SOPHIA CHARAI / PICHU

パリ在住のモロッコ出身女性シンガー、ソフィア・シャライのファースト2011年作再入荷です。はじめ建築家を志しパリへ来たそうですが、幼い頃から親しんだジャズに親しんでいた彼女、何軒か家も設計したそうですが、ジャズ・クラブで唄うようになったとのこと。本作はエンゾ・エンゾのプロデューサーなども努めた夫君、マチアス・デュプレシの協力のもと、ジャズはもとより、アラビッ …

続きを読む>

V.A. / BENYAMIN ON JAZZ, Tribute to The Legend

<以下、プランテーションさんの紹介文です!> いつかは出ると思っていました!あの親しみやすい顔で時には優しく、時にはファンキーに歌い演じたストリートセンスをしっかり持ちながらインドネシアの庶民の心にいつまでも残る美しき男「ベニャミンS.」!そんな彼の名曲を超絶技巧のベーシストのインドロ・ハルジョディコロが歌うようにベースでカヴァーしたり、あの名曲「バドミント …

続きを読む>

EITHER – ORCHESTRA / ETHIOPIQUES 20, LIVE IN ADDIS

エチオピークス番外編!~北米ボストンの実力派ビッグ・バンド・ジャズ・グループ=イーザー・オーケストラが、エチオピア音楽に憧れた末、なんと2004年にエチオピアはアジス・アベバに乗り込み、エチオピアン・ジャズのパイオニア=ムラトゥ・アスタッケ、エチオピアン・サックスの帝王=ゲタチュウ・メクリヤ、そして若手女性歌手のツェデニア・ケブレらをフィーチュアーし作り上げ …

続きを読む>

GILAD ATZMON & THE ORIENT HOUSE ENSEMBLE / SONGS OF THE METROPOLIS

スラエル出身イギリス在住のマルチ・リード奏者新作〜2004年に独エンヤ・レーベルから、あのロバート・ワイアットとの共演盤『ムジーク』が大きな話題となったイスラエル出身のマルチ・リード奏者ジラッド・アツモン、現在はパレスティナに対する母国の態度を非難してイギリスを拠点にしているそう。このジ・オリエント・ハウス・アンサンブルでは、アコーディオンやフェンダー・ロー …

続きを読む>

RABIH ABOU-KHALIL / HUNGRY PEOPLE

 アラブ音楽を象徴する弦楽器ウードを操る熟練音楽家のひとり、レバノン出身のラビ・アブ=カリル(1957年生まれ)がとてもユニークなアルバムを発表してくれました。70年代の後半にドイツへ渡り、80年代初頭にレコード・デビューを果たした彼は、アラブ音楽と西洋音楽との接点を探る音楽をテーマとして活動して来ました。そして、本作ではドラム、サックス、アコーディオン、チ …

続きを読む>

MOMBASA / AFRICAN RHYTHM & BLUES

チャールズ・ミンガスとの共演でも知られるアフリカ出身のトロンボーン奏者ルー・ブラックマンがドイツで結成したアフロ・ファンク/ジャズ・ユニット=モンバサ、1975年のアルバム・オリジナル復刻CD化です!フェラとはまた一味違うアプローチ/ジャズ・マナーのアフロ・ファンクがたっぷり楽しめます!DJユースで人気の高かったレアー盤です。

続きを読む>

MICHAEL BAIRD / THE RITMOLOOG CONTINUES…

ヒュー・トレイシーによるアフリカ現地フィールド・ワーク/ヴィンテージ音源をCDシリーズ化、複刻リリースしている~オランダのSWPレーベル主催/ザンビア出身の白人系パーカッショニストでもあるマイケル・ベアードが、自らの新作をリリース!アフリカン、カリビアン、ヨーロピアンの、各種打楽器奏者/キーボード/ヴァイオリン/ヴォーカルを迎え、オリジナルなアンサンブルを展 …

続きを読む>

V.A. / VOODOO IN AMERICA

ブルーノ・ブルム監修によるFREMEAUX & ASSOCIES第5弾2CDは、西アフリカを起源とするカリブ・クレオール・カルチャーの「ヴードゥー」が、20世紀アメリカの大衆音楽に与えた影響を、1926~61年の音源で聴こうという2CD!マディ・ウォーターズ、ライトニン・ホプキンス、チャック・ベリー、アート・ブレイキー、ジョン・コルトレーンからブー …

続きを読む>

V.A / AFRICA IN AMERICA Rock, Jazz & Calypso 1920-1962

なんだか謎めいた3枚組ですが、冒頭マーカス・ガーヴェイのスピーチから始まり、キング・オリヴァーやデューク・エリントン、ルイ・アームストロングら、ジャズのパイオニア達がヴードゥーやエジプシャン、ジャングルやコンゴを主題とした曲が集められたり、ウィルマス・フーディーニやサム・マニングやロード・キチナー、ブラインド・ブレイク、シドニー・ベシェなど、カリブ出身のカリ …

続きを読む>

SILVIA PEREZ CRUZ & JAVIER COLINA TRIO / EN LA IMAGINACION

シルビア・ペレス・クルース 初ソロ・アルバムとなった 2012年作も大好評でしたが、その前年のこの1枚、ジャズ系ベーシスト、ハビエル・コリーナ率いるピアノ・トリオ、もしくはクァルテットの伴奏となるこの1枚も、やっぱり素晴らしいのでした…。ホセー・アントニオ・メンデスやマルタ・バルデース、そしてピロート&ベラ等々によるキューバ / フィーリン系ナン …

続きを読む>

KARIM ZIAD, HAMID EL KASRI / YOBADI

カリム・ジアードは1966年にアルジェリアで生まれたパーカッショニスト。20歳の時にパリに移住し、90年代後半にはザヴィヌル・シンジケートに加入したことで大きく注目されました。一方のハミッド・エル・カスリは、1961年にモロッコの北部で生まれたシンガー/ゲンブリ奏者。グナーワの伝統に深く根ざしながら進取の気性に富み、他ジャンルの音楽家とも積極的に交流していま …

続きを読む>

IBRAHIM MAALOUF / DIAGNOSTIC

素晴らしい! これまでスティング、アマドゥ&マリヤム、スマッジらの作品に参加して印象的なトランペットを吹いていたベイルート出身フランス在住の若手ジャズトランペッター、イブラヒム・マールーフの11年3rdアルバム。アラブ人によるジャズですが、アラビックなジャズではなく、東欧ジプシー音楽や時にバングラを思わせるような多国籍/無国籍なメロディーを吹き、ピアノやドラ …

続きを読む>

KUDSI ERGUNER / SUFIYAN

ピーター・ブルック演出の“マハバラータ”出演ですっかり有名になってしまったトルコの縦笛ネイ奏者、クドゥシ・エルギュネールのソロ新作です。無拍子無伴奏のネイのソロ演奏、多重録音によりドローンを生み出すネイの重奏、打楽器と絡みながら即興を奏でるリズム・トラックなど、幽玄と言ってもいいネイならではの演奏を全編で楽しめるインスト・アルバムです。スーフィーに根ざしなが …

続きを読む>

go top