VIENTO CALLEJERO

チカーノ・バットマンのドラム奏者ガブリエル・ビリャ、ファジーな音色で強烈なクンビア~チチャ・フレーズを奏でる紅一点のギタリスト、グロリア・エストラーダ、そしてグルーヴィなベースラインを紡ぎだすフェデリーコ・スニーガ。レゲエやソウルにも精通するこの実力派3人による、噂のクンビア・バンドが遂に完成させた1stアルバム。クンビア界の大御所、ルーチョ・ベルムーデスな …

続きを読む>

V.A. / A TODO SWING

中米の国、コスタリカのトロピカル系のバンドを紹介する好コンピです。10組のグループで全12曲を収録しています。サルサありクンビアありティンバ系ありボレロあり、スウィング・クリオージョありの多彩さにまず驚かされます。コスタリカというと最近ではサッカーで注目されましたが、音楽はなかなか情報が入ってこなくて、よほどのラテン音楽ファンもノーマークだったのではないでし …

続きを読む>

LA SOLUCION / BAILONGO

中南米全域に浸透している音楽スタイル(リズム)クンビア(なぜか、カリブ地域には根付いていませんが)。当然コスタリカにも大小各種編成のクンビア・バンドが、活躍しているようです。このラ・ソルシオンは、フル・ブラスを要するビッグ・バンド系のサウンド聞かせてくれます。もともとは2001年にカルロス・グティエレスによって結成されたサルサ・バンドだったようですが、サルサ …

続きを読む>

DICK EL DEMASIADO / MI TU

“彷徨える中年オランダ人”ディック・エル・デマシアード、クンビア&ウァイノなどの南米ツー・ビート系音楽を、ダビィかつエレクトロ、エキゾティックかつアヴァンギャルドな感覚を持って、自己流儀に再構成~換骨奪胎する逸材、というか変態、ワルツもありますが、…大いなる曲解と憧れと彷徨の果てに、南米大陸の数ある音楽の中でも最も複雑な混血性を湛えながら、最もシ …

続きを読む>

V.A. / COLOMBIA! THE GOLDEN AGE OF DISCOS FUENTES 1960-1976

コロンビアの老舗レーベル=フエンテスの音源を贅沢に使ったオムニバスCD!コロンビア・ラテン&サルサ&カリベーニョ&クンビア&バジェナートなどなど、ヴァラエティに富んだトラックが並びます。サルサ界の帝王=フルーコやクンビア・キング=ルーチョ・ベルムデス、カリブ沿岸ミクスチュアー系の走り=ウガンダ・ケニアなどなど全20曲、コロンビアならではのアクとノリに溢れるナ …

続きを読む>

go top