NYBOMA & KAMALE DYNAMIQUE

“アフリカ一の美声の持ち主” と言われたニボマ、1980年代はじめ、カマレ・ディナミック・ドゥ・ザイールとともに残した3枚のアルバムからの選曲と思われます。改めて、久しぶりに聴いてみて、その後、渡仏しパリを拠点に世界的なスークースブームの立役者になっただけのことはあるその美声、たまりませんな!カマレ・ディナミックの細やかなギター・アン …

続きを読む>

BABA COMMANDANT & THE MANDINGO BAND / SIRA BA KELE

>☆ 呪術的?と言ってもいいかも知れません、アクのあるヴォイスを聞かせるブルキナファソのババ・コマンダント(司令官ババ、本名はママドゥ・サヌ〜ドンソ・ンゴニも弾きますから、猟師結社ドンソの出身でしょう)の新作 / サブライムからの2作目です! 前作と較べるなら、エッジの効いたギターのカッティングやタイトなドラムスによるアフロビート or アフロROCK色は後 …

続きを読む>

EKUKA MORRIS SIRIKITI / EKUKA

ウガンダを拠点とするレーベル NYEGE NYEGE TAPES から 300枚限定2LPでリリース!東アフリカはウガンダ北部の街、リラに住まったランギ人の親指ピアノ(ルケメ)奏者にしてグリオ(的存在)、エクカ・モリス・シリキティによる 1978-2006年のラジオ・パーフォマンス音源集。民俗音楽的要素もさることながら、木魚とかボンゴ、あるいはシェイカーのよ …

続きを読む>

TALLAWIT TIMBOUCTOU / HALI DIALLO

*Tehardine / Vocals: Aghaly Ag Amoumine *Tehardine (Bass): Mohamed Ag Amoumine *Calabash: Ibrahima Maïga 〜タラウィット・ティンブクトゥ、上記の通り、マリ北部のトゥンブクトゥ(ティンブクトゥとも呼ばれます)の3人組です。テハルディン(テハルダント)というの …

続きを読む>

SIBUSILE XABA / UNLEARNING & OPEN LETTER TO ADONIAH

タバン・タバネの『マチャレ』に参加! 南アフリカの新星ジャズ・ギタリストのデビュー作2枚をカップリング! 南アフリカに暮らすズールー人たちの伝統音楽をベーシックに持つジャズ系ギタリスト、シブシル・シャバは、同国を代表するジャズ・ギタリスト、フィリップ・タバネに師事し、彼が作り上げたマロンボ・ミュージックを直接受け継いだ。また最近ではフィリップの息子で打楽器奏 …

続きを読む>

SIPHO GUMEDE / ESSENTIALS

シフォ・グミーデ(1952-2004)、ダーバン生まれ、ペニー・ホイッスル&ギターを弾いて音楽を開始、16歳の時に早くもベースシストとして SHAKILE を結成、名を知られるようになり、その後、南アジャズシーン、最高のベーシストの一人としてビッグネーム達と共演開始(Timmy Thomas, Kippie Moeketsi, Stimela, Margar …

続きを読む>

V.A. Field Recordsngs from Madagascar / TO CATCH A GHOST

未だ、こんなに裸の音楽が残っているなんて、やっぱりマダガスカル、恐るべき…??基督教的世界とも回教的世界とも、あるいは資本主義的世界とも異なる、独自の死生観を強く信頼して生きるマダガスカルの人々ならでは!?… 随分前ですが、マダガスカルの青年から聴いた話、マダガスカルの故郷以外の場所で死ぬと、先祖といっしょのお墓に入れず、死後の世界で …

続きを読む>

MINYESHU / DAA DEE

オランダ在住のエチオピア人美形シンガー、>13年作以来、5年ぶりの新作がUKでリリース!ちょっとお歳を召した感じですが、そこがまたイイですねえ、歌に幅と柔らかさが出て来た感じでしょうか? 変わらず、エッジの効いた前傾エチオ・グルーヴも決めてくれますが、全体に以前よりは生音バンド指向でシンプルささえ感じさせること、加えて、ブラス使いの曲が多いのも嬉しいところで …

続きを読む>

ALBA GRIOT ENSEMBLE / THE DARKNESS BETWEEN THE LEAVES

トニー・アレン、トゥマニ・ジャバテ参加! ケルトとマリの伝統音楽の奇跡的邂逅を記録した話題作!  スコットランド人SSWマーク・モルホーランドが中心となって結成されたワールド・ミュージック・グループがアルバ・グリオー・アンサンブル。ゲール語でスコットランドを意味するアルバと、西アフリカの伝統文化を継承してきたグリオーというワードからも分かるように、ここではケ …

続きを読む>

go top