QUITAPENAS

ジャングル・ファイヤーのメンバーがプロデュースする若手実力派の1st。コロンビアのクンビア、中米のプンタ、ペルーのチチャ…中南米に散らばる辺境系トロピカル・サウンドを徹底的に探求した圧巻の演奏。メンバーはロサンゼルスの移民2世たち。社会・政治意識も高いラティーノ・オーディエンスを相手に、ライヴで徹底的に鍛え上げてきた腕前は流石の一言。粘っこいギターが唸る高速 …

続きを読む>

CHICANO BATMAN / Itotiani ; Stoned Soul Picnic

人気のチカーノ・バットマンによる貴重な7インチ盤! チカーノ・バットマンの1stアルバム『チカーノ・バットマン』から人気曲「Itotiani」と最新アルバム『サイクルズ・オブ・エグジステンシャル・ライム』から「Stoned Soul Picnic」のカップリング。テキサスのBreakaway Recordsによる限定プレス。音質良好。お早めに!

続きを読む>

EL HARU KUROI / SABUNG

LA発!フルアコでボッサのリズムを掻き鳴らし、複数の言葉を繊細に響かせる紅一点エディカ・オルガニスタ、強靭なラインを紡いでいくアップライト・ベースのジャズ・マスター、マイケル・イバーラ、トラップドラムで変拍子を自由自在に創り出す打楽器、ドミニク・ロドリゲス。圧倒的な演奏力をもつ3人組!詩情溢れる佳曲「ディア・デ・ロス・ムエルトス(死者の日)」を収録した傑作1 …

続きを読む>

CHE SUDAKA / HOY

☆チェ・スダカ / オイ ●バルセロナの00年代から勃発した、メスティサヘ(混血)と呼ばれるシーン。マヌ・チャオのバルセロナの移住あたりから始まり、オホス・デ・ブルッホのブレイク、それに続く数々の移民も交えた多才な音楽家たちが才能を花開かせたシーンです。そこにカタルーニャ独自の庶民音楽、ルンバ・カタラーナが彼らにより再発見されたり、さらに近隣バスクや欧州、中 …

続きを読む>

BANG DATA / MUCHO POCO

☆バン・データ / ムーチョ・ポコ これぞGファンク( =参照>☆)、クンビア、ラテン、レゲエが融合する現在進行形のラティーノ・ストリート・サウンド!ハードコアなサウンドとメランコリーなメロディ・フック…プンプンと漂うラテン・アンダーグラウンドの匂いが最高!ウィル・ドッグ(Ozomatli)、エクトール・ゲーラら豪華ゲストも多数参加。 話題の「カリフォルニア …

続きを読む>

LO CURA / DALE DE COMER

☆ロクーラ / ダレ・デ・コメール スペイン系アメリカ人女性KATAを中心にホーンも加わる6人組。西海岸で盛り上がるクンビアにフラメンコ、ベイエリアの伝統ラテン・ファンク、スカなどの要素を混ぜ合わせたハイブリッドなサウンド。可憐なKATAのヴォーカル、キャッチーな楽曲、英語/スペイン語のバイリンガル。FUGAやオゾマトリ好きは必聴!! 直輸入盤/日本語テキス …

続きを読む>

ALBERT ZAMORA / FEEL THE HEAT

  テックスメックス界の「アコーディオンのプリンス」ことアルバート・サモラの2006年作品。「熱さを感じろ!」というタイトルに間違いなし、暑苦しいほどの男のクンビア、男のランチェラがたんまり詰まっています!

続きを読む>

LA CUNETA SON MACHIN / EL ZAFARRANCHO

再入荷しました!ニカラグア発メスティサッヘ(ミクスチャー)! 09年にニカラグアの首都マナグアで結成されたラ・クエンタ・ソン・マチーンは、中米に浸透してきたクンビアを中心に、イナタいラテンと汗臭いロック、ファンクやラップなどをミックスしていますが、ミソはやはり同地で親しまれてきているマリンバがフィーチャーされていることでしょう(マリンバ奏者は、ニカラグアのヌ …

続きを読む>

CELSO PINA Y SU RONDA BOGOTA / LAS VEINTE 20 PODEROSAS

コロンビアをさておいて、古くからクンビアが盛んだったメキシコから登場した中年クンビアの星、セルソ・ピーニャ!ホーンセクション導入前のアコーディオン・クンビア、あるいはノルテーニョ音楽の伝統にこだわりつつも、01年のダブ&トースティング導入の ”Cumbia Sobre El Rio” 全南米的大ヒット以降、ヘヴィーかつヒップもしくはダ …

続きを読む>

V.A. / LATINAMERICARPET, Exploring the Vinyl Warp of Latin American Psychedelia Vol.1

出ました!サブライム・フレキュエンシー南米編!世界中のキテレツ音楽をリサーチ、著作権無視?で突っ走る西海岸ポスト・パンク民俗派がディレクションした~恐怖の南米ユルユルROCKオムニバス、全然、知らないアーティストばっかり、サーフありサイケあり、デス・クンビアあり、メスティーソ魂ゴリ押しの勘違いロック大集合!…とかなんとか、本コメントへの責任は取り …

続きを読む>

CELSO PINA / ZONA PREFERENTE, En Vivo Desede El Adutorio Nacional

出ました!ライヴ・アルバムです。>「Cumbia Sobre el Rio」大ヒット一発で人生変わったクンビア界のシンデレラおやじ、セルソ・ピーニャのメヒコ随一のコンサートホール “El Adutorio Nacional” でのライヴ・アルバム、すんげえ〜盛り上がり方です。万単位の観衆がクンビアでこんなに盛り上がってイイのか?(いい …

続きを読む>

PETER MANJARRES / SOLO CLASICOS

クンビアのサブジャンル、バジェナートのスター、ピーター・マンハレスの2008年のラテン・グラミー受賞アルバム。さすがにグラミー賞を取るだけにジャケットも、よくあるバカジャケ、エロジャケではなく、渋い仕上がりです(それが必ずしもイイこととは思いませんが)。アコーディオンを中心にしたシンプルでアコースティックなサウンドがバジェナートの神髄を感じさせます。

続きを読む>

go top