LUCIANA DEMINGONGO / FEZA

ヴィヴァ・ラ・ムジカで活躍したルシアナの99年作! コンゴ民主共和国の首都キンシャサ生まれの男性歌手ルシアナ・デミンゴンゴ(1960- )。1980年代にはパパ・ウェンバ率いるヴィヴァ・ラ・ムジカのメンバーとして活躍。その伸びやかで優しい歌声でヴィヴァ・ラ・ムジカのファンになったという方も多くいました。その彼が1999年に発表したアルバムがカタログ復帰しまし …

続きを読む>

FRANCO & SAM MANGWANA / VERY BEST Vol. 1 ou est le serieux & vol.2 est le serieux

アンゴラ系の出自を持ちながら1945年レオポルドヴィル(現キンシャサ)生まれのサム・マングワナ、その天性の美声において、1963年にはグラン・カレのアフリカン・フエスタに参加、その後、コンゴ・リヴァーを越えブラザヴィルへ行き、ロス・バッチチャス〜ネグロ・バンドを遍歴後、65年にはキンシャサへ戻り、タブー・レイ&ドクトゥール・ニコ率いるアフリカン・フェスタ・ナ …

続きを読む>

TIERS MONDE COOPERATION ‎/ BOWAYO & OMESONGO

当店初入荷となります。アンゴラ出身でありながらOKジャズに参加、フランコとの連名アルバムもあるサム・マングワナを中心に、やはりOKジャズに参加、50年代からのキャリアを誇るエンポンポ・ロワイ、60年代からOKジャズのに参加したドンベ・オペトゥムの3人による共作アルバム、代わる代わる、それぞれの個性的な主唱を聞かせてくれます。おそらく80年代前半録音でしょうね …

続きを読む>

Poete SIMARO MASSIYA LUTUMBA / the very best of, vol.1 -vol.2 -vol.3 -Vol.4

TPOKジャズの最重要メンバーのひとり! ルンバ・コンゴレーズのシーンにおいて、リズム・ギタリスト、ソングライター、ポエット、バンドリーダーとして活躍してきた音楽家がこちらのシマロ・マッシヤ・ルトゥンバ(1938-2019)でした。1960年代から1980年代にかけてはコンゴ(ザイール)の音楽シーンを支配した独創的なバンド“TPOKジャズ”の創始メンバーとし …

続きを読む>

MBILIA BEL / PHENOMENE

タブー・レイ・ロシュローの奥方として知られた女性歌手ンビリア・ベルが、ロシュローと別れソロとして活動を開始した際にリリースした1988年作! 1 Phenomene 8:15 2 Manzil – Manzil (Folklore Bayanzi) 7:06 3 Cher Ami 6:00 4 Mayavale 7:47 5 Tika-Bazuw …

続きを読む>

DR. NICO & JOSKY AVEC AFRICAN FIESTA SUKISA / DOUBLE DOUBLE

★Dr.ニコ & ジョスキー avec アフリカン・フィエスタ・スキサ/孤高のコンゴリーズ・ギタリスト〜コンゴリーズ・ギターの神様が残した珠玉のプレイの数々! 60〜80年代のアフリカ音楽の中でもっとも大きな盛り上がりを見せたルンバ・コンゴレーズのシーンにおいて、絶対に忘れてはならない偉大なギタリストがドクトゥール・ニコ(1939—85)だ。そしてアフリカン …

続きを読む>

SHIMITA EL DIEGO / MOTO MOTO ETAT DE DROIT

80年代から活躍する美声の男性ルンバ・コンゴレーズ歌手の2020年最新作!  80年代半、ザイコ・ランガ=ランガから派生する形で結成されたグラン・ザイコ・ワワのヴォーカリストとしてシーンに登場。90年代にはスークース・スターズというグループでも活躍するなど、ルンバ・コンゴレーズのジャンルにおいて40年近くもの間高い人気を誇ってきたコンゴ人男性歌手がシミタ・エ …

続きを読む>

FRANCO ET T.P.O.K. JAZZ / KITA – MATA – BLOQUE

〈アフリカ音楽の王様〉フランコの円熟期に残された貴重音源! その存在感や作品のリリース点数などで他を圧倒するアフリカのアーティストといえば、コンゴ民主共和国の音楽家フランコ(1938—89)。その彼の円熟期だった80年代後半にフランスのSONODISCに残したそれぞれ10分前後の長尺音源4トラックを収めた編集盤が本作だ。フランコのバンド〈T・P・O・K・ジャ …

続きを読む>

FAYA TESS / INDEPENDANCE TCHA TCHA

なんと、グラン・カレ&アフリカン・ジャズ “アンデパンダンス・チャ・チャ”のカヴァー、ファヤ・テスの新録シングル盤!たった1曲 “3分12秒” で¥2250 !ゴージャスな話じゃないですか?… 近年作品と同様ニボマ&カイエン・マドカのコンビで制作されたもの。チャチャチャ・マナーのミディアムスローなラテン・フレーヴァーに乗せて、今は昔のコンゴ独立讃 …

続きを読む>

M’BILIAB A / BEST OF CONGO MUSIC

★ M’BILIA BEL   10数年前から在庫のあるナイジェリア盤、”ムビリアブA”というアーティスト表記、どうせ、ムビリア・ベルかなんかだろうと思いながらも、聴く気にもなれなかったのですが、先ほど、フト、手にとって聴いてみたら、やっぱりムビリア・ベルだったのでした。それだけのことですが…、しかし …

続きを読む>

FAYA TESS / SUBLIME FAYA

伝統ルンバ・コンゴレーズの豊潤なサウンド! タブー・レイ・ロシュローのアフリサやフランコといったコンゴ音楽のビッグ・ネイムとも関わってきた女性歌手ファヤ・テス。ファンにはお馴染み「AU TEMPS DES CLASSIQUES」シリーズとは別に、伝統ルンバ・コンゴレーズ色が濃厚な新作を発表してくれました。プロデュースはこのところずっと活動を共にしているベテラ …

続きを読む>

FAYA TESS / SPECIAL VALLENATA VOL.9

ルンバ・コンゴレーズのベテラン女性歌手! タブー・レイ・ロシュローのアフリサやフランコといったコンゴ音楽のビッグ・ネイムとも関わってきた女性歌手ファヤ・テスがライフワークのひとつにしている「AU TEMPS DES CLASSIQUES」シリーズ。その第9弾は、コロンビア音楽バジェナートをテーマにしている模様です。プロデュースはこれまでと同様ニボマが担当して …

続きを読む>

RAY LEMA / HOMMAGE A FRANCO LUAMBO, JAZZKIF KINSHASA, on entre ko-on sort ok

コンゴ民主共和国出身で、30年以上海外で活動してきたアフリカ音楽の鬼才レイ・レマ。そんな彼が祖国で、「コンゴ音楽のグランド・マスター」ともいわれる巨星 “フランコ” に捧げた記念碑的コンサートを収録したアルバムの登場です。 ● 1946年、現在のコンゴ民主共和国の首都キンシャサに生まれたレイ・レマ。彼は、若くから音楽の才能を認められ、ピアノとオルガンをミサな …

続きを読む>

O.K. JAZZ / PAS UN PAS SANS… the Boleros of O.K. Jazz 1957-77

おしゃれなジャケじゃないですか、間違えて?おしゃれなジャズ・バーかなんかでかけて欲しいッスね!それにしてもプラネット・イルンガ、よくもまあ次々と未復刻曲を探し出してくるものだと、関心しますが、>“ロニンギサ・イヤーズ” 1956-61 2LP〜>“ラ・ルンバ・ドゥ・ミ・ヴィーダ” 2LPに続くOKジャズ復刻シリーズの第3弾は、1957−77年音源 …

続きを読む>

SAM MANGWANA / THE VERY BEST OF 2001

アンゴラ生まれだけど、コンゴで活躍した名歌手でした(アンゴラにもバコンゴ人はたくさんいますからね)。2001年ピンポイントのベスト集! 1 Afrique Antilles 2 Bamileke Sans Peine 3 Canta Mocambique 4 Muana Y’Afrika 5 Muasi Ya Bato 6 Buayiki 7 L …

続きを読む>

go top