TARTIT / AMANKOR, THE EXILE

トゥアレグの女性たちの声を世界に伝える音楽大使が久しぶりに新作を発表! かつて〈ポスト・コノノNo.1〉もしくは〈女性版ティナリウェン〉と称されたタルティットは、トゥアレグの言語タマシェックで「結合」を意味する名前を持つグループ。マリ北西部の都市トンブクトゥにて92年に結成、フロントに立つ複数の歌手は全て女性という、このジャンルとしては珍しい編成のバンドとし …

続きを読む>

MAKAN TOUNKARA / MALI, N’GONI

☆マカン・トゥンカラ / ンゴニ〜森に棲む悪魔の弦楽器 ★多様性なしには何ものも美しくない。世界の多様な音楽から生まれた様々な楽器と音楽達に耳を傾ける。ダイレクト録音によってなされた、二度とない瞬間。 ”音”の真空パック、サンク・プラネットの名盤復活! ▼マリをはじめとする西アフリカを代表する伝統弦楽器のンゴニ。今、最も注目される弦楽器ンゴニの凄さ、魅力がこ …

続きを読む>

BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA / MIRI

☆バセク・クヤテ&ンゴーニ・バ/ミリ *ANALOG LP ¥3250 在庫あり 西アフリカの伝統を現世に結び付けた音楽家が4年ぶりとなる新作を発表!西アフリカの伝統文化を継承するグリオーの大物ンゴーニ奏者バセク・クヤテが、自身のグループ「ンゴーニ・バ」を率いて新作アルバムを発表してくれた。バンジョウの原形とも言われる弦楽器ンゴーニは本来伴奏などに使われる陰 …

続きを読む>

SIDIKI DIABATE / DIABATEBA MUSIC

マリのトゥマニ・ジャバテのお父さんは>シディキ・ジャバテですが、その息子さんもシディキ・ジャバテで、トゥマニの>2014年作で、コラのデュエットをしてレコーディング・デビューしたんじゃなかと思いますが、やっと2016年にソロ・アルバム(デビュー作)が出ていたのに気づかなかったなんて不覚でした(Dさんに教えてもらいました)。78代に渡ってコラを弾き継いで来たと …

続きを読む>

AYA NAKAMURA / 中村 NAKAMURA

1995年、マリのバマコでグリオの家系に生まれ、後年、家族とともにフランスに移住、アニメやマンガ大好きなオタク女子としてすくすくと育ち、2014年頃から音楽活動もはじめ、2015年のデビュー・シングルのヒットで話題を呼び、様々なアーティストに招かれ歌い、2017年には鳴り物入りでアルバム・デビュー〜そのシングル曲は6500万ヒットというyoutube での実 …

続きを読む>

SALIF KEITA / UN AUTRE BLANC

引退宣言をしているサリフの新作となります。 もったいないですねえ、 で、詳しくは後刻〜と思いましたが、 詳しくも何も…サリフですからねえ、 既に皆さんご存知の通りかと。 が、強いて言うなら、 アンジェリーク・キジョ、MHD、 そしてイェミ・アラデという、 今、アフリカ音楽マーケットで、 最も勢いある3人をキチンと招いているところ、 流石ですね、最 …

続きを読む>

TALLAWIT TIMBOUCTOU / HALI DIALLO

*Tehardine / Vocals: Aghaly Ag Amoumine *Tehardine (Bass): Mohamed Ag Amoumine *Calabash: Ibrahima Maïga 再入荷しました!〜タラウィット・ティンブクトゥ、上記の通り、マリ北部のトゥンブクトゥ(ティンブクトゥとも呼ばれます)の3人組です。テハルディン(テハル …

続きを読む>

JEAN-PHILIPPE RYKIEL & LANSINE KOUYATE / KANGABA-PARIS

☆ジャン=フィリップ・リキエル&ランシネ・クヤテ/カンガバ=パリ 盲目のピアニストとバラフォンの達人が繰り広げる美しい音のダイアログ〜 盲目のキーボーディスト/ピアニスト、ジャン=ピエール・リキエルとバラフォン演奏の継承者ランシネ・クヤテ。その長年に渡る音楽共同制作と友情の日々の中で生まれたのが本作品である。電子楽器を多用せず、余分なものを極限までそぎ落とし …

続きを読む>

DJENEBA & FOUSCO / KAYEBA KHASSO

再々々々々入荷〜売れています! マリの新世代男女デュオ(夫婦だそうです)、 ジェネバ&フォスコ、グリオ・ソングに寄り沿った 新たなマンデSONGを目指しているそうです。 なんと、ジェネバ嬢は、伝説のスンジャッタ・ ケイタ王につかえた第一グリオ、 バラ・ファセケ・クヤーテの直接の子孫だそうです。 マリ全国区のTV歌番組で優勝し、若くして、 既に大きな人気を得て …

続きを読む>

HAMA SANKARE / BALLEBE, Calling All Africans

40年間ものキャリアを持ちながら、 これがファースト・ソロ名義アルバム! 冒頭曲 “MIDDI WARA” でブッ飛びましたね、 英訳するなら “EVRYBODY GROOVY” だそう。 ワスルでしょうか?でもマリアン・ブルースもなかなか。 カラバッシュ(瓢箪打楽器)を叩き語りする 知られざる大物?ということ …

続きを読む>

SAMBA TOURE / WANDE

☆サンバ・トゥーレ/ワンデ 〜 愛する人よ ソンガイ・ブルースの雄が、ブルース・ロックのアプローチでついに覚醒した!  〈アフリカのジョン・リー・フッカー〉と呼ばれたアリー・ファルカ・トゥーレ(1939〜2006)が世界に紹介した音楽〈ソンガイ・ブルース〉を今に継承する音楽家サンバ・トゥーレが、ついに最高傑作を作り上げた。これまで伝統色の強いサウンドを中心に …

続きを読む>

FATOUMATA DIAWARA / FENFO, SOMETHING TO SAY

>こちらから8年を経てのソロ名義新作です(ロベルト・フォンセカとの>共作もありましたが)。セカンドまで8年もかかるような女性歌手とは思いませんでしたが、それだけに期待も?コートジヴォワール生まれながら、マリ、ワスル地方にルーツを持つファトゥマタ・ジャワラ、ワスル音楽を足場にインターナショナル仕様のアフロPOPを展開しています。ジャケット等の写真はNY在エチオ …

続きを読む>

INVISIBLE SYSTEM / BAMAKO SESSIONS

★インヴィジブル・システム/バマコ・セッションズ 高い影響力を持つワールド・ミュージック・プロジェクトがマリ伝統音楽の進むべき道を示唆した重要作!! エチオピア音楽とジャマイカ音楽との接点を探るプロジェクト、ダブ・コロッサスにも参加。さらに自身のソロ・アルバムでもエチオピア音楽とのコラボレーションを続けてきた英人音楽家インヴィジブル・システム(=ダン・ハーパ …

続きを読む>

KORA JAZZ TRIO / PART IV

コラJAZZトリオ4作目ですね、結成メンバー、アブドゥライェ・ジャバテ(PIANO)とムッサ・シソコ(Percussion)はそのまま、要のコラはマリのシェリフ・ソウマノ、そしてベース、バラフォン、ラテン・パーカッションがゲストで参加〜feat. Chérif Soumano (kora) , Manuel Marchès(bass), Adama Cond …

続きを読む>

go top