GROUP DOUEH & CHEVEU / DAKHLA SAHARA SESSIONS

Sublime Frequenciesから四枚のアナログ盤をリリースしている西サハラ南部の町ダフラ出身のバンド DOUEH がフランス・ボルドーのエレクトロ・ローファイ・ガレージ・トリオ CHEVEU とダフラのスタジオでセッションしたアルバム。DOUEHは砂漠のブルースやモーリタニアのギター音楽とも通じるおばちゃんのショッパイ歌や安いキーボード。そしてCh …

続きを読む>

LESCOP / ECHO

前作(デビューアルバム)で、 「エチエンヌ・ダオの再来」〜 「ダニエル・ダルクの再来」と騒がれた フレンチ・ネオ・コールドウェイブの雄、 レスコップのセカンド。 で、コールドウェイヴとは? ニック・ケイヴとかジョイ・ディヴィジョンとか、 キュアーとか、その辺が第一世代だそーです。 (ダークウェイヴと重なりつつも微妙な差異もあるそう、 ま、なんでもいいけど、で …

続きを読む>

MARION RAMPAL / MAIN BLUE

ブルース、ゴスペル、ケイジャン、米フォークのエッセンスが詰まった一風変わった仏女性ソングライター。 深みのある力強くグルーヴィなヴォーカル。2017 年1月の FIP プレイリストに選ばれた話題盤。E-MOTIVE レーベルから。(エクスポーター資料から) トラックリスト 1. SOURCE / 2. LET THE WIND BLOW / 3. SAVAG …

続きを読む>

FRANÇOIS VIROT / MARGINAL SPOTS

Born Bad Records からまたまたシュールでメランコリックでヘタウマでキャッチーなアーチストの登場で す。リヨンの若者フランソワ・ヴィロ、デモだけで 1 万7千本作ったという苦労症 DIY 野郎の、オフィシャ ルには3枚目のアルバム。(エクスポーター資料から) 下記リンクから試聴可能。http://www.bornbadrecords.net/r …

続きを読む>

TRAM DES BALKANS & VIOLAINE COCHARD / TOCCA TRAM

アコーディオン、クラリネット、トランペット、ベース、ヴァイオリン、三声男性ポリフォニーなどで バルカン風なタラフ・ミュージックをする男性5人組が、バロック・クラヴサン奏者の女性、ヴィオレ ーヌ・コシャールと組んで、バッハ、ヴィヴァルディを含むバロック音楽のレパートリーと、種々雑多 混合のワールド系オリジナル曲を演奏するバルカン・バロックなアルバムです。 &l …

続きを読む>

MEAS, MARTIN, GRUEL / FEULE CARACAL

アイリッシュ、東欧トラッド、ブルターニュにまたがる超絶ディアト奏者二人、クリスチアン・ マルタン(この人はデュパンにも在籍したことがあります)とジャニック・マルタンに加えて オリエンタルパーカッション(ベンディール、ダフ、トンバック…)奏者エチエンヌ・グリュエル で結成されたトリオ。ディアト2台のダイアローグによるイマジネイティヴな東欧〜オリエン …

続きを読む>

FRED SOUL / LA COMEDIE DES SILENCES

盲目の仏人作曲家・ピアニスト・ギタリスト・パーカッショニスト、フレッド・スールの繊細かつ壮大な 無限愛へのオード。インスト曲として作られた原型から、声と音を探し求めていったら、アフリカ、オリエ ント、アジア、南アメリカからその旅の同行者が次々に。NGUYEN LE(g), JULIA SARR(vo), OLIVIER KER OURIO(harmonica …

続きを読む>

MOTIVES! / Y’A TOUJOURS PAS D’ARRANGEMENT

20 年前の 1997 年、南西フランスの大都市トゥールーズの地方選挙を、既成政党に絶望した市民団体が地方政治を民衆の手に取り戻そうと、無所属リストで戦うことを決めた。名付けてリスト「レ・モティヴェ」(やる気に燃える人たち、意志のある人たち)。このリストに深く関わったのが同市出身の音楽バンド、ゼブダ。 その選挙資金を捻出するためにコンサートを行い、CD アル …

続きを読む>

GASPAR CLAUS & CASPER CLAUSEN / S/T

字面を見るとほとんど同じような名前の二人、ガスパール・クラウス(cello)とカスパー・クラウセン(vo) この二人の出会うべき運命が綴られた CD の解説文が伝奇小説の面白さ。ドイツとデンマークの両家のそれぞれの祖父が 1954 年年頭に、互いに見知らずにリスボンの同じ場所にいて、名状しがたい強い エモーションに襲われ、そのことをおのおのの日記に書き残して …

続きを読む>

LOUIS WINSBERG & JALEO / FOR PACO

Sixun のギタリストということで「フュージョン系」と思われているかもしれないルイ・ウィンズベルグ は、マルセイユ生れ、12 歳で土地のジタンたち(その中にはロス・レイエス=後のジプシー・キングス もいた)からギターを教わったというのがギターとの出会い。アンダルシアが血肉化してる。2001 年 から彼の大所帯プロジェクト「ジャレオ(ハレオ?)」はフラメンコ …

続きを読む>

LAS HERMANAS CARONNI / BAGUALA DE LA SIESTA

双子姉妹ラウラ&ジャンナ・カロンニの 2011 年発表のファーストアルバム(2年前から廃盤・入手不能) を全面的にリミックス/リマスターした新装盤。新たに 48 ページブックレット(英仏西語解説・歌詞訳) を追加。(エクスポーター資料から)

続きを読む>

DJE BALETI / MOKO

南米ロックヒーローのいでたちで、電気増幅したエスピーナ(プロヴァンス伝統楽器)を掻き鳴らし、マダガスカルツィパキのタテノリビートでオーディエンスを煽りまくる。ジェレミー・クーロー率いる 「ジェ・バレティ」のセカンドアルバム。プリミティヴに血湧き肉踊るビートロック寄り。レティシア・デュテッシュ(LA MAL COIFFEE), キャロリーヌ・デュフォー(COC …

続きを読む>

BAPTISTE TROTIGNON, MININO GARAY / CHIMICHURRI

BAPTISTE TROTIGNON (PIANO) & MININO GARAY  (PERCUSSION) レナード・バーンスタインからカルロス・ガルデル、セロニアス・モンクからポール・マッカートニーまで、ま、その選曲のこだわり?もしくは、そのこだわりの無さ?ま、なんかイイ加減な感じも漂ってますが、その辺の微妙な匙加減が伝わる演奏、でも、自由です …

続きを読む>

PIXVAE

  >ニラマイエの姉妹品みたいなアルバムで、ニラマイエのメンバー3人がニラマイエのナンバーを歌うんですけど、そのバックでリヨンのパワー・クランチ・トリオ KOUMA 〜DAMIEN CLUZEL (g, UKANDANZ, POLYMORPHIE) , LEO DUMONT (dms, POLYMORPHIE, CHROMB)、ROMAIN DUG …

続きを読む>

go top