MARIKA PAPAGIKA / OI FONÉS TOU REMPÉTIKOU 3

マリカ・パパギカ(1890-1943 ドデカネス諸島のコス島出身)、彼女を、ギリシャ音楽SP時代の人気女性歌手の一人として数えることに異を唱える人はいないでしょう。 1918年から29年にかけて 225回のレコーディングが残しました。サントゥール、チェロ、ヴァイオリン、そしてクラリネットの組み合わせで様々な印象を残す伴奏が、パパギカの歌の陰影に。多くの写真を …

続きを読む>

PUMPUANG DUANGJAN (พุ่มพวง ดวงจันทร์) / (Masterpiece Collection)

2CDのジャケに明記されていること ” พุ่มพวง ดวงจันทร์ – รวมฮิตทุก พ.ศ. Masterpiece Collection” 〜を訳すなら、「プンプアン・ドゥアンチャン – あらゆる時代のヒット曲すべてを収録したマスター・ピースコレクション」という意味かと思います。で、CDジャケ …

続きを読む>

JUANITA CUENCA / NIÑA BONITA TE LLAMAN

スペイン出身 / スペイン〜ポルトガルで1940-50年代に活躍した南欧ボレーロ系女性歌手、フアニータ・クエンカのベスト復刻集〜バックのオーケストレーションが、やわらかく端正な歌い口と相俟って浮かび上がる、ラテン〜南欧風味のノスタルジア、実に得難いものがあります。LPアルバムというのは(編集盤も含めて)見たことのない人、後年、CDで復刻された本盤はとても貴重 …

続きを読む>

TITO PUENTE / PARE COCHERO, the king of cha cha cha, mambo

ニューヨークの永遠のマンボ・キング、ティト・プエンテが1952年から1955年の間に、多分ティコに録音した最初期録音を復刻したアルバムです。ヴォーカルは、キューバ出身のビセンティコ・バルデースとプエルトリコ出身のヒルベルト・モンロイグ。 基本的にキューバ・マナーで演奏されていますが、その中にすでにプエンテの美学、すなわちビッグ・バンドのアンサンブルの美しさを …

続きを読む>

PANOS GAVALAS / OI MEGALES EPITYCHIES ( the greatest hits)

パノス・ガヴァラス(1926-1988)、元はアコーディオンを楽しむ漁師だったそうです。が、ヴァシリス・ツィツァーニスに見いだされ、1956年に初録音、以降、特に60年代にはシングル録音多し、そして70〜80年代を通じても録音を残しました。本3CDは60年代録音を中心としたギリシャならではの哀愁歌謡ベストとなります。 CD 1 1 Φύγε Κι Άσε Μ …

続きを読む>

HUONG CUONG & MAI LE HUYEN / 2 TRAI TIM VANG

ベトナム、サイゴン陥落前から活躍していた男女歌手、フン・クォン&マイ・レ・ヒュエンのベスト・コレクション〜陥落前サイゴンの余韻を残す洋楽調歌曲の今様再現、とでも言えそうなナンバーが並んだベスト2CDです。渡米後もステージにともに立った夫婦デュオ、ということになるんでしょうか…。 以下▽ 同じような選曲のベスト2CDですが、異なる曲も入っています。 …

続きを読む>

DEPEDRO / TODO VA A SALIR BIEN

スペイン人気SSW、デペドロの10年間の6枚のアルバム、そのキャリアを振り返るベスト・ヒット集ながら、ルス・カサールやアンパロ・サンチェスらとのセルフ・カヴァー無観客ライヴなども含めて、目一杯サービスありの変則ベスト盤! 1 Hombre Bueno 2 Flores y Tamales 3 Déjalo Ir -Feat. Coque Malla 4 Tu …

続きを読む>

go top