MARIA PAPAGEORGIOU / MNIMI

Μαρία Παπαγεωργίου   1984年、西マケドニア生まれの女性SSW、マリア・パパジョルジュウ、デビューSOLOアルバム作(初録音は、2010年〜ソングライターのニコス・ハルヴァツィスと共同名義でアルバムあり、2013年にはシングルもリリース)。アルバム・タイトルは『記憶』。自らのギター(orピアノ)弾き語りを中心としたアコースティ …

続きを読む>

NATASA THEODORIDOU / ANISIHOS KEROS

ギリシャ美人歌手ナターシャ・テオドリドゥ20156年の14作目です。これまでにリリースした13枚のアルバムはギリシャにおいて、すべてプラチナムもしくはゴールド・アルバムとなっています。1960年以来の統計ですべての女性歌手の中で12番目にレコード&CDを売った女性歌手ということで(もちろんTOP はハリス・アレクシーウでしょう…?)、1990年代後半のデビュ …

続きを読む>

ILIAS ZOUTSOS / RIZA

>こちらが2012年のファースト、そして本盤『RIZA (ルーツ)』が2013年のセカンド・アルバムとなります。アテネ生まれながら(両親はクレタ島出身)、擦弦楽器リラを奏でて歌うニシオーティカ伝統派(一方、クラシック系のヴァイオリン・ソロイストとしてもアテネ交響楽団をそれにしても名高いそうですが…)。それはそれとして、今作ゲストはヤニス・ペトラキ …

続きを読む>

ESTOUDIANTINA NEAS IONIAS / SMYRNE, TEARS ON GLASS

久々の再入荷〜19世紀末から20世紀初頭にかけスミルナ(イズミール)に実在した楽団名を冠し00年代半ばに結成されたという“エストゥディアンティーナ・ネアス・イオニアス(30人編成!)”の名作2点をカップリングした2CDです(”SMYRNE”03+”TEARS ON GLASS”06)! CD 1 1. Emba …

続きを読む>

KOSTIS MARAVEYAS / KATASTROMA

待たされましたよ、マラヴェイヤス!3年ぶり!〜スチャラカ社員さん年間ベスト10入り!http://sucharaka-sucharaka.blogspot.jp/?spref=tw 「ギリシアの(自作自演)歌手のくせに歌はあまりうまくありません、というか下手です。が、この人のどこかすっとぼけて飄々とした、二枚目半のそこはかとない哀感を漂わせているところがけっ …

続きを読む>

GLYKERIA / AKOLOUTHISA ENA ASTERI

ウワッ!なんか、とんでもない3等身イラスト・ジャケですね。松田聖子かと思いましたよ…。が、裏腹に、ややハスキーな発声が辿るギリシャ的メリスマの濃い味わいが存分に楽しめる作ですよ。近年とみにそのディープな歌い口が耳を引く、レベーティカ / ライカ / ニシオーティカ /ディモーティカ、何でも歌いこなす万能のヴェテラン女性歌手、キプロス生まれのグリケリア、201 …

続きを読む>

MELINA ASLANIDOU / ME FONAZOUNE ME TO MIKRO MOU

メリーナ・アスラニドゥ、1970年ドイツ、シュトゥットガルト生まれですが、育ったのはギリシャ西部に位置する古代マケドニアの中心地だったヤンニスタということです。オイ・アペンナティというグリークトラッド系バンドで活躍した後、2002年にソロデビュー・アルバムをリリース、以降、ダラーラスのツアーメンバーもつとめていましたが、同じくHEAVEN レーベルの看板、ハ …

続きを読む>

PAULINA VOULGARAKIS / LABYRINTHS

1990年生まれのSSW、パウリーナ・ブルガラキス、2014年のデビュー・アルバム再入荷です。といっても見逃していました。初入荷はこの秋、そのジャケのポートレイトのクールビューティーぶりに惹かれての入荷。一昨年から去年にかけてギリシャでヒット、大きな話題を呼んだアルバムとのことだったので…。 で、ほとんどの曲が自作自演、ゲストはグリークロックの雄 …

続きを読む>

VIKY KARATZOGLOU / TA ONIRA MOU ALITHINA

近年もアテネのテアトル・ミクロ・パレスでアンコール上演が続いているという人気ミュージカル “ΉΡΩΕΣ” に出演し注目を集めた女性歌手、ヴィキー・カラツォグルのファースト・アルバムとのこと。ギリシャ歌謡ファンとしては、ヴェテラン女性歌手のグリケリアや、作曲家にしてブズーキ奏者、クリストス・ニコロプロス(ダラーラスとデュオ・アルバムもあ …

続きを読む>

MARIZA RIZOU / MEGALI YIORTI

アテネ在、2007年にキャリアをスタート、その後、アムステルダムでジャズ・ヴォーカルのレッスンを受けたそうですが、2012年ビッグバンドを従えたジャジーなボサノーヴァ・ナンバーをシングルでリリースし注目され、翌2013年のファースト・アルバム “Glyko Proi (=Sweet Morning)” で成功、で、2016年10月に本 …

続きを読む>

THEODOROS KOUELIS & V.A. / ATRAPOS, Se Mousiki Theodorou

入荷の度にHPに出す暇もなく売り切れてしまう人気アイテムです。すみません!今回は多めに仕入れさせていただきました。〜作曲家でベーシスト、テオドロス・クエリスの新作!ということで、この男、自らは歌わず、ちょっとばかりダニエル・ラノワっぽい作風の(?)陰影あるグリーク・トラッド曲を綴ります。で、ギリシャの作曲家アルバムならではの、玄人好みの男女ゲスト歌手が参加し …

続きを読む>

go top