TRIO SURDINA (1953)

ガロート(ギター)、ファファ・レモス(ヴァイオリン)、シキーニョ(アコーディオン)という最強トリオのファースト作。どこかしらボサでサンバな、ロマンチック&スウィンギーなインストを中心に全12曲収録! >こちらで紹介されていた盤ですね(無断リンク陳謝&感謝)! 1 Tenderly (Written By J. Lawrence, Walter Gross) …

続きを読む>

SANDRA / SAMBA 35MM

 ボサ・ノーヴァやサンバランソなどをレパートリとする女性歌手サンドラの1962年作。豪華なオーケストラの伴奏をバックにスウィンギーなヴォーカルを楽しませます。(サプライヤーインフォより)>こちらで紹介されていた盤ですね、無断リンク陳謝&感謝! 1 Caminhando 2 Doi…Doi…Doi… 3 Tão Bom 4 …

続きを読む>

V.A. / BRAZIL SAMBA, BOSSA AND BEYOND

★V.A./ブラジル ~ サンバ、ボッサ・アンド・ビヨンド 夏はやっぱりブラジル音楽!南はリオ・デ・ジャネイロから北はサルヴァドールまで。明るく清涼感にあふれたナンバーを一挙に紹介! 毎回ユニークなコンセプトと共に、世界中のさまざまな音楽をどなたにも分かりやすく紹介している米国のレーベルPUTUMAYO WORLD MUSIC。今回登場するのはブラジル音楽の …

続きを読む>

CLAUDIA / O MEU COROLLA

トヨタの車カローラのCMソングとして浜口庫之助が作った「恋のカローラ」を含む69年のアルバムが奇跡の復刻。さらに「マス・ケ・ナーダ」「おいしい水」なども収録。話題必至! (サプライヤーインフォより) Originally Released in 1969 by Seven Seas (Japan) 1 Mas Que Nada 2 Água De Beber …

続きを読む>

CHICO BERNARDES

彗星のごとく現れた、思慮深くセンチメントでメランコリーなフォーキー・ブラジリアンS.S.W.! 1999年6月10日サンパウロ生まれの若干21歳。80年代の前衛的な音楽ムーヴメント – ヴァングアルダ・パウリスタ(サンパウロの冒険者)の一角を担ったオス・ムリェーリス・ネグラスのメンバーだったマウリシオ・ペレイラを父に持ち、8つ上の兄はロック・バン …

続きを読む>

CARAVANA REFUGI / ORQUESTORA MUNDANA REFUGI

作編曲家/S.S.W.のカルリーニョス・アントゥネスを中心に20人超のブラジル人、移民、他国籍の音楽家が集い、ブラジル、台湾、コンゴ、キューバ、フランス、ギニア、イラン、パレスチナ、シリア、チュニジアのポピュラー・ソングをプレイするという試み。女性シンガー、パウラ・ミリャンがリードを取るシコ・ブアルキ”As Caravanas”に始ま …

続きを読む>

DUO SIQUEIRA LIMA / IMPRESSIONS

クラシカルなコンポジションが颯爽と吹き抜ける現代の風となって、ブラジリアン・ギター・デュオ!! 例えて云うならウクレレの音色でワイキキ・ビーチの光景が瞼に浮かぶように、このギター・デュオの明朗な音色からは待ち遠しかった夏の空、あの開放感が浮かび上がってきます。しかも、原作者はドビュッシーやメンデルスゾーン、チャイコフスキーとクラシック音楽の大家たちの作品とい …

続きを読む>

RENATA JAMBEIRO / AFRODISIA

81年ブラジリア出身のヘナータ・ジャンベイロは舞台芸術を学んだのち、シンガーとして華々しくデヴュー。アフロ・サンバの流れを組みつつ、新しい世代のコンポーザーたちと積極的にコラボレイトし、3枚のCDアルバムをリリース。2016年に3rdアルバム 「Fogaréu」で”年間ベスト・サンバ・シンガー”を受賞、TVドラマのテーマがヒットし欧州 …

続きを読む>

SIMONE GUIMARÃES, CARLOS DI JAGUARÃO / SINHÁ-VIDA

ブラジル国外にも引き合いの多くある女性MPBシンガー・ソングライターの好アイコン、シモーニ・ギマランイスが詩人/作詞家として名高いカルロス・ヂ・ジャグァラォンとのコラボレイトでアルバムを制作。全編を通して神秘的な浮遊感が漂い、マジカルで奇跡的な美しさを誇るコンポジション。そして生ピアノにチェンバー・ハーモニー、アレンジャーとして崇高なアンサンブルを編むボカ・ …

続きを読む>

MINGO SILVA / ARTE DO POVO

>こちらで紹介されていたサンバの新人(50歳ですが)ですね!無断リンク陳謝&感謝〜 1.A ARTE DO POVO 2.É LENHA 3.HOMEM QUE CHORA 4.GIRA 5.AMOR VERDE E ROSA 6.JULGAMENTO 7.DEVAGAR, CORAÇÃO 8.BRISA AMENA 9.FORMOSA 11.FLOR DA …

続きを読む>

LO BORGES / DINAMO

ミナス音楽の新旧世代がコラボ! 70年代初頭より活躍、ミルトン・ナシメントやトニーニョ・オルタ、フラーヴィオ・ヴェントゥリーニ、ヴァギネル・チゾといったミナス一派の一員として知られるSSWロー・ボルジスが、昨年の“RIO DA LUA”から間髪空けずにリリースした新作がこちら。今回はアントニオ・ロウレイロやクリストフ・シルヴァといったミナス新世代を代表するア …

続きを読む>

CHRISTIANNE NEVES / RETALHOS DO BRASIL

-A música brasileira em um piano e 13 vozes- サンパウロの女流ピアノ奏者がエラ・フィッツジェラルドの声とピアノ作品にインスパイアされた好企画盤を〜 女性コンポーザーとして、ピアノ奏者として、そしてUnicamp(カンピーナス大学)の講師として音楽活動を行うクリスチアンニ・ネヴィスが、1994年にリリースされたエラ・ …

続きを読む>

MANU LAFER convida GRAÇA BRAGA / SAMBADOBRADO

多才な器用さが光るS.S.W.マヌ・ラフェールがベテラン女性サンバ・シンガーを招いて〜 正統派のMPBからジャズ、欧州サントラを思わせるバブルガム・ポップまで、スタイルを少しずつ変えてブラジルのポピュラー音楽の魅力を伝えてきた器用なミュージシャンがマヌ・ラフェール。今回はサンパウロの音楽一家に生まれ、セスキからのオリジナル・アルバムや、アドニラン・バルボーザ …

続きを読む>

GUINGA / CHEIO DE DEDOS

VELASに残されたギンガ作品!難解なコード進行の難曲をレパートリに、カルトな音楽ファンを虜にしてきた男性音楽家/ギタリストのギンガ。シコ・ブアルキやエジ・モッタが参加した96年の『シェイオ・ジ・デドス』は弊社では初めての取り扱い。1999年作『スイーチ・レオポルジーナ』にはシコ・ブアルキ、エジ・モッタのほか、イヴァン・リンス、レニーニが参加し、唯一無二のギ …

続きを読む>

ANTONIO ADOLFO & LEILA PINHEIRO / VAMOS PARTIR PRO MUND

大御所ピアニストとボサ・ノーヴァの女神がタッグを組んだ! ボサ・ノーヴァ全盛期から活躍してきたヴェテラン・ピアニスト、アントニオ・アドルフォと、北部パラー州ベレーン生まれで「ボサ・ノーヴァの女神」として80年代より活躍してきた女性歌手レイラ・ピニェイロが連名作をDECKDISCから発表しました。タイトル・トラックはアドルフォが彼の盟友チベーリオ・ガスパール( …

続きを読む>

go top