GEMMA HUMET / RERE TOT AQUEST FUM

人気女性SSWの最新作!  カタルーニャ地方を代表する女性SSWジェンマ・ウメット(1988- )。Beans Recordsからも国内流通盤がリリース、また直近では同地方のヴェテラン・ギタリスト:トティ・ソレールの新作にゲスト参加するなど大活躍中の彼女の2022年最新作が登場しました。しみじみとした癒し系メロディ・ラインと透明感あふれる歌声、そして前作に引 …

続きを読む>

JOAN MASDEU / ELS DIES QUE VINDRAN

ビートルズ・フォロワーたちの音がお好きな方に!  トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、ロジャー・マッギン色強めのザ・バーズ、トラヴェリング・ウィルベリーズ辺りの音にかなり近いフォーク・ロック・サウンドが魅力!一連のジョージ・ハリスン周辺の音がお好きな方にはたまらない一枚でしょう(歌い廻しの雰囲気もジョージ・ハリスン風)。全8曲収録ですが、どれも出来の素晴ら …

続きを読む>

TOTI SOLER / FILL DE LA FORTUNA

奥深い音楽性が宿るカタルーニャを代表する名ギタリストの新作!  スペイン・カタルーニャを代表するギタリスト、トティ・ソレール(1949年バルセロナ生まれ)。活動を開始した1960年代からカタルーニャ・ミュージック・シーンを牽引し続けてきた、スペインにおける重要アーティストのひとりと目されています。その彼が2019年制作のコンピ盤『散らばった歌』以来となる新作 …

続きを読む>

ROCIO DURAN / CANTA A RAFAEL DE LEON

亡き詩人へと捧げられたドラマティックなトリビュート作品  スペイン人の心のふるさと〈コプラ(スペイン版の昭和歌謡曲や演歌のようなもの)〉を歌う女性歌手:ロシオ・ドゥランが、セビーリャ出身の詩人:ラファエル・デ・レオン(1908-1982)へと捧げたトリビュート・アルバム。マイナー・スケールが効果的に使用されたリリカルな楽曲群は、日本の戦前〜ムード歌謡〜和製シ …

続きを読む>

CLARA MONTES / RETRATOS

1968年生まれのスペインの人気女性シンガー・ソングライター、クララ・モンテスによる2021年作です。弾力感のあるルンバでスタートする、自身のルーツであるアンダルシア/フラメンコ系なレパートリーで染め上げた1枚。ベテランの域に入ってきた彼女ですが、その歌声は伸びやか、かつ艶やかに鮮度を保っています。コブシを回してもクドくならず、円みのある歌声が耳に心地よい。 …

続きを読む>

JOOKO HORIA / DE JEREZ A MESOPOTAMIA

異端の香り漂うフラメンコ+メソポタミア音楽作品  イラク/シリア国境付近出身の異色フラメンコ・アーティストによる2021年の作品。『シェリー酒からメソポタミアへ』と名付けられた本作は、フラメンコにメソポタミア的な音楽文化要素やアヴァンギャルド・テイストを融合させた、非常に実験的な内容となっています。クラリネットやチューバの演奏も織り交ぜた異端の香り立ち込める …

続きを読む>

JUANITO MAKANDE / FOLCLORE SINTETICO

大人気SSWの最新作!  1982年生まれのスペイン人音楽家:フアニート・マカンデー。2006年にデビューして以降、伝統的なフラメンコにジャズやファンクの要素を融合させたポップ・サウンドを特徴とする革新派フラメンコSSW/パーカッショニスト/プロデューサーとして知られてきました。前作『LA ・ライース・デル・ビエント〜風のルーツ』では、シンプルなバンド編成に …

続きを読む>

NATALIA LACUNZA / EP2

スペインはパンプローナ出身の若手シンガー・ソングライター、ナタリア・ラクンサ(1999年生まれ)のセカンドEPです。EP扱いですが7曲入り、尺的には20分ちょっととなっています。R&B寄り、エレクトロ仕立てのレゲトン要素なども用いた、クールで清新なインディ・ポップ。リリックはスペイン語と英語が曲により併用されています。1曲目では、キコ・ベネーノやロシ …

続きを読む>

SILVIA PEREZ CRUZ & MARCO MEZQUIDA / MA LIVE IN TOKYO 

スペインのお馴染み女性シンガー、シルビア・ペレス・クルースによる2019年10月の東京でのライヴがディスク化されました。日本語で暗記したMCで幕を開け、彼女にとって思い入れのある公演となったのでしょう。ここでお相手を務めたのは、フラメンコ・ギターのチクエロとのデュオなどもあるる1987年メノルカ島生まれの実力派ピアニスト、マルコ・メスキーダ。タイトル『マ』は …

続きを読む>

PEDRO GARRIDO NIÑO DE LA FRAGUA / LIBERTAD CONDICIONAL

実力派フラメンコ歌手のデビュー作  カディス大学でフラメンコ研究・分析の修士号を取得し、数々のカンテ・コンクールでの受賞歴も持つフラメンコ歌手:ベドロ・ガリード(1983- )。本作はそんな確かな学識と実力を兼ね備えた彼が2017年にリリースしたデビュー・アルバムです。その情感豊かな歌声は圧巻。特にハイトーンの伸びが非常に美しく、つい聴き入ってしまいます。本 …

続きを読む>

JESUS MENDEZ / VOZ DEL ALBA

伝統〜本格派の中に感じるほのかなモダニズム!  ギター演奏と手拍子/カスタネット演奏によるシンプルな伴奏に併せ、伝統〜本格派の力強いフラメンコの歌声を聴かせてくれるヘスース・メンデス。決してガチガチの古典派な訳ではなく、それぞれの楽曲にフレッシュなモダン・テイストを巧妙かつ絶妙なバランスで忍ばせているところが白眉!伝統派もモダン派も夢中になれること間違いなし …

続きを読む>

ALBA MOLINA / EL BESO

美貌のロマ系サラブレッド歌手がメロウで洗練されたオトナのフラメンコ・ポップ作品をリリース!  1978年セビリア生まれのロマ歌手:アルバ・モリーナは、1972年結成の元祖フラメンコ・ポップ・ユニット:ローレ・イ・マヌエル(Lole y Manuel フラメンコ歌手:ローレ・モントージャ・ロドリゲスとフラメンコ・ギタリスト:マヌエル・モリーナ・ヒメネス)を両親 …

続きを読む>

FETEN FETEN / CANTABLES II

スペインのカスティーリャ地方を主フィールドとした実力派トラッド・フォーク・グループ、ラ・ムスガニャのメンバーとしても活躍する2人、主にアコーディオンを奏でるホルヘ・アリーバスとヴァイオリンのディエゴ・ガラスによるデュオ・ユニット、フェテーン・フェテーンの2021年作です。タイトルから想像がつくかと思いますが、ヴォーカル曲を集めたアルバムの16年作に次ぐ第2弾 …

続きを読む>

CAROLINA ALABAU & ELIA BASTIDA / MERAKI

ヴォーカル&ピアノのカロリーナ・アラバウと、ヴァイオリン&ヴォーカルもこなすエリア・バスティーダによるスペイン・カタルーニャの女性デュオ。2021年のアルバムです。スペインのバレンシアに分校があるバークリー音大に学び、20年には初ソロ作『プリメラ・ミラーダ』も放っている1994年生まれのアラバウ。そして、若年ジャズ楽団サン・アンドレウ・ジャズ・バンドの一員と …

続きを読む>

go top