HIBA TAWAJI / HALLELUJAH

アラブなのにクリスマス? なんて言わないで下さいね、 レバノンにはコプト系キリスト教徒が 150万人が住んでいます(総人口比18%)。 ちなみにエジプトだって、820万人の キリスト教徒(総人口比11.2%)が住んでます。 そして、ある意味、キリスト教徒社会に通じる旋律や音感、歌いまわしが、このヒバ・タワジの作にはあることも確かでしょうね。プロデューサーのウ …

続きを読む>

FARES KARAM / 44:36

  レバノンの人気ダブケ歌手、ファレス・カラムの2018年新作です。通算10作目となる最新アルバムも一瞬の迷いもなくダブケ道を突き進んでいます!渋みも出てきた45歳ですが、ジャケットはちょっとくだけたTシャツ姿で、男気溢れる歌いっぷりは相変わらずかっこいいです!いつもながらの切れの良いダブケだけでなくちょっと切ないメロディの曲も収録されています。歌 …

続きを読む>

ELISSA / IIA KOI ELLI BIHEBBOUNI

「レバノンのダイアモンド」と称されるアラブ・ポップスの美しき歌姫、エリッサの11枚目にあたる新作アルバムです。 エレガントなストリングスと滑らかで哀愁を帯びた歌声が絡み合い感動的なまでに盛り上げる素晴らしいアルバムです。彼女の実力を今更疑う人もいないと思いますが、歌唱力、美貌、カリスマ性の全てを持ち合わせた真の歌姫だと言えます。実はエリッサは、「2017年に …

続きを読む>

V.A. / AN ECLECTIC SELECTION OF MUSIC FROM THE ARAB WORLD

というわけで、北アフリカ〜アラブ専門復刻レーベル独ハビビファンクの新譜は、アトランティック・ソウル(アーサー・コンレーとかサム&デイヴとか)のファースト・インパクトを引きずって70年代を通じてレッツゴーソウルなカッコ良さをキープしたマグレブ産R&Bシングル群!もしくは、ジョニー・アリディー経由のイエイエ路線、あるいはダイレクトにプレスリーな曲など、あくまでも …

続きを読む>

JULIA / LIVE AT PLATEA

名実ともに、レバノンを代表する歌い手となったジュリア・ブトロスが The City Of Prague Philharmonic をバックに1時間45分を歌い切ります。まったく素顔のジュリア・ブトロスが、歌うこと以外には何も演じることなく、素のままでステージに立っているよに見えます。なんだか、凄い歌い手じゃないか? と思えて来ました…。 CD 1 …

続きを読む>

FAIRUZ / WAHDON

  COMPOSED & ARRENGED by ZAID RAHBANI / RELEASED 1979 1 حبيتك تانسيت النوم = Habaitak Ta Neseet Al Naoum 5:37 2 بعتلك = Baatilak 4:36 3 أنا عندي حنين = Ana Indi Haneen 5:5 …

続きを読む>

FAIROUZ / MAARFTI FEEK

←こちらがオリジナルジャケ、懐かしいですねえ。フェイルーズの1980年代を代表する名盤「愛しきベイルート」が、復活しています。息子ジアード・ラフバニが全曲の作曲&アレンジを手がけ、中東のパリこと(当時は瓦礫の山だったのですが…)ベイルートならではのアーバンでジャジーなアレンジがなされた名盤と誉れ高き作です!02年の最新作「wala kif」にもつ …

続きを読む>

MALEK EL YAMAN featuring CAROLE AOUN / RAIN IN MY EYES

先ごろマイク・マッシーとシングル録音をリリース、変わらず、レバノンの新進作曲家として活躍するマレク・エル・ヤーマンのコンポーザーズ・アルバム2013年作初入荷です。歌い手として招かれたのは、このアルバムでCDデビューしたと思しきキャロル・アウン(現在子育て中)、癖のないバランスの取れたイイ歌手で、おそらくアラブ古典の素養を持った女性でしょう。いかにもレバノン …

続きを読む>

RIMA KHCHEICH / MIN SIHR OUYOUNAK, Live Tribute to Sabah

アラブ古典からJAZZまで歌いこなす実力派レバノン女性歌手(1974年生まれ)による、1940年代後半から活躍した先達サバーハ (1927–2014)のレパートリーを流麗なアラブ古典系アンサンブルをバックに端正に歌い綴ったトリビュート・ライヴ作品。 >★ (LIVE PERFORMANCE AT THE AMERICAN UNIVERSITY OF BEIR …

続きを読む>

YARA / MEAAZABNI AL HAWA

レバノンのポップ歌手の2017年作!  レバノンの若手女性歌手ヤラ(1983- )の2017年最新作。いわゆるアル・ジール〜シャバービーの系譜の女性歌手で、同国のスター歌手ナンシー・アジュラムとも同い年。打ち込み中心のトラックですが、曲によってはウード&ストリングスを配して古風なアラブ歌謡も聴かせてくれます。軽快にコブシ回しを効かせた歌声は、さすが激戦区レバ …

続きを読む>

JULIA / HKAYET WATAN

1968年生まれ、ジアド・ラフバニーに見出され、1982年、わずか14歳でアルバム・デビューを果たし、その後、こちら、16年の>最近作(ライヴ・アルバム含めて通算17作)まで、レバノン歌謡の王道を歩んできたジュリア・ブトロスの2014年作(16作目)が再入荷しています。われがヒバちゃん(HIBA TAWAJI)よりも19歳も年上ですから、ま、比較の対象という …

続きを読む>

go top