V.A. / BRAZIL SAMBA, BOSSA AND BEYOND

★V.A./ブラジル ~ サンバ、ボッサ・アンド・ビヨンド 夏はやっぱりブラジル音楽!南はリオ・デ・ジャネイロから北はサルヴァドールまで。明るく清涼感にあふれたナンバーを一挙に紹介! 毎回ユニークなコンセプトと共に、世界中のさまざまな音楽をどなたにも分かりやすく紹介している米国のレーベルPUTUMAYO WORLD MUSIC。今回登場するのはブラジル音楽の …

続きを読む>

SIMONE GUIMARÃES, CARLOS DI JAGUARÃO / SINHÁ-VIDA

ブラジル国外にも引き合いの多くある女性MPBシンガー・ソングライターの好アイコン、シモーニ・ギマランイスが詩人/作詞家として名高いカルロス・ヂ・ジャグァラォンとのコラボレイトでアルバムを制作。全編を通して神秘的な浮遊感が漂い、マジカルで奇跡的な美しさを誇るコンポジション。そして生ピアノにチェンバー・ハーモニー、アレンジャーとして崇高なアンサンブルを編むボカ・ …

続きを読む>

LO BORGES / DINAMO

ミナス音楽の新旧世代がコラボ! 70年代初頭より活躍、ミルトン・ナシメントやトニーニョ・オルタ、フラーヴィオ・ヴェントゥリーニ、ヴァギネル・チゾといったミナス一派の一員として知られるSSWロー・ボルジスが、昨年の“RIO DA LUA”から間髪空けずにリリースした新作がこちら。今回はアントニオ・ロウレイロやクリストフ・シルヴァといったミナス新世代を代表するア …

続きを読む>

GUINGA / CHEIO DE DEDOS

VELASに残されたギンガ作品!難解なコード進行の難曲をレパートリに、カルトな音楽ファンを虜にしてきた男性音楽家/ギタリストのギンガ。シコ・ブアルキやエジ・モッタが参加した96年の『シェイオ・ジ・デドス』は弊社では初めての取り扱い。1999年作『スイーチ・レオポルジーナ』にはシコ・ブアルキ、エジ・モッタのほか、イヴァン・リンス、レニーニが参加し、唯一無二のギ …

続きを読む>

ELZA SOARES ‎/ SAMBAS E MAIS SAMBAS VOL. 2, RAIDADES

1968-1977年の間にリリースされたエルザ・ソアレスのシングル発売オンリーの様々な曲を集めたコンピレーション!22曲も入っています。コピー・コントロールCDですが、今はもう関係ないですから、PC環境でもプレイヤーでも、フツーにかかるハズです。 1 Bloco de Sujo 2 Dá Licença 3 A Flor E O Samba 4 Lendas …

続きを読む>

OTÁVIO TOLEDO

多彩なゲストvoと一流演奏家、個性的でユニークなギターの音色。アーバンでエレガントなオターヴィオ・トレドの音楽観… 父親のA・ヂ・アルメイダ・トレドらをパートナーに70年代から作曲活動を始め、TVバンデイランチスのフェスティヴァルにて自作曲“Adeus Fadas e Bruxas”が入賞、音楽界に認知されることになったサンパウロ出身のオターヴィ …

続きを読む>

FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI AO VIVO

2019年7月、ブルーノート東京と名古屋にて小野リサとジョイント・ライヴを行った日系三世女性シンガー、フェルナンダ・タカイ。その際もレパートリーの多くを占めたのは、よく知られたボサ・ノヴァ・クラシコのみならず、ジョビンのキャリア初期に書かれた隠れた名曲たちも収録したフェルナンダ・タカイのジョビン歌曲集「O TOM DA TAKAI」。このスタジオ盤と同じく、 …

続きを読む>

TATA SYMPA / JOAO BRASILEIRO

    パフォーマー/作曲家/楽器奏者として知られるタター・シンパは独自のMPB路線を切り開くアーティスト。シコ・ロボをはじめ、モスカ、ゼカ・バレイロといったアーティストとの共演を果たしてきました。基本はサンフォーナ(アコーディオン)とヴォーカルを担当し、サンバやワルツ、ルンドゥー、そして北東部風のテイストを感じさせる演奏を聴かせます。 …

続きを読む>

MARCOS VALLE / CINZENTO

MPBのトップ・スター、マルコス・ヴァーリの新作がDECKDISCからリリース。本作のタイトル『シンゼント」とはグレイの意味。本作は1973年作の作品 “Previsão do Tempo” を参照しているそうで、異なる様々なグルーヴをミニマル的に組み合わせてデザインされているとのこと。モレーノ・ヴェローゾ、ベン・ジル、カシン、ゼリア・ドゥンカン、ドメーニコ …

続きを読む>

JAIRO PEREIRA / VENHA VER O SOL

アフロ・ブラジル要素にブラック・コンテンポラリーなR&Bのエッセンス、ヒップホップも交えてアウトプットする男性アーチスト、ジャイロ・ペレイラの2nd 舞台・映画俳優でラッパー、シンガー・ソングライターと幾つもの顔を持つジャイロ・ペレイラは、ロウレンソ・ヘベッチスのプロデュース作で話題となった女性シンガー – シェニア・フランサと共に、サン …

続きを読む>

EMICIDA / AMARELO

ゼカ・パゴジーニョ、ドナ・オネッチ、そしてスカパラが参加!ブラジリアン・ヒップホップをリードしてきた男が放つポップなMPB路線!! 2000年代のサンパウロで巻き起こったヒップホップのムーヴメントにおいて、ハードコアなラップを中心に人気を博したエミシーダ。近年は自身のレーベルを立ち上げ独自の音楽ビジネスを展開するようになり、ジャンルを超えた音楽性を確立した。 …

続きを読む>

MANGUEIRA / A MENINA DOS MEUS OLHOS

だんだん、オマーラ・ポルトゥオンドみたいになって来ましたネ、そー言えば何年か前に共演していましたっけ… 1.A flor e o espinho / Texto Sombra das aguas 2.Mangueira 3.A mangueira e la no ceu 4.Historias pra ninar gente grande (Sa …

続きを読む>

ANA FRANGO ELÉTRICO / LITTLE ELECTRIC CHICKEN HEART

20歳のカリオカ女性S.S.W.アナ・フランゴ・エレトリコが注目を浴びたのは2018年にリリースされたオフィシャルな初作「Mormaço Queima」から。現地メディアのレビューを独自解釈するなら、ヒタ・リーの(何度目かの)再来、オノ・ヨーコの前衛姿勢、ビョークのエクスペリメンタルなポップ・センス、ジョルジ・ベンジョールのソウルネス、ガル・コスタがオス・ブ …

続きを読む>

NOVOS BAIANOS / SORRIR E CANTAR COMO BAHIA

70年代を代表するグループ!  70年代のブラジル音楽で、シーンにもっとも大きな衝撃を与えたグループのひとつがオス・ノーヴォス・バイアーノス。68年結成。ガルヴォーン(作詞)、モライス・モレイラ(ギターとヴォーカル)、パウリーニョ・ボカ・ジ・カントール(パーカッションとヴォーカル)、ベイビー・コンスエーロ(ヴォーカル)によって結成された彼らは、70年にトン・ …

続きを読む>

go top