NEGARIT BAND / ORIGINS

★ネガリット・バンド/オリジンズ 〈ethiopiques〉を超えた〈ethiosonic〉シリーズの新作!エチオ・ジャズをさらにソフィスティケートした注目のグループ! かつてムラトゥ・アスタトゥケといったアーティストらが築き上げたエチオピア特有のジャズ(=エチオ・ジャズ)を、さらにソフィスティケートしたインストゥルメンタル・ミュージックにアップデートしたの …

続きを読む>

EMAHOY TSEGE-MARIAM GEBRU / JERUSALEM

先ごろ、2023年の3月23日に99歳で亡くなったエチオピア出身の女性ピアニストにして作曲家、エマホイ・ツゥゲ・マリアム・ゲブルのレアー音源〜1972年の10インチLP(現存数は世界中で5枚に満たないそうです)と、2012年に “Emahoy Tsegue Maryam Music Foundation” より、人知れずリリースされて …

続きを読む>

EMAHOY TSEGE MARIAM GEBRU

エマホイ・ツェゲ・マリアム・ゲブル、1923年アディスアベバの裕福な家庭に生まれ、6歳の時、スイスの寄宿学校に入学、西洋的な教育を受け、ヴァイオリンを学ぶ。10歳でエチオピアに帰国、その音楽的な才は皇帝ハイレ・セラシエの目に止まるも、ムッソリーニのエチオピア侵攻により兄弟を3人失い、両親とともにイタリアの捕虜収容所に収監される。 戦後、エジプトのカイロで、ポ …

続きを読む>

MESFIN MAMO / NEGUS

1. Negus (ንገስ) 2. Geta Ante Amilake Neh (ጌታ አንተ አምላኬ ነህ) 3. Amanuel (አማኑኤል) 4. Egziabher Gin (እግዚአብሔር ግን) 5. Rehabe (ረሀቤ) 6. Girum Dink Honegne (ግሩም ድንቅ ሆኜ) 7. Addis Mi’eraf …

続きを読む>

PASTOR DANIEL AMDEMICHAEL / SELAM LEMIDRACHIN

既に5〜6枚のアルバムがあるヴェテランです。 生ギター抱えてますが、ゴスペルです。 作品中では単弦奏法において、 けっこう流麗ファンキーなギターを弾きますが、 ゴスペルです。が、演歌風でもあります。 落ち着きのある、ゆったりとした歌い方が魅力ですね。 70年代あたりのSSW系ライト・ソウルを 思い出したりもします。 1 Yeyhuda Anbesa 2 Ke …

続きを読む>

MIKY HASET / HASET, vol.1

vol.1とあるので、新人でしょうね、去年の作ですが、見逃していました。爽やかな雰囲気漂うエチオPOP〜コンテンポラリー・エチオピアン作品です。全体、節まわしは薄口で、その分、サラッと聞きやすくなってはいますが、それぞれの曲想の土台は、やはりエチオ・スタイルが生きています。彼の国には珍しい語りかけるようなソフトな歌声を聞かせているので、この人、SSWなのかな …

続きを読む>

PASTOR AGEGNEHU YIDEG / GETA BALEMELA #8

こちらも再々入荷となります。ジャケといい、サングラスといい、ブルーのネクタイといい、そんなに売れないんじゃないかと思っていましたが、ま、地道に売れています。で、こちらもゴスペルなんですが、ちょっとブラック・コンテンポラリーみたいな?ライトな親しみやすさを感じさせる仕様…というか、ま、もう、ちょっと的確に喩えるなら、ニューミュージックっぽいけど演歌 …

続きを読む>

RAHEL SHIBABAW / EYESUS #2

なんだかよくわからないジャケですけれ、よくよく見ると斜め背後から十字架に磔されたキリストがあしらわれたデザインに、ちょっと引いてしまったのですが、少数入荷の度に(HPに出す前に)売り切れてしまうので、再々入荷とあいなりす。 まず、歌が素晴らしいんでしょうね。ディープでヒタムキな感じ、なんともシミる歌声です。そして、クラール(竪琴)&マシンコ(擦弦)に加え、ワ …

続きを読む>

MEREB ASNE ZUBA / EFOY

>こちらで紹介されていたCDですね(無断リンク陳謝&感謝)! 前回入荷時は即売り切れて、再入荷とあいなりました。それにしても、POPで音の抜けが良くて、エチオらしいコブシまわしも、どこかライトな演歌調、さっぱりとして涼し気ですよ。で、中には盆踊りにもピッタリな曲もあり?やっぱり日本の夏は、エチオピアン・レゲエですよねえ(意味不明ですが)! 1. Meskel …

続きを読む>