LUIZA BORGES / CARTEZAS INACREDITAVEIS

ラパの才女が久々に新作を発表!  5年ほど前に『ロマンセイロ』をというアルバムを発表。サンバからノルデスチ、ボサ・ノーヴァ、MPBまでを守備範囲においたヴァーサタイルな若手女性歌手として知られるルイザ・ボルジスが素晴らしいアルバムを携えて戻ってきました。前作同様、本作でもアクースティックなアレンジが中心で、ブラジル音楽の伝統を踏襲したサウンドを、軽やかな歌声 …

続きを読む>

PATO FU / MUSICA DE BRINQUEDO 2

ジョン・ウリョアとフェルナンダ・タカイの夫婦を中心としたミナス・ジェライスのロック・バンド、パト・フ。2010年にリリースされた「Musica de Brinqudo」は、ミニ・ギターにミニ・ベース、トイ・ピアノや音の出るおもちゃをプロフェッショナルなミュージシャンが演奏、実娘をはじめとするコーラスを従えて、チン・マイアやピチカート・ファイヴといった通常のキ …

続きを読む>

MALLU MAGALHAES / VEM

  サンパウロの新世代SSWが新作を発表! マルセーロ・カメーロがプロデュースした2011年作品『PITANGA』が話題になったサンパウロの女性SSWマル・マガリャンエスが新作を発表してくれました。本作収録の英語曲「Love You」はマルセーロを再び招き制作された模様。コレまで以上に刺激を与えてくれそうな内容(サプライヤーインフォより)

続きを読む>

VALERIA OLIVEIRA / MIRA

以前にビデオアーツから国内盤がリリースされていたMPB~サンバ系女性歌手の新作。2013年にはクラーラ・ヌネスの作品をリリースして話題になった彼女が今回取り組んだのは、サンバとボレーロのレパートリたち。毎度お洒落に仕上げてくる彼女、期待して下さい!

続きを読む>

RODRIGO AMARANTE / CAVALO

お待たせしました Rodrigo Amarante 初ソロ作!一度リリースされかけたのですが、製造上の問題で再生産となっていたホドリゴ・アマランチのアルバム。絶大な人気を誇ったブラジルのロック・バンド – ロス・エルマーノスでは、既にソロを三作リリースしているマルセロ・カメロに次いで各アルバムのポイントとなる楽曲をコンポーズ、リトルジョイでは米国 …

続きを読む>

ALINE REIS

ギターとアコーディオンを弾き語りするサンパウロ出身の女性SSWアリーニ・レイス、デビュー作だそうです。飾らない素朴な歌い回しと、オーガニックな味付けのアレンジには独特のアクあり、ジャケの逆さまも伊達じゃなし。が、聴き進むうちに奇妙な浮遊感にもなれて、適度に乱調のあるアレンジにだんだん居心地良さを感じます。ギタリスト、スワミ・ジュニオルが参加。

続きを読む>

VEDOVELLI / CAMALEAO

  良質なブラジル音楽を紹介するBiscoito Finoの注目新譜。ヴェドヴェーリは現在20代と思われる若き音楽家で、ジルベルト・ジル、ノーヴォス・バイアーノス、カエターノ・ヴェローゾ、ミルトン・ナシメントといったMPB系から、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ジョン・フルシアンテ、ホルヘ・ドレクスレル、ダミアン・ライスなど海外の多彩な音楽家を同 …

続きを読む>

AYRTON MONTARROYOS

ブラジル版歌コンで注目された若干22歳ペルナンブーコ出身男性シンガーのメロウな初ソロ作! ヘヂ・グローボの歌唱コンテスト形式のTV番組「ヴォイス・ブラジル」へ初登場時は16歳(!)、ファイナリスタとなり全ブラジル中の注目を集めるなか、コンピレーションへの参加や客演などを経てはじめて自らの名を冠した作品を発表したアイルトン・モンタホイオス。全ブラジル中のレパー …

続きを読む>

IASI IACO / RIO ESCURO

至極アコースティックな慕情を醸し出す素敵な男性デュオ、サンパウロから。アンドレ・メマーリ、エドゥ・ヒベイロ、フィ・マロスティカ、チガナー・サンタナ参加。 ヴァネッサ・モレーノ&フィ・マロスティカとサンパウロで対バンを行う、至極アコースティックな慕情を醸し出す素敵な男性デュオがこのイアジ・イアコ。カイピーラ・ギターやレキント・ギターの音色の魅力に取り …

続きを読む>

FERNANDA TAKAI / NA MEDIDA DO IMPOSSÍVEL – AO VIVO NO INHOTIM

昨年10月、8年ぶりとなる来日公演を行なった日系三世のブラジル人女性シンガー – フェルナンダ・タカイ。最近作スタジオ・アルバム「はかりしれない」からのレパートリーを軸にしたショーのライヴ盤がCD+DVDの組製品で届きました。 ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンチの空港から1時間半、山の中の湖のほとりに広がる巨大な近代アート施設がイニョチン。今作 …

続きを読む>

ELZA SOARES / END OF THE WORLD REMIXES

高い評価を得た前衛的な2016年作にリミックス・アルバムをプラス! 60年代から活躍を続け現在に至るまでずっと最前線でブラジルの音楽シーンを牽引してきた、偉大な女性歌手エルザ・ソアーレス。彼女が2016年に発表した約8年ぶり通算34枚目となる新作『世界の果ての女』は、ブラジルの先鋭音楽シーンをリードするギリェルミ・カストルッピがプロデュースを担当、サンパウロ …

続きを読む>

ANTONIO ZAMBUJO/ ATE PENSEI QUE FOSSE MINHA

ファドの人気歌手がシコ・ブアルキ作品に挑戦! 2015年に“ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン”で来日し、大きな話題を残したポルトガル人ファド歌手アントニオ・ザンブージョ。彼の過去作の多くはライス・レコードが国内発売していますが、その彼の7作目となる新作がブラジルのSom Livreから発売されました。内容は彼も多大な影響を受けたというMPBの音楽家シコ・ブ …

続きを読む>

GRAZIELA MEDORI / TOMA LIMONADA

  インストゥルメンタリストのシコ・メドーリの娘で、サンパウロ拠点に活躍する歌手グラジエラ・メドーリの最新作が登場。ご存知セウ・ジョルジが参加したタイトル・トラックを始め、ファンキーなサンバ・ロックやサンバ・ジャズ風のサウンドが目白押し!なかなかヨサげなアルバムです。 (サプライヤーインフォより)

続きを読む>

LUISA MAITA / FIO DA MEMORIA

★ルイーザ・マイタ/記憶の糸 サンパウロ出身の新世代SSW 〜6年振りの新作はエレクトロニカに急接近した問題作 ! ワールド・ミュージック・シーンを牽引する現在もっとも元気のあるアメリカのレーベル〈クンバンチャ〉からインターナショナル・デビューした、サンパウロ出身のSSWルイーザ・マイタの、6年振り2作目となる新作が登場した。前作はサンバやボサを基盤としたナ …

続きを読む>

JOAO FENIX / DE VOLTA AO COMECO

一部ではネイ・マトグロッソの再来と評されている男性SSW、ジョアン・フェニックス。以前はフェニックスの名義で活動していましたが、数年前からこの名義となりました。いわゆる中性的な歌声を持つ彼の最新作では、ノエール・ローザやネルソン・カヴァキーニョといったサンバ系から、ジルベルト・ジルやカエターノ、ミルトンなどのMPB系までのカヴァーを披露。バック・トゥ・ルーツ …

続きを読む>

go top