AIRENA ORTUBE, JULIÁN BEAULIEU / ÑACU

コルドバ(アルゼンチン)、声とギターのカップル・デュオ。スピネッタ”Fuji”の名カヴァーに感涙必至。 アルゼンチンの渓谷の麓に拓かれた街、コルドバ出身のフリアン・ボウリューはヘヴィ・メタル・キッズだった青年時代、学士論文のためにチャンゴ・ファリアス・ゴメスにインタヴューを取って、国産音楽に開眼、生まれ育ったコルドバを拠点に女性シンガ …

続きを読む>

ÁUGA ZULÁ / NOCHE SUMERGIDA VOL.6

インプロヴィゼーションにコンテンポラリー・ダンス、フォルクローレ、室内楽に現代ジャズとポスト・ロックが入り混じったラ・プラタの新鋭アート集団のライヴ・レコーディング作。 アルゼンチンはリオ・ネグロ州の州都ビエドマ出身で、アカ・セカ・トリオなどコンテンポラリー・フォルクローレの名演奏家を多数輩出する国立ラ・プラタ大学を卒業したピアノ奏者/コンポーザーのフアン・ …

続きを読む>

MELINGO / OASIS

アルゼンチンのロック・シーンで活躍した後、近年はタンゴの世界へと進出してきている1957年生まれのシンガー/マルチ・インスト奏者ダニエル・メリンゴの2020年作です。タンゴやブルース、さらにはギリシャ系アルゼンチン人ということでレンベーティカなどが、エレクトロニカやダブ要素でブーストされたサウンドを聞かせます。フアン・パブロ・ガジャルド指揮のオルケスタ・ティ …

続きを読む>

FEDERICO ESTÉVEZ / DE AQUI HASTA AQUI

★フェデリコ・エステベス/デ・アキ・アスタ・アキ チャンチャ・ビア・シルクイートのバンドのパーカッション奏者で、ニコラ・クルースやバリオ・リンドの新作にもフィーチャーされていたアルゼンチンの新鋭フェデリコ・エステベスのデビュー・アルバムがShika Shikaレーベルからリリースに。 クンビア、アンビエント、フォルクローレ、トランシーなパーカッシヴ・グルーヴ …

続きを読む>

LOS TROVADORES DE CUYO / DE CUYO VENGO

★ロス・トロバドーレス・デ・クージョ/クージョの吟遊詩人たち           *今後、当店にてディスコロヒア / フォルクローレ・シリーズCDをお買い上げの方に、もれなくプレゼント!『南米フォルクローレの原風景・番外篇』CDR / 20曲収録〜もちろん選曲は田中勝則さんです!>★ ギター伴奏で歌われるいぶ …

続きを読む>

V.A. / NEGRO CHE, NEGRO USTED

圧倒的に白人社会となるアルゼンチンでは、黒人文化は排斥されてしまっているという認識が蔓延ってますが、実はそうではなかった、という内容のアルベルト・マスリアによるドキュメンタリー映画が公開された2006年から温められた企画盤がこちら。ファミリア・グアリローとクレジットされる打楽器アンサンブルを率いるネシェ・デルガディーノ、円熟した唄声を響かせるチンゴロ・デルガ …

続きを読む>

MARTIN CASTRO / ORFEBRE DEL SILENCIO

ふくよかでウッディなギターの音色、バリトン・ギター/10弦ギターを操る達人が美しいソロ・ギターラ、情念のタンゴ歌手からコンテンポラリー・フォルクローレのシンガーまでをも従えて… 生粋のクジャノ(出生地メンドーサを含むアルゼンチン中西部出身者)としての誇り、ムシカ・クリオージャの探求者。ギター奏者ロケ・マルティン・カストロを父にもち、3歳の頃から弦 …

続きを読む>

SALUZZI FRACCHI BISGAARD TRIO / LUGAR

研ぎ澄まされたインプロとミニマムな音像の美しさ、ディノ・サルーシの息子ホセ(g)がデンマークでレコーディング !! 北欧、スカンジナビアの洗練と澄んだ空気、そしてアルゼンチンから持参したメランコリア。これらが化学反応を起こしたインストゥルメンタル・アルバム。徹頭徹尾無駄を省いたストイックなアンサンブルは、透明感のあるサルーシのガット・ギターに呼応するように、 …

続きを読む>

JUAN PABLO NAVARRO SEPTETO / LOS DOPADOS, La música de Juan Carlos Cobián

ピアソラ以来と呼ばれるアルゼンチン・タンゴの革命児、ディエゴ・スキッシのクインテートに在籍し、コンテンポラリー・タンゴのかたちを探求してきたコントラバス奏者フアン・パブロ・ナバーロが三作目となるリーダー作を発表。 コントラバスのためのタンゴを追求した1stは様々な楽器とのデュオ編成、セクステートとなった2nd「Tangos de la posverdad」で …

続きを読む>

NICOLÁS MOGUILEVSKY / LA FORMA DE ESTOS DIAS

ポスクラを踏襲したp+violaデュオ形態でのインプロヴィゼーション、ウリセス・コンティがプロデュース。 前作「Los Peligros Que Nos Rodean」にてまったく音楽理論を勉強せずに感性のみで即興ソロ・ピアノ作品を完成させたニコラス・モギレフスキー。ロシアの革命家レオン・トロツキーの血筋をひき、前衛的な出版社勤務の編集者、舞台俳優、造形作家 …

続きを読む>

AGUAMARINA

アンドレス・ムラトーレ、クララ・プレスタと新しい世代の表現者を排出するアルゼンチンはコルドバ、渓谷沿いの音楽シーン。現地webでも「現段階で注目すべきコルドバのインディペンデントな音源」や「素晴らしい女性アーチスト」と言う括りで紹介されている女性S.S.W.アグアマリナをご紹介します。私が知りうる限りは本CDアルバム日本初上陸! しんと張り詰めた冬の空気を解 …

続きを読む>

V.A. / EL FOLKLORE DEL TIEMPO DE 78 RPM

★ V.A./南米フォルクローレの原風景(2CD) 南米フォルクローレがもっとも輝いていたSP時代の音源を2枚のCDに凝縮! フォルクローレとは英語のFolkloreをスペイン語読みした言葉。もともと「民間伝承」の意味だが、なぜか南米の国々ではこれが伝統的な要素を取り入れた「ポピュラー音楽」の意味になった。そんなポピュラー音楽としてのフォルクローレがもっとも …

続きを読む>

V.A. / EL CAMINO DE LEDA (UN TRIBUTO A LEDA VALLADARES)

★『エル・カミノ・デ・レダ(レダ・バジャダーレス・トリビュート)』 新世代タレントが続々と頭角を現し活況を呈するエレクトリック・フォルクローレの現行シーン。そのブエノスアイレスの新たな牙城ともいうべき注目レーベル「Fertil Discos」から、アルゼンチンの伝説的フォルクローレ蒐集家、レダ・バジャダーレスのトリビュートアルバムがリリースに。 チャンチャ・ …

続きを読む>

go top