CHOUK BWA & THE ÅNGSTRÖMERS

★シュク・ブワ & ジ・オングストローマーズ アフロ・カリビアン・ミュージックのルーツの地、ハイチのポリリズムに溢れたミジック・ラシン(ルーツ・ミュージック)を演奏する6人組シュク・ブワとベルギーのダブ・エレクトロニクス・デュオ、ジ・オングストローマーズが創り出す、スリリングで催眠的サウンド。 ● カリブ海、西インド諸島に浮かぶイスパニョーラ島の西半 …

続きを読む>

PUTO PORTUGUES / ALMA

プート・ポルトゥゲース、32歳のアルバム〜昨年のソロ4作目!やっと入荷して来ました! しかし、この緩んだ顔…、イイじゃないですか!スのママですよ。今時なかなか32歳の若者が、このリラックスした、というか力を抜いたお顔を大事なCDジャケに使うなんて、やっぱり、只者じゃありませんな、プート・ポルトゥゲース! が、話は変わりますが、すみません!結構たく …

続きを読む>

GWENDOLINE ABSALON / VANGASAY

いや〜、良かった、夏に間に合いましたよ! >こちらで紹介されていたレユニオンの女性SSWアルバムですね(毎度、無断リンク陳謝&感謝!)、インド洋クレオールPOPの新展開といえるでしょうね! この夏、コロナでどこにも行けない、という諸兄は、レユニオン気分でコレを聴く!ということで、キマリですね(ま、ここ何年も毎夏、わたしは何処にも行ってないですけどね、この夏は …

続きを読む>

LEE SCRATCH PERRY WITH SESKAIN MOLENGA & KALO KAWONGORO / ROOTS FROM THE CONGO

コロナ禍で入荷が遅れてしまいましたが、これは驚きの復刻ですねえ! セスカイン・モレンガ(アフリカン・フィエスタ / OKジャズ / レス・バクバ等を遍歴) & カロ・モウォンゴロ(経歴謎)というコンゴ人の歌い手でありミュージシャン(もちろんリンガラ語で歌っています)が参加〜本作はリー・ペリーが自身のブラック・アーク・スタジオ(キングストン)で、70年代後半に …

続きを読む>

GROUPE RTD / THE DANCING DEVILES OF DJIBOUTI

>こちらで、既に詳しく紹介済みですね(無断リンク陳謝&感謝)!なかなか、面白いことになっていますね、ジブチから初めて届いたPOPミュージック・アルバム新録盤 by OSTINATO (US)!ということになります。やっぱりワールド・ミュージック・マニアを自認する者としては、コレは見逃せない作ということに。 ジブチは、ソマリア、エチオピア、エリトリアと国境を接 …

続きを読む>

PEDRO LIMA / MAGUIDALA

>こちらで、中部アフリカのギニア湾に浮かぶ、複数の島からなる旧ポルトガル領の島国サントメ・プリンシペの貴重な過去音源を紹介したスイスのレーベル、BONGO JOE から、番外続編、”LEVE LEVE”にも1曲収録されていた Pedro Lima e Conjunto Os Leonenses の4曲収録のCD(35分半)がリリースさ …

続きを読む>

VOZ DE SANICOLAU / FUNDO DE MARE PALINHA

ANALOG AFRICA LIMITED DANCE EDITION 新作登場! カーボ・ヴェルデ音楽コラデイラをダンサブルに演奏した伝説のバンド! ダウンロード・コード付! アフロビートやアフロ・ファンク、そして南米に伝播したアフロ・ルーツ系音楽などのレアー音源をディグるドイツのレーベル〈アナログ・アフリカ〉のヴァイナル限定シリーズ「Limited Da …

続きを読む>

O KONKOWO ASAH & HIS GROUP OF ENGWU UKWU, NJIKOKA / SEVEN SEVEN

ナイジェリア南部アナンブラ州、ニジェール川東岸に位置する河川港を有し、地域の経済的中心とされる都市、オニチャのヴォーカル&ギター・トリオらしいんですが、何とも、これは、面白いものに突き当たってしまいましたよ(当店経年在庫より)。弦が緩んだトレスのような音のするギターに、シェイカー、もしくは小さめな木魚のような音とか、その辺のものを叩いているようなリズムに乗せ …

続きを読む>

MICHOU / 35 ANS SEGA

モーリシャスやセイシェルにも共通して19世紀頃から存在するというインド洋のハチロク系ダンス音楽、セガですが、同じクレオール系ダンスとして、マルチニック、グアドループのカドリーユ(クァドリール)あたりと似た感覚を持ったPOP音楽でしょうね、双方とも、もとを辿ればフランス起源のスクエア・ダンスがクレオール化したもの、ということになるんでしょう。そこに、アフリカ〜 …

続きを読む>

AL BILALI SOUDAN / TOMBOUCTOU

>こちらで紹介されていました(いつもながら陳謝&感謝)! マリのサハラ周縁の地に住まうトゥアレグ人のグリオによる冠婚や祝祭のダンス音楽、“タカンバ”、そのタカンバにおける古都トゥンブクトゥでの代表格と思しき、アバロウ・ヤタラ率いるアル・ビラリ・スーダンの新作となります。前作は>こちらで、純アコースティックでしたが、この新作では、テハルダント(弦楽器ンゴニと同 …

続きを読む>

NIHILOXICA / KALOLI

ウガンダ伝統のリズムとダークなエレクトロニック・サウンドの融合 70~80年代に活躍したベルギーの個性派プログレッシヴ・ロック・バンド〈アクサク・マブール〉の中心人物としてもお馴染みのマーク・ホランダーが設立したレコード・レーベル、クラムド・ディスク。先進的かつ個性豊かなワールド作品の良作を数多くリリースしているこのレーベルから、今回はウガンダ出身のハイブリ …

続きを読む>

TANDA TULA CHOIR

南アフリカはリンポポ州から、モザンビークにかけて居住するシャンガーン人(ツォンガ人)のコーラス・グループ(打楽器、笛、ナチュラル・ホルンの演奏など含む)を収めたフィールド・レコーディング集(本盤音源はリンポポのシャンガーン人によって結成されたコーラス・グループのもの)。シャンガーンといえば、“シャンガーン・エレクトロ”が知られていますが、アレとはまたちょっと …

続きを読む>

go top