HELENE BLUM / DRABER AF TID

〈デンマーク・フォーク・シーンで最も美しい声〉を持つシンガー・ソングライター  デンマークのフォーク界で最も美しい声を持つ一人と評され、北欧トラッド/フォーク・シーンで注目を集めている女性SSWヘレーネ・ブルーム。2010年に来日公演も行った彼女の2017年作がこちら。ヘレーネは2005年にアルバム・デビュー。以降の作品は公私ともにパートナーとなるデンマーク …

続きを読む>

LUIS BARBERIA feat.SEXTO SENTIDO / A FULL

ラティーナ誌2016年6月号『特集:2010年代の世界の音楽』キューバの項で、選出されていたものの配信のみだった音源が、めでたくCD-Rで発売になりました。しかもPV、メイキング、スライド・ショウ入りのDVD-R(リージョン:ALL/NTSCですので、一般家庭用機器で視聴出来ます)が付いての発売です。 ルイス・バルベリーアは、1990年代後半からアバナ・オク …

続きを読む>

CHALAW BASIWALI 查勞 巴西瓦里 / 玻里尼西亞 POLYNESIA

台湾はアミ人SSWチャロウ・バスワリ3作目『ポリネシア』南洋音楽(いや南語音楽というべきか)の傑作ではないかと。編曲は同じ南語圏マダガスカルの人。コルドバ録音。アミやスペインの民俗音楽マダガスカルの伝統音楽をも含んだ爽やかで涼やかな音楽。これからの季節にピッタリ!妄想も拡がります。 pic.twitter.com/d0QCFG8iNf — スチャ …

続きを読む>

MELINGO / ANDA

なんだか、どんどん怪人物になって行くアルゼンチン出身、欧州(パリ)でも活躍しているダニエル・メリンゴの2016年作、ちょっと遅くなりましたけど再入荷です。相変わらずやさぐれたムードのフラフラ酔いどれヴォーカル(トム・ウェイツ風?)で、格調の低いイイ感じのタンゴ&ミロンガ&バラード? ララバイを聞かせてくれます。そして今作では少しばかり音響派にも接近? これま …

続きを読む>

ART FAZIL / RENTAK

再入荷しました!マレイ系シンガポーリアンSSW、アート・ファジル最新作、リリースされているの気づいていましたが(youtube にいろいろ出ていたシングル録音が集められ1枚のアルバムに)、遅ればせながら初入荷です ( Thanks Jassmin!! ) 。で、これまで以上に実にリラックスしたムラユー風味満点の明朗ギター弾き語りPOPアルバムに仕上がっていて …

続きを読む>

MIKE MASSY, SARY & AYAD KHALIFE / NASEEJ

レバノンのシンガー / パーフォマー / ソングライター&コンポーザー=マイク・マッシー(1982-)が、チェロのサリィ&ピアノのアヤドというハリフェ兄弟とともに作り上げたアラビック・ミクスチュアー / アラブ・アンダルース&バロック&ジャズの世界! 1 Ya Mijana, Lyrics From Folkloric Song 2 Rouhmak Ya A …

続きを読む>

ADAM STRUG / LEŚNY BOŻEK

アダム・ストラグ、1970年生まれ、ポーランドのSSWにしてアコーディオン弾き&各種器楽奏者、加えて舞台及び映画音楽作家にして詩人、脚本家、民俗音楽研究者でもあるということで、ずいぶんとマルチな才能の持ち主。ポーランド民謡をレパートリーとする “Monodia Polska” というコーラス・グループの発起人として活躍して来た中、並行 …

続きを読む>

JASON RANTI / AKIBAT PERGAULAN BLUES

18禁のプロテスト・シンガー ハーモニカ&ギターの弾き語りで歌うSSW、ジェイソン・ランティ。少し聴く分にはソフトなフォーク歌手ですが、歌詞がかなり強烈なプロテスト的内容で、物議を醸しているそうです。インドネシアの店頭では18禁シールが貼られて売られている模様。代表曲は「コミュニストの危険性」、初期ディランのようにユーモアを交えたトーキング・ブルース・スタイ …

続きを読む>

LULENDO / MWINDA

アンゴラ出身在仏のSSW〜親指ピアノ奏者、ルレンド10年ぶりの新作、もちろんポルトガル語の曲もありますが、>こちらの前作と変わって、センバとかキゾンバとは違って今作では、タイトルはリンガラ語で “光” の意、加えてコノノやカサイのリケンべにも似たキサンジ(親指ピアノ)のプレイをキチンと聞かせています。コンゴ国境をまたいでその地に暮らすバコンゴ系の人なんでしょ …

続きを読む>

VINICIO CAPOSSELA / CANZONI DELLA CUPA

ロス・ロボス、フラーコ・ヒメネス、キャレキシコ参加〜イタリアの鬼才SSWが描き出す荒野の歌 ! 〈イタリアのトム・ウェイツ〉の異名を持ち、ブルースやシャンソン、ジャズなどあらゆるアウトロー達の音楽を取り入れた作風で、イタリアでカリスマ的な人気を誇る男性SSW、ヴィニチオ・カポッセラ。〈ギリシャのブルース〉レンベーティカに取り組み、地中海音楽ファンを驚かせた彼 …

続きを読む>

SUDIRMAN / LAGU DARI KOTA

〈マレイ・ポップの王様〉オリジナル・アルバムが続々再発!マレイシア音楽に大きな爪痕を残した男性歌手スディルマン。当時“マレイシアのエルヴィス”と呼ばれ幅広く親しまれた彼は、92年になんと37歳という若さで亡くなってしまいましたが、いまだにその人気は衰えることを知りません。このところ、彼の全盛期のアルバムが続々再発されていますが、今回は3作をまとめてご紹介。 …

続きを読む>

AYRTON MONTARROYOS

ブラジル版歌コンで注目された若干22歳ペルナンブーコ出身男性シンガーのメロウな初ソロ作! ヘヂ・グローボの歌唱コンテスト形式のTV番組「ヴォイス・ブラジル」へ初登場時は16歳(!)、ファイナリスタとなり全ブラジル中の注目を集めるなか、コンピレーションへの参加や客演などを経てはじめて自らの名を冠した作品を発表したアイルトン・モンタホイオス。全ブラジル中のレパー …

続きを読む>

go top