YA NTESA DALIENST & LE MAQUISARD / BELALO

ヤ・ンテサ・ダリエンストこと、ダニエル・ンテサ・ジタニ 、50年代から80年代まで、フランコのTPOKジャズのメンバー、ヴォーカリストにして作曲家として在籍。本盤は1991年作、自らのグループ、ル・マキサードを率い一枚看板になったダリエンストのアルバム。が、残念なことに、その後の作はなく、ラスト・アルバムになってしまいました。96年に55歳で亡くなっています …

続きを読む>

THIERRY MANTUIKA & GERRY DIALLINGANA / CLASSIC O.K. JAZZ

OK International のティエリー・マントゥイカと、元OKジャズのジェリー・ディアリンガナによるOKジャズのクラシック曲カヴァー集〜メドレーで5曲、ご機嫌です!   1-1 Non 1-2 Tu Vois 1-3 Faute Ya Commercant 1-4 Alliance Mode Succes 2-1 Infidelite Ma …

続きを読む>

KOFFI OLOMIDE / NGOBILA

コンゴを代表する男性歌手の1986年作!  コンゴ民主共和国を代表する人気歌手のコフィ・オロミデは、パリの大学で経済学を学んだ後に1970年代にパパ・ウェンバ率いるヴィヴァ・ラ・ムジカに参加し人気を博しました。その彼がソロとして1986年に発表した4枚目のアルバムが本作でした。すでにリズム・パートはリズム・マシーンが担当するようになっていますが、生のパーカッ …

続きを読む>

ZAIKO LANGA LANGA / ORIGINAL VOL 3, Chouchouna

ザイコ・ランガ・ランガの初期録音集!  コンゴ民主共和国を代表するルンバ・コンゴレーズ・バンドのひとつがザイコ・ランガ・ランガ。1969年にパパ・ウェンバが中心となって結成、ウェンバは74年に脱退しますが、グループは今現在も存続しています。本作はそんなウェンバが在籍した時代の音源も含む編集盤の第3弾としてリリースされたもの。何れも70年代前半の録音と思われま …

続きを読む>

YOULOU MABIALA / LES GRANDS CLASSICS CONGOLAIS VOL.4

コンゴ・ブラザヴィル出身の男性作曲家/歌手!  “プリンス・ユール”との愛称で知られるユール・マビアラ(1947- )は、コンゴ・ブラザヴィルを代表する作曲家/歌手。1960年より音楽活動を開始し、63年にはTPOK JAZZにも参加するなど、ルンバ・コンゴレーズの発展に大きく貢献しました。ちなみにフランコの娘さんのひとりと結婚したそうです。その彼が80年代 …

続きを読む>

ORCHESTRE BELLA BELLA / LES SUCCES DE BELLA BELLA ET LES FRERES SOKI VOL.4

ニボマやぺぺ・カッレを輩出した人気バンドの70年代録音!  コンゴのルンバ・コンゴレーズの一時代を築いたグループのひとつがベラ・ベラでした。Wikipediaによれば、マキシム&エミールのソキ兄弟を中心に1969年に結成。メンバーには16歳のギタリストが在籍するなど、当初は10代のアイドル・バンドとしてスタート。一時エミールが違うバンドに参加するも73年に再 …

続きを読む>

SIMARO MASSIYA LUTUMBA / MAYA

1992年の名作!  ルンバ・コンゴレーズのシーンにおいて、リズムギタリスト、ソングライター、ポエット、バンドリーダーとして活躍してきた音楽家がこちらのシマロ・マッシヤ・ルトゥンバ(1938-2019)が1992年に発表したアルバムがこちら。アフリカン・ジャズのメンバーだった歌手ペペ・カレや、ショック・スターズのカルリートといった人気者がゲスト参加した名作で …

続きを読む>

PEPE NDOMBE & MADILU SYSTEM / LE GRAND NINJA

OKジャズの主要メンバーが1989年に録音した作品!  アフリーサ〜OKジャズと渡り歩いたペペ・ンドンベ(1944-2012)と、OKジャズの主要メンバーとして知られフランコによって命名されたマディルー・システム(1952-2007)のふたりの名義による作品。録音は彼らのボスだったフランコが亡くなったのと同じ1989年で、ふたりのヴォーカリストが掛け合いで聴 …

続きを読む>

DEF DEFAO, DEBS DEBABA, CARLITO / LES VAINQUEURS

ルンバ・コンゴレーズを歌う三人組!  3名の男性歌手によるルンバ・コンゴレーズを聴かせるアルバム。CDとしては2011年に発表されているものですが、録音そのものはサウンドからすると70年代後半〜80年代と思われます。メンバーのひとりデフ・デファオは1958年キンシャサ生まれ。ギターも演奏する彼は1976年以来コンゴやヨーロッパを中心に活躍し、大きな人気を博し …

続きを読む>

JOSEPH KABASELE AND THE CREATION OF SURBOUM AFRICAN JAZZ /1960 -1963

いや〜、サイコーですね!久しぶりに夏が来た、という感じのお天気だったんで、お客さんたちとビール呑みながら、たっぷり、大きい音で聴かせていただきましたよ、音質もイイし!グラン・カレこと、ジョセフ・カバセレ&アフリカン・ジャズの、ラテン・フレイヴァーたっぷりルンバ・コンゴレーズ、なによりドクトゥール・ニコのギターとマヌ・ディヴァンゴのサックス(&ピアノ、クラリネ …

続きを読む>

LES BANTOUS DE LA CAPITALE / LES GRANDS SUCCES, Vol.4 – Vol.5

もうひとつのコンゴ“コンゴ・ブラザヴィル”を代表するバンド!  ザイールという国名で知られたコンゴ民主共和国(首都はキンシャサ)のお隣にあるのが、“もうひとつのコンゴ”ブラザヴィルを首都とするコンゴ共和国(コンゴ・ブラザヴィル)。その国を代表するルンバ・コンゴレーズのグループといえるのがこちらのレ・バントゥー・ド・ラ・カピタールです。結成は50年代の終わりで …

続きを読む>

go top