新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

MANOLIS LIDAKIS / MIKRES LEPTOMERIES

1960年生まれですから既に58歳、評判を呼んだ原点回帰作>こちらに続く2017年末の最新作です。〜1982年にアルバム・デビュー、たぶん25作目のアルバムとなるかと。常にギリシャではシブイところで?安定した人気を保って来た男性歌手マノリス・リダキス、クレタ島出身ながら、レーベンティカ・ルーツをダイレクトに感じさせる男(ことに前作は)。ちょっと野太い淡々とし …

続きを読む>

HIM SIVON, PHAN SOPHAT, PREAP SOVATH / RASMEY HANG MEAS VOL.56

1990年代のギリギリ終わり頃の録音かと思われます(2000、て印刷されているから、ミレニアム直前のリリースでしょうねえ、たぶん)。なので、プリアップ・ソバット、若いですねえ、まだまだ、デビューして数年じゃないでしょうか?でも、ここではイケイケPOPでなしに、ロアム・ボンほか、軽快な調子の伝統歌謡POP化に勤しんでいますね、やや甘いソフトな歌い口が若々しさに …

続きを読む>

ELA CALVO

フィーリン系のボレロを得意とする黒人女性歌手エラ・カルボ。本作は、EGREM LDA-3182として、たぶん1960年代後半に発売されたアルバムを、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです。以前、リリースされていた “CRESCENDO MATINAL”(UNIKO RECORDS)と同内容になりますので、ご注意くださ …

続きを読む>

ALDEAMARO ROMERO y Su Orquesta

1960年代後半から、ジャズやブラジル音楽要素を取り込みベネズエラ音楽を発展させたムーヴメント、オンダ・ヌエバを牽引したピアニスト/コンポーザー/アレンジャー/バンドリーダーのアルデマーロ・ロメロ。本作は、アルデマーロ・ロメロ&ヒズ・ダンス・オーケストラ名義で、1958年にRCAビクターからリリースされたアルバム『スケッチズ・イン・リズムス』(LPM-153 …

続きを読む>

DORIS DE LA TORRE / (Perlas Cubanas)

ジャジーかつアダルトな魅惑的歌声でフィーリン=ボレロを聴かせるキューバ人女性歌手、ドリス・デ・ラ・トーレ。本作は、キューバ音楽に早くからジャズを持ち込んだフェリーペ・ドゥルサイーデスが彼女をフィーチャーしたロス・アルモニコスのアルバム『インティモ・コン・ロス・アルモニコス』(Sonus : S-33-1005)と『エクシトス・インテルナシオナレス』(Kuba …

続きを読む>

ABELARDO BARROSO / EL ALMA DE CUBA

1920年代にセステート・アバネーロを皮切りとして、セステート・ボローニャ、セプテート・ナシオナールというセプテート系ソンを代表するレジェンダリー・バンドでヴォーカリストとして活躍した、まさにソンのメインストリームを歩んできた大歌手、アベラルド・バローソ。コンフント、オルケスタ時代になっても、名門チャランガ・バンド、オルケスタ・センサシオーンなど一流楽団で活 …

続きを読む>

MONCHO LENA y Los Ases Del Ritmo feat. MON RIVERA / ALO ! QUIEN NAMA?

プエルトリコ人ティンバレス奏者モンチョ・レーニャ率いるロス・アセス・デル・リトゥモ。本作は、ヴォーカルに意味のない早口言葉状のトロバレングアという独特のスタイルで知られるモン・リベーラを擁した、1957年のアンソニアからのアルバム『ア・ナイト・アット・ザ・パレイディアム』(ALP-1219)収録の12曲から、9曲を収めるリイシューです。 オリジナル盤のタイト …

続きを読む>

CESAR CONCEPCION Y Su Orquesta 

サックスなど含むフル・バンドを率い、マンボやボレロ、プレーナなどを演じたプエルトリコ人バンドリーダーのセサル・コンセプシオーン。本作は、1950年代後半録音かと思いますが、アンソニアからの『セサル・コンセプシオーン・イ・ス・オルケスタ』(ALP-1304)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです。 歌手としてクレジットされているのはハリー …

続きを読む>

V.A. / CANCIONES Y POEMAS, FEDERICO GARCIA LORCA

20世紀スペインを代表する詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカ。本作は、彼にまつわる録音、全15トラックを収めるアンソロジーです。 フラメンコ名歌手エンリケ・モントージャが1960年にリリースした7インチ盤からのトラックをはじめ、フラメンコ・ギターにのせたガブリエラ・オルテガの朗読、ソプラノ歌手リナ・リチャルテの歌曲、ガルシア・ロルカのピアノと共演したラ・アルヘ …

続きを読む>

LUIS ABANTO MORALES / LE RULETA DEL AMOR

923年トルヒーヨ生まれ、2017年に93歳にして亡くなった、カハマルカのカハバンバ育ちの偉大なルイス・アバント・モラレス。生まれは北部ですが13歳でリマに移り住み、アンデスの空気と都会のムシカ・クリオーヤの両方の香りをまとった素晴らしいシンガー・ソングライターになりました。 本作はオリジナルLPがあるのかどうか判然としないのですが、彼による12トラックを収 …

続きを読む>

JULA DE PALMA / TUA

1931年ミラノ出身で、40年代末から70年代半ばにかけて活躍した女性歌手ユーラ・デ・パルマ。本作は、59年のサンレモ音楽祭で第4位入賞した彼女の代表曲「トゥア」を含めた、同時期のシングルをまとめたものと思われる、全12曲入りのリイシューです。 ジャズ・ナンバーなどもこなした彼女の洗練された歌声と、ジャジーなテイストなど取り入れた、これまた洗練されたビッグバ …

続きを読む>

ROBERTO MUROLO

1912年生まれ、2003年に亡くなったナポレターナを代表する大歌手ロベルト・ムローロ。本作は、ギター弾き語りによる1956年の10インチ盤『Roberto Murolo e la sua chitarra (5° selezione di successi)』(Durium, ms Al 545)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです …

続きを読む>

LOS TRES DIAMANTES

メキシコを代表する名流トリオ、ロス・トレス・ディアマンテス。キューバのフィーリンに通じるところがあるとも言われる、モダンで洗練されたハーモニーが特長です。本作はLPで1958年にリリースされたベスト盤『ウステー・イ・オートロス・エクシトス』収録12曲中10曲をはじめ、50年代RCA音源からセレクトしたものと思われる、オムニバス形式の23曲入りリイシュー。ホセ …

続きを読む>

go top