中東、アラブ、トルコ、イラン、西アジア、北アフリカ、コーカサス諸国などの音楽です

ATTARAZAT ADDAHABIA & FARADJALLAH / AL HADAOUI

それにしても、イイ雰囲気のジャケじゃないですか!?1972年にモロッコはカサブランカの “Boussiphone studios” で録音されるも、一度も陽の目を見ることのなかったマスター・オープンリールを発見した独 HABIBI FUNK レーベルによるライセンス・リリース(オープンリールを発見した際、スタジオの関係者は録音の主がど …

続きを読む>

MOHANED LAMOURI & GROUPE MOSTLA / UNDERGROUND RAI LOVE

おおお、 アンダーグラウンド・ライ・ラヴ! この暗さ、本物だ!って、… シェブ・ハスニを愛する アルジェリアはモロッコ国境の街、 トムセン出身の36歳、 03年から、パリの地下鉄2号線で シンセを肩から下げて、 2万時間のライヴをこなし、 その後、グループ・モストラを結成、 これが初のアルバムとなります。 アンダーグラウンド・ライ・ラヴ! 文字通 …

続きを読む>

SOUAD MASSI / OUMNIYA

スアッド・マッシ、 イイ感じで歳を取りましたね! けっこう、アルジェリアン・シャアビが サマになる女性になったと思います。 詳しくは後刻〜 1 Oumniya (Mon Souhait) 4:02 2 Yadra (Qui Sait ?) 3:15 3 Ban Koulchi (Tout S’éclaircit) 3:55 4 Enta Wena …

続きを読む>

OUM / DABA

  1978年生まれ、09年にデビューCD、モロッコ出身の女性歌手、OUMの最新作(5作目)〜仏録音です。 >前作で見せたジャズ経由モロッコ伝統回帰路線を、 推し進めた雰囲気でしょうか? 金管、ウード、カルカベ、グナワ風のベースなどによる、モロッコのベルベル系音楽をユーロ・ジャズの前衛と結び透けたようなバックにおいて、ミスティックなヴォーカル、ヴォ …

続きを読む>

SINAFI TRIO / IHO

カーヌーン、ウード、伝統歌を聴かせる女性トリオ! タクシーム・トリオやサミダなど、このところトルコからは伝統/古典音楽に根ざした音楽を演奏する若手トリオがよく紹介されますが、今度はカーヌーン、ウードといったトルコの古楽器を演奏して様々な伝統歌を聴かせるという女性トリオが登場しました。メンバーはいずれも20代と思われる女性(名前からするとギリシャ人?)というだ …

続きを読む>

V.A / DE KABOUL A BAMAKO

南アジアから西アフリカまで!仏の人気レーベル“Accords Croisés”がお勧めする今が旬のワールド・ミュージック! フランスの人気ワールド・ミュージック・レーベルAccords Croisésの最新サンプラーCDが登場した。同レーベルが得意とするインド〜アラブ圏、そしてイスラム系の多い北〜西アフリカの音楽を中心としたラインナップをまとめて紹介してくれ …

続きを読む>

AYCA MIRAC / LAZJAZZ

黒海沿岸の少数民族ラズ人の伝統音楽をジャズで! 最近トルコでも人気を博しているエスニック系ジャズ・シーンにまたまた新星が登場しました。ちょっとアイドルっぽいルックスの女性歌手アイチャ・ミラチ。すでにドイツなどでは大きくプロモーションされている作品が、トルコでもリリースされました。本作はトルコ東部から南コーカサスのジョージア国境近くの黒海沿岸に暮らす少数民族と …

続きを読む>

VOVA / GRAMI DOC

アルメニア系少数民族ヘムシン人の歌! トルコ東部の黒海沿岸付近に暮らすヘムシン人の歌を取り上げたという珍しい作品がこちら。ヘムシン人はトルコ国内に暮らすアルメニア系のマイノリティたちで、キリスト教(アルメニア教会)ではなく、その多くはイスラム教を信仰しているのだそうです。ここではギターやケメンチェ、ドゥドゥック、ストリングスのほか、ヘムシン人の間に伝わる伝統 …

続きを読む>

DIKLA / IF WE SHOULD PART

ディクラ/別れの予感 アラビックなポップスを歌うイスラエル人女性歌手ディクラ登場! 中東のユダヤ人国家イスラエルにて「最も聴かれている歌手」とメディアから絶賛されるほど、高い人気を誇る女性歌手がディクラだ。イラク出身の父とエジプト出身の母を持つ彼女は、幼いころからウム・クルスームやファリッド・エル・アトラッシュといったエジプトの歌手が歌ったアラブ歌謡や、エリ …

続きを読む>

FERHAT TUNC / MARSLAR VE AGITLAR

少年時代に残したピュアなハルク! 何故かFacebookに日本語ページを持つトルコのハルク系男性歌手フェルハト・トゥンチ。1964年生まれで70年代よりプロとして活動をスタートさせた彼がまだ14歳だった1978年から1985年までに残したハルクを集めた作品がこちら。伴奏はバーラマが中心で、簡単なパーカッションが入っている程度。少年時代らしい清らかな歌声で純粋 …

続きを読む>

JULIA BOUTROS / LIVE IN CONCERT, TYRE 2018

レバノンの女王、といったらフェイルーズで、歌姫といえばヒバ・タワジ、じゃ、このジュリア・ブトロスは王女、かな? などと、何の意味もないことをマジで考えている自分に気づいて、つくづくバカだなと思いつつも、コレはもしかしたら、ヒバちゃんの>ライヴ 2CD&DVD に対抗して出したのかな? なんて、またまた意味のないゲスっぽいカンぐりをしながら、とりあえずDVDを …

続きを読む>

go top