SONGHOY BLUES / RESISTANCE

  マリ北部、ソンガイ・ブルース系若手4人組ギター・バンド〜2年ぶりとなる英 TRANSGRESSIVE 制作のセカンド・アルバムで、>前作と変わらず、ロック的な前傾姿勢、エッジの効いた演奏を聞かせてくれます。一本調子になることなく、生ギターによるデルタ・ブルース風やカントリー・ロック調の曲、コラ奏者が参加した曲など、飽かせない工夫もされています。 …

続きを読む>

SAKA OLAYIGBADE / SYSTEM 8

一弦ヴァイオリンのゴジェ弾いてるイイ写真です…。これまで欠番だったサカ・オライグバデのシステム8(って、1回入荷しているとbunboniさんから聞きました。というか、ウチでお買上げになったということでした。が、当方にはまったく憶えがない、というのはどういうわけなのか?ま、記憶力が欠如しているだけのことですが…)!ナイジェリアはヨルバ人 …

続きを読む>

WASIU ALABI PASUMA / INITIATOR

  ドスの効いたFUJIヴォイスで人気のワシウ・アラビ・パスマ、最近では先陣を切ってナイジャPOPスタイルにも挑戦?〜まずまずの成果を上げていましたが、そんなパスマの2006年名作(代表作)がコチラ!1曲目イントロ4分ぐらいまで、JUJUっぽい展開を聞かせるものの、以降、パーカッション偏重、パスマのヨルバ系浪速節ヴォイスに先導されて、ラフ&グルーヴ …

続きを読む>

DABI AYANLOLA KANYINSOLA & THE TALKING DRUMS ORCHESTRA / IJO MUKE

  ナイジェリアはもとより、ヨーロッパや日本にも滞在し、ヨルバ系トーキング・ドラムの魅力、その伝統を伝導して来たダビ・アヤンロラ・カニンソラと、そのグループ〜トーキングドラム・アンサンブルと女声コーラスによるアルバムです。トーキング・ドラムの意味伝達機能を踏まえた演奏を、時に淡々と、時にポリリズミックに聞かせてくれる作。先祖代々、トーキング・ドラム …

続きを読む>

PK 1ST ALHAJI AGBA / UNDER STANDING ALHAJI

  とはいえ、こういう硬派なFUJIアルバムも同時にリリースしているところ、流石。53分ノンストップ1曲アルバム、途中、ルンバ+JUJU風のギター&ベースがかぶって行く場面はありますが(ソプラノ・サックスなし)、大半はミディアムアップの打ち込みなしFUJIパーカッション・グルーヴに乗せて、ハードボイルドなFUJIヴォイスが延々と続く内容。やっぱり実 …

続きを読む>

PK 1 ALHAJI AGBA / HIP HOP MAFIA

PK1ことアッバス・アカンデの、 ナイジャPOP路線アルバム。 なんともダサい…タイトル、 『ヒップホップ・マフィア』ですからね、 以前にも>こういう作がありましたが… が、でも聴いているうちに、 どうも、なんというか、元気出てきました。 やっぱりFUJI声? 体育会系男子の無骨さ丸出しで、 カッコつけてる感が微妙にOK!?

続きを読む>

FALZ X SIMI / CHEMISTRY

  1988年生まれ、ゴスペル出身の女性歌手、シミと、 >こちら俳優兼ラッパーのファルズによる デュエット・アルバム〜2016年作初入荷です。 キュートなシミのヴォイスが印象的、 加えて、飄々としたファルズのラップも悪くない? アフロビートやヨルバ系リズムも軽快、 音をツメ込み過ぎないトラックもOK〜 最近のナイジャPOP、イイ感じですね!

続きを読む>

VIEUX FARKA TOURE / SAMBA

★ヴィユー・ファルカ・トゥーレ『サンバ』 サハラのジミヘン弾きまくり! 西アフリカ砂漠のブルースとモダン・ロックを融合する最重要ギタリストの最新作品。タイトルの「サンバ」とは二番目に生まれたことを指す。トゥーレの家系では、二番目の子孫(ヴィユー自身のこと)がその伝統を継承するという。本作では祖父に弾いてもらっていた曲なども収録。激しいアタックで弾かれる泥臭い …

続きを読む>

『とうようズ・チョイス・スペシャル』

 『中村とうよう 音楽評論家の時代』の副読本ならぬ「副聴CD」。 とうようさんが最後に愛したのは、かくもシンプルで飾り気のない音楽たちだった。 2011年に亡くなった中村とうようさんの評伝『中村とうよう 音楽評論家の時代』(二見書房)がとうとう完成した。その発売に併せ、内容をより深く理解するための「副読本」ならぬ「副聴CD」として制作した編集盤がこれだ。ラテ …

続きを読む>

OLAMIDE / THE GLORY

    ヨルバ系ラッパー、オラミデ かなりイメチェン? 2017年通算5作目のアルバムです。 なんか、ドープというか、ディープですねえ、 でも、変わらずのシャガレ声、 ちょっとトボけたトラックメイク、 楽しめます。

続きを読む>

KASAI ALLSTARS / AROUND FELICITE

カサイ・オールスターズ新譜はセネガル系仏人監督アラン・ゴミの全編キンシャサ・ロケ映画『フェリシテ』(ベルリンで監督賞)サントラ曲&そのヴァリエーション、そしてリミックスの2CD!3曲でキンシャサの弦楽オーケストラ “Kimbanguiste” によるストリングス曲が入るのはサントラならでは? CD2はオール・リミックスという内容。が、 …

続きを読む>

V.A./ POP MAKOSSA, THE INVASIVE DANCE BEAT OF CAMEROON 1976 – 1984

☆V.A./ポップ・マコッサ~カメルーンの侵略的ダンスビート! 1976 – 1984 カメルーンのダンス・ビート“マコッサ”が、エネルギッシュに発展を遂げた70~80年代の貴重音源! アフロ・レアー・グルーヴを専門に、刺激的な選曲と豪華な装丁でファンを魅了してきたドイツ・アナログ・アフリカから、今回初めてとなるカメルーン音楽マコッサの編集盤が登 …

続きを読む>

PUTO PORTUGUES / ORIGENS

再入荷しました!前回入荷の際は、アッというまに品切れ、ご紹介する間もなかったんですが、08年に『KUDURO IS LIFE』なんてアルバムも共同名義で出していた1987年生まれ、プト・ポルトゲス〜10年ファースト・ソロ、13年セカンドに続く16年作が、こちら。これからのアンゴラPOPを背負って立つ、かも知れない人材と見ました。クドゥロ時代の尾を引くようなダ …

続きを読む>

V.A. / AFRICA EXPRESS PRESENTS: MAISON DES JEUNES

デイモン・アルバーン、ブライアン・イーノ、ニック・ジナー(ヤー・ヤー・ヤーズ)参加 〜アフリカ・マリの若手ミュージシャン達をデイモンらがプロデュースしたコンピレーション! ブラー/ゴリラズのデイモン・アルバーンを中心として、ワールド・ミュージックのイヴェントを仕掛けるプロジェクト、アフリカ・エクスプレスの第一弾オリジナル・アルバム。イスラム過激派の台頭による …

続きを読む>

go top