CLAUDETTE SOARES / CANTA MAYSA

伝説の女性歌手をピアノの伴奏だけで歌う! エルザ・ソアーレスと並んで現在のブラジルで活躍する超ベテラン女性歌手といえるのが、こちらのクラウデッチ・ソアーレスです。1937年生まれなので、今年でなんと83歳となる彼女がなんとも意欲的なライヴ作品を発表しました。本作は1977年に40歳の若さで亡くなってしまった伝説の女性歌手マイーザ(1936-77)のレパートリ …

続きを読む>

TOQUINHO / A ARTE DE VIVER

御大9年ぶりの新作! かつてヴィニシウスと共演作を多く残したギタリスト兼歌手トッキーニョ(1946 – )がなんと9年ぶりとなる新作をDeck Discからリリースすることになりました。今回作詞はパウロ・セーザル・ピニェイロが担当。さらにご存知マリア・ヒタや、ボサ・ノーヴァ系女性歌手カミーラ・ファウスチーノが参加した曲も収録されています。これは注 …

続きを読む>

JULIANA CORTES

クールに研ぎ澄まされた前衛サウンドとメランコリーな詩情が共存、クリチーバの女性シンガー – ジュリアナ・コルテス待望の新譜 1stアルバム「Invento」にゲスト参加したヴィトール・ハミルの息子で、ラテン・グラミー・ポルトガル語ロック部門のウィナー、イアン・ハミルがプロデュースした3枚目。ジュリアナ・コルテスの出身地であるクリチーバのドゥ・ゴミ …

続きを読む>

NUMA GAMA / ME REDESENHO

ブラジル新世代のアーティスト・コレクティヴ<ヴードゥーホップ>からヌマ・ガマがアルバム・デビュー。 ウェイトレスなベクトルと沈み込むようなダウナー感、緩やかなダンス・グルーヴ、トロピカリア、サイケ、ニューエイジ・シンセやエレクトロ・アコースティックなど、さまざまなエレメントを巧みにミックスしながら、妖しくも美しい唯一無二の音世界を創出しております。 世界音楽 …

続きを読む>

THAMIRES TANNOUS / CANTO CORRENTEZA

当店的に久々、素晴らしい!と感じたブラジル若手女性歌手の最近作〜ボリビアとの国境地帯、マトグロッソ州出身、レバノン系出自を持つタミリス嬢、来年売ろうと思って国内サプライヤーさんにバックオーダーさせてもらったら、流石です。たくさんのストックをお持ちとのこと、こんなに送っていただいたのでした。感謝!アフロサンバ、ノルデスチ、カボクロ、あるいは、チャカレーラやヴァ …

続きを読む>

JUCA NOVAES / REGALOS

サンパウロ州の内陸部アバレ出身のジュカ・ノヴァイスは国営ラジオの歌手として活躍した母を持ち、PUCで法律を学ぶためにサンパウロ中心部に移り住んだ頃から、音楽のキャリアを築きはじめ、自身でも20ものアルバムに関わり、ここにもゲスト参加する女性シンガー – ブルーナ・カラン(親戚にあたる)のデビュー作に共作楽曲を提供したりもしています。さて本作では、 …

続きを読む>

TUKUM bando de criação / 22 DIAS Á PÉ

ブラジルのマルチ・アーチストたちが遊牧民的ライフ・スタイルと共に産み落とした作品 「トルストイ、ノーヴォス・バイアーノス、クルビ・ダ・エスキーナスの三位一体を感じた。」ー現地ジャーナリスト リオ・デ・ジャネイロ出身のブルーノ・オリエイヴェイラ(ミュージシャン、俳優、道化師)とルイザ・ピエッタ(歌手、女優、ダンサー、振付師)、パラナー出身のフラヴィオ・カルドー …

続きを読む>

LIVIA NESTROVSKI e ARTHUR NESTROVSKI / SARABANDA

ロジカルに研磨・革新されたボサ・ノヴァの新しい形、サンパウロを舞台に声とギターの父娘デュオが実現したアルバム「PÓS VOCÊ E EU」から4年。バッハにシューマン、シューベルト、アカデミックな欧州産クラシカル音楽をブラジル音楽一流の手法で解釈し、スペインのベートーヴェンと呼ばれた19世紀のギター弾きフェルナンド・ソル作品から、ジョビンにヴィズニキ、フラン …

続きを読む>

MARCIO JULIANO / OUTRO SAMBA

バス・クラでのショーロ作品で驚かせてくれたセルジオ・アルバッハがプロデュース、クリチーバ在住のアーチストによる”もう一つのサンバ”。モニカ・サウマーゾ、ウヤラ・トヘンチ(ア・バンダ・ボニータ・マイス・シダーヂ)、ハウル・ヂ・ソウザらがゲスト参加。 クリチーバで芸術活動をしながら二人の子供を育てるマルシオ・ジュリアーノは、舞台俳優/監督 …

続きを読む>

V.A. / BOSSA NOVA QUE OS GRINGOS AMAVAM

★V.A./グリンゴ(よそ者)たちが愛したボサ・ノーヴァ ブラジル生まれのボサ・ノーヴァを世界に広めた 名代の粋なグリンゴたちの忘れじの名唱名演集!  日本でブラジル音楽といえば、いまもボサ・ノーヴァの人気がダントツ。その第1号とされるのは「想いあふれて Chega de Saudade」でした。アントニオ・カルロス・ジョビン作曲、ヴィニシウス・ジ・モライス …

続きを読む>

カエターノ・ヴェローゾ 訳 国安真奈 / 熱帯の真実

ブラジル音楽界の至宝が激動の時代を縦横に語る 自伝的哲学的随想、ついに邦訳刊行! ◇オリジナル・ポストカードをもれなくプレゼント!(送料佐川宅急便¥500) 50年以上にわたってブラジルのポピュラー音楽界をリードし続けてきた 最重要ミュージシャンのひとり、カエターノ・ヴェローゾが類い希な知性を発揮した 著書 “ Verdade Tropical” の邦訳、つ …

続きを読む>

RODAS / A RODA

  確か、昔、クボタマコトさんにレシーフェで 買い付けていただいたCDだったと思います。 中古盤の状態だったし、 調べても何もわかんないので、 店頭に出さずにそのまま忘れていたのですが、 このほど、ストックから出て来て聴いてみたら、 こいつあなんだか、ユルくてゴキゲンなFUNKだと、 で、コーコもやってます。

続きを読む>

THINK OF ONE / CHUVA EM PO

★シンク・オヴ・ワン / シュヴァ・エン・ポー     ベルギーの変態音楽旅団、04年作です。この作ではブラジルに殴り込み!?北東部フォホー、マンギビートからブラジルの水彩画のテルミン風カヴァー、カンドンブレ・メタルなど次々と無責任にミクスチャーしまくり。何をやっても空気の淀んだ大陸国ベルギーならではのサウンドになってます。cd-extr …

続きを読む>

TRIO SURDINA (1953)

ガロート(ギター)、ファファ・レモス(ヴァイオリン)、シキーニョ(アコーディオン)という最強トリオのファースト作。どこかしらボサでサンバな、ロマンチック&スウィンギーなインストを中心に全12曲収録! >こちらで紹介されていた盤ですね(無断リンク陳謝&感謝)! 1 Tenderly (Written By J. Lawrence, Walter Gross) …

続きを読む>

go top