HARUNA ISHOLA AND HIS GROUP / APALA SONGS

謎ですね。”KIPEPEO PUBL.”という会社名は記されていますし、CDRでもないのですが、なんだかイイ加減な雰囲気が漂います。音質はレコードの再現に努力しているようでマズマズですが、ノイズ除去を行っていないので、チリノイズが聞こえます(逆に、下手に除去されると音質があやふやになるので、それはそれでイイんですが…)。 1962年リリースの West Af …

続きを読む>

V.A. / STARS OF WEST AFRICA

謎ですね、”KIPEPEO PUBL.”という会社名は記されていますし、CDRでもないのですが、なんだかイイ加減な雰囲気が漂います。音質はレコードの再現に努力しているようでマズマズですが、ノイズ除去を行っていないので、チリノイズが聞こえます(逆に、下手に除去されると音質があやふやになるので、それはそれでイイんですが…)。 そんなよくわからないCDをなぜ取り寄 …

続きを読む>

SOUL BROTHERS / BORN TO JIVE

読んで字のごとし、基本ンバクァンガに北米ソウルやディスコの演奏手法をそれなりに持ち込み1974年にデビュー、今もって活躍中のヴォーカル&インストグループ、ソウル・ブラザーズの1995年BBCセッション含む1997年リリースのUKアースワークス盤! 1 INDABA 2 KUYESINDA 3 INHLIZIYO 4 KWANELE 5 IPHUTHA 6 B …

続きを読む>

EL WALI / TIRIS

西サハラ(人口約57万人)の音楽といえば、故マリエム・ハッサン、アシサ・ブライム(アジザ・ブラヒム)といった西サハラ独立に向けてコミットし続けて来た女性歌手、あるいは、西サハラ出身ながらモーリタニアで活動する砂漠のギター・バンド、グループ・ドーウェイあたり、当店でもなかなかの人気ですが、このエル・ワリもまた西サハラを代表するバンドだそう。 西サハラの遊牧民( …

続きを読む>

V.A. / KENYA DANCE MANIA

1970 -80年代、ケニアはナイロビのダンス音楽シーンで人気のあった5つのバンドのシングルを集めた1991年のアースワークス充実コンピレーションのスターンズ盤復刻CDです!ルンバ・コンゴレーズの影響と、独特に綺羅びやかなエレキギター、そして重心の低いベースに、コーラスを主体としたスワヒリ語の繊細な歌、いわゆるルオ人によるベンガ・ビートのオムニバスということ …

続きを読む>

BHUNDU BOYS / FRIENDS ON THE ROAD

ジンバブウェのチムレンガと、ルンバ・コンゴレーズ、加えて、タンザニアのスワヒリPOPやレゲエなどをミックスした “ジット” ミュージックの人気グループ、ブンドゥー・ボーイズの1993年英国録音です!ラテン・クォーター(英国のニュー・ウェイヴ・バンド!)とハンク・ワングフォード(英国のカントリー&ウェスタン歌手!にしてケンブリッジの医学博士)が参加した異色盤で …

続きを読む>

SEFIU ALAO ADEKUNLE / BUSY BODY

>こちらの近年作が人気を呼んでいるアベオクタのゴジラの息子、ミニラ(?)セフィウ・アラオ・アデクンレ若き日の(もともと童顔ですが、未だピアピカの童顔だった頃)、おそらく00年代半ばあたりの作でしょうか?で、何だか物凄いアルバムであることは確か、近年当店入荷のヨルバ系ヴォイス&打楽器アルバムとしては、>こちらに匹敵する作かと思います(?)。たまにこういったワケ …

続きを読む>

PHYNO / DEAL WITH IT

フィノこと本名 Azubuike Chibuzo Nelson〜 ナイジェリア南東部、エヌグ州の生まれ、 1986年生まれのイボ系ラッパーにしてシンガー、 敏腕プロデューサー。こちらが2019年の最新作 サード・アルバムとなります。 ヘヴィーなラップ曲から、ハイライフPOP、 フットワークのイイ、”アフロビート”まで! (なお、この場合のアフロビ …

続きを読む>

go top