CLARA PEYA / OCEANES 

★クララ・ペーヤ / オセアネス カタルーニャの異色ピアノ・ポップ・アーティストが、“水”と“女性”をテーマに描く、クールな安らぎと瞑目のポップネス。 ●ビーンズ・レコードよりご紹介している前作『ミムルス』(BNSCD-8923)が各方面から好評を得た、カタルーニャの異色ピアニスト、クララ・ペーヤの2017年作。 (その前作は、くるりの岸田 繁さんが、ミュー …

続きを読む>

MELINA ASLANIDOU / TO PERASMA

    メリーナ・アスラニドゥ〜ダラーラスやグリケーリアのアルバムへの参加や、アルヴァニターキやコツィーラスのツアーへの参加で名を上げリリースした02年ファースト・アルバムが大ヒット、翌03年のセカンド〜歌えます!

続きを読む>

KUTIMAN / 6AM

YouTubeの「ThruYou(スルーユー)」シリーズが1000万ビューを超える話題作となり注目を浴びているマルチアーティスト【Kutiman(クティマン)】の最新アルバム『6am』<日本盤>が登場! 1st Album『Kutiman』から9年ぶりにリリースされたニューアルバム『6am』は、ヴィンテージとモダン、あらゆる年代やジャンルを行き交いながらクテ …

続きを読む>

YACINE BOULARÈS, VINCENT SEGAL & NASHET WAITS / ABU SADIYA

チュニジアの伝統音楽を独自に解釈した印象派ワールド・ジャズ! サックス/クラリネット奏者のヤシーン・ボラレス、チェロ/パーカッション奏者のヴァンサン・セガール、ドラマーのナシート・ウェイツによるトリオで聴かせるのは、チュニジアに息づく伝統音楽スタンバリをモティーフにしたインストゥルメンタル作品。西アフリカの伝説の狩人アブ・サジヤの物語をテーマに、インプロヴィ …

続きを読む>

HEIDI TALBOT / HERE WE GO 1,2,3

1980年生まれ、アイルランドの女性フォーク歌手ハイディ・タルボット(ex. 元チェリッシュ・ザ・レディース)の2016年作品(02年のソロ・デビューから数えて早6作目。いつまでも若々しい歌声、というか、昔のルシンダ・ウィリアムズばり?のロリ声&ウクレレ弾き語りは変わらずキュート(比較的、凛々しいご容姿に似合わず)。 あくまでもシンプル、トラッドなバッキング …

続きを読む>

BREABACH / ASTAR

スコットランドの人気トラッドバンドの2016年作。5年にわたるワールドツアーの最中に出会ったノルウェー、ケベック、オーストラリア、ニュージーランドのミュージシャンたちをゲストに、瑞々しいアコースティック演奏を聴かせてくれます。  

続きを読む>

V.A. / ALDRE SVENSKA SPELMAN, SWEDISH FIDDLERS FROM THE PAST

1913年から20年までに蝋巻録音された、スウェーデン全土のフィドル演奏家25組による141曲を網羅した3枚組CDが初入荷しました。LP時代に「ALDRE SVENSKA SPELMAN vol.1~3」としてリリースされていたものを大幅に曲を増やしています。

続きを読む>

JEAN-MICHEL DAVIS / VIBRAPHONE JAZZ

 レ・プリミティフ・デュ・フュチュールのヴァイブラフォン奏者、ジャン=ミッシェル・ダヴィの 初の本格的ジャズアルバム。 FREDERIC LOISEAU (g), RAPHAEL SCHWAB(cb), JULIEN CHARLET(ds) JULIETTE DAVIS (vo), JOACHIM POLACK(ag), GUILLAUME BROQUIN( …

続きを読む>

V.A. / ANTHOLOGIE TWIST FRANÇAIS 1961-1962 (2CD)

フランソワ・ジューファ監修「フレンチ・ツイスト精選集 1961-1962」。ジョニー・アリディ、 エディー・ミッチェル、ディック・リヴァース…。CD 3 は珍しいケベックのツイストブームを網羅。 <<< トラックリスト >>> CD 1 : JOHNNY HALLYDAY : VIENS DANSER LE T …

続きを読む>

INES BACAN, PEDRO SOLER , GASPAR CLAUS / SERRANA

  1952 年アンダルシア、レブリハ生れの女性フラメンコ歌手イネス・バカンの最新録音。名ギタリスト、ペドロ・ソレールに加えて、ソレールの息子でチェロの風雲児ガスパール・クラウスが。(サプライヤー資料から) トラックリスト 1. LUZ DE LUNA / 2. VIENEN BAJANDO / 3. AY, MI MUCHACHO / 4. MO …

続きを読む>

ACHILLE / IRIS

女性シンガーソングライター。「アシル」という芸名はギリシャ神話のアキレスからと思いきや、 敬愛する音楽家クロード・ドビュッシーの本名 Achille-Claude Debussy からいただいたものだそう。 ピアノ、キーボード、スピネットを弾き、耳に沁み入るややかすれた声でクラシカルな展開のメロデ ィーを。1曲で Nosfell がデュエットで参加。(サプラ …

続きを読む>

GIRAFE & BRUNO GIRARD / PANIER SUR LA TÊTE

今週号のテレラマ「fff」。これは驚き。フランスで 70 年代から東欧ツィガーヌ音楽紹介のパイオニア 的なバンドだったブラッチ(BRATSCH)のリーダー(ヴァイオリン/ヴォーカル)のブルーノ・ジラー ルと、パリ郊外モントルイユのノイジー・ロッククアルテット、ジラフが、レユニオン島の呪われた詩 人アラン・ペテルスの作品を。クレオール語からフランス語に翻訳(ジ …

続きを読む>

V.A / BLEU BLANC SCHNOCK (2CD)

シュノック(Schnock)とは年寄りを意味する町言葉です。コアなノスタルジーオタクの季刊誌で「シュノック」というのがあり、副題が「27歳から87歳までの年寄りのための雑誌」。そのエスプリを汲み込んだラジオ番組「ブルー・ブラン・シュノック」(OUI FM 毎週土曜 18 時から2時間)は、そんじょそこらのノスタルジー系の番組と一線を画す、シングル盤オタクなリ …

続きを読む>

go top