こちらには、ブラジル以外の南米大陸の音楽が並びますが、米国のチカーノ音楽も含めています。

AMPARO SANCHEZ / ESPIRITU DEL SOL

キャレキシコのジョーイ・バーンズがプロデュースを担当! アンパーロのミクスチャー・サウンドにますます磨きが掛かった! スペイン・グラナダの出身で、90年代よりミクスチャー・バンド〈アンパラノイア〉を率いてきた女性シンガー・ソングライターのアンパーロ・サンチェス。2008年以降ソロとして活動するようになった彼女は、故郷を離れアメリカ・アリゾナ州トゥーソンに活動 …

続きを読む>

AIRENA ORTUBE, JULIÁN BEAULIEU / ÑACU

コルドバ(アルゼンチン)、声とギターのカップル・デュオ。スピネッタ”Fuji”の名カヴァーに感涙必至。 アルゼンチンの渓谷の麓に拓かれた街、コルドバ出身のフリアン・ボウリューはヘヴィ・メタル・キッズだった青年時代、学士論文のためにチャンゴ・ファリアス・ゴメスにインタヴューを取って、国産音楽に開眼、生まれ育ったコルドバを拠点に女性シンガ …

続きを読む>

MON LAFERTE / SOLA CON MIS MONSTRUOS, En Vivo

Live @ El Lunario del Auditorio Nacional, Mexico ギター弾き語りと腕の入れ墨とサポート・ギタリストと、きゃー!と声援する女子達と、この人の歌心、唇、わけわかんない舞台セット、というわけで…どうでしょう?(随分前に京都の先達Kさんからご教示いただきましたが〜感謝!コロナで入荷が遅れました。) 1 Pa …

続きを読む>

DUO HERMANOS GARCIA ZARATE / QORI KINTO

下町ご近所の乾物屋のオヤジと時計屋のオヤジが二人して記念撮影したみたいなジャケがナイス!…実に昭和な雰囲気ですが、そういうこととは全く関係なく、ペルーはアヤクーチョ出身のアンデス系フォルクローレ・ギタリストの最高峰の一人、>ラウル・ガルシア・サラテが、ソロでの活動と並行して兄弟でおこなっていたデュオ・グループ、ドゥオ・エルマーノス・ガルシア・サラ …

続きを読む>

ÁUGA ZULÁ / NOCHE SUMERGIDA VOL.6

インプロヴィゼーションにコンテンポラリー・ダンス、フォルクローレ、室内楽に現代ジャズとポスト・ロックが入り混じったラ・プラタの新鋭アート集団のライヴ・レコーディング作。 アルゼンチンはリオ・ネグロ州の州都ビエドマ出身で、アカ・セカ・トリオなどコンテンポラリー・フォルクローレの名演奏家を多数輩出する国立ラ・プラタ大学を卒業したピアノ奏者/コンポーザーのフアン・ …

続きを読む>

LOS ERRANTES / SIGUEN LOS EXITOS…

>★ 1960年代初期からの不動のウアイノ職人ギター・トリオ、ベスト・コレクションです!それぞれのギター類の響きも、コーラスによる歌声も、そして面構えも、もう、もうしぶんなし! 01- Perjura (Huayno) 02- Brindo Por Todas (Huayno) 03- Carta Maldita (Huayno) 04- Llorando …

続きを読む>

VES TAL VEZ

ペルー新世代バンドの一画を担うバンドのアルバムが初入荷。 2013年に結成されたペルーのフォーク・ポップ・バンド、ベス・タル・ベスによる15年のデビュー作。女性シンガーでカズーもこなすアレハンドラ・イリバレン、チャランゴにアコースティック・ギターのディエゴ・ベロカル、ベースやアコースティック・ギターのマックス・マシアスの3人をコア・メンバーに、ドラムス、キー …

続きを読む>

OLAYA SOUND SYSTEM / MUSICA DEL MAR

2008年に結成されたペルーのバンド、オラヤ・サウンド・システムによる2017年の4作目のアルバムです。チーチャの系譜を引くペケペケ・サーフ系エレキ・ギターに彩られたペルー流トロピカルのサイケデリック・アマゾニアン・サウンドに、レゲエ、ダブ、レゲトン、サルサ、アンデス・フォルクローレ、ロックやファンクなどを混ぜ込んで、エネルギッシュにバンド・サウンド化。ポッ …

続きを読む>

ALEJANDRO FERNANDEZ / HECHO EN MEXICO

アレハンドロ・フェルナンデス・アバルカ(1971年メキシコはハリスコの生まれ)2020年の新作です。余計なもののない、ぐっとオーソドックスな演奏、マリアッチ〜ランチェーラを枯れた哀愁のこもった歌い口で綴ったシンプルなアルバムかと。あのランチェーラの名歌手、ビセンテ・フェルナンデス(1940- )の息子として、6歳の時から父のショーに出演していたというアレハン …

続きを読む>

MELINGO / OASIS

アルゼンチンのロック・シーンで活躍した後、近年はタンゴの世界へと進出してきている1957年生まれのシンガー/マルチ・インスト奏者ダニエル・メリンゴの2020年作です。タンゴやブルース、さらにはギリシャ系アルゼンチン人ということでレンベーティカなどが、エレクトロニカやダブ要素でブーストされたサウンドを聞かせます。フアン・パブロ・ガジャルド指揮のオルケスタ・ティ …

続きを読む>

FEDERICO ESTÉVEZ / DE AQUI HASTA AQUI

★フェデリコ・エステベス/デ・アキ・アスタ・アキ チャンチャ・ビア・シルクイートのバンドのパーカッション奏者で、ニコラ・クルースやバリオ・リンドの新作にもフィーチャーされていたアルゼンチンの新鋭フェデリコ・エステベスのデビュー・アルバムがShika Shikaレーベルからリリースに。 クンビア、アンビエント、フォルクローレ、トランシーなパーカッシヴ・グルーヴ …

続きを読む>

JESUS VASQUEZ Y PANCHITO JIMENEZ / DOS GLORIAS DEL PERU 

ペルーの5大クリオージョ歌手の一人に数えられ、今年(2010年)4月に89歳で亡くなった女性歌手ヘスス・バスケスとオスカル・アビレスも在籍したことでも有名なコンフント・フィエスタ・クリオーヤの歌手パンチート・ヒメネスの半共演アルバムの復刻です。ジャケット写真で見る限り晩年の録音のようですが、バスケスのトレードマークであるかわいらしい声とパンチート・ヒメネスの …

続きを読む>

BOOM FULL MEKE / EL GUCHI

モノソニコとビークリップによるコロンビアのユニット、ブーム・フル・メケの2017年の初録音。5曲入りCDシングルとなります。コロンビアのカリブ海側バランキージャのゲットーで育まれたサウンドシステム・カルチャーとアフロ・コロンビア要素とが結びついたダンス・エレクトロニカ。彼らはそれを、ネオ・バシーレ・ピコテーロなどと規定しているようですが、レゲトン系のダンス、 …

続きを読む>

go top