新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

RAS MUHAMAD & DADDY T / BERJAYA

  インドネシアのレゲエDJとして強烈に個性を発揮するラス・ムハマド&ダディ・Tの2012年作。しっかりとルーツをとらえながらもオリジナル・インドネシア・ダンスホールスタイルもバッチリでカッコいい!2014年にジャカルタ・クマンのクラブでもパフォーマンスを体験しましたが、トラックもトゥースティングもバッチリで楽しい!(サプライヤーインフォより)

続きを読む>

CALYPSO ROSE / SO CALYPSO !

2016年にマヌ・チャオ制作でリリースしたアルバム “Far From Home” が仏で異例のヒットだったそうですが、 1年あけて新譜を届けてくれたカリプソ・ローズ78歳、 お元気ですねえ!で、この新作では、 ナット・キング・コール「Calypso Blues」や アレサ・フランクリン「I Say A Little Prayer」、 アンドリュウ・シスター …

続きを読む>

ARETI KETIME / ME TIN FONI TIS ARETIS

久々の再入荷! アレッティ21歳のファースト・アルバム! しかし、シャンテルとの共演以来、 もう3〜4年ぐらい音沙汰ないなあ、と思っていたら、 なんか、15年以降、 子供向けの舞台にずっと出演していたそう。 そろそろ、新作が欲しいですねえ… 帝王ダラーラスのツアー・メンバーに抜擢され、コーラス、そして打弦楽器のサントゥーリ(ツィター)でダラーラス …

続きを読む>

THANASIS PAPAKONSTANTINOU, SOKRATIS MALAMAS / ME STOMA POU GELA

1959年生まれ、1992年デビュー、元テッサロニキでスタジオ・エンジニア、楽器修理に従事していたタナシス・パパコンタンティヌーと、1957年生まれ、1989年デビュー、マケドニア地方のハルキディキ生まれ、その後、家族でドイツに移住するも、長じて帰国、テッサロニキでニコス・パパゾグルーにギターを習い、音楽の道へ入ったソクラティス・マラーマス。テッサロニキに住 …

続きを読む>

TOM ZE

1970 release, 2nd 1.La Vem A Onda 2.Guindaste A Rigor 3.Distancia 4.Dulcineia Popular Brasileira 5.Qualquer Bobagem 6.O Riso E A Faca 7.Jimmy, Renda-Se 8.Me Da, Me Dê, Me Diz 9.Pas …

続きを読む>

LOUDOVIKOS TON ANOGION /GREMO DEN EHOUN TA POULIA

ルドヴィコス・トン・アノギオン1951年にクレタ島の山間の村で生まれ、育ったそうです。珍しくもマンドリン(マンドーラのようにも見えますが)を弾き語るSSWです。デビューはマノス・ハジダキスがクレタを訪れた際に歌を聞いてもらい認められたところからスタート、1985年にデビューアルバムをリリースしています。ということで、こちら06年作は、あのマリア・アナマテルー …

続きを読む>

KRISTI STASINOPOULOU ‎/ STI LIMNI ME TIS PAPAROUNES

クリスティー・スターシノプールの1992年作のセカンド・アルバム久々の再入荷です(デジパック盤)。ユーロ・トラッド/ギリシャ・ポップ・マニアの間では、既に廃盤になって久しい幻の名作(タイトルは『ユリの咲く水辺』といった意味)ということになっているかと思います。資質として、ライカ~グリーク演歌系ではなくて、地中海ケルト? とでもいった感じの女性SSW、クリステ …

続きを読む>

STELLA CHIWESHE / KASAHWA, Early Singles

ジンバブウェの女性ンビーラ・マスターが70〜80年代に残した貴重音源のコレクション! トーマス・マプフーモ、オリヴァー・ムクトゥジ、チウォニーソ…と、これまでジンバブウェからは世界に向けて素晴らしい音楽家たちが紹介されてきました。彼らに共通しているのは強いメッセージ性で、それは反逆とも言い換えることができるほど強い意志を持ったものでした。そして今回紹介する女 …

続きを読む>

EDDIE / MUNDO ENGANO

1989年結成というから、もう既に 30年近くやってるんですねえ、ペルナンブーコはオリンダのエディ、ということは、不動の5人、メンバーはもうそろそろ 50代なんでしょうねえ、…だから親近感が湧くのか(って、自分60代ですけど)が、そう思って聴くとなんか、もう、その Ragga & Rockin’ フレーヴォ、渋い!という感じもして来ま …

続きを読む>

go top