----

ANA LUA CAIANO / VOU FICAR NESTE QUADRADO

★アナ・ルア・カイアーノ/ヴォウ・フィカール・ネステ・クァドラード 本年度最大の注目新人がポルトガルから出現!! ポルトガルの伝統民謡/ミュージック・コンクレート/エレクトロニクスを高純度に融合/洗練! アルバムがリリースされる以前より、すでにヨーロッパ中で高い注目を集めているのが、ポルトガル・リスボンを拠点に活動する作曲家/歌手/マルチ楽器奏者のアナ・ルア …

続きを読む>

EDA DIAZ / SUAVE BRUTA

フランス系コロンビア人ベーシスト女声のデビュー・アルバムだそうです。母がフランス人、父がコロンビア人であり、パリでピアノと西洋古典音楽を学んだそうですが、ある時、コントラバスを弾きはじめ、音楽にノメリ込むことになったということです。子供時代から、フランスとコロンビアを行き来する生活の中で、ガルシア・マルケスやオクタビオ・パスを読み、カルロス・ガルデルのタンゴ …

続きを読む>

阿爆 ABAO / 母親的舌頭 KINAKAIAN

年末に台湾を旅行されたカセオさんに買い付けていただきました(感謝!)。台湾原住民(パイワン族)人気女性シンガーシングライター、アーバオの2019年作〜向かって左の大ぶりなハードカヴァー・ジャケを開けると、ブックレットが封入されている豪華なCDです。もちろん現品限り、よろしくどうぞ! 1. mainu sun 找路 2. pavalidan 還錢 3. udu …

続きを読む>

ORIANE LACAILLE / IVIV

いいジャケットですね! インド洋レユニオンから、島のリズムに乗せて、そよ風のような歌声を届けてくれるオリアーヌ・ラカイユ、デビュー作! なんでも、レユニオンの伝統歌謡から発した“マロヤ”のアコーディオン弾き語り、ルネ・ラカイユの娘さんだそうで(確か、父&男兄弟と親子トリオでアルバムが1枚ありました>★)、十代前半からウクレレ弾きながら父とステージに立っていた …

続きを読む>

METRITXELL NEDDERMANN / SUE LTA

メリチェル・ネデルマン、スペインはカタルーニャ〜バルセロナから、一つ違いの妹さん、ジュディット・ネデルマンとの共作でデビューしたのが >2019年でした。その後、2020年には>ソロ・アルバムをリリースしています。そして本作が2023年の新作、3作目のアルバムとなります。 別に、較べる必要もないかも知れませんが、やっぱり姉妹なんですねえ、今年の夏前にソロ4作 …

続きを読む>

JUDIT NEDDERMANN / LAR

2012年デビュー、カタルーニャの女性SSW、実の姉さんとのデュオ作をあわせると、こちらで7作目となるアルバム。前作2021年作はアナログのみのリリース、お値段があまりにも高いので見合わせましたが、この新作CDも高いですねえ… 今年32歳、ヤンキーずわりしてますが…、それはともかく、アルナウ&パウ・フィグェーレスのプロデューサー・コン …

続きを読む>

LOI SANGUINETTI / RITELURIO

ラ・プラタの女性S.S.W.ロイ・サンギネッティの丹精こめたアルバムが、寒気に澄んだ空気とよく似合う。 コンテンポラリー・フォルクローレのアーチストを数多く輩出するラ・プラタ出身で、美術の高校を卒業後、UNQUIで電子音響/作曲を専攻。ロック・バンド、ラ・サガ・デ・サイウェケに参加したのち、デュオなど様々な形態で自身の音を探す旅に出ます。エドガルド・カルドー …

続きを読む>

SANAH / SANAH ŚPIEWA POEZYJE

サナ(本名ズザンナ・イレナ・ユチャック)1997年ワルシャワ生まれの歌手、ソングライターにしてヴァイオリニスト、2020年アルバム・デビューのポーランド女性、>こちら3作目に続いて、早くも4作目が届いています。それにしても、1年に2作のアルバムをリリースして、このクォリティー!欧州若手女性の中でも当店的にイチオシということになるでしょうか?ハードカヴァー B …

続きを読む>

ANNA SETTON / O FUTURO E MAIS BONITO

洗練されたMPBを目指すサンパウロ出身の人気SSW! 待望のサード作が登場!! 主にポルトガル系音楽に強いドイツのレーベル“Galileo Music”から、MPB(Música Popular Brasileira)の新作が登場することになりました。 本作の主人公アンナ・セットンは1983年8月27日にサンパウロで生まれたシンガー・ソングライター/ギタリス …

続きを読む>

MIREIA ESPELT / ELEGIA

スペイン、カタルーニャのシンガー・ソングライター、ミレイア・エスペルのファースト・アルバムです。2005年生まれということなので、まだ17歳?(2023年現在)というわけですが、自分自身と、父親、母親、愛する人、亡くなった友人の姿との対話をテーマにした作品と言うことで、封入されたブックレットにも曲毎に、そのイメージを表した一連の写真が載せられていて、コンセプ …

続きを読む>