TERESA DE SIO ‎/ PURO DESIDERIO

南イタリア~ナポリの生まれ / 元ムジカノヴァの女性歌手だったヴェテラン人気カンタトゥーラ、テレサ・デ・シオ、もう65歳になるわけですね(こっちも歳取るわけです…)。う〜ん、たぶん、ソロ&リーダー・アルバムとして、前作のライヴ・アルバムも入れれば、17作目になるんでしょうか?ミレニアムを挟んでしばらく、いかにも南イタリアらしい?潮枯れた歌声で、少 …

続きを読む>

VINICIO CAPOSSELA ‎/ BALLATE PER UOMINI E BESTIE

ブルースやシャンソン、ジャズ、そして、レベーティカやカンシオン・ランチェーラといった音楽をアルバムごとに遍歴し、自らの音楽の糧とし来た南イタリアはナポリの東、イルピニア・ルーツのカンタトゥーレ、ヴィニーチョ・カポッセラ(生まれは1965年のハノーヴァー)16作目のCD&BOOKボックス仕様アルバムです。 タイトルは『男と獣のバラード』…ということ …

続きを読む>

GINEVRA DI MARCO / LA RUBIA CANTA LA NEGRA

1970年フィレンツェ生まれ、90年代はESPなるロック系グループで歌っていたそう。1999年のソロ・デビュー作はロック・アルバムでしたが、00年代半ばからは東欧、バルカン、ギリシャから、南欧、メキシコ、チリ、そして南イタリアといった地域の歌謡、及びフォークロアな音楽のあり方に魅せられたそう。06年の4作目あたりから、ややロック的なものから離れ、メルセデス・ …

続きを読む>

MINA / IL CIELO IN UNA STANZA

イタリア、ミーナ、1960年のファースト・アルバムを中心とした初期ベスト!やっぱり、初初しいですねえ、 1 ‘Na Sera ‘E maggio 3:13 2 Il Cielo In Una Stanza 2:52 3 E Vero 3:00 4 Due Note 3:27 5 Serafino Campanaro 2:06 6 Un …

続きを読む>

VOULA PALLA ‎ / OI MEGALES EPITYCHIES

ヴーラ・パッラ、1929年コリントス生まれ、3歳の時に父を失い、ピレウスの修道女学校にで学び、そして故郷に帰り、正教会に通い農作業をして過ごす日々の中で、ヴィザンティン音楽に親しみ、民謡(ディモーティカ)を歌うことに目覚めたヴーラは、ほどなく作曲も始めたようです。1951年にイドラ島出身の男性と結婚、夫ともにタイヤ屋とガソリン・スタンドを営み、二人の息子を授 …

続きを読む>

JEROME ANTHONY / MA PLUS BELLE CHANSON

  オールドタイミー、伴奏、実にOK、 ビッグバンド・スィング&シャンソン! しかも、そんなに歌上手くナイス! こんなCDが、今どき成立するなんて、 フランス、やっぱりナカナカ奥行あるなあ、と、 ついオーダーしてしまいましたよ。 が、今調べてわかってしまいました。 ジェローム・アンソニー、この人、 仏の人気TVプレゼンターだそう。 なるほどねえ&# …

続きを読む>

CARLOS PAREDES, ARTUR PAREDES / CLASSICOS DA RANASCENCA

どういう形態でリリースされたものか、わかりませんが、濱田滋郎先生(って、お会いしたこともないのですが)の日本語解説が折り込まれていました(オーマガトキあたりで国内配給されていたものでしょうか?)。ポルトガルはギターラの、親子二代に続いたヴァーチュオーゾ、カルロス・パレーデスとその父アルトゥール・パレーデスの1957−63年の音源半々で14曲をコンパイルしたコ …

続きを読む>

VASILIKI KARAKOSTA ‎/ TA EPIKINDYNA

チェロ繋がり? 以前、月刊ミニヨンで教えていただいた横田ユウを連想したりもしました…。1982年生まれ、デビューCDは08年、本作はセカンド、ギリシャ音楽の伝統と前衛をバランスよくミックスすることのできる稀有な歌い手、という印象を見事に体現してくれたアルバムでした。 1 Τα Καλάζνικωφ 2 Η Απληστία 3 Straight …

続きを読む>

KATERINA PAPADOPOULOU / TA TRAGOUDAKIA MOU POULO, songs from meli in asia mainor

あのワレワレにおなじみのカテリーナ・パパドプールではなしに、>こちらの打楽器奏者にして歌手、トルコでも活動しているカテリーナ・パパドプールの方だと思います。1度きり、発売時(05)に入荷してきただけのアルバム、奇跡です。多くは語りません、トルコ、小アジア(アナトリア)はメリのギリシャ系伝統歌謡を再現するような内容、トルコ音楽とギリシャ音楽双方に興味の尽きない …

続きを読む>

EVA KANELLI ‎/ STOU ILIOU TA PAICHNIDIA

こちらは08年作、「太陽の下のゲーム」 といった表題で、>11年作とはジャケの雰囲気もぜんぜん異なりますが、歌はいっしょ。 1 Ανάμνηση 2 Στου Ήλιου Τα Παιχνίδια 3 Μέσα Στο Όνειρο Κρατώ 4 Αν Είσαι Εσύ 5 Μακριά Σου Χάνομαι 6 Ότι Και Αν Έχω 7 Ο …

続きを読む>

go top