PAULO FG E Invitados – Susy Noriega, Susel “La China” y María Victoria Rodriguez / SIGUE CANTANDO CELINA

2015年に惜しまれながらこの世を去った、グアヒーラ~プントの女王、セリーナ・ゴンサーレスに捧げられたアルバムです。プロデュースしたのは、ティンバ揺籃期にイサック・デルガドなどとシーンを盛り上げた、パウロFG(パウリート)。もちろんディレクターも兼任しています。もちろん歌手は女性が務めているわけですが、多くの曲を歌うのは、パウロのグループ、ラ・エリテの歌手、 …

続きを読む>

V.A. / MI TIERRA ES ASI

キューバ中央部にあるビジャ・クララ州におけるスペイン(主にアンダルシアやカナリア諸島)からの農民を担い手としてきた音楽、プント・クバーノに焦点を当てた2020年リリースのオムニバス盤です。トレスやラウー、ギターといった弦楽器、キューバの地でアフリカ要素とも交わったパーカッション、デシマという即興的な10行詩による歌を特徴とする、もう少し一般的にはグアヒーラと …

続きを読む>

LUCIO LA NUEZ / DEJAME SER GUAJIRO

キューバのマタンサス州リモナール出身の歌手/作曲家ルシオ・ラ・ヌエスの2019年作です。タイトルからもうかがえるとおり、キューバのヨーロッパ系農民を中心とした田舎音楽グアヒーラをベースとするスタイルですが、ピアノやトランペットを含むコンフントをバックに、輪郭のしっかりとした歌声で、ソンやボレロ、クンビア、バチャータなどをこなし、コンテンポラリー・ソン系に連な …

続きを読む>

ARSENIO RODRIGUEZ / PRIMITIVO

SMCからリリースされた1948 / 50年録音の10インチLP ” Estrellas Del Ritmo,  Montunos Cubanos” を聴いたジャズ系プロデューサー、テディ・レイグが、“プリミティヴ” な状態のキューバ音楽をレコーディングしたい旨、アルセニオに申し出、58年に実現した Roost 録音LPの復 …

続きを読む>

RAMON VELOZ / EN MI CUBA TROPICAL 

ギジェルモ・ポルタバーレスと共に、キューバの山の方にすむヨーロッパ系農民を中心とした音楽グアヒーラを現在のようなポピュラーなスタイルにし全国的に広めたと言われる大歌手ラモン・ベロス。革命直後から開始され今も続く人気テレビ音楽番組「カーニャ・イ・パルマ」で人気を不動のものにし、1981年には愛妻で歌手のコラリア・フェルナンデスと来日しました。残念ながらその5年 …

続きを読む>

RAMON VELOZ & CORALIA FERNANDEZ / FIESTA CUBANA

キューバの田舎音楽グァヒーラを代表する名作、ついにCD化! 故・中村とうよう氏いわく <グァヒーラのレコードの中でこれが最高のものであることは、自信を持ってタイコ判を押せる> !!! セプテート・ナシォナールの名作『ソネス・クバーノス』に続いて、キューバ音楽の歴史を代表する名作LPをご紹介することにいたします。今回お聴きいただくのは、グァヒーラと呼 …

続きを読む>

EL JILGUERO DE CIENFUEGOS / SU MAJESTAD

1930年シエンフエゴス生まれ、2012年に亡くなったプント・グアヒーロの名歌手で、名曲「カミニート・デ・ササ」でも有名なエル・ヒルゲーロ(イノセンテ・イスナガ)のアルバム『SU MAJESTAD』(MAYPE)のリイシューです。 最近の若手~中堅キューバ女性歌手の中では最も注目すべきマリア・ビクトリアのお父上です。 グアヒーラの真髄と味わいを究めた、自由闊 …

続きを読む>

CARMELINA BARBERIS / GUAJIRAS CUBANAS

1938年生まれのキューバのグアヒーラ系を代表する女性歌手のひとり、カルメリーナ・バルベリス。本作は、オムニバス盤に収録されていた音源などをまとめて復刻したものではないかと思われる、11曲入りの貴重なCD-Rです。 彼女の代表的なレパートリーであるフリオ・フローレスの「エル・レト」、セリア・ロメーロの「アルボラーダ」、ギジェルモ・ロドリーゲスの「コモ・セ・バ …

続きを読む>

GUILLERMO PORTABALES

1911年生まれのキューバのグアヒーラ系重要人物で、プエルトリコなどでも人気を博したギジェルモ・ポルタバーレス。67年のヘマからのアルバム『アケージャス・リンダス・メロディーアス・エン・ラ・ボス・デ・ポルタバーレス』(LPG-1184)から、全12曲中10曲を収めるリイシュー盤です。 自身の代表曲「エル・カレテーロ」や、ニコ・サキートの「アル・バイベン・デ・ …

続きを読む>

GLORIA MATANCERA

1927年にキューバのマタンサスでセプテートとして結成され、その後ソノーラとなったキューバの歴史ある人気グループ、グロリア・マタンセーラ。本作は、ネノ・ゴンサーレスやリバーサイド、カシーノなど、人気バンドで活躍し、セネン・スアレスから引き継いだコンフント・コロニアルも率いていた名ヴォーカリスト、ネロ・ソーサが50年代後半にグロリア・マタンセーラを従えリリース …

続きを読む>

CELINA Y REUTILIO

グアヒーラの女王セリーナ・ゴンサーレスが1940年代後半から60年代半ばにかけて組んでいたキューバを代表するデュオ・グループ、セリーナ・イ・レウティリオ。キューバの山に住むスペイン直系の音楽を、ポピュラー化したのが、グアヒーラですが、アフリカ系の音楽要素もしっかり入っているのが、キューバらしいところ。リズムなどの要素ばかりでなく、時にはサンテリーアの神様の歌 …

続きを読む>

CHEO MARQUETTI / PATRIA QUERIDA

チェオ・マルケッティは、グアヒーラ・ソンのキングと呼ばれた歌手。小気味よい50年代キューバ・バンド・サウンドをバックに、グアヒーラの高音をのばす歌唱法を取り入れた独特なスタイルで、人気を得ました。本作は、1959年にパナルトからリリースされたアルバム(LD-3135)のストレートリイシューCD-Rです。 バックはマンボ時代の偉大なピアニスト、ペルチンことペド …

続きを読む>

RAMON VELOZ Y SU FAMILIA / ESTO ES CUBA

ギジェルモ・ポルタバーレスと共に、キューバの山の方にすむヨーロッパ系農民を中心とした音楽グアヒーラを現在のようなポピュラーなスタイルにし全国的に広めたと言われる大歌手ラモン・ベロス。革命直後から開始され今も続く人気テレビ音楽番組「カーニャ・イ・パルマ」で人気を不動のものにし、1981年には愛妻で歌手のコラリア・フェルナンデスと来日しました。残念ながらその5年 …

続きを読む>

CELINA Y REUTILIO CON GINA MARTIN / FIESTA SANTERA

グアヒーラの女王セリーナ・ゴンサーレスが1940年代後半から60年代半ばにかけて組んでいたキューバを代表するデュオ・グループ、セリーナ・イ・レウティリオが、サンテリーアの神様たちに捧げたアルバム(恐らく62年リリース)『フィエスタ・サンテーラ』の第1集(SUARITOS : S-110)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収録したCD-Rリイシュー。19 …

続きを読む>

RAMON VELOZ Y LOS GUARACHEROS DE ORIENTE / LINDA GUAJIRA

ギジェルモ・ポルタバーレスと共に、キューバの山の方にすむヨーロッパ系農民を中心とした音楽グアヒーラを現在のようなポピュラーなスタイルにし全国的に広めたと言われる大歌手ラモン・ベロス。革命直後から開始され今も続く人気テレビ音楽番組「カーニャ・イ・パルマ」で人気を不動のものにし、1981年には愛妻で歌手のコラリア・フェルナンデスと来日しました。残念ながらその5年 …

続きを読む>

go top