OS APOLOS

1955年生まれのセクレ(lead vocal)が、1969年のアポロ月面着陸に感動して結成したグループ、オス・アポロス〜カボヴェルデ歌謡の旋律、カボヴェルデのダンス・リズムをグループ・サウンズ化、70年代半ばにポルトガルでの活動を開始し、12枚のアルバムを残した人気グループでした。 1 Dam Nha Dinheiro 2 Hey Jude 3 Vamos …

続きを読む>

FRANK MIMITA / NHA GURAN DI MUNDO

カボヴェルデ、オルガン仕様のフナナー、コラデイラ、モルナの感覚を流用したPOP、ということになるでしょうか? 70年代の終わり頃の録音でしょうか? わからないことばかり。 1.Nha Guran Di Mundo 2.Bó Linga Mesté Cortá 3.É Di Sanvicente 4.Sodadi Di Maria José 5.Miranda …

続きを読む>

V.A. / POUR ME A GROG, the funana revolt in 1990s cabo verde

カボヴェルデといえば、哀愁のモルナと相場は決まっているのですが、伝統系ダンス音楽、コラデイラや、そしてなんと言っても庶民派ダンス音楽、フナナーを忘れてはいけませんね。とはいえ、フナナーの存在証明とでも言えるザディコやクンビアのソレみたいな、アコーディオン演奏がうやむやになってしまった観のある最近のフナナーはともかく、こんなフナナーが聴きたかったというコレクシ …

続きを読む>

GRUPO PIRON / LEITE QUENTE FUNANA DE CABO VERDE

カボヴェルデの90年代シンセ・サウンド! 島のダンス・ビート、フナナー&コラデイロが、 フレンチカリブのズークと結合!? シングル録音3枚分のLP復刻です。 A1.Longi Di Bo A2.Rabes A3.Txada Liton B1.S’ta Contente B2.Kanto Nstaba Nobu B3.Liberdadi Grupo …

続きを読む>

AMERICO / SINTADO NA PRACINHA

1980年作、ストレート・リイシューです。 カボヴェルデのフナナー・アルバムですね、 アメリコことアメリコ・ブリトーはフォゴ島の生まれ、 70年代後半にポルトガルに移住、 この80年作はデビュー作となります。 その後、オランダへ活動の拠点を移し、 Americo & Djaramaを結成することに。 が、それはまた別の話ということで、 1 Muchi …

続きを読む>

V.A. / RADIO VERDE

★Compiled by Americo Brito & Arp Frique セネガル沖の大西洋に浮かぶアフリカの島国カーボベルデのレアな80年代ディスコ&ファンクをディグった驚きのコンピが名門ラッシュアワー傘下の新興レーベル:カラフル・ワールドからリリースに。 大陸とはまた違った島国ならではのエクレクティックなムードが刻み込まれた悶絶のアイランド …

続きを読む>

MAYRA ANDRADE / MANGA

カボヴェルデ出身の両親のもと、キューバで生まれ、セネガル、アンゴラ、ドイツ、カボ・ヴェルデと絶えず移り住む中、幼少の頃よりブラジル音楽に親しんだというマイラ・アンドラージ、アフリカ音楽とポルトガル音楽、ブラジル音楽などが程よく混ざったユニークな音楽性を聴かせます。06年デビューで、こちら5作目の2019年作となります。相変わらず、キュートだし、POPだしリズ …

続きを読む>

ANA FIRMINO ‎/ CARTA DE NHA CRETCHEU

カボ・ヴェルデ、サル島で1953年に生まれたという アナ・フィリミーノ、1989年のデビュー作。 20代後半から、カボ・ヴェルデとリスボンで歌い、 映画やTVにも出演しているそう。 本作を含め3作のアルバムをリリース。 この作でも島のセレナーデ、モルナを中心に、 飾らない、涼しげな歌を披露しています。 カヴァキーニョやギター、そして、 エレキ・ギターラ(?) …

続きを読む>

NANCY VIEIRA / MANHA FLORIDA

すみません!見逃していました。1975年ギネア・ビサウ生まれのカボ・ヴェルデ系女性歌手による去年の作ですね、歌のうまさでは今、カボ・ヴェルデ現役随一と言うべきでしょうね。その上、余計なことはまるでしない島唄モルナの世界、こんな作品を待っていた方も多いはず。落ち着いた自然な歌い口、歌い過ぎず演じ過ぎず、サンバやボサノーヴァとかの世界を見渡しても、なかなかこうは …

続きを読む>

go top