V.A. / CANTA CUBA

キューバ録音を中心にラテン全般、ジャズや映画音楽などの1950年代以前の録音のめずらしい音源を復刻し続けるレーベル、VINTAGE MUSICのの豊富な音源を使用して編集された、キューバ音楽のコンピレーションです。といっても、さすがVINTAGEですから、他のアルバムに入っていない音源も多く含まれているようです。コンフント・カシーノ、コンパイ・セグンド、ルイ …

続きを読む>

MACHITO …Y SUS AFRO-CUBANS

曲順はシャッフルされていますが、1964年の DECCA 盤LP (DL 4505) ストレート・リイシューと言いたいところですが、1曲欠けて全11曲となっています(”Intermezzo” )。が、もともとそのDECCA 盤LP (DL 4505) は1941年のSP音源集の復刻なので(もともとはSPアルバム)、それほど気にならないのですが…。 …

続きを読む>

V.A. / CUBA ! CUBA !

夏の夜を彩るアフロ・キューバン・ミュージックの魅力がたっぷり! 2017年はワールド・ミュージック最大のヒット作『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の発売から20周年。キューバ音楽の魅力を世界に広く伝えた『ブエナ・ビスタ』のアニヴァーサリーに加え、昨今はキューバとアメリカの国交再開という大きな話題もありました。本作はそんな話題に事欠かないキューバ音楽を改めて …

続きを読む>

EL INDIO NABORI / PUNTO CUBANO, Y SU GRUPO GUAJIRO DE GUITARRAS

エル・インディオ・ナボリことヘスース・オルタ・ルイスが、パナルト・レーベルに残したアルバムのストレート・リイシュー(曲順は変更)CDです。プント・クバーノなど、スペイン・ルーツで、韻を踏みながら即興で歌うスタイルを得意としたため、キューバでは、音楽家のほかに詩人としても高く認められていました。 このアルバムは、自身のグループ、グルーポ・グアヒーロ・デ・ギター …

続きを読む>

CELINA Y REUTILIO

キューバ田園歌謡、グアヒーラの女王とされたセリーナ・ゴンサーレスが、かつてレウティリオと組んでいた名デュオ(1947-1964)、1950年代後半録音集でしょう。音源は Ansonia 盤LP ” Rezos Y Cantos Guajiros” (1957)を中心に、Suaritos 盤のコレクションLP、あるいは Kubaney …

続きを読む>

AMADO MESA Y DINORAH GARCIA / AMANECER GUAJIRO 

1962年よりフロリダの地に移り活躍したという、ラ・カランドリア・マタンセーラの名でコンビを組んだキューバ人男女グアヒーラ歌手アマード・メサとディノラ・ガルシア。60年代のものと思われるレアなアルバムのCD-Rリイシューです。 オルランドのギターとベルト・アセベードのラウーという弦楽器2本のみで綴られる、トナーダ、コントロベルシア、ラメントなど、剥き身のキュ …

続きを読む>

CELINA GONZALEZ con FRANK FERNANDEZ, ADARBERTO ALVAREZ / COLECCION MEMORIAS

本アルバムは、1987年に、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったアダルベルト・アルバレスと世界的なクラシック・ピアニスト、フランク・フェルナンデスを音楽ディレクターとプロデューサーに迎え、アダルベルトのバンドをバックに、グアヒーラの女王セリーナ・ゴンサーレスが発表したアルバムのストレート・リイシューです。セリーナのいつものラウーなどが入ったバックバンド、カンポ・アレ …

続きを読む>

MARIA VICTORIA / ENTRE DOS AGUAS

プント・グアヒーロの歌い手として名を馳せたエル・ヒルゲーロの娘マリア・ビクトリアの2014年作。サード作はトレス奏者パンチョ・アマートとの共作だったり、前作ではボレロ/フィーリンを聴かせてくれていましたが、ここでは本来の立ち位置に戻り、グアヒーラで勝負をかけてくれています。しかも、「グアヒーラの女王」として名高いセリーナ・ゴンサーレス(&レウティリオ・ドミン …

続きを読む>

V.A. / TONADAS CAMPESINAS

これは貴重!キューバの農村民謡(トナーダ・グアヒーラ)のレパートリーを集めた3枚組CD(Vol.2はエンハンスド)。グアヒーラとして知られるところとなったジャンルの基となった、スペインのアンダルシアなどをルーツとし、キューバの主に山間部で独自に発達したプントのヴァリエーションを現代の演者たちによって録音された、今のリアル・グアヒーラを伝える録音群です。サンク …

続きを読む>

JOSEITO FERNANDEZ / GUAJIRA GUANTANAMERA

ピート・シーガーによって世界的に知られることとなった、一番有名なキューバの曲「グアンタナメーラ」の作曲者にしてシンガーのホセイート・フェルナンデスによる自作自演を含むアルバム『GUAJIRA GUANTANAMERA』(GUAMA LDG-2010)の全曲12曲にアラゴンやベニー・モレーとの共演含む6曲をプラスしての復刻CD-Rです。以前エグレムで復刻された …

続きを読む>

V.A. / POR LOS CAMPOS DE CUBA – 25 Guajiras Inmortales

キューバ山岳地帯には、他の中南米や北米などと同じように、主にヨーロッパ系白人の農夫たち(いわゆるプア・ホワイト)が、農業を営みながら暮らしています。彼らの音楽は、デシマ(十行詩)やプントなどヨーロッパ起源の音楽を中心に、アフロ系の影響も受けながら味わい深いものを多く持っています。その音楽をルーツに古くからポピュラー音楽も発達し、グアヒーラ、カンペシーナとうジ …

続きを読む>

ANIBAL VELASQUEZ Y SU CONJUNTO / MAMBO LOCO

貴重な音源と豪華なブックレットでアフリカ音楽ファンのみならず、レア・グルーヴ・ファンも魅了してきた“アナログ・アフリカ”の新作は、まさかのラテン音楽!アニーバル・ベラスケスはコロンビアの北部、カリブ海沿岸の町の出身~16歳でプロ・デビューし、 1960~70年代に大活躍。当時コロンビアでマイナーな楽器と思われていたアコーディオンの存在を国中に知らしめたアーテ …

続きを読む>

OVIDIO GONZALES / SOY GUAJIRO

グアヒーラの本格的若手男性歌手の登場です。ニコ・サキート、セネン・スアレス、セリーナ・ゴンサーレスなどのグアヒーラの名曲を中心に12曲、ラウーやトレスなどのギター系楽器の音色を生かしたトラディショナル臭いっぱいな伴奏を伴い歌います。オマーラ・ポルトゥオンド、シルビオ・ロドリーゲスという大物ゲストも話題です。 キューバ音楽の重要な1ジャンルの新作!キューバ・フ …

続きを読む>

MARIA VICTORIA RODRIGUEZ SOSA & PANCHO AMAT / MIS RAICES

キューバ音楽のグアヒーラの新女王とソンなどのトラディショナル系の重鎮トレス奏者の共演作です。プント・グアヒーロの歌い手として名を馳せたエル・ヒルゲーロの娘で、今作がサードとなるマリア・ビクトリア。ファーストおよびセカンドでは、グアヒーラの女王セリーナ・ゴンサーレスに、インディアやハイラ以降のフレッシュな感覚を加えた歌声で、トラディショナルからサルサ系の曲まで …

続きを読む>

go top