CHUCHO VALDES / CANTO A DIOS

アフリカ文化へのリスペクトを、曲ごとにテーマを決め表した内容で、2曲目はサンテリーア、3曲目はジャズ、ブルースの生みの親ミシシッピー、4曲目がニューオリンズ、そして最後の曲では、アフリカそのものへ、それぞれ捧げています。彼のピアノとイラケレからの抜粋メンバー、さらにストリングスやホーンセクションなどを曲ごとに起用するなど、かなり練り込まれたアイデアが、組曲の …

続きを読む>

V.A. / AUTOUR DE CHET

ジャンルの垣根を超えてフランスの新世代によるチェット・ベイカー・トリビュート アルバム。バンジャマン・ビオレー、エリック・トリュファ、サンドラ・ンカケ、ヤエル・ナイム、 ステファヌ・ベルモンド…。21 世紀的な仕上がりです。(エクスポーター資料から) 1. BORN TO BE BLUE (HUGH COLTMAN + ERIK TRUFFAZ) …

続きを読む>

BOJAN Z × JULIEN LOURAU / DUO

マグリット風な美しいジャケです。以前からデュオ演奏を続けてきたボーヤン・ズルフィカルパジッチ(p)とジュリアン・ルーロー (sax)の初CD。フェンダーローズ&ピアノ、ソプラノ&テナーサックスによる美しい即興です。 こちらは49分のライブ映像▽ http://culturebox.francetvinfo.fr/festivals/jazz-sous-les …

続きを読む>

V.A. / 大名古屋クラシック

SP音源復刻レーベル”ぐらもくらぶ”の初となるクラシック集! 大名古屋の文化遺産はレコードにあり! 中部地方唯一のレコード会社アサヒ蓄音器商会が残した洋楽レコード群。それは、芸どころ名古屋が音楽芸術の都でもあったことを伝える”秘密の宝箱”だった!鈴木ヴァイオリンの鈴木三兄弟と作曲家・高木東六の共演。洋楽黎明期に活躍した幻のピアニスト小 …

続きを読む>

V.A. / ACCORDION IN AMERICAS 1949-1962

テカ・カラザンス&フィリップ・ルサージュ監修選曲解説の南北アメリカのアコーディオン集3CD。何と言っても、まずブラジリアン・アコーディオンのCD1、シキーニョ・ド・アコルジオンがいっぱい聴けるところ、ナイスですね。このシキーニョ収録が本3CDのキモと言っていいでしょう(今、CDでは他で聴けなかったんじゃないでしょうか?)。元アコ奏者だったジョアン・ドナートも …

続きを読む>

BAESHI BANG / (Vintage K-pop Revisited)

またまた再入荷!捨てがたい作です。イニシャルズ BB。「ベシ・バン」を名乗るフランスのインストルメンタル・クインテット。エチオ・ジャズバンドAKALE WUBE のリーダーでサキソフォニストのエチエンヌ・ド・ラ・サイエットとその仲間たちによる、60年代韓国の人気男性歌手、ベ・ホ BAE HO (배호1942-1971) へのオマージュ・プロジェクト。ベ・ホの …

続きを読む>

V.A. / BAICHASONG LIVE ST SMILES JAZZ

Live recording at Smiles Jazz & Bistro on Sunday 8 June 2014 〜 タイの優良インディーレーベル、 バイチャソングのオールスターによる ライヴ・レコーディング! track list 1. Now’s baicha time 2. รักเอยอยู่ที่ไหน – บรรณ 3 …

続きを読む>

ARTYOM MANUKYAN / CITIZEN

★アルティョム・マヌキアン『シチズン』 ジャズを基軸に、アルメニア音楽~クラシック~エレクトロニカ/ヒップホップを自由自在に融合させる驚異の若きチェロ奏者、アルティョム・マヌキアン。アルメニアで生まれ、2011年にLAへ移住。ティグランやバハグニといったLA発アルメニアン新世代派としてジャンルを超えて大注目を受ける演奏家。強靭なソロが始まる冒頭曲から、ダビー …

続きを読む>

ESTER RADA /S/T

  イスラエルで人気の高いエチオピア系(ベタ・イスラエル系)女性(R&B歌手エステル・ラダの2014年作、1st.フルアルバム!基本的にアーバンなR&B~ソウル路線ながらも、隠しきれないエチオピア節が彼女の個性です。ヨーロッパで頻繁にライヴを行い、日本でもJazz The New Chanpterで取り上げられました。 プロデューサ …

続きを読む>

GUILLAUME SEGURON & CATHERINE DELAUNAY, DAVU SERU / LA DOUBLE VIE DE PETRICHOR

Nato からの新譜です。南仏ニーム出身のベーシスト、ギヨーム・セギュロン、ブルターニュはサン・マロ出身のクラリネット奏者カトリーヌ・ドローネイ、ミネアポリス出身のドラマー、ダヴ・セルのトリオ。マチアス・レーマン画のBD イラスト11 葉に描かれた、ペトリショール氏の雨粒解放物語。ニーナ・シモン、アート・ブレイキー、ボブ・ゲラン、スペインの労働者ストライキな …

続きを読む>

PULCINELLA / L’EMPEREUR

トゥールーズの結成10 年になるクアルテット。イタリア仮面劇「プルチネルラ」をバンド名にする雑食性のジャズ。バルカン、アルゼンチン、インド、パンクロックなんでもあり。サクソフォン(+フルート+メタロフォン)、アコーディオン、コントラバス、ドラムスの芸達者なインスト技量と独創的なコンポージング。4枚目のアルバムです(サプライヤーインフォより)

続きを読む>

CIE GUILLAUME LOPEZ / MEDEIN’AQUI

オクシタニア、トゥールーズのシンガー・マルチインストルメンタリスト、ギヨーム・ロペスの新プロジェクトはトゥールーズから南下してアンダルシアを経由して、マグレブのトレムセン(アルジェリア)までの旅。オクシタニア・トラッド、ミュゼット(アコーディオンは名手ティエリー・ロック)、ジャズ、シャービ、ベルベル歌謡に至るまで、出会いと対話とハーモニーの冒険。(サプライヤ …

続きを読む>

DIDIER ITHURSARRY QUARTET / KANTUZ

  バスク出身のアコ奏者ディディエ・イツルサリのクアルテット。 Jean-Charles Richard(sax), Joe Quitzke (dms), Matyas Szandai(cb)。 オリジナル曲+バスク・トラッド+ 反骨歌手フランソワ・ベランジェの 曲など 12 トラック。 1. KANTUZ / 2. LEHO SONG / 3. …

続きを読む>

DIANA PALAU & JOEL MORENO CODINACHS PROJECT PLAYS

74年生まれの女性歌手ディアナ・パラウと、73年生まれのギタリスト、ジョエル・モレーノによるバルセロナのデュオ・ユニット。ディアナのナチュラルな歌声、セミアコ系の柔らかなギターの音色に、曲によりベース、ドラムス、ピアノ、サックス/クラリネットなど加えたジャズですが、ガーシュウィンやジム・ホールのナンバー、トム・ジョビンやレニーニのブラジリアン・チューン、ビー …

続きを読む>

go top