YACINE BOULARÈS, VINCENT SEGAL & NASHET WAITS / ABU SADIYA

チュニジアの伝統音楽を独自に解釈した印象派ワールド・ジャズ! サックス/クラリネット奏者のヤシーン・ボラレス、チェロ/パーカッション奏者のヴァンサン・セガール、ドラマーのナシート・ウェイツによるトリオで聴かせるのは、チュニジアに息づく伝統音楽スタンバリをモティーフにしたインストゥルメンタル作品。西アフリカの伝説の狩人アブ・サジヤの物語をテーマに、インプロヴィ …

続きを読む>

JEAN-MICHEL DAVIS / VIBRAPHONE JAZZ

 レ・プリミティフ・デュ・フュチュールのヴァイブラフォン奏者、ジャン=ミッシェル・ダヴィの 初の本格的ジャズアルバム。 FREDERIC LOISEAU (g), RAPHAEL SCHWAB(cb), JULIEN CHARLET(ds) JULIETTE DAVIS (vo), JOACHIM POLACK(ag), GUILLAUME BROQUIN( …

続きを読む>

V.A. / ANTHOLOGIE TWIST FRANÇAIS 1961-1962 (2CD)

フランソワ・ジューファ監修「フレンチ・ツイスト精選集 1961-1962」。ジョニー・アリディ、 エディー・ミッチェル、ディック・リヴァース…。CD 3 は珍しいケベックのツイストブームを網羅。 <<< トラックリスト >>> CD 1 : JOHNNY HALLYDAY : VIENS DANSER LE T …

続きを読む>

ACHILLE / IRIS

女性シンガーソングライター。「アシル」という芸名はギリシャ神話のアキレスからと思いきや、 敬愛する音楽家クロード・ドビュッシーの本名 Achille-Claude Debussy からいただいたものだそう。 ピアノ、キーボード、スピネットを弾き、耳に沁み入るややかすれた声でクラシカルな展開のメロデ ィーを。1曲で Nosfell がデュエットで参加。(サプラ …

続きを読む>

GIRAFE & BRUNO GIRARD / PANIER SUR LA TÊTE

今週号のテレラマ「fff」。これは驚き。フランスで 70 年代から東欧ツィガーヌ音楽紹介のパイオニア 的なバンドだったブラッチ(BRATSCH)のリーダー(ヴァイオリン/ヴォーカル)のブルーノ・ジラー ルと、パリ郊外モントルイユのノイジー・ロッククアルテット、ジラフが、レユニオン島の呪われた詩 人アラン・ペテルスの作品を。クレオール語からフランス語に翻訳(ジ …

続きを読む>

V.A / BLEU BLANC SCHNOCK (2CD)

シュノック(Schnock)とは年寄りを意味する町言葉です。コアなノスタルジーオタクの季刊誌で「シュノック」というのがあり、副題が「27歳から87歳までの年寄りのための雑誌」。そのエスプリを汲み込んだラジオ番組「ブルー・ブラン・シュノック」(OUI FM 毎週土曜 18 時から2時間)は、そんじょそこらのノスタルジー系の番組と一線を画す、シングル盤オタクなリ …

続きを読む>

GROUP DOUEH & CHEVEU / DAKHLA SAHARA SESSIONS

Sublime Frequenciesから四枚のアナログ盤をリリースしている西サハラ南部の町ダフラ出身のバンド DOUEH がフランス・ボルドーのエレクトロ・ローファイ・ガレージ・トリオ CHEVEU とダフラのスタジオでセッションしたアルバム。DOUEHは砂漠のブルースやモーリタニアのギター音楽とも通じるおばちゃんのショッパイ歌や安いキーボード。そしてCh …

続きを読む>

LESCOP / ECHO

前作(デビューアルバム)で、 「エチエンヌ・ダオの再来」〜 「ダニエル・ダルクの再来」と騒がれた フレンチ・ネオ・コールドウェイブの雄、 レスコップのセカンド。 で、コールドウェイヴとは? ニック・ケイヴとかジョイ・ディヴィジョンとか、 キュアーとか、その辺が第一世代だそーです。 (ダークウェイヴと重なりつつも微妙な差異もあるそう、 ま、なんでもいいけど、で …

続きを読む>

MARION RAMPAL / MAIN BLUE

ブルース、ゴスペル、ケイジャン、米フォークのエッセンスが詰まった一風変わった仏女性ソングライター。 深みのある力強くグルーヴィなヴォーカル。2017 年1月の FIP プレイリストに選ばれた話題盤。E-MOTIVE レーベルから。(エクスポーター資料から) トラックリスト 1. SOURCE / 2. LET THE WIND BLOW / 3. SAVAG …

続きを読む>

FRANÇOIS VIROT / MARGINAL SPOTS

Born Bad Records からまたまたシュールでメランコリックでヘタウマでキャッチーなアーチストの登場で す。リヨンの若者フランソワ・ヴィロ、デモだけで 1 万7千本作ったという苦労症 DIY 野郎の、オフィシャ ルには3枚目のアルバム。(エクスポーター資料から) 下記リンクから試聴可能。http://www.bornbadrecords.net/r …

続きを読む>

TRAM DES BALKANS & VIOLAINE COCHARD / TOCCA TRAM

アコーディオン、クラリネット、トランペット、ベース、ヴァイオリン、三声男性ポリフォニーなどで バルカン風なタラフ・ミュージックをする男性5人組が、バロック・クラヴサン奏者の女性、ヴィオレ ーヌ・コシャールと組んで、バッハ、ヴィヴァルディを含むバロック音楽のレパートリーと、種々雑多 混合のワールド系オリジナル曲を演奏するバルカン・バロックなアルバムです。 &l …

続きを読む>

MEAS, MARTIN, GRUEL / FEULE CARACAL

アイリッシュ、東欧トラッド、ブルターニュにまたがる超絶ディアト奏者二人、クリスチアン・ マルタン(この人はデュパンにも在籍したことがあります)とジャニック・マルタンに加えて オリエンタルパーカッション(ベンディール、ダフ、トンバック…)奏者エチエンヌ・グリュエル で結成されたトリオ。ディアト2台のダイアローグによるイマジネイティヴな東欧〜オリエン …

続きを読む>

FRED SOUL / LA COMEDIE DES SILENCES

盲目の仏人作曲家・ピアニスト・ギタリスト・パーカッショニスト、フレッド・スールの繊細かつ壮大な無限愛へのオード。インスト曲として作られた原型から、声と音を探し求めていったら、アフリカ、オリエ ント、アジア、南アメリカからその旅の同行者が次々に。NGUYEN LE(g), JULIA SARR(vo), OLIVIER KER OURIO(harmonica) …

続きを読む>

MOTIVES! / Y’A TOUJOURS PAS D’ARRANGEMENT

20年前の 1997年、南西フランスの大都市トゥールーズの地方選挙を、既成政党に絶望した市民団体が地方政治を民衆の手に取り戻そうと、無所属リストで戦うことを決めた。名付けてリスト「レ・モティヴェ」(やる気に燃える人たち、意志のある人たち)。このリストに深く関わったのが同市出身の音楽バンド、ゼブダ。 その選挙資金を捻出するためにコンサートを行い、CD アルバム …

続きを読む>

go top