ESTHER SUAREZ / LA BOLOGNESA

売れています!〜以下、発売元インフォメーションの google 翻訳そのまま(けっこうフツーに読める文章になっているのがすごいですねえ…) 「La Ocrasina De Oroとしても知られるEsther Suarezは、ペルーのHuaynoの人気歌手です。 La Bolognesinaは彼女の初期のアルバムの一つで、軽い打楽器とハンドクラップ …

続きを読む>

V.A. / PEROU CORDILLERES NOIRE ET BLANCHE ENREGISTREMENTS IN SITU PAR FRANCOIS JOUFFA 

1972 recordings by  FRANCOIS JOUFFA 3000mの高地にありながら、そのまわりを6000メートル級の雪山で囲まれているという町ワラス。巨大な山岳に両脇を挟まれた特殊な地域で、サンタ川がその谷あいを流れている。そんな特殊な山岳地帯の小さな村で70年代中盤に収集された音楽と唄をコンパイルした作品です。主な楽器はギターにバイオリン …

続きを読む>

CHABUCA GRANDA / THE PLATINUM COLLECTION

手を変え品を変え? 幾つかのベストが入手困難になってしまったので、今度は20曲収録のアルゼンチン盤を〜しかも廉価!でもって、音質も良し! 中南米を代表する歴史的作曲家、ペルーのムシカ・クリオージャを代表する女性、チャブーカ・グランダ(1920-1983)。日本でも古くからのラテン音楽ファンやワールド・ミュージック・ファンに親しまれて来た人ですね。カエターノ・ …

続きを読む>

LUCHA REYES / MI ULTIMA CANCION

”クリオーヤ音楽の黄金のモレーナ”と呼ばれた伝説的な歌手ルーチャ・レジェス。1936年生まれで、50年代の半ばから人気絶頂時に心臓発作で亡くなる73年まで活動した彼女が、73年に発表したラスト・アルバムのリイシューCDです。以前『わたしの最後のうた』としてリリースされていた名盤ですね。 亡くなる直前に録音したというタイトル曲やラファエル・アマラント作の「ソイ …

続きを読む>

LUCHA REYES / SIEMPRE CRIOLLA

”クリオーヤ音楽の黄金のモレーナ”と呼ばれた伝説的な歌手ルーチャ・レジェス。1936年生まれで、50年代の半ばから人気絶頂時に心臓発作で亡くなる73年まで活動した彼女の本CDは、タイトルとジャケットからすると、72年発表のLP『シエンプレ・クリオージャ』のようですが、実際のところは没後1周年の74年に、未発表となっていたトラックを収めリリースされた追悼盤『ル …

続きを読む>

LUCHA REYES / UNA CARTA AL CIELO

”クリオーヤ音楽の黄金のモレーナ”と呼ばれた伝説的な歌手ルーチャ・レジェス。1936年生まれで、50年代の半ばから人気絶頂時に心臓発作で亡くなる73年まで活動した彼女が、71年に発表したアルバムのリイシューCDです。詳しい経緯は判りませんが、97年にCD化された際に、LPリリース時のものから次作『シエンプレ・クリオーヤ』などの収録曲と入れ替えられているようで …

続きを読む>

CONJUNTO ANCASHINO ATUSPARIA / 20 RECUARDOS DE ORO

>☆ 太平洋に面した低地と、アンデス山脈の麓となる高地からなる土地、ペルーはアンカシュ県のウァイノの亜種、”チュスカーダ”この”チュスカーダ”を演じることでは代表的なコンフントのベスト盤!〜エストゥディアンティーナっぽい?ストリングスも聞かせ、マリネーラも演じているところ、面白いですねえ。 01- Para T …

続きを読む>

LOS ALEGRES DEL PERU / SUPER HUAYNOS

このグループの詳細は不明ですが、ペルーのアンデス音楽ウァイノのアンサンブル=ブラスとヴァイオリン、パーカッション、歌(コーラス)を安物のシンセ・サウンドに置き換えたピコ・ピコ・ウァイノ(造語です)をたっぷり聞かせてくれる謎のグループです。 して、そのサウンドはというと、今まで聞いたことが有るような無いような、不思議な雰囲気に仕上がっています。今DJやクラブ音 …

続きを読む>

V.A. / HUAYNO VOL.1

中南米アンデス地方で広く親しまれているフォルクローレ音楽ワイノ。ペルーもその中心地の一つです。本コンピレーションは、その現地仕様のワイノばかりを集めた好コンピ盤です。 普通フォルクローレというと、ケーナ、チャランゴ、シークなどのアンサンブルを思い浮かべますが、現地では、様々なスタイルがあり、そのあたりの多様性(それでもあくまで一部ですが)を知るのにももってこ …

続きを読む>

v.a. / LAS BAILADITAS MAS TONERAS

●最近、急速に注目を浴び始めた、南米ペルーやコロンビアのトロピカル系サウンド。本場といえるカリブのサウンドに比べ、アゲアゲなパーティー・サウンドからトロトロの甘~いロマンチックこの上ないサウンドまで、ベタなラテン色たっぷりなのが、南米のトロピカル系サウンドの特徴です。 ●本アルバムは、そんなサウンドを象徴するバンドの最新の録音ばかりを集めた、入門にピッタリな …

続きを読む>

CHABUCA GRANDA / VOZ Y VENA DE

>こちらと同内容のペルー盤です。ご注意下さい! 中南米を代表する歴史的作曲家、ペルーのムシカ・クリオージャを代表する女性、チャブーカ・グランダ(1920-1983)。日本でも古くからのラテン音楽ファンやワールド・ミュージック・ファンに親しまれて来た人ですね。カエターノ・ヴェローゾが『フィーナ・エスタンパ(粋な男)』でチャブーカの曲を取り上げ、アルバム・タイト …

続きを読む>

FIESTA CRIOLLA / LO MEJOR

言わずと知れた“ペルーのギター”オスカル・アビレスがモロチューコスの後に組んだグループ、コンフント・フィエスタ・クリオーヤのベスト盤です。EMPSAからもベスト盤が出ていますが、ダブリは、22曲中4曲のみ。 ファースト・ヴォイスは、デュオ・ロス・トロバドーレス・デル・ペルーでリードを取っていたパンチート・ヒメネス。さらにウンベルト・オイガ・セルバンテスがセカ …

続きを読む>

ARTURO ZAMBO CAVERO & OSCAR AVILES / LOS UNICOS 

ペルーのクリオージョ音楽の最高のコンビ、アルトゥーロ・サンボ・カベーロとオスカル・アビレスの1994年録音盤です。本盤は、バルス・ペルアーノ16曲を中心にポルカ1曲、フェステーホ2曲という構成で、全体的に叙情的な曲を中心に演奏。全曲で感じるのは、アルトゥーロの歌とオスカル・アビレスのギターのコンビネイションが絶妙且つ完璧なことでしょうか。アルトゥーロの歌に寄 …

続きを読む>

ROLANDO CARRASCO SEGOVIA / OFRENDA, GUITARRA ANDINA PERUANA 

ロランド・カラスコ・セゴビアは、リマのホセ・マリア・アルゲダス・フォルクローレ高等学院と国立音楽大学(CNM LIMA)で音楽学やギターの奏法と教授法を学んだ才人ギタリスト。師事したのはオクタビオ・サンタ・クルス、フリオ・ウマラ、エレオドロ・モリ、フェリクス・カサベルデ、ラウル・ガルシア・サラテなど錚々たるギタリストたちです。現在は演奏活動の傍ら母校CNMで …

続きを読む>

go top