GUY WARREN, GHANABA / THE DIVINE DRUMMER, Odumankuma

UKレトロアフリック・レーベルの02年リリースCDです。ガーナの異色ドラマー、元ETメンサー&テンポスのキイマンでもあったガイ・ウォーレン (as “Kofi Ghanaba” 1923–2008) の1960年代末音源(USコロムビア音源)の復刻集。パワフルかつプリミティヴな~パーカッション&ドラム・アンサンブル、あるいは、フルート …

続きを読む>

SAKRA AFRICAN ORCHESTRA / NOFITELO (THE DESTROYER)

>こちらで紹介されています(無断リンク、あいすみません)。 80年代後半に結成されたグループだそうです。ガーナの伝統的な太鼓パンロゴやゴメ、そしてバラフォン、葦笛、ジェンベほか、そしてコーラスなどなど、総勢11人で演じるのは、ガーナの “ガ” ピープルによる伝統的な打楽器音楽ということになります。でも、欧州でリリースされた本作、もちろん、現地の民俗的な臨場感 …

続きを読む>

V.A. / MASTER OF PERCUSSION VOL.3

ママディ・ケイタ(ライヴ録音!)や、グエムといったマスター達はもちろんのこと、モハメド・バングーラ、マレ・サノゴなど既にソロ・アルバムが発売されているアーティスト達、そしてママディの弟子で最も注目を集めているシディキ・カマラ、ブルキナファソからはママディとの共演でも知られる最も優れたジェンベフォラの一人ウスマン・デンベレ、さらにジェンベをマスターしたヨーロッ …

続きを読む>

V.A. / MASTER OF PERCUSSION VOL.5

アフロ・パーカッションの大ヒット・シリーズ、『マスター・オヴ・パーカッ ション』の第5集が遂に発売です!ジェンベを中心に様々なアフロ・パーカッションのアンサンブルが楽しめるこ のシリーズですが、今回は特にバラフォン(アフリカ式木琴)が加わったアンサンブルが聞き所の一つでしょう。ビリビリと音を振るわせながら、ジェンベなどと一緒に疾走するバラフォンが 生み出すグ …

続きを読む>

OMAR GAINDEFALL & BAYE FALL PERCUSSIONS / GAINDE

セネガル出身のジェンベ奏者、オマール・ゲンデファル率いるベイ・フォール・パーカッションによるセネガリーズ打楽器アルバム!乾いたテンションの高いジェンベ&サバール・アンサンブルが展開されています。伝統音楽のディープさと、今日的なグルーヴ感がミックスされ、POPとさえ言えそうな感覚も垣間見せます。ラストはテクノと生音ドラムのミクスチュアー・トラックとなっています …

続きを読む>

LES TAMBOURS DE BRAZZA / SUR LA ROUTEE DES CARAVANES

カルリーニョス・ブラウン&チンバラーダとの打楽器合戦でも名を上げた、ブラザヴィルのフォルクロール打楽器隊~エミール・ビヤイエンダ率いる13人のタンブール・アンサンブル=レ・タンブール・ド・ブラザの6枚目のアルバムにして20周年記念盤~「キャラヴァンの道」は高速パーカッション隊と厚いポリフォニックハーモニーが織りなすフォルクかつPOP&ハイブリットな打楽器ルン …

続きを読む>

MANUEL WANDJI / VOYAGES & FRIENDS

80年代にパパ・ウェンバ、レイ・レマ・バンドに参加し、頭角を現し、近年はアフロ・レゲエバンド「WAMBO」のリーダーとして活躍するカメルーンとフランス人のハーフのパーカッショニスト、マニュエル・ワンジ。彼がマヌ・ディバンゴ、ケニー・ムハマッド、カレイス・フォトソらを巻き込み、5年がかりで制作したニューアルバム、12年作。「VOYAGES and FRIEND …

続きを読む>

go top