v.a. / LAS BAILADITAS MAS TONERAS

●最近、急速に注目を浴び始めた、南米ペルーやコロンビアのトロピカル系サウンド。本場といえるカリブのサウンドに比べ、アゲアゲなパーティー・サウンドからトロトロの甘~いロマンチックこの上ないサウンドまで、ベタなラテン色たっぷりなのが、南米のトロピカル系サウンドの特徴です。 ●本アルバムは、そんなサウンドを象徴するバンドの最新の録音ばかりを集めた、入門にピッタリな …

続きを読む>

V.A. / AYOMBE !

裸のバジェナートとでも言いますか、スミソニアン・フォークウェイズならではのドキュメント系録音? プロデュースしないでそのままの姿を記録する作法が、いわゆるコマーシャルな録音とは一味ちがう迫真のアコーディオン音楽を記録しているアルバム、とでも言いましょうか…。 1 A blanco y negro / In Black and White Riqu …

続きを読む>

HENRY ORTIZ / RADIO CUMBIA DE MENTE CALIENTE 

★ヘンリー・オルティス / ラディオクンビア, デ・メンテ・カリエンテ ●クンビアは、南米コロンビアのカリブ海に面した都市カルタヘーナ発祥のローカル・ミュージック。それが、誰でも乗れる2拍子系リズムが受けて中南米中に広がり、北はU.S.A.のラテン・コミュニティーから南はアルゼンチンまで、庶民の娯楽音楽として定着していきました。現在、その【クンビア】が世界中 …

続きを読む>

JUANECO Y SU COMBO / VEN A BAILAR CON 

  ペルーはアマゾン・クンビアの代表グループである、ホァネーコ・イ・ス・コンボのペルー独自の編集盤。ビーンズ・レコードからのリリースで、同じくアマゾン・クンビアのロス・ウェンブレルス・デ・イキートスも大好評だっただけに、この辺は間違いなく定着したと言えるでしょう。この湿ったサイケなギターはラテンに疎いロック好きにも入りやすい!いやあ素晴らしい中毒性 …

続きを読む>

PETRONA MARTINEZ & V.A. / PETRONICA, Petorona Etrona Martinez’ Electronic Suite Vol.1.7 El (Electrochampeta)

こちらはコロンビアの国民的なベテラン歌手を名だたるミュージシャンがエレクトロ・リミックスを手がけたもののスペシャル・エディション、アルゼンチン版。ロジカルなコンセプトに惹かれ仕入れました! U.S.でもリリースされた、コロンビアのクンビア歌手ペトローナをリミックスした「PETRONICA」のアルゼンチン・エディション (PETRONA MARTINEZ’ E …

続きを読む>

CIMARRON / ORINOCO

★シマロン / オリノコ 本能は 裏切らない。 歌え 、踊れ掻き鳴らせ! 共鳴する音楽とダンス 伝統音楽<ホローポ>を世界に発信する コロンビアの国民的バンド。アメリカ大陸先住民、アフリカ系の人々、そしてスペインアンダルシア地方の音楽的ルーツが融合した、驚異的な力強いサウンド。 全世界4大陸30カ国で公演。2005年度グラミー賞ノミネート、2012年にはイン …

続きを読む>

NELDA PINA y LA BOA feat. NIDIA GONGORA / GIUMBELE – instrumental

コロンビア・ボゴタ発!歌手のネルダ・ピーナ率いるアフロビート&カリビアン・バンドによるアフロ・コロンビア・チューン。1970年代に起きたコロンビアでも起きたアフロ・ビートのリバイバルを伝えるナイス・チューン。(サプライヤーインフォより) Side A: GIUMBELE Side B: GIUMBLE (instrumental)

続きを読む>

CARMELO TORRES y LOS TOSCOS / EL CHACHO – LA CAMISOLA

コロンビアのベテラン・アコーディアン奏者、カルメロ・トーレスとボゴタを拠点にする前衛ジャズ・グループが結集。世界中に増殖するクンビアのおひざ元で、伝統スタイルに実験的要素加味した極上変態クンビア。深夜の場末のバーならどこでも似合いそうな高い汎用性がクンビアの魅力。(サプライヤーインフォより) Side A: EL CHACHO Side B: LA CAMI …

続きを読む>

V.A. / COLOMBIE, MUSIQUE FUNERAIRE DE PALENQUE

    久々の再入荷!コロンビア~バランキージャとカルタヘーナの中間あたり、カリブ沿岸に点在するという黒人共同体”パレンケ”に潜入&フィールド・レコーディングされた充実アルバムの登場です!今なお色濃く残されたアフロ系パーカッション音楽~昨年、フル・アルバムも登場し、一部、注目を集めたバタータ翁の演奏をはじめ、数々の打楽器音楽が並びます。ト …

続きを読む>

SEXTETO TABALA / COLOMBIA, THE KINGS OF THE SON PALENQUERO

ああ、これは当店初入荷ですね!たぶん、 仏BUDA1999年制作コロンビアの 逃亡奴隷の子孫が代々暮らした カリブ海沿岸のコミュニティ「パレンケ」の音楽集。 リンクは1998年の Ocora 録音の アルバムからですが参考までに↓

続きを読む>

LA MAMBANEGRA

首都ボゴタのボンバ・エステレオや、カリブ沿岸カルタヘナのシステマ・ソラールに続く、太平洋側、コロンビア第三の都市、カリから登場したラ・マンバネグラ!流石、昔からややサルサ寄りの音楽土壌を持つカリのグループらしく、クンビアやレゲエ、ヒップホップ等のミックスはそこはかとなくアリですが、基本はサルサ!しかも “ブレイク・サルサ” とでも言え …

続きを読む>

PIXVAE

  >ニラマイエの姉妹品みたいなアルバムで、ニラマイエのメンバー3人がニラマイエのナンバーを歌うんですけど、そのバックでリヨンのパワー・クランチ・トリオ KOUMA 〜DAMIEN CLUZEL (g, UKANDANZ, POLYMORPHIE) , LEO DUMONT (dms, POLYMORPHIE, CHROMB)、ROMAIN DUG …

続きを読む>

NILAMAYE / LAS FLORES DEL SOL

  内戦が終結し、ノーベル平和賞ももらったコロンビアです。この若いミュージシャン5人のアンサンブル・ニラマイエは奇跡的なルーツミュージック追求の果て、アフリカ伝来の原初的でパーカッシヴな音楽の再創造に至ったのでした。クンビア、ブンデ、チャルパもパーカッション妙技と哀感ヴォーカルに乗って。みんな若いのに民謡焼けした声の美しいこと。ディジスリーヴブック …

続きを読む>

go top