AMALIA RODRIGUES / AMALIA SINGS TRADITIONAL FADO

〈ファドの女王〉アマリアが残したトラディショナルなファド・ナンバーを集めた編集盤! 〈ファドの女王〉アマリア・ロドリゲス(1920〜99)。56年「暗いはしけ」のヒットを皮切りに、その名声は世界的に広まっていった。当時アマリアはマルシャや外国曲なども含めた多彩なレパートリを数多く録音していたが、本作では50年代録音に残した伝統的なファド・ナンバーを中心とした …

続きを読む>

JOAO CAVALCANTI / GARIMPO

北東部音楽やファドの要素が混じった注目の新作!! リオ南部の上流階級育ちの男性たちで組まれたラパ系サンバ・グループ“カスアリーナ”のリーダー、ジョアン・カヴァルカンチが、2013年の“PLACEBO”以来となるアルバムを発表。今回はサンフォネイロ(アコーディオン奏者)のマルセーロ・カルジが参加し、北東部音楽のカラーを演出している模様。タイトル・トラックはギタ …

続きを読む>

AMALIA RODRIGUES / FADOS 67

ファドの女王アマリア・ロドリゲスの名作を豪華な特典やブックレットを付けて復刻する試みが進んでいる中、またまた凄いアルバムが登場しました。 今回は1967年にLPで発表されたアルバム『アマリア 67』(IYR-5266/現在は廃盤)をベースに、様々な貴重音源を加え3枚組にした作品です。1966年にEP3枚で発表されものをLPにまとめたのがアルバム『アマリア 6 …

続きを読む>

AMALIA RODRIGUES / LIVE IN PARIS

★アマリア・ロドリゲス/ライヴ・イン・パリス~ボビノ&オランピア アマリアが世界に向けて飛び立ったパリにおける2公演から選曲したライヴ音源集 ! 〈ファドの女王〉アマリア・ロドリゲスがその活躍の場を世界に広げるきっかけとなったのが、50年代後半のパリにおける成功だった。本作はかつて〈Paris 1960〉のタイトルでLP化されていた60年ボビノにおけるライヴ …

続きを読む>

VICENTE DA CAMARA

ファドの聖堂CNMのアーカイヴ・シリーズ第1弾 貴族ファド最後の大物の50年代録音! マリア・テレーザ・デ・ノローニャの親戚筋にあたる男性ファド歌手ヴィセンテ・ダ・カマラ(1928年生まれ)は、20歳のとき国営ラジオで歌手デビュー。早くから注目を集めるようになった彼は50年代初頭にレコード・デビューを果たし、現在までファドのトップ歌手として君臨している。本作 …

続きを読む>

RICARDO RIBEIRO / HOJE E ASSIM

リカルド・リベイロの5作目(2016年作)。その歌声はますます安定感が増し、体重も増し? 新作のファドのみならず、シャンソン 「Chanson D’automne」シャルル・トレネや、ネルソン・ゴンサルヴィスの「Serenata do Adeus」サンバ歌謡などを取り上げ、自らのファドの恰幅を広げる試みも。ちょっと歌馬鹿(褒め言葉)の雰囲気も漂う …

続きを読む>

CAMANE / INFINITO PRESENTE

    弟のエルデル・モウティーニョは幅広く紹介されていますが、日本ではあまり大きく紹介されて来なかった男性ファド歌手のカマネー、どうですか、この横顔、うつむき加減!?もう、ファドーッ!って、感じじゃないでしょうか?とかなんとか、調子のイイことを言ってますが、でも、youtube リンク聞いてみて下さい。嘘じゃないことはご理解いただけるは …

続きを読む>

V.A. / FADO MUNDO

★ファド・ムンド 11人の女性ファド歌手が多彩なアレンジのファドを歌う画期的プロジェクト! ファド新世代を代表する女性歌手アナ・ラインスやデボラ・ロドリゲスらを輩出してきたポルトガルの新進気鋭レーベル〈Seven Muses〉からユニークな作品が登場した。数々のアーティストのアレンジやプロデュースを手掛けてきたアンドレー・サントス(クラシック・ギター)とウー …

続きを読む>

ANA LAINS / PORTUCALIS

★アナ・ラインス/ポルトゥカリス イヴァン・リンスがゲスト参加! ファドを超越し、最高に洗練されたポルトガル・ポピュラー・ミュージックが生まれた! 新世代ファドを代表する女性歌手のひとりアナ・ラインスが、2011年の『クァトロ・カミーニョス』以来6年ぶりとなる新作を発表してくれた。以前よりファドをベースに、様々な音楽の要素を取り入れた新しいポピュラー・ミュー …

続きを読む>

ANDRE VAZ / FADO

この秋来日公演が決定! 情熱のファディスタ、待望の日本デビュー盤! 復興の気運が高まる現在のファド・シーンにおいて、その中心的存在のひとりと言えるのが男性歌手アンドレー・ヴァスだ。ファドを愛好する家庭に生まれ、家族だけでなく周囲の影響もあって幼少期からファドに親しむ。その後名門ファド・ハウスや映画、ファド歌劇などに参加し頭角を現した彼が発表した待望のデビュー …

続きを読む>

GONCALO SALGUEIRO / SOMBRAS E FADO

“ファドの王子様”が多彩なヴォーカルを聴かせる2017年作! その爽やかなルックスで女性ファンを虜にするイケメン男性ファド歌手ゴンサーロ・サルゲイロが新作を発表した。ベテランの人気女性歌手マリア・デ・フェが経営するファド・レストランで歌手活動をスタートさせた彼は、2000年には約1年間のロングランとなったミュージカル『アマリア』に出演し、不動の人気を獲得した …

続きを読む>

MAJA (MAJA MILINKOVIC) / FADO E SORTE

ファドへの愛をその歌声に ボスニア・ヘルツェゴビナからやってきたファドの新星!! 異色の経歴を持った女性ファド歌手が登場した。マーヤ・ミリンコーヴィックはボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォ出身。同国でポップ・ロック歌手としてデビュー、高い人気を得ていたが、ファドに出会い、中でもアマリア・ロドリゲスの歌声に心惹かれ、ファド歌手としての新たな人生をスタート …

続きを読む>

AMALIA RODERIGUEZ / NO CAFE LUSO

入手困難となっていたアマリアの傑作ライヴ・アルバムがフランスで復刻されているのを発見!ファドの女王アマリア・ロドリゲスの最高傑作(だと思っています)!1955年、リスボンの老舗ファド・ハウス、カフェ・ルーゾにおけるライヴ録音。アマリアが世界的な名声を得る直前の録音であり、ファド復興のキッカケにもなった一夜を記録した貴重な作品。ファドを愛する地元の人々の温かい …

続きを読む>

HELDER MOUTINHO / O MANUAL DO CORACAO

★エルデル・モウティーニョ/心のマニュアル 現在のファドの最重要人物が最高の布陣で臨んだ大人のヴォーカル作品!  新世代ファド・シーンにおいて最高の詩人/歌手/プロデューサーとして名を馳せているのが、こちらのエルデル・モウティーニョ。さらにレーベル・オウナー/プロモーターとして様々なアーティストも手掛けていて、先にライス・レコードからリリースし話題となってい …

続きを読む>

GISELA JOAO / NUA

2009年にデビューしたファドの 美人歌手ジゼーラ・ジョアン(1983年生まれ)が、 2013年ファースト・アルバムから 4年ぶりにりりースしたセカンドがこちら。 本格派ディープなファド、ということに、 声そのものが魅力的! ★ジゼーラ・ジョアン/ヌア アマリア・ロドリゲスからカルトーラまで! ファドのニュー・ヒロインが聴かせるヌード・ヴォイス! ポルトガル …

続きを読む>

go top