中東、アラブ、トルコ、イラン、西アジア、北アフリカ、コーカサス諸国などの音楽です

RAHIM ALHAJ / LETTERS FROM IRAQ, OUD & STRING QUINTET

イラクの人々の想いをウードと弦楽五重奏で聴かせる〜 老舗スミソニアン・フォークウェイズが久々にリリースする中東音楽の新作録音。在米イラク人作曲家/ウード奏者ラヒーム・アルハジが弦楽五重奏と作り上げた、アラブ音楽と西洋クラシックを融合させた意欲作です。実際にイラクから送られてきた8枚の手紙にインスピレーションを受けたラヒームによって書かれた8つの楽曲で構成され …

続きを読む>

REMITTI / DOUBLE BEST

“ライのゴッドマザー”シェイハ・リミティ(1926-2006) の新たなベスト2CDが登場です。葦笛ガスバ&打楽器ベンディールのみのバックで歌う、初期ライのオリジナル・スタイル中心に、後年のバンド・サウンド録音まで、リミティの魅力がたっぷり堪能できる2CDです。反骨のフェミニズム&セクシー・ソング!?そのドスの効いた男勝りのヴォイスが歌い上げるアルジェリアの …

続きを読む>

KO SHIN MOON

アシッド・アラブやオマール・スレイマン、アイワをはじめ、次々と注目アクトが生まれている世界音楽とダンス・ミュージックの新世代ハイブリッド・シーン。 その2017年の新たなる台風の目として是非ともレコメンドしたいニューカマー「コゥ・シン・ムーン」が、フランスの発掘レーベル「アクフォン」からデビューします。 ダブケ、ライ、モーラム、トルコ、ボリウッド、シンセ、ヒ …

続きを読む>

『とうようズ・チョイス・スペシャル』

 『中村とうよう 音楽評論家の時代』の副読本ならぬ「副聴CD」。 とうようさんが最後に愛したのは、かくもシンプルで飾り気のない音楽たちだった。 2011年に亡くなった中村とうようさんの評伝『中村とうよう 音楽評論家の時代』(二見書房)がとうとう完成した。その発売に併せ、内容をより深く理解するための「副読本」ならぬ「副聴CD」として制作した編集盤がこれだ。ラテ …

続きを読む>

CHEIKHA RIMITTI / N’TA GOUDAMI

ライのゴッド・マザー=シェイハ・リミティ(1923-2006)の05年の遺作久々の再入荷です! しっかし、スゴイご尊顔ですね…、そして男のような声ながら、どこか深いところから香りたつフェミニンな魅力!ここんところに気づくと虜になりますね、この嗄れた歌声~ドスの効いたメリスマ…。齢80歳を超えて、まだまだ元気だったリミティ、クールな歌い …

続きを読む>

CHEBA SARA

      なんだか、アルジェリアン・ライとは思えない それなりの美形(失礼!)。 サラ嬢の2016年作初入荷〜ドス効いてて、 加えて、ちょっとロボ声キツイかなと思ったけど、 2曲目は、ブラックドッグのパクリか?とも思ったり (全然似てない?)。

続きを読む>

SEVVAL SAM / NANNINOM

七変化のトルコ人女性歌手シェヴァル・サムが、子供たちへ歌のプレゼント! これまでトルコの古典声楽や民謡、アラベスク、タンゴ、さらにはクラブ・ミュージックなど様々なコンセプトの作品を発表してきたヴァーサタイルな女性歌手シェヴァル・サムが、2015年作以来となる新作を発表した。本作は「就学前の子供たちへ歌のプレゼント」というコンセプトを掲げ、シェヴァルが歌のお姉 …

続きを読む>

GAYE SU AKYOL / DEVELERLE YASIYORUM

2017年夏〈スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド〉で来日決定! 2016年の話題作『ホログラム帝国』のプロトタイプがここに有り!  2016年に発売した世界デビュー作『ホログラム帝国』(ライス INR-7108)が、オルタナティヴでエスニックな音楽を好むワールド・ミュージック・ファンから圧倒的に支持されたトルコの女性SSWガイ・ス・アクヨル。歌謡大国トルコから世 …

続きを読む>

IFRIQIYYA ELECTRIQUE / RUWAHINE

★イフリキヤ・エレクトリーク/ルワヒン~チュニジアのスーフィー・トランス チュニジアの〈イスラム神秘主義〉スーフィー音楽とエレクトリック・サウンドの衝撃的な邂逅〜刺激的な異文化コラボレーション作が登場した。チュニジア南部の街トズールでは〈イスラム神秘主義〉スーフィーの宗教儀式がかつての黒人奴隷の末裔達に受け継がれてきた。そこで歌い奏でられる陶酔的なヴォーカル …

続きを読む>

HAMDANE & DJAMILLA / DJIBE EL MAL OU GUADAME

ハムダン&ジャミラ初入荷!信頼のウアムリアさんアイテムです! いやいやいや、なかなか、ふくよかなお顔とドスコイなお顔、なんか縁起がイイような気がします。試聴いただいた方は既にお気づきかと思いますが、もちろんバックトラックはビビ・マエストロ!>こちらタハール・シャウイといっしょですね。が、音楽的にはシャウィもやってますが、多くはコンスタンティン起源のリズム、ゼ …

続きを読む>

go top