KOLLINGTON AYINLA / IJA PARI

ジャケにシキルも写っているし、”IJA PARI” をカヴァーしているわけでもなく、本作の正式タイトルは、遠藤先生の>HPによれば、”Motun De Pelu Ara” ということに。シキル御大にも “IJA PARI” (1976) という有名作がありますが、もしかして、アンサーソン …

続きを読む>

KOLLINGTON AYINLA / UNITY (?)

▽中身の盤はこちら、このジャケでCDもあったような… コリントンで “UNITY” といえば、1992年作(未CD化)かと思うのですが、内容が違います。それに “HUGH KAY DANCENT” からのリリースですから、その辺も実に胡散臭いところですし、加えて、音質も非常に悪い。が、しかし、変に迫 …

続きを読む>

KING DR. SAHEED OSUPA / DYNAMISM

2019年作、HPにUPするの忘れていましたね、にしても、相変わらず体育会系ドスコイな歌い口ですが(若鶏唐揚げなら一回に20ぐらい食べそうな感じ?)、バックトラックはなかなかどうして、動的整合性とでも言いますか、ジュジュやコンゴレーズや、ナイジャPOPの影響を巧みに取り入れつつ、ドスコイな歌い口を盛り上げています。進化していますねえ、オスパも!が、3曲収録の …

続きを読む>

KWAM 1 / CONSOLIDATION

こちらも経年在庫、1994年の作となります。2曲の収録〜1曲目、そう悪くないのにヒョロヒョロ、ピコピコしたシンセ音が鳴りっぱなしで興醒め…。 が、2曲目、この時期には珍しいハードドライヴィンなパーカッションFUJI〜経年在庫ですが、初めて聴いたら、ちょっと、興奮しました。もしかしたら、KWAM 1 を名乗ることになる最初にアルバムだったかも知れま …

続きを読む>

KWAM 1 / IN FAZE 3

経年在庫の片隅からお蔵出し、KWAM 1 = KING WASIU AYNDE MARSHAL 1 の略ということで、>こちら欧州発売された KWAM1 の2000年作が良かったので、期待して聴いた憶えがあります。ほぼ同時期のアルバムでしょう…。 冒頭曲&続く2曲目、キーボード&ギター、ベース類入ってませんからご安心を、なかなかの力演ですよ、スレ …

続きを読む>

KING DR. SAHEED OSUPA / INTEGRITY

コレが最新作でしょうか? >前作がモノ凄かったんで期待して聞きましたが、 この新作は、余裕の仕上がり? ジュジュ的なギターが全編で聞こえますが、 そのギターほかの旋律楽器が引いてからの、 打楽器パートがやっぱり聴きものでしょうね。 両側を固めたコーラスを従え、 相変わらずの咆哮型ヴォイスでドスを効かせます。 同じく野獣派、>アラビ・パスマ(1967-)の ラ …

続きを読む>

WASIU ALABI PASUMA / GOODNESS & MERCY

久々パーカッションONLY かと思いきや、 2枚組のヴォリュームですからね、 半分は、いろいろ旋律楽器群入り、 ただし、底上げはパスマにも及んでいます。 旋律楽器群、悪くないですね! 相変わらずドスコイなヴォイスも健在、 どう考えても、フジ以外で この声は活かせないでしょうねえ、 やっぱり。

続きを読む>

go top