ELEONORA ZOUGANELI, STAMATIS KRAOUNAKIS / TI NA LEME TORA

スタマティス・クラウナキス(1955-)、40枚以上のアルバムと、50回以上の劇場演劇のために曲作りをして来た人気作曲家ですね、当店既入荷品でも、ディミトラ・パピウやエリー・パスパラ、ディミトラ・ガラー二ほか、玄人好みの実力派女歌手に曲を提供し、プロデュースも兼ねて来ました。今回、そんなクラウナキスのお眼鏡にかなったのが、ヤニス・ズガネリ(人気俳優にして歌手 …

続きを読む>

KATERINA KOUKA ‎/ FYSAEI TRELOS VORIAS

1 Φυσάει Τρελός Βοριάς 3:48 2 Δεν Αλλάζω Γνώμη 3:20 3 Έρωτας Φονιάς 3:20 4 Μεγάλες Αγάπες 2:32 5 Δεν Κοιμάται Ο Θεός 2:49 6 Ήσουν Καπνός 3:00 7 Της Ερημιάς Οι Βράχοι 2:58 8 Νυχτώνε …

続きを読む>

HAROULA LABRAKI / 20 MEGALES EPITYCHIES

    ハルラ・ラブラキ、イオニア海に面したエピルスの小さな村、カコヴァトス出身の女性歌手、63年にシングル・デビュー、以降100枚近いシングルを吹き込み、1974年のファースト・アルバム以来、2009年までに21枚のアルバムを残し、現在はゆったりと引退後の生活を過ごしているようです。ところで、このフルーラ・ラブラキ、エピルスの海沿いの村で育ち、土地の民謡に …

続きを読む>

VIKY MOSHOLIOU

ALL-TIME BEST 4CD !!   ヴィキィ・モスホリウ、1943年アテネ生まれ、60年代初めからクラブで歌い出し、グリゴリス・ヴィツィコツィスの推薦で、スタヴォロス・ハルハコス作曲ナンバーを初シングルとして吹き込んだのが64年、翌年リリースのシングルも大ヒットし、以降、05年に亡くなるまで、60枚近いアルバムをリリースしたスター歌手でした。また、 …

続きを読む>

VIKY MOSHOLIOU / TA BIZOUDAKIA

Originally released in 1993 on 2LP by Eros Music   ヴィキィ・モスホリウ、1943年アテネ生まれ、60年代初めからクラブで歌い出し、グリゴリス・ヴィツィコツィスの推薦で、スタヴォロス・ハルハコス作曲ナンバーを初シングルとして吹き込んだのが64年、翌年リリースのシングルも大ヒットし、以降、05年に亡くなるまで、 …

続きを読む>

EFTIHIA PAPAGIANNOPOULOU, V.A. / TO TELEFTAIO VRADY 1951-1973

エフティヒア・パパヤンノプル (1893-1972) アナトリアのスミルナ生まれ、1919年にギリシャへ渡り、アテネに住まい女流作詞家として活躍しました。主に、ヴァシリス・ツィツァーニス、アポストロス・カルダス、マノス・ハジダキスらとともに、1950〜60年代にかけて、ライカ創生に残る多くの人気曲を生み出しました。ギリシャでも、エフティヒアの名は作曲家たちの …

続きを読む>

KATERINA KOUKA / APOPSE DEN THA KOIMITHEI KANEIS

イイ、ジャケットですねえ、グッと来ます。プロペラ戦闘機のタラップを降りて、ブズーキ、アコーディオン、バグラマー、ダブルベースに囲まれて、さあ、ショーの始まり、しかもタイトルは『今夜は誰も眠らない』と来た!いかにも音楽と酒、そして男がいて女がいてこそ生きる理由(?)ギリシャ人ならではの王道ライカです!このカテリーナ・クーカ1960年生まれ、88年にアルバム・デ …

続きを読む>

HARIS ALEXIOU / 12 LAIKA TRAGOUDIA

ハリス・アレクシウ、1975年のファースト・ソロ・アルバムです。この時、24歳、若いのに、このディープさ、既にギリシャ歌謡として、その歌声は完成していると思います。後年、一国を代表する女性歌手となるわけですが、さすがハリスです。たぶん、もっと若い頃から、その歌は出来上がっていたんでしょうね。それは努力してどうこうなるというものではないように思います。こちらは …

続きを読む>

MELINA ASLANIDOU / STO DROMO

メリーナ・アスラニドゥ、1970年ドイツ、シュトゥットガルト生まれながら、ギリシャ西部に位置する古代マケドニアの中心地だったヤンニスタで育ち暮らしたそう。その後、オイ・アペンナティというグリーク・トラッド系バンドで活躍した後、2003年にソロデビュー・アルバムをリリース、その後は、ダラーラスのツアーメンバーを長らくつとめて来ました。本CDは、02年の03年の …

続きを読む>

go top