテナーサックス奏者のFrederick Sheppardとチューバ奏者のKerwin Jamesに捧ぐ復刻盤として仏フレモー社が2013年に復刻。 「聖者の行進」や「いい娘をみつけた」などスタンダードから「オール・オブ・ミー」、「 …

続きを読む>

EVAN CHRISTOPHER / DJANGO A LA CREOLE

ジャンゴ・ラインハルトのクレオール性を見事に料理!ニューオリンズ、キューバ、ブラジルそしてカリブ海のリズムで味付けされた、極上のクレオール・スウィング~ 「初めてこのアルバムを聴いた時、驚きを隠せなかった。スウィングやブルースの感覚を忘れることなく、ルイジアナやカリブ海、そしてブラジル音楽などでジャンゴの音楽を再解釈するという、なんと素晴らしいアイデア!」b …

続きを読む>

go top