こちらでは、主に北米、及びプエルトリコのラテン音楽を扱います。

CABANIJAZZ PROJECT / HELLASONIC

ハビエル・カバニーラス率いるカバニジャズ・プロジェクトの最新アルバム。より生々しいダイナミズムで聴く者を圧倒する。ゲストにはトロンボーンの名手、フランシスコ・トーレス(ポンチョ・サンチェス・バンド)や打楽器のベテラン、オレステス・ビラトー(ファニア)を迎えている。聴くだけでなく感じる演出をより濃厚にし、時にルーベン・ブラデスのように歌詞に重きを置いたサルサ・ …

続きを読む>

CABANIJAZZ PROJECT / INFRASONIC

西海岸ラテン・ジャズ~サルサ!1950年代のジョージ・シアリング~カル・ジェイダーから始まり、多彩な出自をもつ数々のアーティストによって育まれてきた人気の西海岸発ラテン・ジャズ。NY経由でやって来たアフロ・キューバン~カリブ海出身の演奏家とジャズ演奏家の出会いは、サンタナなどラテン・ロックの発展にも大いに関与し、現地で大多数を占めるメキシコ系アメリカ人=チカ …

続きを読む>

SANCHES ACOSTA / ARRIBA !!

1914年生まれ、2006年に亡くなったドミニカ共和国出身の医師で、コンポーザー/ピアニストとしても活躍したサンチェス・アコスタによるティコ原盤の1960年作のストレート・リイシューCD-Rです。デシ・アルナスのオーケストラなどで活躍したキューバ人名ピアニストのマルコ・リソ(1920-1998)をゲストに迎え、ツイン・ピアノにコントラバス&パーカッションとい …

続きを読む>

CHICA BOOM / ときめき Boom Boom, 30th Anniversary Live

女性ばかりのサルサ・バンド、チカ・ブーンが、豪華ゲストと共に行った、スペシャル・デビュー30周年記念公演を納めたライヴ盤。25年ぶりのスタジオ録音新曲「ときめき Boom Boom」も収録。 ● キューバ公演のビデオがきっかで、1992年ビクターエンターティンメントよりデビュー。日本語サルサを茶の間に届け、1993年“日本ゴールドディスク大賞 The Bes …

続きを読む>

CUERDAS JIBARAS / BORINQUE, Cuerdas y Voces En La Historia

Produced by Maesto Modesto Nieves & Prof. Pedro Ortiz   かつて、プエルトリコに息づき、今や、忘れられようとしている古い演奏スタイルを、スペインから海を渡ったティプレや、ポルトガルのカヴァキーニョを元に生まれたクアトロといった弦楽器によって再現したアルバムです。いずれも今日的ではないアレ …

続きを読む>

V.A. / BLACKCELONA 5, the latin sounds from Barcelona 

バルセロナ発のブラック・ミュージックを切り取ったコンピ・シリーズの第5弾。2021年リリース作です。本作では、ファンキーなラテン・サウンドをまとめています。マンボやパチャンガ、チャチャ、ラテン・ソウルにブーガルー、オールド・スクールなサルサにソン、チャランガやクンビア、カリプソまで、モンゴ・サンタマリアのカヴァーやパンク要素を取り入れたザ・サルサ・パンク・オ …

続きを読む>

V.A. / la Combinacion Porfecta LATIN JAZZ

★V.A. / ラテン・ジャズ, 50年の軌跡 1940年代誕生から洗練を極めた90年代後半まで! 歴史的重要ナンバーと共にアフロ・キューバン・ジャズ50年間の変遷を追う一枚!  プリミティヴでパワフル、ミステリアスな異国情緒も漂うアフロ・キューバンのリズム。そして高い洗練性や開放感溢れるインプロヴィゼイションが魅力のジャズ。この2つの鮮烈なサウンドの融合か …

続きを読む>

DON PERIGNON y La Orquesta Puertorriqueña / AQUÍ, SI QUE HAY…!

プエルトリコのバンド・リーダー、ドン・ペリグノン率いるラ・プエルトリケーニャの08年サード・アルバムの登場です。バリトン、トロンボーン含むフル・ブラスをバックに、パーカッション・アンサンブル、ヴォーカル陣が一丸となって突き進む重量級サルサ~当時は標準以上、なかなかイイと思いましたが、今聴いてみれば、もう、こーゆーの聴けないんだという感傷を誘うほど&#8230 …

続きを読む>

V.A. / BOLEROS EN AQUELLA EPOCA

★あの頃のボレーロ(リマスター) 戦後の時代を彩った甘く切ないボレーロの名曲を厳選した編集盤がリマスターで再発!!  先にリリースした『メキシコ・ユカタン地方の抒情歌謡集』(TKSB-017)が、すでにたくさんのラテン音楽ファンから反響を頂いている“TAKEMURA OFFICE & SAMBINHA”レーベルから、今度はボレーロの名曲たちを紹介する …

続きを読む>

ROBERTO ROENA / THE HISTORY OF ROBERTO ROENA

★ロベルト・ロエーナ/ロベルト・ロエーナの世界~踊るサルセーロロエーナは、ファニア・オールスターズの要的存在でもあったボンゴ奏者。自身のオルケスタのアルバム、全10作から選曲されたこのベストにも、時としてエキセントリックなまでにスタイリッシュだった、独自の魅力が輝く。(メーカーインフォより) *過日、お亡くなりになった飯田義文さんの選曲ですね、流石です。 1 …

続きを読む>

WILLIE MORALES / VIVENCIAS, MI MISION

今年も、サルサのCD、なんだか冴えないですねえ…、などとボヤいていたら、bunboni さんが、いやいや往年のプエルトリカン・サルサが甦ったような イイCD がありますよ、と、教えてくれたのがこちら。なるほど、去年の>リトル・ジョニー・リベーロに続くようなハード・サルサの快作でしたよ。テキサスはダラスを拠点とする航空パイロット兼カンタンテだという …

続きを読む>

go top