PETER MANJARRES / SOLO CLASICOS

クンビアのサブジャンル、バジェナートのスター、ピーター・マンハレスの2008年のラテン・グラミー受賞アルバム。さすがにグラミー賞を取るだけにジャケットも、よくあるバカジャケ、エロジャケではなく、渋い仕上がりです(それが必ずしもイイこととは思いませんが)。アコーディオンを中心にしたシンプルでアコースティックなサウンドがバジェナートの神髄を感じさせます。

続きを読む>

VIENTO CALLEJERO

チカーノ・バットマンのドラム奏者ガブリエル・ビリャ、ファジーな音色で強烈なクンビア~チチャ・フレーズを奏でる紅一点のギタリスト、グロリア・エストラーダ、そしてグルーヴィなベースラインを紡ぎだすフェデリーコ・スニーガ。レゲエやソウルにも精通するこの実力派3人による、噂のクンビア・バンドが遂に完成させた1stアルバム。クンビア界の大御所、ルーチョ・ベルムーデスな …

続きを読む>

V.A. / A TODO SWING

中米の国、コスタリカのトロピカル系のバンドを紹介する好コンピです。10組のグループで全12曲を収録しています。サルサありクンビアありティンバ系ありボレロあり、スウィング・クリオージョありの多彩さにまず驚かされます。コスタリカというと最近ではサッカーで注目されましたが、音楽はなかなか情報が入ってこなくて、よほどのラテン音楽ファンもノーマークだったのではないでし …

続きを読む>

LA SOLUCION / BAILONGO

中南米全域に浸透している音楽スタイル(リズム)クンビア(なぜか、カリブ地域には根付いていませんが)。当然コスタリカにも大小各種編成のクンビア・バンドが、活躍しているようです。このラ・ソルシオンは、フル・ブラスを要するビッグ・バンド系のサウンド聞かせてくれます。もともとは2001年にカルロス・グティエレスによって結成されたサルサ・バンドだったようですが、サルサ …

続きを読む>

go top