RASMEE / ROOTS

面白いですねえ、タイ・インディーズ系モーラム女性歌手、ラッサミーの3作目の新譜!タイトル “ルーツ” に偽りなしの内容です(初の試み?英語のモーラムとかやってますけど)!ケーンとピンの伴奏のみで、がんばってますねえ、詳しくは後刻〜 1.หมอลำจงเจริญ (Morlam Forever) 04:42 2.ญ้อน-สกลนคร (Yon – …

続きを読む>

ANGELE OSINSKI / A L’EVIDENCE 

フランスの女性シンガー・ソングライター、 アンジェル・オシンスキ、2019年のデビュー・アルバム! アンニュイなムードなヴォーカル、 シンセとプログラミングによるエレクトロなバック、 デカダンスと白日夢に誘う微熱系 ポスト・フレンチPOP! 1. A l’évidence 2. Amour & décadence 3. D’i …

続きを読む>

ADHITIA SOFYAN / CHRONICLES OF YOU

男性SSWアディティア・ソフィアン、 08年に「アデレード・スカイ」が インドネシアで大ヒット、 その繊細なアクースティック・ギター弾き語りは、 インドネシアのみならず日本や シンガポールでも人気、だそう。 今作も弾き語り中心の作となりました。 女々しいと言っても過言ではないでしょうが、 結構、やすらぎます。

続きを読む>

SANDHY SONDORO / BEAUTIFUL SOUL

  1973年ジャカルタ生まれ、 08年ドイツでデビュー作をリリース、 ドイツ〜欧州〜北米でも活動して来た シンガーソングライター、 2010年インドネシアで現地デビューCDリリース、 こちらはインドネシア現地盤として6作目の18年作、 そのソウルフルな歌唱&ポップかつ ロックなソングライティングで、 インドネシアでトップクラス人気の男性シンガーに …

続きを読む>

TI PARIS / ANASILYA

  チ・パリ、ハイチのトロバドール〜 メラング&シャンソンクレオールの SSWということになります。 トゥバドゥの元祖みたいな人ですね。 1933年に生まれ、1979年に亡くなっています。 アルバムとしては、1958年録音の >こちら“Ti Paris Et Sa Guitare”と、 この1970年録音だけかと思います。

続きを読む>

HARLAN / JAJAN ROCK

インドネシアにおけるインディー系スターの先駆? 05年にファースト、06年にセカンド・アルバムをリリース、ヒップホップ・アーティスト / ラッパーとしてデビューし人気を集めるも、12年作はオルタナティヴなロック・テイストでした。そして、13年リリーのこの4曲入りEP/CDはといえば、時にヨレヨレ、なんとも飄々とした歌い口の、飾りなくも屈折したムード漂うフォー …

続きを読む>

ALDYNA

2017年作、インドネシア女子シンガーソングライターですね。 YOUTUBE ヒット回数がふるってます!? 6回とか4回とか、0回もありましたけど、自分が聴いてしまったので、 1回になってしまいました。悪くないと思いますけどね… 1点のみの入荷です。

続きを読む>

DIMITRIS LAMBOS / MI SE FOVISEI I AGELI

全然、知らない人でした。 名門 Lyra (2007年に売却され、Legend 傘下となってしまったようですが)から、2010年にリリースされた男性SSWの作です。その後のアルバムもその前のアルバムも確認できません。ゲストに Vangelis Markantonis, Stathis Drogosis, Dimitris Panagopoulos, Mano …

続きを読む>

LABESS / TOUT VA BIEN

  以前、ウアムリアさんに買い付けていただいた時は、HPにUPする間もなく売り切れてしまったのでした。 って、その時も僅少入荷でしたが、アルジェリアの男性SSW、ラベスの2013年作、やっぱり、アルジェリアらしいシャアビ色濃い曲が聴きどころ?ほか、フォーキー、フラメンコ調、グナワ色も漂うそれなりに多彩な?しゃがれた声のギター弾き語り。マルセイユ経由 …

続きを読む>

ANNA MARIA JOPEK, BRANFORD MARSALIS ‎/ ULOTNE (special edition)

ポーランド女性歌手、アンナ・マリア・ヨペックとブランフォード・マルサリスの共作アルバム〜2CDスペシャル・エディション。 CD1 1-1 W Polu Lipeńka 1-2 W Kadzidlańskin Boru 1-3 Niepojęte I Ulotne 1-4 Patrz I Słuchaj 1-5 Niezauważone 1-6 Czekani …

続きを読む>

GIORGIO CORDINI / PICCOLE STORIE

1950年ヴェネチア生まれのカンタトゥーレ、 60年代の終わりにマウロ・パガーニと出会い 元PFMのメンバーとなる。 1995年 初ソロ・アルバムをリリース。 本盤は 2015年の7作目、今のところ最近作。 シンプルかつ端正、静かにフォーキーなアルバムです。 ジャケット最高ですね!

続きを読む>

CULCUTTA / EVERGREEN

  カルカッタ(本名 Edoardo Calcutta)イタリア、ローマの南東にある小都市ラティーナ出身のSSW、07年音楽活動開始、様々なバンドに参加、経由した後、2012年にファースト・ソロ〜15年にセカンド・ソロ・アルバムをリリース、こちらは18年のサード・アルバム。1980年代初め結成の北米インディーズ系ローファイ・ギターバンドの先駆、ビー …

続きを読む>

go top