V.A. / CLASICOS DE LA CUMBIA PERUANA 1990-2013

1990年代前半から2013年までのクンビア・ペルアーナをたっぷり詰め込んだ2枚組コンピレーションです。もろもろヒット曲が無造作に並んでいるだけですが、テクノ・クンビアを引っさげ一世を風靡した女性歌手ロシー・ワールをはじめトニー・ロサード、コラソン・セラーノ、アグア・マリーナ、アルモニア10、エルマノス・ヤイペン、マリソル、グルーポ5、グルーポ・ネクタルなど …

続きを読む>

V.A. / BAILA CON GANAS !

これは素晴らしい!ペルー産現行クンビア、レゲエ、レゲトン&よくわからないトロピカル・ベースのコンピ。なぞの展開とDJでもハッとさせられる妙な打ち込み、と思ったら甘いバチャータ。で、終わるのかと思ったらランバダまで登場。この流れで聴くランバダの臨場感ったらありませんね。エネルギーに溢れながら哀愁もあります。動画からどうぞ!ラテン音楽のピュアなエネルギー!最高! …

続きを読む>

TOTO LA MOMPOSINA / CARMELINA

コロンビアのフォークロア音楽を採集再生し、キューバなど、他のアフロ・ラテン音楽の要素を取り入れ、パン・カリブ的な軽快かつ深みある音楽を造り上げたコロンビア女性歌手トトー・ラ・モンポシーナの1995年録音盤。本作では、ガイタやポロといったコロンビア音楽を収録〜しかもソンやグァラーチャ風味もそこはかとなく漂い、アコースティック・ミクスチュアーの妙を聞かせます。な …

続きを読む>

SYSTEM SOLAR / SYSTEMA SOLAR

★システマ・ソラール 『システマ・ソラール 』コロンビア発、音と映像の実力派コレクティヴ7人組。クンビア、ブジェレンゲ、ポーロ、またアフロ色濃厚なチャンペータなどを、エレクトロニカやダンス・ホールと大胆にミックス。尖鋭的なエディットのなかに、カリブ海沿いのアーシーなエレメントも散りばめた快楽度100%のトロピカル・ダンス・チューン満載!入手困難だった1stか …

続きを読む>

BUYEPONGO / TODO MUNDO

★ブイエポンゴ『トド・ムンド』 LAの重要プロデューサー、カルロス・ニーニョとも深い交流をもつロサンゼルスのトロピカル系バンド、ブイエポンゴの初アルバム。ロングビーチのゲットーでGファンクを聴いて育ち、後にガリフナ~カリブ~アフリカの音楽に影響を受けて独自のサウンドを創出している。アフロ色濃厚な(2)、エチオピアン・ファンク色濃厚な(3)、DJ必聴のメレンゲ …

続きを読む>

LA CUNETA / MONDONGO

80年代、サンディニスタ革命で知られる内戦で荒れた中米のニカラグア。現在、大きく復興を遂げるなかで、若者からNo.1の人気を掴むグループがこのラ・クネータ。結成は2009年、現在のメンバーは7名。伝統楽器であるマリンバを中心に、ロック、スカ、クンビア、ヒップホップも混ぜ合わせ、トロピカル風味溢れる甘さと南米の土臭さ、そして生活に密着した歌詞で構成されたミクス …

続きを読む>

GREGORIO URIBE BIG BAND / CUMBIA UNIVERSAL

コロンビア出身のヴォーカル/アコーディオン奏者、グレゴリオ・ウリベ。ボストンの名門バークリー音大に学び、現在はニューヨークをベースに活躍する俊英です。本作は彼が率いるビッグバンドの2015年のデビュー作。クンビアをはじめとするコロンビアのリズムをデューク・エリントンにインスパイアされてきたというビッグバンド・サウンドで編み上げています。とはいえ、過剰にジャズ …

続きを読む>

VIENTO CALLEJERO / El Remolino – Yolanda

[7″EP] VIENTO CALLEJERO “El Remolino”/”Yolanda” チカーノ・バットマンのドラム奏者、元サンタ・セシリアのグロリア・エストラーダら実力派演奏家が結集。東京のDJの間でも人気が高いクンビア・ユニットによる7インチ盤。A面は強烈にドライブする新曲、B面はDJに …

続きを読む>

CHICO TRUJILLO / REINA DE TODAS LAS FIESTAS

☆チコ・トルヒージョ/すべての祝祭の女王さま チリのパンキッシュ・クンビア・バンドが、さらにパワーアップして戻ってきた! パンキッシュなテイストを持つクンビア・バンドとして知られてきたチコ・トルヒージョはチリ中部のビラ・アレマーナにて1999年に結成。これまでにニューヨークのバルベス・レコードを通じて世界にそのサウンドを発信してきた彼らが発表した2015年最 …

続きを読む>

V.A. / PSYCHEDELIC CUMBIA

老舗グループから新鋭までを網羅したB級感がたまらないクンビアの編集盤! もはや一過性のブームではなくその人気が定着した感のあるクンビア。本作はそのクンビアが1960年代後半のロックやヒッピー・カルチャーの影響を反映していく様をとらえた編集盤だ。本場コロンビアの老舗グループはもちろん、「サイケデリック・クンビア」ことチーチャを生んだペルーのグループ、さらにその …

続きを読む>

V.A. / AYAUASCA, CUMBIA PSICODELIAS VOL.1

★こちらも夏向き!ジャケもOK、B級ならではのカッコよさ、 ペナペナのグルーヴがたまりません! 〜V.A. / アヤウアスカ-サイケデリック・クンビア VOL.1 ●ペルー産サイケデリック・クンビアは60年代の英米発のサイケデリック・ロックとコロンビア発の伝統的クンビアが合わさり、アマゾン流域世界を彷彿させる湿り気のある催眠的なギターとシンセが組み合わさった …

続きを読む>

PALENQUE LA PAPAYERA / RAMON EN PALENQUE

メキシコでパレンケと言えば、マヤ遺跡ですが、コロンビアでパレンケと言えば、由緒ある逃亡奴隷のコミュニティーのこと(残存するパレンケは“パレンケ・デ・サン・バシリオ”のみだそうですが)。そこは、インディオとムラート、そして黒人達のおのおのの音楽が交わった場所であり、クンビア系リズムの生まれ故郷かも?ともされています。ま、そんなパレンケの文化を引き継いだカリブ海 …

続きを読む>

LOS DISCO DURO / Te Lo Creo – Muchchada

Lado A: Te Lo Creo Lado B: Muchchada ベイエリアで活躍するクンビア~エレクトロニカDJ、DJ ROGER MASがLOS DISCO DURO名義でリリースした7インチ盤。ヴォコーダー(?)を使った歌入りクンビア・ディスコ・エレクトロニカ。スペイン語のヴォーカル、キーボードによる哀愁のメロディ・フック、そしてカウベルが入っ …

続きを読む>

LOS DISCO DURO / Ritmo Pegajoso – La Culebra

Lado A: Ritomo Pegajoso Lado B: La Culebra ベイエリアで活躍するクンビア~エレクトロニカDJ、DJ ROGER MASがLOS DISCO DURO名義でリリースした7インチ盤。ヴォコーダー(?)を使った歌入りクンビア・ディスコ・エレクトロニカ。スペイン語のヴォーカル、キーボードによる哀愁のメロディ・フック、そしてカ …

続きを読む>

QUITAPENAS

ジャングル・ファイヤーのメンバーがプロデュースする若手実力派の1st。コロンビアのクンビア、中米のプンタ、ペルーのチチャ…中南米に散らばる辺境系トロピカル・サウンドを徹底的に探求した圧巻の演奏。メンバーはロサンゼルスの移民2世たち。社会・政治意識も高いラティーノ・オーディエンスを相手に、ライヴで徹底的に鍛え上げてきた腕前は流石の一言。粘っこいギターが唸る高速 …

続きを読む>

go top