MIRIAM MAKEBA & THE SKYLARKS / VERY BEST OF, 1956 – 1959

    南アの女王ミリアム・マケバが、その若き日に在籍した女性コーラス=スカイラークスのコレクション2CDが初入荷!後年、欧米で大きな人気を掴んだマケバの片鱗は、多少、味わえこそすれ、それ以上に、ジャイヴ系コーラスの素晴らしさ!~後のンヴァカンガにつながるファンキーはもちろん、当時としての南アJAZZテイスト&コーラスの妙!50年代の南ア …

続きを読む>

MAH DAMBA / MALI, IN THE SHADE OF THE GREAT BAOBAB

久々に再入荷! マリのヴェテラン女性歌手/グリオの家に生まれ育ち、ファンタ・ダンバの姪にあたる存在~夫君のンゴニ奏者&ギタリストのママイエ・クーヤテとともに早くからフランスでも活動して来ましたが、その夫ママイエが亡くなってしまい、残された息子達とともに作り上げたのがこの作/追悼盤だそうです。ほか、ジャン=ジャック・アヴェネル(ベース)、ママドゥー・ディアバテ …

続きを読む>

SIBIRI SAMAKE / DJITOUMOU KONO / MALI: MUSIC OF THE HUNTERS

マリのマンデ系社会において、一種のトリックスター的な存在となっている狩人。ちなみにボロを着た乞食みたいに見えますが、狩人の正装です。カモフラ系ユニフォームと言い換えましょう(その割に動く度に音が鳴ってしまいそうなのは本当に狩りに向いているのか?) 動画はSiberia Samakeの別の作品ですが、参考までに!

続きを読む>

KALA JULA / MANDE KULU

唐十郎とは無関係(って、オイ!)。二人のマンダング・ギターのヴィルツオーゾ、サンバ・ジャバテ(マリ人)と ヴァンサン・ザネティ(スイス人)のデュオ、カラ・ジュラの新アルバム。ゲストに女流コントラバス 奏者エレーヌ・ラバリエールとヴィオラ&ヴァイオリン奏者ジャッキー・モラール(両者ともブルター ニュ人)を迎え、撥弦+擦弦のダイナミックな弦楽アンサンブル …

続きを読む>

DANYEL WARO / MONMON

ワロっていいとも。2010 年アカデミー・シャルル・クロ大賞と WOMEX ARTIST AWARD に輝いた ダニエル・ワロのアルバム “AOU AMWIN”に続く7年ぶり新スタジオアルバム。モンモン・モン・ モンモン・ミンム・モン・メメ(すももももも…に似てますが、私の母の母は私の祖母、という意味) というわらべ唄風言 …

続きを読む>

V.A. / GUITAR SAFAR, electric explosion in africa

1960年代前半の音源を中心に、シエラレオネのカリプソ、コンゴのマンボやチャチャチャ、マダガスカルのサーフィン・サウンド、ナイジェリアのトゥイスト、カメルーンのメレンゲ等々、アフリカ各地に興ったエレキギター・バンドによる多彩な演奏が並ぶLPです! A1 Bantous, Mujos / Les Krakmen A2 Les Safari / Ma Famil …

続きを読む>

JAKE SOLLO / COMING HOME

      元ファンキーズを率いたジェイク・ソーロ、 その後、ロンドンで活動するも帰国、 1976年のナイジェリア録音アルバムがこちら。 〜ナイジェリアのマヌ・ディバンゴに 成りそびれた観ありますが、 アフロ・レアーグルーヴとして名高い一枚初復刻!

続きを読む>

EBENEZER OBEY / GREATEST HITS

フツーのベストかと思っていたんですが…、1960年代末から70年代初めにかけてのシングル OR EP収録曲コレクションと気づきました。なかなかレアーですね!(無茶苦茶な選曲の evergreen シリーズには収録されていたかも知れませんが、こうやってシングル曲集としてリリースされているところが、嬉しいということに…) 1.Ore Mi …

続きを読む>

FEMI SOLAR / JASA IN AMERICA

      フェミ・ソーラーの2013年USAツアーを記念して録音されたアルバムかと思います。ということは、>名作『グレイス』の前年ということにもなりますね、既にグレイスの準備は整っている曲想&演奏!1曲44分の収録です。

続きを読む>

BEAUTIFUL NUBIA And The Roots Renaissance Band / SOUNDBENDER

おっと、見逃してました(って言うか、当店ナイジェリアン・サプライヤーが見逃してたんですが…)。1968年生まれ1997年デビューのナイジェリアはヨルバのSSW、ビューティフル・ヌビア(これまで、どういう意味でこういう変なネーミングなのか不明、でしたが、なんか、サプライヤー氏が言うことには、彼の出身地のイバダンには、“ヌビア”と呼ばれるヨルバ系の人 …

続きを読む>

EMAHOY TSEGUE-MARYAM GUEBROU

すべて、>Ethiopiques 21 に収録されている曲ばかりですが、アナログLPです!ジャケもイイ感じですね、エチオピア女性によるピアノ・ソロ、アナログ化にあたりリマスターがほどこされています。 A1 Mothers Love A2 Ballad Of The Spirits A3 Song Of The Sea A4 Homesickness B1 G …

続きを読む>

EBENEZER OBEY / SATISFACTION

いや〜、何て自由闊達でいて完成度の高い音楽 / ギターバンド&パーカッション&ヴォーカル・ミュージックなんでしょうね、ホント。 当方としても当時は、ポツンポツンとしか聴いていなかったオベイなので、これは初めて聴くような気がする1986年のオベイ”サティスファクション”(オリジナルLPジャケは見知っているので、当時国内にも入荷していたん …

続きを読む>

SIKIRU AYINDE BARRISTER / INFERNO

地獄のFUJI!メラメラ燃える劫火のようなパーカッション群に乗せ、地獄の底から聞こえるような恨み節、これがフジの真実です(本当か?)〜1996年のシキル御大名作です! 1996 – Aare (Dr.) Sikiru Ayinde Barrister & The Musical Legend of Common-Wealth ★Infer …

続きを読む>

go top