LOIC EMBOULÉ / GENESE

ロイック・アンブーレ、伝統的な打楽器音楽、グォ・カのビート/ 打楽器アンサンブルをベースに、アコースティック・ズーク風のクレオールPOPを演じます。ちょっと面白い才能と見ました。>★参考(感謝!) で、この人、音楽で暮らしているわけではなくて、本業は分子生物学の先生でお医者さん(鎌状赤血球病が専門)だそーですが、それが音楽に何か関係しているのか、どうかは不明 …

続きを読む>

TATIE JOSIE / MIDI-MINUIT

ご覧の通り、何だか、しどいジャケット、 なんでしょうねえコレ?? 意味不明ですが、要するに お婆さんに扮した男のアルバム? かと思われ、TATIE JOSIE タティ・ジョシィ〜 つまりジョシィばあちゃんという芸名にて、 ま、確かにユーモア漂うガラガラ声を ややソフトな男声との掛け合いで聞かせますが、 言葉の意味伝わってこないから、 もう、陽気なお婆ちゃんの …

続きを読む>

SUPER COMBO / MET A MANGNOK

1973/ 1974/ 1975  recordings グアドループ、ズーク以前〜 70年代初期カダンスの人気グループ復刻! NYサルサ風あり、コンパ・マナーあり、 おそらく4曲入りEP x3=全12曲 粘りのあるリズム感と切れ味いい金管群、 余裕のバンド・サウンドに シックな哀感漂う歌とコーラスが響きます。 01. Moin Domi Derho , V …

続きを読む>

MANUELA PIOCHE, PAUL BLAMAR, EMILIEN ANTILE / HOMMAGE A NOS CHERS DISPARUS

全16曲中9曲をマニュエラ・ピオッシュが歌っています(こういうのを可愛い歌声と言います)! このCD、タイトルはつまり~「私たちの親愛なる行方不明者たちに捧ぐ」というような意味で、要するに、その後どうなってしまったものか、全然わかりませ~ん、というフレンチ・カリビアン歌手3人の録音を集めたCDです。1960~68年音源、その後どうしているのか、元気でやってい …

続きを読む>

TANYA ST-VAL / VOYAGE

春夏もの人気盤! おお…グァドループの出身、1965年生まれということですから、既に50歳を越えているんですが?この歌声、全然変わってないじゃないですかあ!しかもズーク一直線、ファースト・アルバムが1986年でしたから、30年間、ズーク歌いっぱなし、全然変わってないじゃないですか!わたくしも30年以上、飽きもせずこの商売やっていますが、折に触れて …

続きを読む>

ESNARD BOISDUR / DOCTRINE

80年代から活躍するグアドループの伝統打楽器音楽、グウォ・カのミュージシャンにして歌い手、エスナール・ボワデュールの2016年作です!>★ ESNARD BOISDUR (Chant) PATRICK MAYET (Chan) BRIGITTE ZABAREL (Chant) RAYMOND MONTAUBAN (Boularyen, Chacha) JEA …

続きを読む>

V.A. / BIGUINE Vol.4, Anthologie de la tradition musicale antillaise 1930-1954

ビギン音楽史家ジャン=ピエール・ムーニエの監修になるフレモオ社「ビギン」選集の第4弾。1930 年代のバル・ネーグルから1950 年代のビギン・ワバップまで。78 回転ダンスレコードの黄金時代!〜しかしなんというか、20年越し…とうとう50年代ダンスバンド・ビギンの黄金時代まで来ましたね、ヨーロッパ人の淡々コツコツとした仕事ぶりには頭が下がる思い …

続きを読む>

EDMONY KRATER ET ZEPISS / TIJAN POU VELO

★国内リリース!エドモニー・クラテール・エ・ゼピス / ティジャン ★カリブ海の”ミッシングリンク”を紐解くシリーズ。〜グアドループの鬼才エドモニーが、グウォ・カと呼ばれる伝統打楽器音楽のマスター、ヴェロに捧げたスピリチュアル・アルバム! ★ベールを脱ぐ、カリブ海の幻の音源復刻シリーズ第二弾!! 早くも話題となっているレ・ヴィキング・ …

続きを読む>

TAMBOURS CROISES / CHAPTER TWO

グァドループ、ギュイアンヌ、ハイチ、マルチニック、マイヨット、セネガル、レユニオンから集まった パーカッション・マスターたち 15 人のカリブとアフリカをつなぐクレオール系パーカッション・アンサンブル白熱!このセッションで2作目となります。 1.KOTE MOUN YO MIX RADIO (vo GHERLINE PIERRE) / 2. MADIBA M …

続きを読む>

LES VIKINGS DE LA GUADELOUPE / 1966-2016

国内リリースされました!夏ですからねえ、やっぱりこーゆーのが気持ちイイですよねえ〜グアドループ老舗グループ、ヴァイキングスの活動50周年記念ベスト(60年代後半〜80年代初め頃の録音中心)!1966年にカミーユ・ソブラン(sax)ギュイ・ジャケット(guitar)ピエール・エドゥアール・デシムス(bass ex. Kassav’)の3者を核に(ハ …

続きを読む>

BALKOUTA KONCEPT / JENES

グアドループのグウォカ・グループです。パーカッション・アンサンブルは本格派、コール&レスポンスの歌も練られています。そこに、ジャズやゴスペルの要素が交わり、グウォカの新たな魅力を引き出しています。 Solistes Chant : Wyndiz, Didier et Louise Quérin, Layko, Biloute, Gilbert Anastha …

続きを読む>

NARCISSE BOUCARD / LE DELIRE DE NARCISSE

>こちらで紹介されています(陳謝&感謝!)グアドループのアコーディオン奏者によるカドリーユ・アルバムです。もともとは、18世紀頃、フランスで流行した男女四人のスクエア・ダンスだったよーですが、それがカリブ海に渡るともちろん、アフリカ経由のリズム感もさまざまに加味されて、いかにも野趣香るコロニアル風のペア・ダンスとなって行くわけですね。そんな伝統を継ぎながらも …

続きを読む>

HENRI DEBS ET SON COMBO / de 1958 a 1972

タイトル通り50年代末から70年代初めにかけてのアンリ・デブス(1932-2013)の録音集 / ビギン&マズルカ&カダンス&ボレーロ&チャチャチャ&カリプソ作品集!ということになります。グァドループ生まれのレバノン人2世という出自を持ちながら、若くして地元音楽シーンに名乗りをあげ、60年代後半にはビギン / カダンスの仕掛け人として自らレーベルを興し、のち …

続きを読む>

MAN DUPUITS (1901-95) , COLOGER / FOLKLORE GUADLOUPE QUADRILLES

再入荷!グアドループのカドリーユ重要LPのレアーな復刻CDです。で、たまたま当店を訪れていた荻原和也さん(いつも、お世話になります!)に、こんなの入荷してますよとお見せしたところ、それ、以前レココレに紹介しましたよ、と、わざわざ元原稿をメールしていただいたので、荻原さんにお断りして以下、転載させていただきました(というわけで、今回もお世話になります!)。 “ …

続きを読む>

go top