NIOU BARDOPHONES / CHAMP D’ANES

フランス・ブルターニュのバグパイプであるコルヌ・ミューズの奏者エルワン・ケラヴェックがブルターニュのオーボエにあたるボンバルドの奏者、バリトン・サックス奏者、ドラマーと結成したアヴァン・ジャズ楽団ニウー・バルドフォンの2008年2ndアルバム。

続きを読む>

SERGE BOUZOUKI, PADDY LEMERCIER / L’USAGE DU LUTH

元マリコルヌのヴァイオリニスト、パディ・ルメルシエが、セルジュ・ブズーキと名乗る謎のブズーキ奏者と組み、弦楽器をフィーチャーしたインド、アラブ、トルコ、イスラエル、フランスの伝統曲を取り上げた、旧世界弦楽器音めぐり。2005年の作品ですが、世界で誰一人話題にしなかったらしく、youtubeには映像ゼロ! ググっても情報は下記リンクのみです。70億人ダダ漏れの …

続きを読む>

THIERRY FANFANT / BEST OF

風の吹く島のベースマン、チエリー・ファンファンのダブルベスト。CD1が歌もの(ファンファン作曲 のレパートリーをトニー・シャスール、ラルフ・タマール、ジャコブ・デヴァリュー他多彩な歌手たちの 歌唱で)、CD2がインストもの(カリビアン・ジャズ)で、ダヴィッド・ファックール、盛岡の彼女 マリオ・カノンジュ、アラン・ジャン=マリー、アンディー・ナレル(スティール …

続きを読む>

DANYEL WARO / MONMON

ワロっていいとも。2010 年アカデミー・シャルル・クロ大賞と WOMEX ARTIST AWARD に輝いた ダニエル・ワロのアルバム “AOU AMWIN”に続く7年ぶり新スタジオアルバム。モンモン・モン・ モンモン・ミンム・モン・メメ(すももももも…に似てますが、私の母の母は私の祖母、という意味) というわらべ唄風言 …

続きを読む>

BIGRE! BIG BAND / !CARAMBA!

リヨンの大所帯超絶ブラスビッグバンド(20 人)ビグル!の6枚目のアルバム。今回は よりポップ、よりホット、100%キューバンアルバム。(エクスポーター資料から) > 1. PALITO LOCO / 2. QUELLE HISTOIRE / 3. GUEULE DE NUIT / 4. JAVANA CLUB / 5. MEA CULPA / 6. CHA …

続きを読む>

HK / L’EMPIRE DE PAPIER

HK新譜です! 13曲すべてHK(アシュカ)の手になる曲であり、サルタンバンクス名義とはなっていませんが、それは、よりHKのパーソナルなトーンが強い内容であるため、HK名義となっているとのこと。が、バックはもちろん、サルタンバンクスの面々です。 詳しくは後刻〜 >★無断リンク陳謝&感謝! 1. Refugee 2. L’empire de pap …

続きを読む>

YACINE BOULARÈS, VINCENT SEGAL & NASHET WAITS / ABU SADIYA

チュニジアの伝統音楽を独自に解釈した印象派ワールド・ジャズ! サックス/クラリネット奏者のヤシーン・ボラレス、チェロ/パーカッション奏者のヴァンサン・セガール、ドラマーのナシート・ウェイツによるトリオで聴かせるのは、チュニジアに息づく伝統音楽スタンバリをモティーフにしたインストゥルメンタル作品。西アフリカの伝説の狩人アブ・サジヤの物語をテーマに、インプロヴィ …

続きを読む>

JEAN-MICHEL DAVIS / VIBRAPHONE JAZZ

 レ・プリミティフ・デュ・フュチュールのヴァイブラフォン奏者、ジャン=ミッシェル・ダヴィの 初の本格的ジャズアルバム。 FREDERIC LOISEAU (g), RAPHAEL SCHWAB(cb), JULIEN CHARLET(ds) JULIETTE DAVIS (vo), JOACHIM POLACK(ag), GUILLAUME BROQUIN( …

続きを読む>

V.A. / ANTHOLOGIE TWIST FRANÇAIS 1961-1962 (2CD)

フランソワ・ジューファ監修「フレンチ・ツイスト精選集 1961-1962」。ジョニー・アリディ、 エディー・ミッチェル、ディック・リヴァース…。CD 3 は珍しいケベックのツイストブームを網羅。 <<< トラックリスト >>> CD 1 : JOHNNY HALLYDAY : VIENS DANSER LE T …

続きを読む>

ACHILLE / IRIS

女性シンガーソングライター。「アシル」という芸名はギリシャ神話のアキレスからと思いきや、 敬愛する音楽家クロード・ドビュッシーの本名 Achille-Claude Debussy からいただいたものだそう。 ピアノ、キーボード、スピネットを弾き、耳に沁み入るややかすれた声でクラシカルな展開のメロデ ィーを。1曲で Nosfell がデュエットで参加。(サプラ …

続きを読む>

GIRAFE & BRUNO GIRARD / PANIER SUR LA TÊTE

今週号のテレラマ「fff」。これは驚き。フランスで 70 年代から東欧ツィガーヌ音楽紹介のパイオニア 的なバンドだったブラッチ(BRATSCH)のリーダー(ヴァイオリン/ヴォーカル)のブルーノ・ジラー ルと、パリ郊外モントルイユのノイジー・ロッククアルテット、ジラフが、レユニオン島の呪われた詩 人アラン・ペテルスの作品を。クレオール語からフランス語に翻訳(ジ …

続きを読む>

V.A / BLEU BLANC SCHNOCK (2CD)

シュノック(Schnock)とは年寄りを意味する町言葉です。コアなノスタルジーオタクの季刊誌で「シュノック」というのがあり、副題が「27歳から87歳までの年寄りのための雑誌」。そのエスプリを汲み込んだラジオ番組「ブルー・ブラン・シュノック」(OUI FM 毎週土曜 18 時から2時間)は、そんじょそこらのノスタルジー系の番組と一線を画す、シングル盤オタクなリ …

続きを読む>

GROUP DOUEH & CHEVEU / DAKHLA SAHARA SESSIONS

Sublime Frequenciesから四枚のアナログ盤をリリースしている西サハラ南部の町ダフラ出身のバンド DOUEH がフランス・ボルドーのエレクトロ・ローファイ・ガレージ・トリオ CHEVEU とダフラのスタジオでセッションしたアルバム。DOUEHは砂漠のブルースやモーリタニアのギター音楽とも通じるおばちゃんのショッパイ歌や安いキーボード。そしてCh …

続きを読む>

go top