KWAM 1 / CONSOLIDATION

こちらも経年在庫、1994年の作となります。2曲の収録〜1曲目、そう悪くないのにヒョロヒョロ、ピコピコしたシンセ音が鳴りっぱなしで興醒め…。 が、2曲目、この時期には珍しいハードドライヴィンなパーカッションFUJI〜経年在庫ですが、初めて聴いたら、ちょっと、興奮しました。もしかしたら、KWAM 1 を名乗ることになる最初にアルバムだったかも知れま …

続きを読む>

KWAM 1 / IN FAZE 3

経年在庫の片隅からお蔵出し、KWAM 1 = KING WASIU AYNDE MARSHAL 1 の略ということで、>こちら欧州発売された KWAM1 の2000年作が良かったので、期待して聴いた憶えがあります。ほぼ同時期のアルバムでしょう…。 冒頭曲&続く2曲目、キーボード&ギター、ベース類入ってませんからご安心を、なかなかの力演ですよ、スレ …

続きを読む>

KING DR. SAHEED OSUPA / INTEGRITY

コレが最新作でしょうか? >前作がモノ凄かったんで期待して聞きましたが、 この新作は、余裕の仕上がり? ジュジュ的なギターが全編で聞こえますが、 そのギターほかの旋律楽器が引いてからの、 打楽器パートがやっぱり聴きものでしょうね。 両側を固めたコーラスを従え、 相変わらずの咆哮型ヴォイスでドスを効かせます。 同じく野獣派、>アラビ・パスマ(1967-)の ラ …

続きを読む>

WASIU ALABI PASUMA / GOODNESS & MERCY

久々パーカッションONLY かと思いきや、 2枚組のヴォリュームですからね、 半分は、いろいろ旋律楽器群入り、 ただし、底上げはパスマにも及んでいます。 旋律楽器群、悪くないですね! 相変わらずドスコイなヴォイスも健在、 どう考えても、フジ以外で この声は活かせないでしょうねえ、 やっぱり。

続きを読む>

SIKIRU AYINDE BARRISTER / LONDON SPECIAL

なんというリズムでしょう!? ロンドン・スペシャル、という意味はわかりませんが、 三船 “用心棒” の挿入曲みたい?カッコイイ! いわば、クロサワ・スペシャルですな…違うな、 1979 Alhaji Sikiru Ayinde Barrister & His Londoner Fuji Exponents / London Specia …

続きを読む>

SULAIMON ALAO ADEKUNLE MALAIKA / EXAMPLE

>こちらが大好評だったスレイマン・アラオ・アデクンレ・マライカの2019年末の新作入荷しましたあ!が、またまた、思うように数が揃わなかったのですが、とにかく疾走感に溢れたタイトなフジ、痛快この上ないですねえ! 30分超え2曲、打楽器ビートに密着した旋律楽器演奏が、FUJIという音楽の基本線に沿いながら場を盛り上げて行く光景がここにあるわけですね。が、途中打楽 …

続きを読む>

SEFIU ALAO ADEKUNLE / BUSY BODY

>こちらの近年作が人気を呼んでいるアベオクタのゴジラの息子、ミニラ(?)セフィウ・アラオ・アデクンレ若き日の(もともと童顔ですが、未だピアピカの童顔だった頃)、おそらく00年代半ばあたりの作でしょうか?で、何だか物凄いアルバムであることは確か、近年当店入荷のヨルバ系ヴォイス&打楽器アルバムとしては、>こちらに匹敵する作かと思います(?)。たまにこういったワケ …

続きを読む>

KOLLINGTON AYINLA / YUPPIE DADDY

  復活コリントン・アインラの、 今年(2019)の新作ですね。 快調快調!飛ばしています。 軽快と言ってもイイくらいです。 旋律楽器の使い方もコナレています。 何より、歌い口に変わりなし。 ジュジュ・スタイル導入曲や、 ラッパー導入曲も!

続きを読む>

go top