BRUNO ANGELINI, FABRICE MARTINEZ, ERIC ECHAMPARD / TRANSATLANTIC ROOTS

1965年南仏マルセイユ生まれのピアニスト、Bill Evans Piano Academyの教鞭を取ったことがあるそう。03年から、セッション・アルバム含め、今作が13作目となるそう。基本、エレクトロニカ、エフェクトも含むフリーフォームなジャズということになると思いますが、例えば1曲目、“デヴィッド、スパイク、ジム” というのは、デヴィッド・リンチとスパイ …

続きを読む>

VILI FAJDIGA / ZA FUK PA SPILA GRAMOFON

Vili Fajdiga (1918 – 1990) 〜何て読むのかわかりませんが、ヴィリ・ファジディガ、でイイんでしょうか?スロベニアはトルボヴリェ生まれのマスター・スライド・ギタリストにして歌い手のグラモフォン / SP音源復刻集、1930〜50年代頃の録音でしょうか?その父はヴァイオリニストであり、子供時代からギターに夢中だったヴィリは、1 …

続きを読む>

JOSEF JOSEF

マヌーシュ・ジャズとクレズマー、ロマ音楽をフュージョンさせたユニット、レ・ジュウ・ノワール (1992-2017) を率いたユダヤ系ヴァイオリン奏者、エリック・スラビアクのニュー・ユニット “ジョセフ・ジョセフ”の初作。そのジョセフ・ジョセフという名は、ロシアに生まれ、渡米したユダヤ系女優にして歌手、ネリー・キャスマンが1923年に歌った曲名、以 …

続きを読む>

RAQUEL TAVARES / ROBERTO CARLOS POR RAQUEL TAVARES

ラケル・フィリーパ・タヴァリス、1985年生まれ、14歳にしてデビュー・アルバムをリリースしたファド女性歌手の2017年の5作目、ブラジルのロベルト・カルロスの曲を、ファドのかたちを通してカヴァーし、歌い綴ったアルバムとなります(アナ・カロリーナとカエターノ・ヴェローゾが1曲づつゲストで歌っています)。どういう理由かは定かではありませんが、このアルバムを最後 …

続きを読む>

V.A. / TA TRAGOUDIA TOU GAMOU, 15 Paradosiaka Tragoudia

タイトルを訳すなら、“結婚行進曲 15の伝統的な歌” となります。実は、ギリシャでは、この結婚式の歌というのは、大変人気があって、CDが、それこそ何枚出ているかわからないくらいたくさんあるんですね、もちろん伝統的なディモーティカやニシオーティカ(地方民謡や島唄)が中心になるわけですが、よくもまあ、こんなにたくさん結婚の歌があるもんだ、と関心するぐらい、たくさ …

続きを読む>

JANUSZ PRUSINOWSKI TRIO / MAZURKI

>こちらの、ポーランドは農村マズルカ・リヴァイヴァルを牽引するヤヌシュ・プルシノフスキ、トリオ時代のファースト・アルバム 2008年作となります。   1 Rawski 4:26 2 Nie Było I Ni Ma 1:54 3 Dziąga 3:03 4 Kołyskowy 3:27 5 Kujawiak 3:53 6 Chłopolek 3: …

続きを読む>

DANAI PANAGIOTOPOULOU / ANTIPYRA

ダナイ・パナギオトプル、1978年アテネ生まれ、00年代初め頃から音楽活動をしていたようですが、アルバム(ソロ)デビューは2006年で、本作は、2015年のサード・アルバムとなります。詳しくはわかりませんが、自作自演の女性歌手でしょうね。でも、“わたしのフェイルーズ” とか、“HAL 9000” ex.「2001年宇宙の旅」とか、ショパンの引用だとか、それぞ …

続きを読む>

DAKHA BRAKHA / ALAMBARI

ウクライナのダハ・ブラッカ、05年のデビュー作から数えて通算7作目となる2020年作、初入荷となります。もともと首都キエフに設けられた “ダッハ現代美術センター” 内のライヴ・シアターにおけるミュージカル・クルーとして結成されたそう。それぞれに楽器を持ち替え弾きながら、それぞれに歌う女性3人+男性1人の4人組で、基本、ウクライナ各地の民謡に材を取り、自由な解 …

続きを読む>

CATHERINE GRAINDORGE / ELDORADO

ベルギー人弦楽器奏者が、イマジナリーな黄金郷を可聴化したインストゥルメンタル作品!  ベルギー人女性ヴァイオリン奏者/ヴィオラ奏者/作曲家のカトリーヌ・グランドルジュは、2012年以来ソロとして10年近く活躍。その一方でヒューゴ・レイスやニック・ケイヴ、マーク・ラニーガンといったロック系のアーティストらとコラボするなど、その活動は多岐に及んでいる。その彼女が …

続きを読む>

CARLOS DO CARMO / E AINDA…

★カルロス・ド・カルモ/イ・アインダ ~ カルロス・ド・カルモよ、永遠に 追悼カルロス・ド・カルモ ファド界のドンが最後に遺した最高の贈り物!  ポルトガル音楽ファドのシーンを半世紀以上にも渡って牽引してきた〈ファド界のドン〉こと男性歌手カルロス・ド・カルモが、2021年1月1に動脈瘤のためこの世を去った。その彼が自身のラスト・アルバムとして制作していたスタ …

続きを読む>

ARLETA / TAXIDEVONTAS

Originally released on LP in 1976   1 Ο Λάκης 2:49 2 Το Κορίτσι Στην Ομόνοια 2:47 3 Σαν Τι Γυρεύει 3:18 4 Το Πέρα Κάστρο 3:27 5 Δε Με Ρώτησε Κανείς 3:45 6 Είναι Αλήθεια 2:19 7 Νάνι …

続きを読む>

ALRETA / 2

Originally released on LP in 1967 (2nd Album)   1 Τα Μικρά Παιδιά 2 Τίποτ’ Άλλο (Τρίπτυχο) 3 Δύο Γλάροι 4 Καβαλάρης Στραφτερός 5 Έτσι Είναι 6 Νάνι, Το Γαρούφαλλό Μου 7 Ήταν Καμάρι …

続きを読む>

ALRETA

Originally released on LP in 1966 (1st album)   1 Τώρα Θ’ Ανοίξω Τα Φτερά 2 Κάποιες Νύχτες 3 Το Πέτρινο Χαμόγελο 4 Τις Άδειες Νύχτες 5 Δέκα Στρατιώτες Κι Ένας Λοχαγός 6 Μια Φ …

続きを読む>

go top