AHUVA OZERI ‎/ TSILTSULEI PA’AMONIM

アフヴァ・オゼリ(1948-2016) の1999年作です。イスラエルはテルアビブ生まれの自作自演歌手、40年間歌い続け20枚のアルバムを残し、亡くなりました(05年に癌で声帯を失うも、特製金具を喉に押し当てて歌った曲もあるそうですが、最後期のアルバムは自作曲を他の歌手に任せ録音)。イエメンのユダヤ人一家の出自であり、インドはパンジャブ地方の弦楽器、ブルブル …

続きを読む>

大谷氏 / 微糖

鬼才、大谷氏11枚目のアルバムは、大谷流ブルース・ロックと幻想的な楽曲たちが、絶妙にブレンドされた深いコクと味わいの一枚。甘さ控えめ(当社比)〜以上、CD帯より転載 1.俺にブルースは似合わない2.覆面パトカー3.オリオンブルース4.獣のように5.ふくろうの森6.ブギの子供達7.落下傘8.地引網ブルース9.傷痍軍人の歌10.夜の海あなたと泳ぐ11.Nothi …

続きを読む>

LOLI MOLINA / LO AXZUL SOBLRE MI

アルゼンチン、08年デビュー、SSW、ロリ・モリーナ2020年の4作目、ジャズに接近したセカンド、オルタナティヴなロック・テイストに傾いた3作目を経て、フォーキーかつプライヴェートな感覚のデビュー作に回帰した風、の4作目となります。シンプルですね、 1.Fantasma2.Sangre / Lucidez3.Lo azul sobre mi4.Un mome …

続きを読む>

GUILLEM ROMA / KIRIBATI

スペイン、カタルーニャのSSWギレム・ローマの4作目。タイトル通り、“キリバス” のオアシスやカリブの熱帯雨林を連想させるような、メロウでトロピカルな遊覧ムードを演出。が、環境破壊に対しに言及〜警告を促すようなナンバーもあったり、オプティミスティックな空気感を醸しつつも、一応その辺は抑えています。気配りあり?

続きを読む>

ANDRE HENRIQUES ‎/ CAJARANA

  アンドレ・エンリッキス、ポルトガル、1979年生まれのギタリスト、03年に結成されたリンダ・マルチーニ・バンド(フロント女性バンド)のギタリストとして活動をして来たようですが、これが自己名としては、デビュー作になるようです。基本ロックですが、ポルトガルならではの和声、リズム感、哀愁味が効いていて、ちょっと面白いので、初入荷ということに…。 &n …

続きを読む>

DOM LA NENA ‎/ TEMPO

久々の新作です。ブラジル~アルゼンチン~フランスと移動しながら独創性溢れる音世界を育んできたシンガー/チェロ奏者ドム・ラ・ネナ、ポルトガル語、スペイン語、フランス語など多言語が混じる言葉の響き、透明感溢れるアレンジは変わらず。   1 Tempo 2:06 2 Oiseau Sauvage 2:26 3 No Tenga Miedo 3:08 4 …

続きを読む>

BETH / ORIGEN

スペインの実力派女性SSWが美しいフォーク・ポップ・サウンドにのせて 人生の普遍的なエッセンスを表情豊かに歌い上げた一枚  ベートの愛称で知られているスペイン・カタルーニャ地方出身のSSW/女優、エリサベト・ロデルガス。少しハスキーな歌声が魅力の彼女は、2003年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストにも出場した実力派アーティストだ。R&B、ポップス、ミュー …

続きを読む>

JANA KIRSCHNER ‎/ MORUŠA BIELA

ヤナ・キルシュナー(1978-)1996年デビューのSSW、ミス・スロバキア候補にもなったそう。才色兼備?自らピアノ、ギターを弾きます。クラシック、フォークロア、POPミュージック、そしてジャズを横断する才を聞かせ、東欧を代表する人気女性アーティストとされて久しいアーティストです。本作は、2014年の8作目。 1 Až Príde Večer 5:51 2 …

続きを読む>

鈴木常吉 / オールウェイズラッキー

常吉さんの屁理屈と美学が歌声に沈む。言いようのない孤独に、あなたの音楽はどこまでも寄り添ってくれる。」 —— 広瀬奈々子 (映画『つつんで、ひらいて』監督) 2020年7月6日に逝去した歌手・鈴木常吉。生前最後となった2019年8月19日のライブ音源に加え未発表曲「Long distance a lullaby」、映画『つつんで、ひらいて』のエンディング曲「 …

続きを読む>

VLADIMIR VYSOTSKY / 120 LEGENDARY SONGS MP3

MP3-CD なので、以下120曲収録! Военные Песни 1 Все Ушли На Фронт 2 Аисты 3 «Так Случилось — Мужчины Ушли…» 4 «Бросьте Скуку, Как Корку Арбузную…» 5 Песня О Новом Времени 6 О Моем …

続きを読む>

ELIDA ALMEIDA / GERASONOBU

>こちらで紹介されていた作ですね(無断リンク陳謝&感謝!) カボヴェルデ出身の若手女性SSW、2015年に欧州デビューして、これが3作目となるそうです。カボヴェルデらしい抒情性を感じさせる曲と新世代らしいアフロPOP曲が自然に並んだ、バランスのイイ作になっています。アコーディオンも聞こえるタカンバ〜フナナから、モルナ、ボサ風まで、緩急練り上げた生音中心のアレ …

続きを読む>

GEMMA HUMET / MATRIA

エレクトロニックなテイストの最新作! カタルーニャ地方を代表する女性SSWジェンマ・ウメット。Beans Recordsからも国内流通盤がリリースされるなど、日本でも知名度の高い彼女の2020年最新作がこちら。エレクトロニックなテイストを加えたアレンジを中心に、自身のオリジナルのほか、マリア・メルセー・マルサル、エステル・ソレー、ソニア・モールといった現代詩 …

続きを読む>

MARIA RODES / LILITH

バルセロナの人気女性SSW最新作! バルセロナの人気女性SSWマリア・ロデス(1986- )の2020年最新作が登場。その美貌と個性的な歌声を武器に2009年にデビューした彼女もすでに登場から10年以上が経過、中堅としての貫禄がこのアルバムからも感じられるようになりました。ギターやチャランゴといった弦楽器を中心に、フロートやフリューゲルホーン、チェロ、パーカ …

続きを読む>

CONSTANTINE / IN MEMORY OF A SUMMER DAY

★コンスタンティン/イン・メモリー・オブ・ア・サマー・デイ 自主制作したシングルやLPがドノヴァンやインクレディブル・ストリングス・バンドなどと比べられヨーロッパを中心に好評を博し、かねてからルーツ筋で注目を集めていたシカゴのシンガー/ソングライターのプロフェッショナル・デビュー盤が、多くの再発リリースでおなじみゲルセン・レーベルから登場。 室内楽を思わせる …

続きを読む>

THAMIRES TANNOUS / CANTO CORRENTEZA

当店的に久々、素晴らしい!と感じたブラジル若手女性歌手の最近作〜ボリビアとの国境地帯、マトグロッソ州出身、レバノン系出自を持つタミリス嬢、アフロサンバ、ノルデスチ、カボクロ、あるいは、チャカレーラやヴァルス等の多彩なリズム感を曲ごとに溶かし込んだ流麗なバックも見事ですが、風薫るような旋律をたどるその歌声の瑞々しさ、格別です! ブラジル南東部カンポ・グランヂ( …

続きを読む>

go top