CUMBIA CHICHARRA / YA VA A EMPEZAR

  2001年からマルセイユでラティーノ移民ミュージシャン達と地元ミュージシャン / クンビア愛好家たちが、いっせいのせいでクンビアに興じるナイスなビッグバンド(総勢14名)、ラ・クンビア・チチャーラ!こちらがファースト・アルバムです。  

続きを読む>

DICK EL DEMASIADO / SIN PUES NADA

“彷徨えるオランダ人”ディック・エル・デマシアード、クンビア&ウァイノなどの南米ツー・ビート系音楽を、ダビィかつエレクトロ、エキゾティックかつアヴァンギャルドな感覚を持って、自己流儀に再構成~換骨堕胎する逸材、というか変態、…遙かなる曲解と憧れの果てに、南米大陸の数ある音楽の中でも、最も複雑な混血性を湛えながら、最もシンプルに響いてしまう~クンビ …

続きを読む>

V.A. / ZZK SOUND VOL.2

ブエノス発デジタル・クンビア・コンピレーション“ZZKサウンド VOL.2”早くも登場です!ラガマフィン、レゲトンにバイリファンキ、果てはIDM(=インテリジェント・テクノ?)まで、コロンビア発祥のルーツ・ダンス・ミュージック“クンビア”をエレクトロニクスでマッシュ・アップ!ZZKレコーズ ではお馴染みのファウナ やチャンチャ・ビア・シルクィート 、エル・レ …

続きを読む>

CELSO PINA Y SU RONDA BOGOTA / CUMBIA DE LA PAZ

DJ仕様にリミックスされた「Cumbia Sobre el Rio」の大ヒットにより、時の人となったメキシコ、ノルテのクンビア男性歌手。2006年リリースの地道なクンビア路線bestアルバムです。元ネタまで掘りたいクンビアDJは是非! (参考ビデオ)

続きを読む>

MERIDIAN BROTHERS / DESESPERANZA

コロンビアはボゴタのギタリスト(ex FRENTE CUMBIERO)によるストレンジなクンビア&トロピカル・ユニット、UKサウンドウェイからのリリース! Tracks: Guaracha U.F.O (No Estamos Solos…) / Desesperanza / Salsa Caliente (Versión Aumentada) / …

続きを読む>

CUMBIA YA ! / LA MECANCIA DEL PORRO

1950年代のオールドタイミーなクンビア&ポーロを彷彿とさせる~ガッツを感じさせながらもシックで土臭い!?フランス発のマルチカルチュラル・ユニット= “クンビア屋” の2014年新作です。前作が08年作ですから、どんだけライヴで練りこんで磨いたか?そんな前予想そのままの音、いっそー充実していますよ!~で、前作同様、ルーチョ・ベルムデス …

続きを読む>

SONIDO GALLO NEGRO / SENDERO MISTICO 『神秘のクンビア』

PSYCHEDELIC+CUMBIA+CHICHA!妖し過ぎる悦楽のメキシカン・サイケデリア!謎のチーチャ軍団最新作! 哀愁の南米酒場音楽=チーチャ!前作も大反響を巻き起こしたメキシコ・シティの下町バンドのセカンド・アルバム。南米ペルーで70年代に生まれた混血音楽、チーチャを中心にその粘っこいサウンドでクンビア~ラテン・ロックを大熱演!ファジーなギター、チー …

続きを読む>

LA MISA NEGRA / MISA DE MEDIANOCHE

コロンビア人の女性Vo.二人をフロントに、サックス、クラリネット、アコーディオンなどを擁する伝統のスタイルで哀愁のクンビア・サウンドを甦らせる7人組。オークランドを拠点に活動、洒脱なサウンドにスタイリッシュなファッションなど、どこかジャイブ的なセンスも漂わせている。アントニオ・フエンテスの(4)、アコーディオンで始まる(5)、ロス・コラレーロス・デ・マハグア …

続きを読む>

CHICOS DE BARRIO / PUROS VATOS … CHOCA Y REBOTA !

ひっさびさの再入荷です!チコス・デ・バリオ2004年作!セルソ・ピーニャに続く、当店ならではのクンビア発掘ですよ。…で、いかついラテン・ギャングスタっぽいルックスながら、自転車にマタがってますから~、何というか、もうそこんとこで、かなりポイント高いですねえ…、それでもってアコーディオン使い&ブラス&ピアノ&パーカッション群の全編オール …

続きを読む>

MOONLIGHT TRIO / CUMBIABILLY

待望の再入荷!南カリフォルニアのカー・カルチャー、KUSTOM SCENE(HOT ROD~LOWRIDER)で大人気のチカーノ・パーティ・バンドが遂に登場。抜群の演奏テクニックと濃厚なメキシカン・テイストが融合するサウンドは、まさにロス・ロボスのローカル版。クンビアもロカビリーもメキシカンも、どれも雰囲気たっぷり。強力なスラップ奏法が飛び出す冒頭曲、テック …

続きを読む>

V.A. / THE ROUGH GUIDE TO CUMBIA with Bonus CD

葦笛と太鼓によるごく初期のスタイルから、マンボの影響を受けたオーケスオラ・スタイル、アコーディオン・コンボ、そして70年代のエレキ・スタイルから打ち込み、DJスタイルまで〜クンビア入門には最適(しかも結構レアー!)。で、凄いのは現在入手困難の大所帯クンビア・ブラスバンド、ロス・コラレーロス・デ・マハグァルのフルCDがボーナスで付くこと!これはお買い得! >試 …

続きを読む>

LA CUMBIA CHICHANA / SUDOR

2001年からマルセイユでラティーノ移民ミュージシャン達と地元ミュージシャン / クンビア愛好家たちが、いっせいのせいでクンビアに興じるナイスなビッグバンド(総勢14名)、ラ・クンビア・チチャーラ!気合い入ってますが、遊び心満点の南仏産クンビアを演じます。何と言っても、今どきクラ&アコの絡みフィーチュアーしたりするところがスゴイ!ヴィンテージ・クンビアの要点 …

続きを読む>

ANIBAL VELASQUEZ Y SU CONJUNTO / MAMBO LOCO

貴重な音源と豪華なブックレットでアフリカ音楽ファンのみならず、レア・グルーヴ・ファンも魅了してきた“アナログ・アフリカ”の新作は、まさかのラテン音楽!アニーバル・ベラスケスはコロンビアの北部、カリブ海沿岸の町の出身~16歳でプロ・デビューし、 1960~70年代に大活躍。当時コロンビアでマイナーな楽器と思われていたアコーディオンの存在を国中に知らしめたアーテ …

続きを読む>

RAUL Y MEXIA / ARRIBA Y LEJOS

メキシカン・ノルテーニョの超大御所グループ、ロス・ティグレス・デル・ノルテのヴォーカル&ベーシストであるエルナン・エルナンデスの息子二人によるエレクトロ・デュオ。別々に活動していた2人が2010年にアリゾナ州の反移民法案を強く非難するナンバー、”Todos Somos Arizona”を共同で制作したことをきっかけに活動を開始。甘いヴ …

続きを読む>

MARIANA SEOANE / LA MALQUERIDA

〜ジャケ2種類出ているよーです!? 流石、モデル体型風のジャケですけど、PVちゃんと見てください、やっぱ庶民派クンビア一直線ですよ!べらんめえなハスキー&セクシー場末のスナック唱法も健在!?もマリアーナ嬢、1976年生まれというから、当年とって36歳、メキシコ~コロンビア~アルゼンチンで人気のTV女優さんでもあるそーで、あぶら乗り切ってまっせーお兄さん!お約 …

続きを読む>

go top