EBEMESER OBEY / I NO DIE O !

  オベイ2020年新作です。トリビュートやアニヴァーサリー企画盤ではなく、オリジナルな新作です。が、ジャケ、ピンぼけてます。音楽的には特にボケたところはありませんが、寄る年波、ということもあるでしょう… 。が、オベイ・マニアにはオススメしましょう。まだまだ元気です。70分超えの新作です。スライド・ギター相変わらず、素晴らしい!

続きを読む>

SEGUN ADEWALE / EVER GREEN SONGS

シナ・ピーターズとともに活躍した “SIR SHINA ADEWALE” スーパー・スターズの頃のCDはけっこう出ていたのですが(近年バックオーダー困難)、シナ・アデワレ解散後の、セグン・アデワレのその後のアルバムが全然CDで見当らないので、不思議に思っていたのですが、やっと1枚。タイトルは “EVERGREEN SONG …

続きを読む>

KAYODE FASHOLA / AJA TO NLEPA EKUN

1950年代~IKダイロとともにナイジェリアン “ジュジュ・ミュージック” のパイオニアとされたアインデ・バカレのグループに在籍中、ギタリストとして頭角を現し、1960年代~バカレの死後、彼のグループを “ミュージック・メイカーズ” と改名し受け継いだのがこのカヨデ・ファショラでした。いわば、IKダイロやアインデ・バカレの旧スタイルと …

続きを読む>

FASCO DAGAMA / SUPER PAGE ONE

ベニンのレーベルから発売された1979年のジュジュ・アルバム、ヨルバ系であることは確かですね。1982年にはナイジェリアのレーベル(アフロデシア)からLPをリリースしていますから、ナイジェリア側のヨルバなのか、どうか。ナチュラルギターのような単音奏法、アパラのようなドゥンドゥン・アンサンブル多用、なかなか魅力的です。   1−1Mo Nilw Ol …

続きを読む>

FEMI SOLAR / HIGHRISE

フェミ・ソーラー2020年の最新作、深沢美樹センセーにリクエストされて気づき、スワッとオーダーしたものの、ことのほか入荷が遅くなってしまいました。というのも、去年の11月にレゴスから航空便で送ってもらった荷が、5ヶ月以上かかって、やっとのこと着いたからですが(まったく遅い飛行機ですなあ…って、そういうことじゃなくて、コロナ禍による航空便制限で後ま …

続きを読む>

MICHO ADE / AFRICAN LEADERS

ナイジェリア盤CD、全然入荷しないんで、ストック漁っていたら、おお、出て来ましたねえ、これはなかなか!アデなんて名乗っているんで、バッタもんかと、品出しもせず、そのままになっていたんでしょうか?思い出せませんが、通り名はミッチョ・アデ、正式名は、Chief Michael Adedayo だそう。1980年代初め頃から JUJU アーティストとして活躍してい …

続きを読む>

EBENEZER OBEY-FABIYI / SPECIAL RELEASE FOR DR. RAMON ADEGOKE ATOBATEE ADEDOYIN

オベイ74歳のリリースです! しっかし、オベイ・バンドのギター重奏&パーカッション・アンサンブル、何気なくも、どんどんスゴイことになっているような気がします。ライヴ映像観ると、オベイとともに高齢化している伴奏陣ですが、職人達の精進というものはアーティスティックであることを超えるもの、かも知れませんね、…ちなみにオベイは最近、歌に専念、という感じで …

続きを読む>

KING SUNNY ADE / VOL.8, LATE PA YOHANNA GOWON

コレはタマリませんな! 1973年 “アフリカン・ソングス” のサニー・アデ、ナイジェリア盤〜ハイライフ風味をしみじみと残しながらも、既にリズム&演奏パターンはユル〜くシンクロ・システム指向、とでも言いましょうか?同年後半には、あの” SYNCRO SYSTEM MOVEMENT ” もリリースされるわけで、サニー・アデのハイパーなジ …

続きを読む>

EBENEZER OBEY / ALO MI ALO

70年代半ばのエベネザー・オベイ、実に“個性的”だったというべきでしょうね、試行錯誤というのではなしに、1作1作その都度、流動的なジャム・バンド・スタイルの中から浮かび上がるオベイ節、その場限りの再現性低いセッションと聞こえたりしますが、そんなことはありませんよ。オベイの歌声と不揃いなコーラスが、しだいに主題メロディーをたどり、コール&レスポンスの反復を開始 …

続きを読む>

EBENEZER OBEY / OSE, Thank You

これは気持ちイイ! 幾何学的なギターリフの入り組が、80年代らしい寿々ファンクネスを豊穣に醸し出しています! 1983 Chief Commander Ebenezer Obey & His Inter-Reformers Band Thank You (Ose) (Obey OPS 002) [A] Mo Lo Mo Won Lowo / E Fo …

続きを読む>

I.K DAIRO & HIS BLUE SPOT BAND / IBA F’OBA OLUWA MI

I.K. DAIRO = Saiah Kehinde Dairo (1930–1996) ということで、20世紀の終わり近くまで生きた I.K.ダイロのこと、もっと新しい録音があってもイイはずと思っていたところ、これは新しいですね!1988年の録音になるそうです(不確かですが)。が、なるほど、音が新しい、ヴォーカルも実に落ち着いた感じ。しかも、アデやオベイら …

続きを読む>

go top