新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

AQUABELLA / JUBILEE

★アクアベーラ/ジュビリー 世界の様々な歌を現地の言葉で聴かせる女性ポリフォニー・コーラス・グループ! ドイツ・ベルリンを拠点に活動するア・カペラ・グループ、アクアベーラの日本デビュー作。メンバーを入れ替えながら長年に渡って活動してきた彼女たちは、世界の様々な伝統曲やポップスなどを現地語のまま歌う事をポリシーにしてきた。本作はデビュー20周年を記念して発表し …

続きを読む>

MAR MAR AYE / BEL THU DWAY YUU THA LEI

マーマーイェーの新作、とのことです。へえ〜、本当かなあ?でも確かにジャケのお顔はミャンマーに帰国してからのお顔と存じます(サフラン革命に関わっていたマーマーイェーは、1998-2012年まで北米に滞在、昨年退任したテイン・セイン元大統領の認可を得て帰国)。少なくとも帰国後の作品であることは間違いないだろうし、>こちらの北米移住前の作と思われるCD作品 &#8 …

続きを読む>

YO IRIE / FISH

入江陽の4thアルバム「FISH」。 前作「SF」から約1年半ぶりとなる本作は、生まれ育った新大久保の喧騒を離れ千葉の郊外に移住した入江が、サウンドエンジニアの中村公輔のサポートのもと、今年夏に制作。 リラックスしたムードで、魚を釣り上げるような、魚として泳ぐような、そんな雰囲気のアルバムである。 ゲストとしてBOMI、岩出拓十郎(本日休演)、黄倉未来、ガク …

続きを読む>

SIKIRU AYINDE BARRISTER / EKU ODUN

ナイジェリア、ヨルバ系パーカション音楽にしてムスリム系プレイズソング(もしくは、スポンサー褒め殺し歌謡)〜FUJIのパイオニア、故シキル・アイン デ・バリスターの最盛期アルバム、1982年作です。 以前は、ともすれば、ややアップテンポのFUJIに耳が行ったものですが、最近は(歳のせい?)「ミディアムなFUJIにしてくれ」と、行きつけのBarのマスターにお願い …

続きを読む>

ALAIN JEAN-MARIE / BIGUINE REFLECTIONS

以前、国内発売もされたグァドループのピアニスト=アラン・ジャン・マリーによる1992年録音 “BIGUINE REFLECTIONS vol.1” に続く〜3作の PIANOビギンJAZZトリオ/インスト・アルバムを3枚組CDで一気に復刻したお徳用セット!実力派ジャズ・ピアニストとしても知られるアラン・ジャン・マリー、マラヴォワの初代 …

続きを読む>

KO AUNT GYI / A KAUNG TA A KAUNG SONE TAY vol.1 – vol.2 – vol.3

  >こちらで紹介されています!無断リンク陳謝&感謝! 井口さんに買付けていただきました、感謝! すべては、bunboni さんがご紹介されている通り、勉強になります。ひとつつけ加えるとするなら、この人、往年のスターえあり、国民的に敬愛されたカーラーボ(大衆音楽)の歌い手であり演奏家、作曲家だったそうですが、同性愛者であるということが報道され、ミャ …

続きを読む>

DEDE SAINT-PRIX / DRIKOUR AMAN

夏終わっちゃいましたが、フレンチ・カリブはマルチニックの打楽器系ダンス音楽 “シュヴァル・ブワ” の第一人者、打楽器&フルート奏者にして歌い手兼作曲家のデデ・サンプリ(1953〜)2017年新作、やっとのこと、再入荷です! “シュヴァル・ブワ” とは木馬のこと、つまり回転木馬、カルーセルにちなんだダンス音楽ということになります(人力手押し式移動回転木馬内で演 …

続きを読む>

V.A. / SWEET AS BROKEN DATES, Lost Somali Tapes from the Horn of Africa

興奮しました。>こちらで紹介されています(無断リンク陳謝&感謝!〜必読!)。で、ちょっと出遅れたばかりか、ちょっとお値段もお高くなってしまいましたが、これはハズせませんからねえ、送料無視の強引特急入荷!そう、とうとう復刻されたソマリア音楽〜ソマリPOP80年代中心?シングル及びカセット音源(だいたいのところ、70年代半ばぐらいから内戦勃発前ぐらいまでの録音か …

続きを読む>

FRIGG / FROST ON FIDDLES

フィドル・ミュージックの伝統を受け継ぐフィンランドのグループ!  2002年にフィンランドで結成されたフリッグは、メンバー全員が同国の伝統音楽だけでなくブルーグラス/ケルト音楽/バルカン音楽/クラシック/ヘヴィメタルなど様々な音楽スタイルを吸収し、ついにはノルディック・フォークとアメリカのブルーグラスをミックスさせた新しい音楽〈ノードグラス〉というスタイルを …

続きを読む>

KRAJA / ISEN SJUNGER

★クラヤ/北欧の冬、そしてクリスマスを歌う スウェーデンの妖精たちが歌う〈クリスマス〉そして〈冬の歌〉! スウェーデン北部の街ウメオで2002年に結成された女性ヴォーカル・グループのクラヤ。母国に伝わる伝統音楽をベースに、伴奏が一切入らない純粋なア・カペラを聴かせてくれる彼女たちは、NHK/BSプレミアムで放送された『世界で一番美しい瞬間(とき)』に出演して …

続きを読む>

AKNONI CHINTANA / (unknown title)

名前さえわからなかった去年、当店周辺では、ラオスのあべ静江の若い頃、とか呼ばれていましたが…、この、アクノニ・チンタナという女性歌手、本作録音当時(2016年?)は首都ビエンチャンの現役高校生だったそう。で、今年(2017)18歳ということです (facebook あり)。若い! なので、プロフェッショナルな歌手という雰囲気は薄いのですが、逆に、 …

続きを読む>

V.A. / THE YORBA, DAHOMEY COLLECTION Orishas Across the Ocean

  ブラジル(カンドンブレ)、ハイチ(ヴードゥー)、キューバ(サンテリア)、トリニダード(シャンゴー)〜といった大西洋を渡ったヨルバの神オリーシャを讃えるパーカッション・ミュージックをコンパイル 〜 recordings (1997) & produce by ミッキー・ハート(グレイトフル・デッド)!

続きを読む>

DUQUENDE / ROMPECABEZAS

かつてパコ・デ・ルシアに「バルセロナにとんでもないやつがいる」と言わしめた現代フラメンコ界を代表するカンタオール(歌手)、デュケンデの2012年新作です。ペペ・デ・ルシア(パコの兄)のプロデュースによる意欲作。独特なスモーキーでコブシの効いたスパイシーな歌声と抜群のリズム感、思わず「Ole!」と声をかけたくなる、やはりデュケンデは唯一無二の存在です!共演のギ …

続きを読む>

ENRIQUE MORENTE / HOMENAJE A D. ANTONIO CHACON

現代フラメンコにおける、もっともアーティスティックなカンタオール(歌い手)の一人、エンリケ・モレンテ(若手スター、エストレージャ・モレンテの父親でもある)。元来、フラメンコの家系出身というわけではなかった彼は、若き日より古典に耳を傾け、当時健在であった巨匠たちと直に接することでカンテの研究を重ねてきました。フラメンコ世界の拡張にも意欲を燃やすモレンテですが、 …

続きを読む>

go top