ARSENIO RODRIGUEZ / A TODOS LOE BARRIOS

キューバ音楽の巨人、至宝アルセニオ・ロドリーゲスの黄金時代である、1940年代~1950年のRCAビクターへの録音群から厳選され1974年にRCA系のカリーニョ・レーベルから発売された2枚のLPアルバムの内の1枚のストレート・リイシューCD-Rです。当然SP盤時代のもので、アルセニオの独自のソン・モントゥーノ・スタイルが完成して間もなく、最良の時期の録音群と …

続きを読む>

ARSENIO RODRIGUEZ / EL SENTIMIENT DE ARSENIO

キューバ音楽の巨人、至宝アルセニオ・ロドリーゲスの黄金時代である、1940年代~1950年のRCAビクターへの録音群から厳選され1974年にRCA系のカリーニョ・レーベルから発売された2枚のLPアルバムの内の1枚のストレート・リイシューCD-Rです。当然SP盤時代のもので、アルセニオの独自のソン・モントゥーノ・スタイルが完成して間もなく、最良の時期の録音群と …

続きを読む>

V. A. / SANTERIA, MYSTIC MUSIC FROM CUBA,Folk Trance Possession- Fon, Yoruba, Igbo, Bantu 1939-1962

サンテリーアに代表されるアフロ・キューバのルーツ音楽の歴史的音源を集めた仏フレモー社の3枚組アンソロジーです。フォン族やヨルバ族、イボ族、バントゥー族がアフリカの地よりもたらし、儀式の場で用いられて、コール&レスポンスの歌唱やパーカッションのポリリズムにより、トランス状態に導いたりもする媒介となる音楽。米国の著名な作家/民俗学者ハロルド・クーランダーによるフ …

続きを読む>

OKUTE

NYから往年のルンバ~サルサを甦らせる新譜を連発してきた重要ラテン・レーベル、チューロ・レコードの大注目キューバン新譜。始まりはレーベルのプロデューサーでありトレス奏者でもあるジェイコブ・プラッセが、ハバナの名門レーベル、エグレムのスタジオでオルケスタ・アコカンの録音時に歌手であるタタと出会ったことだったという。そこからハバナの実力派らを集めてこのプロジェク …

続きを読む>

ANAIS ABREU / UNA CANCION QUE TE SALVA LA VIDA

現代のボレロ~フィーリン系を代表する女性歌手として、キューバ音楽ファンにお馴染みの存在となったアナイス・アブレウ。2018年作です。才媛マルタ・バルデースのナンバーにはじまり、デスセメール・ブエノによるタイトル曲、シオマラ・ラウガーが取り上げているアルベルト・トスカの名曲、エレーナ・ブルケも歌っているベネズエラのアルデマロ・ロメロの曲、メキシコのアルマンド・ …

続きを読む>

LAZARO ROS / OLORUN-1

キューバのヨルバ系宗教、多神教のサンテリーアの音楽の現在最高の表現者で、鋼のような喉をもっていたラサロ・ロス。自身のグループ、オロルンを率い1990年にリリースしたLP(Areito : LD-4661)のストレート・リイシューCD-Rです。総帥ラサロ・ロスの印象的な濁声がリードする、アルロ・キューバンの懐深いグルーヴ。その神髄に触れることができます。(サプ …

続きを読む>

CANELA / A LO CANELA

ティンバレス奏者ソエ・フエンテスにより1989年に結成された、キューバの女性主体とするバンド、カネーラの30周年記念盤となる2019年作です。女性主体というのは、ベースのヒセルダと共にフエンテスきょうだいの一員であるバンドのサックス奏者で音楽監督を務めるヘススが男性だからですが、実質的女性グループということになるかと思います。キューバン・サルサ系をはじめ、ラ …

続きを読む>

GLADYS LEON / JUEGOS DE AMOR

キューバの女性歌手グラディス・レオンが、1964年にエグレムからリリースしたレア盤『フエゴス・デ・アモール』(LD-3199)のストレート・リイシューCD-Rです。詳しい経歴が分からないのですが、50年代初頭にはピアニスト/コンポーザーのファクンド・リベーロのディレクションのもと、セレステ・メンドーサ、オマーラ・ポルトゥオンド、イサウラ・メンドーサとヴォーカ …

続きを読む>

SEPTETO SON MATAMOROS / MATAMOROS SON

キューバ音楽の父ともいわれる真の巨匠ミゲール・マタモロスは、有名なトリオ以外にもセプテートやコンフントでも活動していました。本作は、そのミゲール・マタモロスのレパートリーを演じるグループ、セプテート・ソン・マタモロスの2017年作。ギタリストのダイロン・オルテガがプロデュース、フランシスコ・フェルナンデス・オルテガが音楽監督とアレンジを務め、トレスやトランペ …

続きを読む>

ALAIN PEREZ / EL CUENTO DE LA BUENA PIPA

イサック・デルガド・バンドなどで活躍した後、スペインに渡り、パコ・デ・ルシアのグループにも参加したベーシストのアライン・ペレス。キューバ録音の2020年作となります。ラテン・グラミーのサルサ・アルバム部門にもノミネートされた17年作『ADN』に続き、バイラブレなキューバン・サルサを全面的に展開した内容です。チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の出だしを1曲目 …

続きを読む>

ISSAC DELGADO / LLUVIA Y FUEGO 

1980年代からキューバン・サルサを代表する歌手として活躍してきたイサック・デルガド。キューバに戻ってリリースした2016年のアルバム『メイド・イン・ハバナ』に次ぐ、19年作です。なんというか、抜群の安定感です。安定感といっても、けっして守りに入っているというのではなく、余裕たっぷりなエースの期待を裏切らない活躍というか、堂々とした横綱の立ち居振る舞いとでも …

続きを読む>

HERMANOS ARANGO / BENDITA GUANABACOA 

元エミリアーノ・サルバドールのグループ~エネヘー・ラ・バンダで、現キューバでナンバーワン・ベーシストといわれるフェリシアーノ・アランゴがディレクションを務めるエルマーノス・アランゴの2019年作。バンド名が示すように、ヴォーカル/パーカッションのエウヘニオをはじめ、フェリシアーノの男女きょうだいが結集したバンドです。ルンバやサンテリーアといったキューバのアフ …

続きを読む>

go top