CHICO GOUVEIA / MODA VELHA

ポルトガルの知られざる弦楽器ヴィオラ・ブラゲーザの魅力を紹介! ポルトガル北西部の街ブラーガで生まれたヴィオラ・ブラゲーザ(ブラゲーザ・ギター)は全長90センチ、弦のスケールは50センチほどの小型ギター。複弦5コース(弦の数は10本)の構造で、歌の伴奏や、他の弦楽器との合奏でパレードの音楽などを演奏するために用いられてきた。そのヴィオラ・ブラゲーザをかつて使 …

続きを読む>

VICENTE DA CAMARA

ファドの聖堂CNMのアーカイヴ・シリーズ第1弾 貴族ファド最後の大物の50年代録音! マリア・テレーザ・デ・ノローニャの親戚筋にあたる男性ファド歌手ヴィセンテ・ダ・カマラ(1928年生まれ)は、20歳のとき国営ラジオで歌手デビュー。早くから注目を集めるようになった彼は50年代初頭にレコード・デビューを果たし、現在までファドのトップ歌手として君臨している。本作 …

続きを読む>

RICARDO RIBEIRO / HOJE E ASSIM

リカルド・リベイロの5作目(2016年作)。その歌声はますます安定感が増し、体重も増し? 新作のファドのみならず、シャンソン 「Chanson D’automne」シャルル・トレネや、ネルソン・ゴンサルヴィスの「Serenata do Adeus」サンバ歌謡などを取り上げ、自らのファドの恰幅を広げる試みも。ちょっと歌馬鹿(褒め言葉)の雰囲気も漂う …

続きを読む>

CAMANE / INFINITO PRESENTE

    弟のエルデル・モウティーニョは幅広く紹介されていますが、日本ではあまり大きく紹介されて来なかった男性ファド歌手のカマネー、どうですか、この横顔、うつむき加減!?もう、ファドーッ!って、感じじゃないでしょうか?とかなんとか、調子のイイことを言ってますが、でも、youtube リンク聞いてみて下さい。嘘じゃないことはご理解いただけるは …

続きを読む>

V.A. / FADO MUNDO

★ファド・ムンド 11人の女性ファド歌手が多彩なアレンジのファドを歌う画期的プロジェクト! ファド新世代を代表する女性歌手アナ・ラインスやデボラ・ロドリゲスらを輩出してきたポルトガルの新進気鋭レーベル〈Seven Muses〉からユニークな作品が登場した。数々のアーティストのアレンジやプロデュースを手掛けてきたアンドレー・サントス(クラシック・ギター)とウー …

続きを読む>

ANA LAINS / PORTUCALIS

★アナ・ラインス/ポルトゥカリス イヴァン・リンスがゲスト参加! ファドを超越し、最高に洗練されたポルトガル・ポピュラー・ミュージックが生まれた! 新世代ファドを代表する女性歌手のひとりアナ・ラインスが、2011年の『クァトロ・カミーニョス』以来6年ぶりとなる新作を発表してくれた。以前よりファドをベースに、様々な音楽の要素を取り入れた新しいポピュラー・ミュー …

続きを読む>

MARTA PEREIRA DA COSTA

★マルタ・ペレイラ・ダ・コスタ/ポルトガル・ギターの女神 ポルトガル・ギター・シーンにアイドル誕生!? 豪華ゲストにも注目の世界デビュー作! 最近ではファド以外にも使われるようになったギターラ・ポルトゥゲーザ(ポルトガル・ギター)は、これまではほぼ男性のみが演奏してきた楽器だが、美貌の女性ギターラ演奏家マルタ・ペレイラ・ダ・コスタが登場し、いま大きな話題にな …

続きを読む>

ANDRE VAZ / FADO

この秋来日公演が決定! 情熱のファディスタ、待望の日本デビュー盤! 復興の気運が高まる現在のファド・シーンにおいて、その中心的存在のひとりと言えるのが男性歌手アンドレー・ヴァスだ。ファドを愛好する家庭に生まれ、家族だけでなく周囲の影響もあって幼少期からファドに親しむ。その後名門ファド・ハウスや映画、ファド歌劇などに参加し頭角を現した彼が発表した待望のデビュー …

続きを読む>

GONCALO SALGUEIRO / SOMBRAS E FADO

“ファドの王子様”が多彩なヴォーカルを聴かせる2017年作! その爽やかなルックスで女性ファンを虜にするイケメン男性ファド歌手ゴンサーロ・サルゲイロが新作を発表した。ベテランの人気女性歌手マリア・デ・フェが経営するファド・レストランで歌手活動をスタートさせた彼は、2000年には約1年間のロングランとなったミュージカル『アマリア』に出演し、不動の人気を獲得した …

続きを読む>

MAFALDA ARNAUTH & ATLANTIHDA

ジゼーラ・ジョアンが在籍したバンドが 名ファド歌手とコラボレイト 今注目のファド歌手ジゼーラ・ジョアンが以前在籍していたポルトガルのバンド、アトランティーダの2011年作(SPHM-0001)を以前紹介しましたが、同バンドの2015年をご紹介。これがファド新世代を代表する一人、マファルダ・アルナウトをヴォーカルに迎えたコラボレーション作となっています。マファ …

続きを読む>

AMALIA RODRIGUES / SOMEDAY

★アマリア・ロドリゲス/サムデイ~1965・ノーリー・パラマー・セッション ファドの女王が取り組んだ英語曲レコーディング・セッションの全貌が 50年の時を経て遂に陽の目を見る! 〈ファドの女王〉アマリア・ロドリゲスの貴重な発掘音源集が登場した。アレン・ウルマンとのコンビでファドの芸術化・現代化を進める一方で、ポルトガル民謡の録音を始めた1965年に、アマリア …

続きを読む>

AMALIA RODERIGUEZ / NO CAFE LUSO

入手困難となっていたアマリアの傑作ライヴ・アルバムがフランスで復刻されているのを発見!ファドの女王アマリア・ロドリゲスの最高傑作(だと思っています)!1955年、リスボンの老舗ファド・ハウス、カフェ・ルーゾにおけるライヴ録音。アマリアが世界的な名声を得る直前の録音であり、ファド復興のキッカケにもなった一夜を記録した貴重な作品。ファドを愛する地元の人々の温かい …

続きを読む>

DULCE PONTES / PEREGRINACAO

デビュー当時、好きだったんですが、というか、久々の大物ポルトガル女性歌手だなあ、と思いましたね、で、その後の活躍は皆さんご存知の通り。けれど、しだいにファドから離れて行く傾向もあり、欧州で大スターになるにつれ、ちょっと興味を失っていったというのが正直なところ。が、8年ぶりとなるこの2枚組アルバムのリリース前に youtube にアップされたクリップを見て、何 …

続きを読む>

V.A. / THE JOURNEY OF SOUNDS – MACAU – FALA-VAI-FALA-VEM

★ザ・ジャーニー・オヴ・サウンズ10 マカオ~フラ=ヴァイ・フラ=ヴェン 大航海時代以降世界に広がったポルトガル音楽の種を探して カジノと観光の都市マカオに息づく多種多彩なポルトガル系音楽 南欧の国ポルトガルは、かつてヴァスコ・ダ・ガマに代表される探検家たちが世界を船で渡り、様々な土地と交易を行って発展を遂げていった。そんな大航海時代から現在に掛けてポルトガ …

続きを読む>

go top