SULAIMON ALAO ADEKUNLE MALAIKA / GOLDEN JUBILEE

思えばワシウあたりが始めた旋律楽器入りFUJIも既に20年以上の歴史を持つわけですが、ま、無ければナイ方がイイに決っているというキーボードやギター(特にソプラノサックス)ですが…、でも、このスーパースター、スレイモン・アラオ・アデクンレ・マライカ(1995年デビュー)の新作、やっぱりウマイですねえ、旋律楽器の演奏配分やアレンジが素晴らしく、ヴォイ …

続きを読む>

ADEWALE AYUBA / GUNSHOT

  せっかくのクールなムードの紙ジャケが、家内制手工業並、というか、それ以下の雑な手づくりのおかげで、ジャケ印刷がズレてしまっているところ残念ですが(入荷品すべて)、FUJIの准ヴェテラン、アデワレ・アユバの新境地一歩手前フジ、けっこう聴き応えアルかと…微妙ですが、善戦しているかと。イントロ、銃声とフジ声のバランスが素晴らしい!って、? …

続きを読む>

KOLLINGTON AYINLA / QUALITY

ああ、やっぱりイイもんですなあ…、節まわしが民謡的というか、リラックスしているというか、それでいて、FUJIならではのクール&ディープな前傾グルーヴと一体化するコリントン・アインラの歌い口、その真骨頂が此処にあります。で、その真骨頂、それはたぶん、フォークロアだとかPOPであるとか、そうした形容を超越する新鮮さに満ち満ちたもので、そしてその新鮮さ …

続きを読む>

SLAIMON ADIO ATAWEWE / ONE ON ONE

      こちらもついでに、ご紹介しておきますが、 おそらく2010年前後ぐらいの録音かと。 全7曲77分収録の長尺盤〜観客ナシ実況盤と思われ、 やや荒い演奏ですが、テンション高いですね、

続きを読む>

SLAIMON ADIO ATAWEWE / WORLD WIDE – COMMON SENSE

>こちら4年ほど前に当店で、若手FUJIの中では異例の売り上げを記録したスライモン・アディオ・アタウェウェの今年の作2点!〜ま、4年間ポツポツと新譜は出ていたんですが、ま、全然変わりませんからねえ、ヨルバ語わかんないみぎりとしては…。でも、アタウェウェの新譜は出ていないのか!?という奇特なお客さまからのリクエストがあったんで、今年の2作入れてみま …

続きを読む>

SULAIMON ALAO ADEKUNLE MALAIKA / ORIGINAL

どこがどう “オリジナル” なのかは存じませんが、1995年以来のキャリアの持ち主〜スレイマン・アラオ・アデクンレ・マライカ!>一昨年入荷のCDはタキシード姿のスーパースター?でしたが、今作ではヨルバ民族衣装、というかポンチョ姿?の野人という雰囲気…、で、そんな雰囲気そのままに原点回帰の汗だくFUJI、58分44秒たっぷり聞かせてくれます!相変わ …

続きを読む>

SIKIRU AYINDE BARRISTER / EKU ODUN

ナイジェリア、ヨルバ系パーカション音楽にしてムスリム系プレイズソング(もしくは、スポンサー褒め殺し歌謡)〜FUJIのパイオニア、故シキル・アイン デ・バリスターの最盛期アルバム、1982年作です。 以前は、ともすれば、ややアップテンポのFUJIに耳が行ったものですが、最近は(歳のせい?)「ミディアムなFUJIにしてくれ」と、行きつけのBarのマスターにお願い …

続きを読む>

SIKIRU AYINDE BARRISTER / FUJI DISCO

どこがどー”ディスコ”なのか、よくわからない展開、…というより、常よりもトラッドなサカラみたいな展開の1980年作品、コーラスもあまり聞こえず、ウネウネとしたヨルバ打楽器隊が這いずるようなアンサンブルを聞かせて黒い!暗黒ですな、が、ヘヴィーなFUJI中毒の皆様におきましては、コレがシキル!! と、納得の1枚でしょうね、オス …

続きを読む>

WASIU AYINDE MARSHAL / TALAZO FUJI MUSIC PARTY !

UKウォーマッド・レーベルからリリースされたワシウ1997年作、久々の再入荷です!思えばこの作、名作でした。旋律楽器の使い方も、その後のワシウとは全然違いますね。ラップ風ヴォイスも軽快、ややFUJIマナーからは離れたような旋律をたどるその歌声もワシウらしいドスのある節まわし満点でした。 1. Fuji Collections 2. Talazo 3. The …

続きを読む>

KOLLINGTON AYINLA / EHUN FUNFUN

コリントン完全復活! というのも御大、“精神的問題” を長らく抱えていたそーで(嗚呼、あの豪胆を絵に描いたような野性の人ら、FUJIの人々でも問題を抱えるのだから、我々が精神的問題を抱えるのは当然…?)、その長いトンネルから抜け出したというのに相応しい新作がコチラ!と、もっぱらの評判です。前半長尺1曲、イントロやブレイク、間奏でサックス&ギターの …

続きを読む>

go top