NAETO C / FESTIVAL

>★「かえって米国育ちだと、ナイジェリアのリズム感とかに敏感になるんじゃないですか?」というのはEXPさんの言、というわけで、このネートC、渡米した両親の元、北米はテキサス生まれのナイジェリアン(イボ系?)のラッパーということになりますが(現在はナイジェリアに帰国、もしくは、行ったり来たりしている模様)、アデクンレ・ゴールドらと同様、ナイジャPOPシーンの中 …

続きを読む>

V.A. / NIGERIA GOLD VOL.9

こちら今のところ最新ナイジャPOPヒット・コンピレーション(2017)となります!イイ曲が揃っていると定評あるシリーズです。当店に入荷してこなかった去年のヒットも入ってますね(悔しい!)。ナイジャPOP入門に最適!ダウンロードしかないティワ&ウィズキッドほか、1曲づつでもCDで聴けるのはありがたい!?で、たぶん、すべての曲が youtube で見つかるはず。 …

続きを読む>

V.A. / NIGERIA GOLD VOL.7

>こちらの一つ前のナイジャPOPヒット集(2015)初入荷です!イイ曲が揃っていると定評あるシリーズです。たぶん、すべての曲が youtube で見つかるはず。探してみて下さい! 01. Chidinma : Egwu 02. Diamond Feat. Davido : Number One 03. Kiss Daniel feat Tiwa Savage …

続きを読む>

FEMI KUTI / ONE PEOPLE ONE WORLD

どうしてまた、異母弟シェウンと同時期の発売なのか?どうぞ、較べて聴いてくれ、ということなんでしょうか? ま、もはや、そういうことでもないかのも知れなくて、2015年にはとうとう、シェウンと同じステージに立ったフェミですから、既にいろいろと、整理(?)はついているはず。そうそう、ジャケ写の顔もどうですか、この円熟味…、そして、この4年半ぶりの新作、 …

続きを読む>

SEUN KUTI & EGYPT 80 / BLACK TIME

4年ぶり、シェウン・クティの新作です! 前作同様プロデュースはロバート・グラスパー(というのは音もはもない噂?)。話題としては、表題曲 “BLACK TIME” にカルロス・サンタナがギターで参加しています。かといって何かが変わるわけでもなくて、要するに、タフなヴォイスとヘヴィーな前傾グルーヴに翳りはありません。時に、アレンジのあり方 …

続きを読む>

AYINLA OMOWURA x4 items

1970年代のナイジェリアを疾風のように駆け抜けたアパラの大スター、アインラ・オモウラの数あるアイテムのうち、久々に再入荷したレアーな4アイテムです!で、アインラ・オモウラに駄作ナシ!よろしく、どうぞ。 > “NATIONAL CENSUS” 売り切れ *1973 Ayinla Omowura and His Apala Group …

続きを読む>

AYINLA OMOWURA / ALUJONU ELERE

おお!売り切れ必至、酒場で刺されて亡くなった翌年、1981年にリリースされた “ALUJONU ELERE” 、おそらくLP としては、ラスト・アルバムでしょう(と、確証はないんですが)、初入荷です!アインラオモウラに駄作なし!アギデボも聞こえるのでした。かぶりモノもイカしています。内容は初期シングルの編集盤とのこと>★無断リンクすみ …

続きを読む>

DAUDA EPO AKARA / ORE META

う〜ん、ヒックリ返った!これまでに聴いたヨルバ系音楽の中で、否、全アフリカ的に見渡しても、コレほどデレデレでイイカゲンな音源は聞いたことがない。泥酔しているのか、トリップしているのか、ヤル気がまるでないのか?これはロス・アプソンに回すか、パフパフさんに買っていただくしかないCD? pic.twitter.com/T7uidYc7n3 — エル・ス …

続きを読む>

LATE ABIBU OLUWA & HIS SAKARA GROUP

>★ ナイジェリアのヨルバ/ムスリム系音楽、サカラのパイオニア!1920年代からSPレコーディングを開始、1964年に亡くなるまで、現地レーベルに吹き込みは続いたそうですが、単独復刻CDはこちらが初めてということで、これはもう、お宝ということになりますねえ。で、本CDの音源ですが、LPもしくは single 吹き込みの編集盤?どちらかはわかりませんが、195 …

続きを読む>

KOLLINGTON AYINLA / QUALITY

ああ、やっぱりイイもんですなあ…、節まわしが民謡的というか、リラックスしているというか、それでいて、FUJIならではのクール&ディープな前傾グルーヴと一体化するコリントン・アインラの歌い口、その真骨頂が此処にあります。で、その真骨頂、それはたぶん、フォークロアだとかPOPであるとか、そうした形容を超越する新鮮さに満ち満ちたもので、そしてその新鮮さ …

続きを読む>

SLAIMON ADIO ATAWEWE / ONE ON ONE

      こちらもついでに、ご紹介しておきますが、 おそらく2010年前後ぐらいの録音かと。 全7曲77分収録の長尺盤〜観客ナシ実況盤と思われ、 やや荒い演奏ですが、テンション高いですね、

続きを読む>

SLAIMON ADIO ATAWEWE / WORLD WIDE – COMMON SENSE

>こちら4年ほど前に当店で、若手FUJIの中では異例の売り上げを記録したスライモン・アディオ・アタウェウェの今年の作2点!〜ま、4年間ポツポツと新譜は出ていたんですが、ま、全然変わりませんからねえ、ヨルバ語わかんないみぎりとしては…。でも、アタウェウェの新譜は出ていないのか!?という奇特なお客さまからのリクエストがあったんで、今年の2作入れてみま …

続きを読む>

SULAIMON ALAO ADEKUNLE MALAIKA / ORIGINAL

どこがどう “オリジナル” なのかは存じませんが、1995年以来のキャリアの持ち主〜スレイマン・アラオ・アデクンレ・マライカ!>一昨年入荷のCDはタキシード姿のスーパースター?でしたが、今作ではヨルバ民族衣装、というかポンチョ姿?の野人という雰囲気…、で、そんな雰囲気そのままに原点回帰の汗だくFUJI、58分44秒たっぷり聞かせてくれます!相変わ …

続きを読む>

go top