V.A. / TA REMPETIKA TOU GENITSARI

70年代前半録音でしょうね、LPは1975年にリリースされています。℃シブイところ4者のレベーティスの名唱集!サンバとかと同様、ギリシャでも70年代前半、50〜60年代のライカPOP&エンテクノ全盛の煽りからでしょうか、ヨリモドシ的にレベーティカ復興運動が起こるわけですが(その中心的存在の一人がヨルゴス・ダラーラスでした)そんな中でリリースされたオムニバス、 …

続きを読む>

THEODOSIA STIGGA / ARSENIKO O EROTAS

セオドシア・スティガ、ギリシャ北東部、トルコ語話者が未だに住まうというコモティニ生まれの女性歌手、1975年以来歌っているというヴェテランです。多くの作曲家アルバムやライカ / ディモーティカ系企画アルバムで歌って来ましたが、ソロ・アルバムは3枚のみ、本作は1999年のファースト・アルバム(最近作は2011年作)。が、現在でも、アテネを中心に毎晩のように歌っ …

続きを読む>

STRATOS DIONYSIOU / VRECHEI FOTIA STI STRATA MO

★40 MegAles EpitychIes, Ichografiseis 1959-1990 ギリシャの杉良?もしくはタブー・レイ?ちょっと違いますが…、ストラトス・ディオニシウ(1935−1990)、ミノスの庶民派大スターでした。その男前、目ヂカラ、頼りになる商店街の顔役ぶり?の歌い口に、当店界隈とかでは話題沸騰です。で、ワレワレ極東のギリシャ歌謡ファン …

続きを読む>

ANASTASIA MOUTSATSOU ‎/ MIA NYCHTA STOUS AIONES, 16 Tragoudia Tou Noti Mavroudi

アナスタシア・ムツァッツォウ(1961−)ペロポネソス半島の南端、ベラディニア生まれピレウスで育ち、1982年ピアノバーで歌い始めた女性歌手、初めはレベーティカを歌っていたそうですが、その澄んだ歌声からニシオーティカ(島唄、彼女の場合はキクラデス諸島の島唄)やエーンテクノ(いわゆるアート・ソング)を歌い出したそう。アルバム・デビューは1992年のMUSIC …

続きを読む>

STAMATIS KRAOUNAKIS, ELLI PASPALA / MOUSIKI GIA EIKONA GOVA STILETO

作曲家、音楽プロデューサー、作詞家、作家および劇場音楽監督のスタマティス・クラウナキス(1955-)とNY生まれのギリシャ女性歌手、エリー・パスパラ(1957−)による1994年作。 1 Εισαγώγή – Το Θέμα 2 Lady Stilletto 3 Το Σπίτι Της Κηφισιάς 4 Χασάπικο Του Ανατο …

続きを読む>

C. NIKOLOPOULOS, M. RASOULIS, E. VITALI, D. KONTOGIANNIS, G. SARRIS, P. TERZIS / PAIXE CHRISTOS EPEIGONTOS

ブズーキ&作曲のクリストス・ニコロプロス、作詞、マノリス・ラソウリスという音楽パートナーを中心に、エレーニ・ヴィターリ、ディミトリス・コントジャニス(exレベーティキ・カンパニア)、ヨルゴス・ルパカス、パスカリス・テルジスというシブイ男女歌手たちを揃えた1982年のレベーティカ〜ライカ系アルバムです。ほか、クラリネット、アコーディオン、ピアノ、ヴァイオリン、 …

続きを読む>

ELEFTHERIA ARVANITAKI, DIMITRIS PAPADIMITRIOU ‎/ TRAGOUDIA GIA TOUS MINES

エレフセリアの数ある作の中でも、異色作だと思います。イラストの描かれた歌詞カードがスケッチブック状に綴られた凝った作りのCDになっています。作曲のディミトリス・パパディミトリゥはクラシックからライカ、映画音楽まで手がけるマルチな作曲家です(この作の後、ギリシャ国営放送のラジオ局長、ギリシャ音楽を促進する非営利団体”Hellenic Plan&#8 …

続きを読む>

ELENI TSALIGOPOULOU ‎/ KORITSI KAI GYNAIKA

エレーニ・ツァリゴプール1989年の セカンド・アルバムの復刻CD! マケドニアのセレ出身、テッサロニキで音楽を学び、 ニコス・パパゾグルの1984年作で 作曲家としてデビューした ヨルゴス・アンドリウとの作となります。 1 Πες Μου Ψέματα 2:18 2 999 Σκαλιά 2:18 3 Του Κορμιού Το Βάρος 3:35 4 …

続きを読む>

THANOS MIKROUTSIKOS, RITA ANTONOPOULOU ‎/ PAME XANA AP’TIN ARCHI

元政治家、あるいは、 嘘がつけなくて、やめたんでしょうか? (穿った見方ですが) 今はギリシャで最も重要な作曲家の一人ともされている タノス・ミクルツィコス(1947−)と、 >こちらでデビューの リタ・アントノプルによる2008年作です。 *非シールド盤新品で入荷 1 Πίσω Μη Μ’ Αφήνεις 2 Πάμε Ξανά Απ&#821 …

続きを読む>

MANOLIS HIOTIS, MARY LINDA / 30 MEGALES EPITYCHIES

1950年代半ばに出会ってから、60年代半ばの離婚まで、北米にも出張活躍、人気を博したギリシャ人“ライコ・パルコ”夫婦デュオ、ブズーキのヴァーチュオーゾ、マノリス・ヒオティス(エレキ・ブズーキ演奏&コーラス)&女性歌手、マリー・リンダのヒット曲30曲! って、CD1枚、それも38分の収録時間ですから、30曲というのは無理な話で、もともとメドレー風に過去のライ …

続きを読む>

BOŽO VREĆO ‎/ MELEK

う〜ん、この世は広い、まだまだ未知の音楽も音楽家も無限にいるわけで、このボスニア・ヘルツェゴヴィナのフォーチャ出身だというセルビア人音楽家、ボジョ・ヴレッチョ(1981-)、果たして当店的に売れるものか売れないのか、それはわかりませんが、元考古学教授、もっと前は女の子みたいな男の子としてイジメにあっていたといいます。 ある時、彼はサラエボのカフェの音楽家達が …

続きを読む>

MIŠKO PLAVI ‎/ ISTOK LJUBI ZAPAD

セルビア(旧ユーゴ)が産んだアコーディオン・モンスター(にして、マルチインストゥルメンタリスト)!ミシュコ・プラヴィのベオグラード録音08年作、初入荷です。>こちら国内盤もリリースされています。確かにバカテク、というか、なんというか…、これだけ弾けたら、さぞかし気持ちイイでしょうね。ジャケに “天才” と、ちゃんと記されています。 >☆ Accordion, …

続きを読む>

HENRI SALVADOR / LIVE IN PARIS, Mes Inedits, Janvier Juin 1958

仏フレモー社の『ライヴ・イン・パリ』シリーズの1枚。本作は、アンリ・サルヴァドールの初ディスク化音源となる、1958年の録音を収録。 興行用のライヴではなく、フランスのジャズに焦点を当てたラジオ番組用の録音で、ボリス・ヴィアンらとのオリジナルの他、カウント・ベイシーの「リル・ダーリン」「アフター・サパー」、ガーシュウィン作の「エンブレイサブル・ユー」を、フラ …

続きを読む>

go top