JOAO SENISE / CHAMA O SINDICO

  チン・マイアをカヴァー! 以前にジルソン・ペランゼッタの作品に参加していた若手男性歌手ジョアン・セニージのソロ・アルバム。これまでイヴァン・リンスやジャズ/ラテンのスタンダードなどを取り上げてきた彼ですが、今回はブラジリアン・ソウルの王様チン・マイアのレパートリをカヴァーしています。イヴァン・リンス、レニー・アンドラージ、ジルソン・ペランゼッタ …

続きを読む>

CLAUDIO JORGE / SAMBA, JAZZ, DE RAIZ

重鎮サンビスタの生誕70年記念作! 伝統サンバの重鎮で、若い頃にはあのカルトーラとも共作を残した男性サンバ歌手/作曲家/ギタリスト、クラウジオ・ジョルジが、自身の生誕70年を記念して新作を発表してくれました。そのタイトルからも分かるように、自身のルーツであるサンバやサンバ・ジャズ、そしてボサ・ノーヴァと、いわゆる洗練されたブラジル音楽に真正面から取り組んだよ …

続きを読む>

ROBERTA SA / PRA SE TER ALEGRIA , AO VIVO NO RIO

ガ〜ン!3点のみ、当店在庫から発見!まだあったんですねえ、って、他人ごとのように…で、夏休み、暑くってどこにも行く気になれなかったら、こーゆーの観て過ごすなんて、どーでしょう? ロベルタ・サーの09年末リリースの初ライヴ映像DVD~あんまり評判がいいので、再入荷&オススメさせていただきます!なんとも自然、素直でキュートなロベルタの素顔をバッチリ楽 …

続きを読む>

HAMILTON DE HOLANDA QUARTETO / HARMONIZE

最高のバンドリン奏者がクァルテート編成で新作を発表! 現在最高のバンドリン奏者として活躍するアミルトン・ジ・オランダ(1976- )が、自身が率いるバンドの新作を発表。ただしこれまでのキンテート(5人組)でなくクァルテート(4人組)に編成が変わりました。バンドリン、ギター、ベース、ドラムズというシンプルな編成で聴かせるのは、ジャズ/フュージョン系に肉薄する、 …

続きを読む>

HENRIQUE CAZES / MUSICA NOVA PARA CAVAQUINHO

RICE 国内配給盤は9/1, 2019 発売予定〜 ソロ・デビュー30周年、カヴァキーニョを愛する音楽家エンリッキの極上ショーロ・サウンド!現代ショーロ最高のカヴァキーニョ奏者エンリッキ・カゼス。その巧みなカヴァキーニョ演奏はもちろん、近年ではジョタ・カナーリャ名義で歌手として作品を発表したり、ショーロの研究家として本も執筆するなど、その活動は多岐に及んで …

続きを読む>

ZELIA DUNCAN / TUDO E UM

ベテラン女性歌手が15枚目の新作を発表! 80年代より活躍する女性MPBシンガーのゼリア・ドゥンカン。2000年代にはムタンチスの再結成に参加するなど、幅広いフィールドで活躍する彼女が、2015年のライヴ盤「EU ME TRANSFORMO EM OUTRAS」以来となる新作を発表してくれました。通算15作目となる本作ではペルナンブーコ出身のジュリアーノ・ジ …

続きを読む>

WILSON MOREIRA / TA COM MEDO, TABAREU ?

重鎮サンバ歌手の遺作! 2018年9月に亡くなった黒人系サンバの偉大な音楽家ウィルソン・モレイラ。その遺作となった本作では、カヴァキーニョと複数のパーカッションが創り出すスウィングをバックに、パウローンの7弦ギターや重厚なユニゾン・コーラスが加わったオーソドックスな伝統サンバのサウンドを再現。ウィルソンは歌声に往年の力強さこそありませんが、その分味わいがグっ …

続きを読む>

LULA GALVAO / ALEGRIA DE VIVER

>☆ ローザ・パソスとともに長らく演奏してことで知られるヴェテラン・ギタリスト、ルーラ・ガルヴァンのガット・ギター完全ソロ・アルバム、2018年ヨーロッパ制作盤。トム・ジョビン、ガロート、ピシンギーニャ、ドリヴァル・カイーミ、ジョニー・アルフ、ギンガらの作品を、滑らかな指運びで楽しませてくれるギター・アルバムです。ルーラ・ガルヴァンの人と成りを感じさせるよう …

続きを読む>

CAMERATA DE VIOLÕES DE CAMPINAS / MOSAICOS

8人編成、ギターだけによる夢見心地の室内楽アンサンブル! 用いている音の選択、同じ音程を複数で奏でることによるコーラス効果、揺れ、あまりの心地よさに微睡みさえ覚えてしまいそうです。音楽の名門、ブラジルはサンパウロ郊外カンピーナス大学(UNICAMP)の出身者たちによるナイロン弦ギター8人編成プロジェクトがこのカメラータ・ヂ・ヴィオロンイス・ヂ・カンピーナス。 …

続きを読む>

DOMINGUINHOS ‎ / CONTERRANEOS

久々に再入荷!ルイス・ゴンザーガ公認?の後継者、ドミンギーニョスの数あるアルバムの中でも、個人的には1番よく聴いたかも知れない06年作(当時65歳)、ヴェテランならではの自然体でフォホーに特化した充実作かと。特にゆったりミディアムなフォホーが、なんとも素晴らしい! 1 Tempo Menino 2 Cai Fora 3 Gavião Penetrador 4 …

続きを読む>

松田美緒, 土取利行 / 月の夜のコロニア, ブラジル移民のうた

世界を旅する異能の音楽家二人が取り上げた「ブラジル移民のうた」の数々! ポルトガル語・スペイン語圏の国々で歌手活動を積み重ねてきた“歌う旅人”松田美緒と、 フリージャズドラマーとしても知られ、近年は添田唖蝉坊・知道の作品にも取り組んでいる土取利行が、 ブラジル移民の間で歌詞を変え歌い継がれてきた、日本の明治・大正の流行歌の数々を取り上げた一枚。 添田唖蝉坊の …

続きを読む>

DANCAS OCULTAS / DENTRO DESSE MAR

☆ダンサス・オクルタス/この海の中に ジャキス・モレレンバウンがプロデュース! アコーディオン・クァルテットが豪華ゲストともに豊かなアンサンブルを披露! 1989年に結成されたダンサス・オクルタスは、メンバー4人全員がアコーディオン(コンセルティーナ)奏者というユニークな編成を持つポルトガルの伝統派インストゥルメンタル・グループ。かつてマドレデウスと共に世界 …

続きを読む>

ANA COSTA, DORINA, LU OLIVEIRA / NA LIRA DA CANÇÃO, entre versos de Socorro Lira

パライーヴァ出身、地方音楽の代名詞的存在となった才女ソコッホ・リラの楽曲を、リオのラパで活躍する女性サンバ・シンガー三人がトリビュート! ’74年パライーヴァ生まれで現役の女性S.S.W.ソコッホ・リラは、UFGGで習得したギターの腕前、そして心理学科卒の人の思いを慮らんとする叙情詩の世界観、文化プロデューサーとしての役割まで果たす才女。そのソコ …

続きを読む>

V.A. / JAMBU E OS MITICOS SONS DA AMAZONIA

☆V.A. / ジャンブー ~ アマゾンの神話的サウンド アマゾン川河口に息づく強烈なダンス・ビートの数々を、アフロ・レアー・グルーヴの人気レーベル“Analog Africa”がコンパイル! アフリカ音楽がもっとも輝いていた70年代のレアーな音源を、豪華なブックレットを付けて紹介するドイツの人気レーベル“Analog Africa”。基本アフリカ音楽が専門 …

続きを読む>

LO BORGES / RIO DA LUA

ミナス一派の人気SSW、久々の新作! 70年代初頭より活躍、ミルトン・ナシメントやトニーニョ・オルタ、フラーヴィオ・ヴェントゥリーニ、ヴァギネル・チゾといったミナス一派の一員として知られるシンガー・ソングライター、ロー・ボルジスが2011年の“HORIZONTE VERTICAL”以来となる新作ソロを発表。今回は「クルービ・ダ・エスキーナ」のメンバーであり、 …

続きを読む>

go top