MOMBASA / AFRICAN RHYTHM & BLUES

チャールズ・ミンガスとの共演でも知られるアフリカ出身のトロンボーン奏者ルー・ブラックマンがドイツで結成したアフロ・ファンク/ジャズ・ユニット=モンバサ、1975年のアルバム・オリジナル復刻CD化です!フェラとはまた一味違うアプローチ/ジャズ・マナーのアフロ・ファンクがたっぷり楽しめます!DJユースで人気の高かったレアー盤です。

続きを読む>

MICHAEL BAIRD / THE RITMOLOOG CONTINUES…

ヒュー・トレイシーによるアフリカ現地フィールド・ワーク/ヴィンテージ音源をCDシリーズ化、複刻リリースしている~オランダのSWPレーベル主催/ザンビア出身の白人系パーカッショニストでもあるマイケル・ベアードが、自らの新作をリリース!アフリカン、カリビアン、ヨーロピアンの、各種打楽器奏者/キーボード/ヴァイオリン/ヴォーカルを迎え、オリジナルなアンサンブルを展 …

続きを読む>

V.A. / VOODOO IN AMERICA

ブルーノ・ブルム監修によるFREMEAUX & ASSOCIES第5弾2CDは、西アフリカを起源とするカリブ・クレオール・カルチャーの「ヴードゥー」が、20世紀アメリカの大衆音楽に与えた影響を、1926~61年の音源で聴こうという2CD!マディ・ウォーターズ、ライトニン・ホプキンス、チャック・ベリー、アート・ブレイキー、ジョン・コルトレーンからブー …

続きを読む>

V.A / AFRICA IN AMERICA Rock, Jazz & Calypso 1920-1962

なんだか謎めいた3枚組…、冒頭マーカス・ガーヴェイのスピーチから始まり、キング・オリヴァーやデューク・エリントン、ルイ・アームストロングといったジャズのパイオニア達によるヴードゥーやエジプシャン、ジャングルやコンゴを主題とした曲が集められたり、ウィルマス・フーディーニやサム・マニングやロード・キチナー、ブラインド・ブレイク、シドニー・ベシェなど、 …

続きを読む>

SILVIA PEREZ CRUZ & JAVIER COLINA TRIO / EN LA IMAGINACION

シルビア・ペレス・クルース 初ソロ・アルバムとなった 2012年作も大好評でしたが、その前年のこの1枚、ジャズ系ベーシスト、ハビエル・コリーナ率いるピアノ・トリオ、もしくはクァルテットの伴奏となるこの1枚も、やっぱり素晴らしいのでした…。ホセー・アントニオ・メンデスやマルタ・バルデース、そしてピロート&ベラ等々によるキューバ / フィーリン系ナン …

続きを読む>

KARIM ZIAD, HAMID EL KASRI / YOBADI

カリム・ジアードは1966年にアルジェリアで生まれたパーカッショニスト。20歳の時にパリに移住し、90年代後半にはザヴィヌル・シンジケートに加入したことで大きく注目されました。一方のハミッド・エル・カスリは、1961年にモロッコの北部で生まれたシンガー/ゲンブリ奏者。グナーワの伝統に深く根ざしながら進取の気性に富み、他ジャンルの音楽家とも積極的に交流していま …

続きを読む>

IBRAHIM MAALOUF / DIAGNOSTIC

素晴らしい! これまでスティング、アマドゥ&マリヤム、スマッジらの作品に参加して印象的なトランペットを吹いていたベイルート出身フランス在住の若手ジャズトランペッター、イブラヒム・マールーフの11年3rdアルバム。アラブ人によるジャズですが、アラビックなジャズではなく、東欧ジプシー音楽や時にバングラを思わせるような多国籍/無国籍なメロディーを吹き、ピアノやドラ …

続きを読む>

KUDSI ERGUNER / SUFIYAN

ピーター・ブルック演出の“マハバラータ”出演ですっかり有名になってしまったトルコの縦笛ネイ奏者、クドゥシ・エルギュネールのソロ新作です。無拍子無伴奏のネイのソロ演奏、多重録音によりドローンを生み出すネイの重奏、打楽器と絡みながら即興を奏でるリズム・トラックなど、幽玄と言ってもいいネイならではの演奏を全編で楽しめるインスト・アルバムです。スーフィーに根ざしなが …

続きを読む>

KORA JAZZ BAND / ALL BLUES

コラ・ジャズ・トリオ改めコラ・ジャズ・バンド~ジャズでも、アフロでもないピアノとコラとパーカッションが織りなす即興アンサンブル~メンバー・チェンジ、そして新メンバーの急死を乗り越えて作られた本作ですが、ゲスト=マヌ・ディバンゴの軽快なマリンバが印象的なマイルス・ディヴィスの「オール・ブルーズ」で始まり、ティト・プエンテの代表曲(そしてサンタナでも知られる)「 …

続きを読む>

SOSALA / NU WORLD TRASH

サダトです。イラン人の両親のもと、ドイツで育ち、1974年、未だ若くして日本へ渡り剣道を学び、程なくして音楽活動を開始。後年、欧州盤CDディストリビューター “POP BIZ” 社主もつとめたサキソフォニスト=ソーラブ・サダトが、08年に突然NYへ移住してから4年~その4年間の成果がここに届きました。現在、オーネット・コールマンとリハ …

続きを読む>

ARTHUR VEROCAI

70年代前半、ひたすら先鋭的なブラジリアン・サウンドを送り出していたサンパウロ/コンチネンタル社のプロデューサーとして知られ、最近は米国西海岸シーンでも活躍する魔術的なアレンジャー=アルチュール・ヴェロカイの1972年作アルバム(長らく唯一のアルバムでした)が Luv N’ Haightからリイシュー!アメリカのソウル・ミュージックに影響を受けた …

続きを読む>

ARTHUR VEROCAI / TIMELESS (CD & DVD)

1960年代後半から音楽活動を開始~サンパウロ/コンチネンタル・レコーズのプロデューサー兼アレンジャー兼コンポーザーとして活躍、その後、イヴァン・リンスやエリス・レジーナ、ジョルジ・ベンの作品を手がけ~現在ではUS西海岸のシーンでも活躍するアルチュール・ヴェロカイ~そのUSソウル&ボサノーヴァ&ジャズ&現代音楽をミックスしたような唯一無二の音楽性は、この09 …

続きを読む>

GUGA STROETER & HB JAZZ COMBO / DUKE, SAO PAULO-BRASIL

ひとひねりあるビッグ・バンド / ブラジリアンJAZZを聞かせるピアノ- ヴィブラフォン奏者/アレンジャーのグガ・ストロエテール新作はなんとデューク・エリントン曲集!50年代西海岸ジャスの香りとボサなムードが漂う不思議なエリントンを楽しめます!

続きを読む>

MARCOS ROMERA / DAGAROA

サンパウロのピアニスト、マルコス・ホメーラが発表したインストゥルメンタル・ジャズのアルバムです。サンバ・ジャズの世界ではその名が知れ渡っているマルコス・パイーヴァ(ベース)、ファビオ・トーヘスやローザ・パッソスともプレイしているセルソ・ヂ・アルメイダ(ドラムス)、「シティ・オブ・ゴッド」のOSTでも知られるエジ・コルテス(サックス)、ソロやデュオ作も発表して …

続きを読む>

go top